HEDGE GUIDE ふるさと納税とは?

HEDGE GUIDE ふるさと納税は、ふるさと納税に関する最新ニュース、ふるさと納税を利用する前に知っておくと良い基礎知識、ふるさと納税サービスの選び方、おすすめのお礼品などをわかりやすく解説しています。

ふるさと納税をこれから始めたい方へ

ふるさと納税サービスを選ぶ

ふるさと納税に関するコラムの一覧

ふるさと納税の仕組みやふるさと納税サービスの選び方、お礼品や自治体の選び方、賢い利用方法、今人気のお礼品やキャンペーンなどに関するコラムをまとめています。

ふるさと納税コラム

ふるさと納税、100万円以上の返礼品人気ランキング【2022年版】

ふるさと納税で寄付をすると、地域の農産物や加工品などの返礼品がもらえます。100万円以上の寄付ともなると、職人が手がけた工芸品や著名人とのプライベートツアーといった豪華な返礼品が用意されています。 本記事では、ふるさと納税に100万円以上の寄付をした人がもらえる返礼品を解説します。注目度の高い返礼品をランキング形式で掲載しているため、選択する際の参考にしてみてください。
ふるさと納税コラム

ふるさと納税、10~20万円の返礼品人気ランキング【2022年版】

ふるさと納税で寄付をすると、寄付先から返礼品がもらえます。10~20万円の寄付であれば、果物やお肉などの特産品はもちろん、高級家電やホテルの利用券などが選べます。 本記事では、寄付金10~20万円でもらえる人気返礼品ランキングとともに、返礼品を選ぶ際のポイントについてもご紹介します。
⇒ふるさと納税のコラム一覧を見る

ふるさと納税に関するニュースの一覧

ふるさと納税に関する最新ニュース、統計・データ、発表などをまとめています。

ふるさと納税

ふるさと納税にもSDGs、さとふるの関連お礼品登録は3年で約7.5倍に。

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」で、「SDGs(持続可能な開発目標)17の目標」に関連するキーワードを含むお礼品は、2021年5月から今年4月までの3年間で、登録数約7.5倍に増加した。また、「訳あり」と記載したお礼品の登録数は3年間で14.4倍以上に増え、寄付件数も3年間で約2.4倍に増加した。
ふるさと納税

LINEでふるさと納税が可能に。さとふる、新サービス「LINEでふるさと納税 Powered byさとふる」開始

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるはLINE株式会社とふるさと納税事業に関する協業について基本合意書を締結し、5月18日、無料通話アプリのLINEを通じてふるさと納税ができる「LINEでふるさと納税 Powered byさとふる」の提供を開始した。
ふるさと納税

東京都目黒区、「ふるさとチョイス」でウクライナからの避難民受け入れで寄付受付を開始

東京都目黒区は4月19日、株式会社トラストバンクが運営する国内最大級のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」で、ウクライナからの避難民の生活支援のため寄付の受付を開始した。ロシア侵攻の長期化で日本への避難民が増えており、同区でも複数名が生活している。
ふるさと納税

ふるさとプレミアムが寄付額最大10%分のAmazonギフト券キャンペーン。エントリーで全員にプレゼント

株式会社ユニメディアは、ふるさと納税サイト「ふるさとプレミアム」でオリジナル企画「Amazonギフト券プレゼントキャンペーン」を4月30日まで実施している。同サイトにログイン、エントリーを行ったうえで寄付をすると、全員に寄付額の 6%分のAmazonギフト券をプレゼントする。
ふるさと納税

コロナ禍2年目、ふるさと納税で「応援消費」の支援増加。さとふるが利用実態調査

コロナ禍で困窮する地域の生産者や事業者を、ふるさと納税制度を活用して支援する「応援消費」が浸透しつつあるようだ。ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるが3月25日発表したふるさと納税の利用実態に関するアンケート調査では、前年調査を上回る2割以上が応援消費に繋がるお礼品を申し込み、支援を行っていた。
⇒ふるさと納税のニュース一覧を見る