HEDGE GUIDE編集部おすすめ!初心者向け記事

  1. FX投資のメリット・デメリットは?取引のコツや代表的なFX会社も
  2. FX投資の仕組みや始め方は?初心者におすすめのFX会社も
  3. FXのやり方や初心者におすすめのFX会社
  4. FXで初めて口座開設、会社を選ぶポイントは?初心者向けFX会社も
  5. FX自動売買(システムトレード)のメリット・デメリットは?自動売買の始め方も
  6. ノックアウトオプションのメリット・デメリットは?具体的な取引方法も解説
  7. 暗号資産とFXの違いは?メリット・デメリットを初心者向けに解説

FXをこれから始めたい方へ

初心者向けFX会社一覧

FXに関するコラムの一覧

FX投資のメリット・デメリットや他の投資手法との比較、FXの始め方、FX会社の選び方、実際の投資事例などに関するコラムをまとめています。

FXコラム

CPIと小売売上高を受けてドル円はどうなる?利下げ予想やマイナス金利脱却についても解説【2024年2月】

2024年2月現在、アメリカでは予想を上回るCPIが発表され、早期利下げ観測が後退する中で金利が上昇し、ドル円は一時151円台まで上昇しました。その後に発表された小売売上高が予想を大幅に下回り、ドル円は急落したものの、すぐに150円台を回復しています。本稿ではプロトレーダーの筆者が、アメリカのCPIと小売売上高や、経済指標発表後の市場の反応、今後のドル円のトレードのポイントを解説します。是非参考にしてみてください。
FXコラム

初心者におすすめのFX会社は?操作画面がシンプルな会社5選

FX初心者がハードルに感じるものの一つに「取引ツールの操作方法」があります。操作画面が複雑な場合、何を押せば良いのか分からなくなり、面食らってしまうことでしょう。そこで今回は初心者におすすめの、取引ツールの操作画面がシンプルなFX会社を5社紹介します。いずれも初心者であってもすぐに慣れることができる取引ツールを提供しています。是非参考にしてください。
FXコラム

外為オンライン(iサイクル2取引)の使い勝手は?デモトレードの感想も

外為オンラインは自動売買「iサイクル2取引」を提供しています。デモトレードは無料です。自分のお金を使わずにFXのルールを学び、取引ツールの使い勝手を確認することができます。そこで今回はFX投資家である筆者が、外為オンラインの使い勝手とデモトレードの感想をお伝えしていきます。デモ口座は最短1分で開設できるため、この記事で興味を持った方は利用の開始を検討してみてください。
FXコラム

LINE FXとDMM FXどちらがおすすめ?特徴や取引ツール、スプレッド、手数料を比較

新しくFX口座を開設する場合にFX業者によって色々な特性があります。そのため口座開設にはFX会社の特徴を知って、自分に合ったFXサービスを選ぶ必要があります。この記事では「LINE FX」と「DMM FX」をピックアップしてその特徴と、それぞれのポイントを分かりやすく解説していきます。
FXコラム

FXで失敗するケースは?大損しないための対策や少額取引ができるFX会社を解説

FXを始める方で、大損して失敗したくないと思っている方は多いのではないでしょうか。失敗は最小にとどめ、失敗しても次の取引に活かすことが大切です。事前に失敗ケースと対策を頭に入れておくことで、失敗するリスクを下げるほか、失敗しても次の取引で改善を図ることができます。そこで今回はFXでよくする失敗ケースと失敗して大損しないための対策を解説します。少額で取引できるFX会社も紹介します。
FXコラム

FX自動売買でおすすめの取引会社は?大手5社を比較、取引ツールやスプレッドも

FXの自動売買取引に興味はあるけれど、どのFX会社で取引したら良いのか迷っている方もいるのではないでしょうか。FX会社によって特徴が異なるため、しっかり比較・検討することが大切です。そこで今回は、FXの自動売買取引ができる大手FX会社5社のメリット・デメリットを解説します。
FXコラム

トライオートFXの評判は?メリット・デメリットや最低金額も解説

トライオートFXは、インヴァスト証券株式会社が提供しているFXサービスです。自分自身で発注を行う裁量取引だけでなく、システムが自動で売買をしてくれる自動売買も行うことができます。今回はそんなトライオートFXの気になる評判やメリット・デメリット、取引ができる最低金額を解説します。
FXコラム

