DAOとは

DAO(Decentralized Autonomous Organzation)は、日本語では「自律分散型組織」と訳されます。DAOとは、ブロックチェーンに基づく組織や企業の形態の一つで、特定の中央管理者を持たず、組織内の構成員一人一人によって自律的に運営されているインターネットネイティブな組織のことを表します。

DAOの仕組み

組織内には階層が存在せず、構成員による投票・合意によって、定められているルールを基に意思決定が下される仕組みとなっています。また、構成員の承認がなければアクセスできない運営資金もシステム内に組み込まれています。

DAOの代表例として挙げられるのが、ビットコインです。マイニングによる報酬としてビットコインが還元される仕組みを作ることで、ネットワーク全体を維持しています。またイーサリアムでは、スマートコントラクトを使用することで取引を自動化し、仲介者を必要としないシステムの構築が進められています。

DAOはどのように機能するのか

DAOはボトムアップで意思決定が行われる組織であり、構成員が運営をする仕組みとなっています。DAOに参加するには様々な方法がありますが、通常は組織内で使用されているネイティブトークンを購入・保有することで、運営に関連する重要な議題の投票権を得ることができます。

DAOでは基本的に、スマートコントラクトを使用しています。スマートコントラクトは、特定の条件が満たされたときに特定の機能を実行する、自己完結型のコンピュータプログラムです。現在、スマートコントラクトは数多くのブロックチェーンに展開されていますが、一番最初に使用されたのはイーサリアム上でした。

これらのスマートコントラクトが機能することで、DAO内のルールが確立されます。前述の通り、DAOに出資している人やトークンを保有している人が投票権を得ることができ、ガバナンスの提案など組織の運営に関わることが可能となります。提案の承認については、ステークホルダーの大多数が承認した場合にのみ可決される仕組みとなっています。可決に必要な投票数の割合はDAOによって異なりますが、基本的にはスマートコントラクト上に明記されています。

DAOの特徴

DAOの大きな特徴として、以下のようなものが挙げられます。

  • ヒエラルキー(階層)が存在しない:システム内に階層的な管理がないため、リーダーや管理者は存在しません。意思決定を行うのはステークホルダーになります。
  • 透明性:DAOは完全に自律型で透明性のある組織です。オープンソースのブロックチェーン上に構築されているため、誰でもそのコードを閲覧することができます。また、ブロックチェーンがすべての金融取引を記録するため、誰でもその財務情報を監査することができます。
  • オープンアクセス:インターネットにアクセスできる人なら誰でも、DAOトークンを保有・購入することができ、DAOの意思決定に関わることができるようになります。
  • 民主的なルール変更:DAOに参加するトークン保有者たちは、新しい提案に投票することで、DAOのルールを変更することができます。
  • リクルーティング:DAOは、外部の人材採用・物品発注も理論的に可能です。例えば、IBMとSamsungの実験によると、スマートコントラクトをIoT(Internet of Things)デバイスの洗濯機に搭載し、故障時の修理対応や洗剤の自動発注などを、オーナーなしで自動的に行う事も可能になるとされています。破損などが発生するとセンサーからDAOに報告があり、自動的に修理工を呼ぶことができます。

なぜDAOが必要なのか

インターネットネイティブな組織であるDAOの大きな利点の一つに、2者間の信頼を築く必要がなくなることが挙げられます。これまでの伝統的な組織では、投資家などの企業やサービスをサポートする人たちの信頼を必要としましたが、DAOにおいて信頼が必要になるのは、コード(スマートコントラクト)のみです。

開発者は、このテストをローンチ前に広範囲に渡り徹底的に行う事で、重要な機能の見落としがないかを確認します。DAOが起動した後には、すべてのアクションはコミュニティによる承認が必要となるため、完全に透明で検証可能なシステムとなるのです。ネイティブトークンを保有するステークホルダーが互いに制御しあいながら、タスクを達成し、成長していくことが可能となります。階層が存在しないため、どのステークホルダーも革新的なアイデアを出すことができ、それらをグループ全体で検討し、改善することができます。

また、内部で争いが起きた場合でも、スマートコントラクトにあらかじめ書かれたルールに沿って、投票システムで簡単に解決されることが多いです。

会社の運営方法が変わる?

DAO化することで、人間が運営するよりも公正な組織の構築が可能になる例を一つ挙げます。今日におけるほとんどの企業には、CEOや社長と呼ばれる全社に影響を与えるような一方的な決定を下すことができるリーダーが存在します。しかしDAOの場合、このような個人的な意思決定は不可能となり、代わりにステークホルダーが企業がどのように運営されるべきかを投票を基に決定していくことになります。つまり、民意が反映されやすい組織になるということです。

逆に言えば、もしあなたがステークホルダーだったとしても、ルール変更や運営方針の決定には、自分以外の一定数以上の同意が必要となるため、DAOの枠組みを簡単に変更することはできないということです。

また先程も述べた通り、DAOはイーサリアムのスマートコントラクトに基づいており、特定の条件が満たされたときのみ特定のタスクを実行するようにプログラムすることができます。このスマートコントラクトを利用すれば、例えばあるプロジェクトへの出資に一定の割合の投資家が同意した場合にのみ資金を支出するなど、これまでに存在した典型的な企業のタスクを自動化することも可能となるのです。

DAOのデメリット

これまでDAOの革新性や利点などを語ってきましたが、これらは決してまだ完璧ではありません。きわめて新しい技術であり、合法性、安全性、構造に関する懸念や批判の声はまだ多く残っています。

マサチューセッツ工科大学のメディア企業が刊行するMIT Technology Reviewは、重要な金融の決定を大衆に任せるべきではない、という考えを明らかにしています。また、DAOでハッキングが起きた場合、スマートコントラクトの欠陥が発見された後でも修正するのが困難なため、セキュリティ上の懸念がされています。問題が見つかったとしても、システムを変更するにはコミュニティからの合意を得る必要があるため、迅速な対応が難しく、盗難や金銭の損失、その他の悲惨な結果につながる可能性があるとしています。

さらにDAOは、複数の管轄区域に分散される可能性があり、現在は法的な枠組みも存在しません。法的な問題が発生した場合、関係者は多数の地域の法律に対応する必要があり、複雑な法廷闘争を強いられるという予想もされています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。暗号資産内のコミュニティではすでに活用され始めているDAOですが、近い未来、人々の生活にとっても身近な技術になるかもしれません。

階層の存在しないインターネットネイティブなDAOは、伝統的な既存組織にとって変わるものになるのでしょうか。今後の発展に期待しましょう。

監修者: 株式会社techtec リサーチチーム

株式会社techtec「学習するほどトークンがもらえる」ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル) 」を運営。日本発のブロックチェーンリーディングカンパニーとして、世界中の著名プロジェクトとパートナーシップを締結し、海外動向のリサーチ事業も展開している。Twitter:@PoL_techtec

その他のWeb3.0初心者ガイドを見る

DAOの最新情報

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。