「TATERU FUNDING」第5号ファンド当選者決定

アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウドは5月31日、不動産投資型クラウドファンディング「TATERU FUNDING」の第5号大阪府大阪市TATERU APファンドについて、抽選の結果、当選者が決定したことを公表した

第5号大阪府大阪市TATERU APファンドは、1口10万円の630口を2017年5月24日より募集開始、5月29日に募集を終了した。応募総額は第4号ファンドを上回る4億1,530万円となり、募集総額6,300万円の6倍であった。

応募者は、「TATERU」のオーナー層である30第~50代が多く参加した。また、応募者のうち89.0%が実物不動産に対して「興味がある」と回答したが、その一方で実際に実物不動産の投資経験について「ない」と回答した方が60.6%であった。

抽選にて出資者を選定し、当選者を決定。運用物件は2017年2月に竣工し、4月末時点で満室稼働している。

「TATERU FUNDING」はこれまでに第1号ファンドから第3号段度の利益分配を行っている。2017年4月20日時点の利益分配で、すべてのファンドにおいて年利換算5%での利益分配となっている。

今後、商品のバリエーションを拡充するほか、引き続き「TATERU」へのクロスセル戦略の展開により、「TATERU」とのシナジー効果を生み、不動産投資に興味をもたれた方に対して不動産投資の間口を広げ、さらなる会員数の獲得、実物資産としてのアパート経営へのステップアップを支援していく見通しだ。

【参照リリース】「TATERU FUNDING」募集総額に対し、約6倍の応募総額を達成 第5号大阪府大阪市TATERU APファンド 当選者決定

(Hedgeニュース編集部 平井 真理)

The following two tabs change content below.
平井真理

平井真理

これまでダイエットアプリ、霊廟、ゲーム、民泊など幅広い業界にて商品紹介記事やノウハウ記事、プレスリリースなど豊富なライティング経験あり。Webライターとしての経験を活かし、HEDGEでは主にニュース記事の執筆を担当。