トラリピとループイフダン、初心者におすすめのFX会社は?やり方や注意点も解説【画像付き】

FXトラリピとルーフイフダンは、FXの自動売買ツールを提供しています。どっちも良さそうだけど、初心者にはどちらの方がメリットがあるの?と疑問に思っている方もいるでしょう。今回はそれぞれの特徴を紹介しながら、どちらが初心者にメリットがあるFX会社なのかを解説します。トラリピとループイフダンのやり方・注意点も解説します。参考にしてみてください。
⇒FXのコラム一覧を見る

FXに関するニュースの一覧

FXに関する市場動向や、主要なFX会社に関する最新ニュース、統計・データ、調査レポートなどをまとめています。

FX

世界各国の金利はピークに達したのか?シュローダーのスペシャリスト3人がディスカッション

シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社は12月21日、「金利のピーク?投資家の選択肢」と題した日本語版レポートを公開した。世界各国でインフレ率が低下し、米連邦準備制度理事会(FRB)が来年の利下げを示唆する中、金利はピークに達したとの見方が強まっている。
FX

【FX】為替介入で5円円高、今週はドル円を買うタイミングがポイント。介入時の動きについて解説

金曜日、ドル円は日中上昇基調を継続し、全く円安が止まらない動きになっていた。そしてドル円が151円台後半まで一気に上昇したタイミングで昨日ドル円は急落を始め、一時146円台まで下落する動きにもなった。この動きは為替介入だと考えられているが、財務省からは明確に為替介入を行ったという発言は出ていない。しかし、アメリカと口裏を合わせていたのではないかと思われる事象があるため併せて解説していく。
FX

英ポンドは減税策撤回により上昇、英国債は金利低下。英ポンド高の背景を解説

昨日、トラス政権は打ち出していた減税策を撤回し、マーケットは好感する地合いとなった。新しく財務相に就任したハント氏は、所得税の基本税率の引き下げやアルコール税の増税凍結など多くの減税策を撤回しており、足元で続いていたイギリスの混乱が終了する気配となっている。一方、50年間で最大規模の減税政策を打ち出したトラス首相に対して辞任を求める声もあるが、昨日はイギリス国債の金利が低下し、イギリスポンドは上昇する動きとなった。
FX

ドル円は前回の為替介入水準を突破。介入をしなかった理由とドル円の動きを予想

ドル円が昨日、前回為替介入を行った145円台後半の水準を突破して146円台に突入しました。147円手前まで上昇し、ドル円を中心に円売りが強まる動きとなりクロス円は総じて上昇しています。145円台後半で介入が入るかもしれないと考えていた方もいるかもしれませんが、今回146円台後半まで到達しても介入は入りませんでした。鈴木財務相から口先での円安牽制発言は出ていましたが、それ以上の動きはなく、マーケットは介入を行わないことが分かっていたかのような動きとなっています。
FX

ISM製造業景況感指数の悪化で株式市場は反発。為替介入の水準は146~147円か。

昨日は株式市場が大幅に反発。背景として、ISM製造業景況感指数が予想外に悪化したことが背景として挙げられる。景況指数が予想以上に悪化する数字となり、前月よりも大幅に低下した。そしてISM製造業景況感指数では節目である50.0を割り込む勢いで低下し続けている状況だ。
FX

英中銀が緊急対応措置、英国債金利は急低下。ドル円は145円台後半が防衛ラインか

英中銀は昨日、進行している英国債の金利急騰に対して、市場を沈静化するための緊急対応を行った。内容としては10月14日まで長期債の購入を実施するとしている。国債を緊急的に買い支える理由としては、英政府の長期債務に影響を与えていることによる。市場の機能不全が継続もしくは悪化すると、国の金融の安定性に大きく悪い影響を与えるとした。
FX

FOMC、3会合連続で0.75%政策金利の引き上げ。ドル円は147円が警戒ラインか。

昨日行われたFOMCは市場の予想通り0.75%の利上げとなり、3会合連続で0.75%政策金利の引き上げが決定された。0.75%政策金利が引き上げられたことによって、FF金利の誘導目標は3.00%-3.25%となったが、パウエル議長の会見で市場が予想している以上にタカ派姿勢が確認されたことから、市場は上下に激しい展開となっている。
⇒FXのニュース一覧を見る