CATEGORY 暗号資産取引所の使い方

暗号資産取引所の使い方

FTX Japanと国内の仮想通貨取引所の違いについて徹底解説

FTXはグローバル展開を行う世界最大規模の取引所として多くのユーザーを抱えているほか、先日、日本国内においても本格的なサービス提供をスタートしたことで話題となりました。今回は、FTX Japanとその他の仮想通貨取引所の違いについて、それぞれの特徴などを踏まえながら解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

コインチェックとコイントレードがポルカドット取り扱い開始へ!ポルカドットの特徴と対応サービスについて解説

国内の仮想通貨取引所コインチェックとコイントレードがポルカドット(DOT)の取り扱いを開始することを発表しました。コインチェックでは9月1日から取り扱いを開始予定、コイントレードでは8月17日に取り扱いを開始しました。

暗号資産取引所の使い方

コインチェックの積立サービスキャンペーン!積立サービスの利用するメリットから特徴を解説

昨今、仮想通貨の市場は低迷しており、投資家は積極的な投資は避ける傾向にあります。一時は話題の中心を占めたNFTも現在は鳴りを潜めており、今まさに仮想通貨の冬の時代とも言える様相を呈しています。一方、仮想通貨は底を打ち始め…

暗号資産取引所の使い方

イーサリアムのThe Mergeと各社の対応方針【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

国内外の各仮想通貨取引所では、それぞれのThe Mergeへの対応方針を発表しています。今回は、イーサリアム・ブロックチェーンにおいて間もなく実行されるであろうThe Mergeについて、その概要や特徴および各社の対応方針を詳しく解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

現物取引とレバレッジ取引の違い【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

仮想通貨の場合は「販売所」と「取引所」の違いや「現物取引」と「レバレッジ取引」の違いを理解することが、最初に取引を始めようとする際に知っておく必要があります。今回は、仮想通貨取引の基礎中の基礎とも言える「現物取引」と「レバレッジ取引」という取引方法について、両者の概要や特徴などを踏まえながら、その違いを解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

bitFlyer(ビットフライヤー)に上場した仮想通貨「メイカー(MKR)」とは?

国内最大規模の暗号資産(仮想通貨)取引所として知られる「bitFlyer(ビットフライヤー)」は、アルトコイン販売所で新たに「メイカー(MKR)」の取り扱いを22年8月2日からスタートしました。bitFlyerで新たに取り扱いが開始されたメイカー(MKR)についての概要や特徴、将来性などを解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

ビットポイントがエイダのステーキングサービス開始!ステーキングサービス内容につて解説

2022年7月27日(水)、仮想通貨取引所ビットポイントがエイダ(ADA)のステーキングサービスを開始しました。ここではステーキングサービスの特徴から注意点、そしてビットポイントでのステーキングルール、対象となっているエイダの特徴について解説します。

暗号資産取引所の使い方

コスプレNFTサイトCurecos(キュアコス)とは?【仮想通貨コスプレトークン(COT)が利用できる】

Curecosとは、ブロックチェーン技術を用いたコミュニティサイトで、コスプレイヤーやそのファンがさまざまな活動や交流を行うことが可能なプラットフォームを展開しています。これまではベータ版のみが提供されていましたが、22年6月29日に正式版が公開されました。今回は、NFTサービス「Curecos」について、その概要や特徴、今後の展開を解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

【2022年9月キャンペーン情報】仮想通貨への投資をお得にするなら!現在キャンペーンが行われている暗号資産取引所まとめ

今回の記事では、暗号資産取引所が行うキャンペーンに着目して、暗号資産取引をお得に行うという観点で暗号資産取引所をご紹介していきます。各社が行うキャンペーンには、新規登録者を対象にしているものだけでなく、既存ユーザー対象などぞれぞれ独自のキャンペーンを提供しています。これから暗号資産取引所に口座開設する方は予めチェックしておきましょう。

暗号資産取引所の使い方

BITPOINT(ビットポイント)に上場した仮想通貨クレイトン(KLAY)とは?【国内初上陸】

22年8月4日、日本国内の暗号資産(仮想通貨)取引所BITPOINT(ビットポイント)は、新たに「クレイトン(KLAY)」の取り扱いをスタートすることを明らかにしました。クレイトンが国内の取引所に上場されるのは今回が初めてです。今回は、BITPOINTで新たに取り扱われるクレイトンについて、その概要や特徴、将来性などを解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

FTXという仮想通貨取引所の事業や提携先、将来目指すべきところとは?

FTXでは幅広いユーザー層に対して仮想通貨関連のサービスを提供しており、22年6月2日に「FTX Japan」のローンチが発表されたことを受けて、日本国内においても本格的な事業展開をスタートしました。今回は、FTXという仮想通貨取引所の事業や提携先、将来目指すべきところについて、解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

トークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」とは【食べて貯まる 暗号資産】

トークンエコノミー型のグルメSNS「シンクロライフ(SynchroLife)」は、飲食店についてのレビューを投稿することによって、報酬として仮想通貨SYC(SynchroCoin)が分配される「Eat to Earn(食べて稼ぐ)」を展開しています。今回はトークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」について、概要や特徴などを解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

ビットポイントがエイダのステーキングサービス開始!ステーキングサービス内容につて解説

2022年7月27日(水)、仮想通貨取引所ビットポイントがエイダ(ADA)のステーキングサービスを開始しました。ここではステーキングサービスの特徴から注意点、そしてビットポイントでのステーキングルール、対象となっているエイダの特徴について解説します。

暗号資産取引所の使い方

【初心者向き】ビットポイントの販売所と取引所の使い方を徹底解説!

。仮想通貨取引所ビットポイントも両方の取引サービスを提供しています。販売所と取引所では何が異なるのか、サービスを利用する前にそれぞれの特徴を理解しておきましょう。販売所と取引所の特徴を知っておくことで投資をする際に長期と短期で使い分けることもできます。

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨取引所CoinTrade(コイントレード)のステーキングサービスについて解説

「CoinTrade(コイントレード)」はプライム市場上場グループが運営しているという安心感や、取引経験が少ない方でも利用しやすいサービス設計から、ユーザー数を着実に伸ばしています。22年7月14日にはステーキングサービス「CoinTrade Stake」の提供を新たにスタートしました。今回はCoinTrade Stakeについて、その概要や特徴、利用方法などを解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

GMOコインで新たに取り扱われる仮想通貨「チェーンリンク(LINK)」とは?

22年7月13日に、国内における大手取引所の「GMOコイン株式会社」が、取引所(現物取引)において新たに「チェーンリンク(LINK)」の取り扱いをスタートしました。今回は、GMOコインで新たに取り扱われるLINKについて、その概要や特徴、将来性などを解説していきます。