CATEGORY 暗号資産取引所の使い方

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨投資を行う場合のプロジェクトの選別方法【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

仮想通貨(暗号資産)投資を行う場合、時価総額が業界トップ規模のビットコインやイーサリアムから、ドージやモナコインといったコミュニティ人気の高い銘柄まで、日本の仮想通貨取引所でも購入可能なものが数多くあります。ここでは投資家の視点からプロジェクトのどのような内容をチェックして、投資可否を判断していくべきか、解説したいと思います。

NFT

遂にローンチしたRakuten NFTの全貌、取り扱い商品について解説

22年2月、楽天グループ株式会社はNFTマーケットプレイス兼販売プラットフォームである「Rakuten NFT」をローンチしました。国内で1億人以上の会員数を誇り、巨大な経済圏を持つ楽天グループの参入は、NFT業界に大きな変革をもたらすことが期待されています。そこで今回は、遂にローンチしたRakuten NFTの全貌について解説します。

暗号資産取引所の使い方

コインチェック・GMOコイン・ビットフライヤーを比較!各社のサービスを初心者向けに徹底解説

ビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)の投資を始めたいと考える人でも、取引に関する用語が難解だったり、通貨によって異なる取引単位に戸惑う方も多いと思います。仮想通貨取引所では、そうした投資初心者でも簡単に売買できるように「販売所」というサービスを用意しています。

暗号資産取引所の使い方

長期的な仮想通貨の投資ならコインチェックとビットフライヤーどちら?それぞれのサービスを徹底比較

2019年7月に行われた楽天インサイト調べによると、仮想通貨投資を始める投資家のうち、「およそ3人に1人(30.8%)が投資未経験者」ということが明らかになっています。将来的に必要な資金を仮想通貨投資で貯えたいと考えながら、何から始めてよいかわからない方もいるかと思います。

暗号資産取引所の使い方

独自のリスティング戦略を進めるBITPoint、その取扱銘柄を一挙解説!

BITPointは仮想通貨取引所の中でも同社だけに上場する銘柄を取り扱うなど特徴のある仮想通貨取引所となっています。BITPointは販売所、取引所の両サービスが提供されている他、各サービスにおける手数料が無料となっており、利用者にもメリットの多い取引所です。

暗号資産取引所の使い方

【仮想通貨初心者向け】ビットフライヤーで仮想通貨投資を始める方法:入金~ビットコイン購入編

ビットコイン(通貨単位:BTC)は、2021年1月時点に1BTCあたり300万円を超える価格となっていますが、0.1BTCや0.01BTCなどの小数点でも購入できることをご存じでしょうか?ここではパソコンからビットフライヤーでビットコインを購入する方法についてご説明します。

暗号資産取引所の使い方

【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】bitFlyer Lightningの使い方

国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けているbitFlyerは資本力が大きいこともあり、ビットコイン取引では国内No.1の取引量を誇る取引所としての地位を維持しています。ここではbitFlyerが提供している「bitFlyer Lightning」を使った取引方法について、筆者の知見を交えながら解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

人類の発展へ貢献することを目指す慈善基金「FTX Future Fund」とは?

FTXは22年2月28日、「FTX Future Fund」と呼ばれる慈善基金の設立を発表しました。この基金は最大で1,150億円規模となります。今回は、今後日本でプレゼンスを高めてくるであろうFTXの最新動向の一つ、「フューチャーファンド」についての概要や目的について解説します。

暗号資産取引所の使い方

アルトコイン投資に便利な仮想通貨取引所を3つご紹介!【コインチェック、GMOコイン、ビットバンク】

アルトコインはビットコインよりもボラティリティが高いこともあり、仮想通貨投資家にとって人気のある投資先となっています。この記事ではアルトコイン投資に便利な仮想通貨取引所についてご紹介します。