ロボアドバイザーの運用利回りは何%?主要5社の利回りも徹底比較

投資家の代わりに資産運用のアドバイスや運用の手伝いをしてくれるロボアドバイザーサービス。投資知識を必要とせず、しかも低コストで運用できることから投資初心者にピッタリの投資方法として今注目されています。

では実際、ロボアドバイザーの利回りはどれだけ期待できるのでしょうか。

今回は、主要5社が提供するロボアドバイザーの運用利回りを比較し、それぞれの特徴をまとめました。ロボアドバイザーの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. ロボアドバイザーとは?
    1. 「助言型」と「運用型」の2種類
    2. ロボアドの運用コスト
  2. ロボアドバイザーの利回りは?
    1. ロボアドバイザー主要5社の利回り比較
    2. リスク許容度が大きいと高利回りも
    3. 各社ロボアドバイザーの特徴
  3. まとめ

1 ロボアドバイザーとは?

ロボアドバイザーは、利用者にあったポートフォリオ(資産配分)作成のアドバイスや、アルゴリズムに基づいた運用管理(商品の買付・売買)などを提供するサービスです。

1-1 「助言型」と「運用型」の2種類

ロボアドバイザーには、資産運用の診断・助言を行うもの(投資アドバイス型)と、投資アルゴリズムに基づいた運用・売買までを行うもの(投資一任型)の2種類があります。

投資アドバイス型
(助言型)
ユーザーが、「資産運用の目的」「運用期間」「目標額」「リスク許容度」などの項目を入力すると、資産運用の最適な配分をアドバイスする
投資一任型
(運用型)
助言型のサービスに加えて、投資の発注や運用、運用している資産配分の最適化(=リバランス)などを行う

ロボアドバイザーはパソコンやスマートフォンからアプリケーション・ソフトを通じて利用でき、投資や資産運用に関する知識がなくても少額から気軽に始められるのが、これまでの投資と異なる点です。

1-2 ロボアドの運用コスト

ロボアドバイザーのサービスを利用するには一定の費用がかかりますが、「投資アドバイス型」サービスは、無料で使えるものがほとんどです。

一方、投資一任型を利用するには、「サービス利用手数料」と「投資信託手数料」(投資信託を運用している会社に支払う信託報酬など)がかかります。

ファンドマネージャーが資産運用する場合、預け資産の「2~3%」前後の手数料が必要ですが、ロボアドバイザーではサービス利用手数料と投資信託手数料の合算で預け資産の「1%」前後と、コスト面でも安く抑えることができます。

2 ロボアドバイザーの利回りは?

次に、ロボアドバイザーを使って資産運用した場合の利回りを見ていきましょう。

2-1 ロボアドバイザー主要5社の利回り比較

複数あるロボアドバイザーの中で、主要5社が提供するサービス(ウェルスナビ、テオ、楽ラップ、マネラップ、クロエ)について、利回りを中心に比較していきます。

ウェルスナビ
(WealthNavi)
THEO
(テオ)
楽ラップ マネラップ
(MSV LIFE)
クロエ
利回り
(年率)
2.17~5.31% 1.44%~9.39% △0.95%~4.79% 2.87%~9.58% △2~2.8%
最低投資単位 10万円 1万円 10万円 1000円 1万円
運用手数料 3000万円まで1%
3000万円を超える部分0.5%
(税抜)
3000万円まで1%(注1)
3000万円を超える部分0.5%
(税抜)
0.702%
(税抜)
おおむね1%
(税込)
0.88%
(税抜)
投資対象 ETF ETF 投資信託 ETF ETF
種類 投資一任型 投資一任型 投資一任型 投資一任型 投資一任型

(注1) THEOでは、預かり3,000万円までについて、運用開始から対象期間内の各月末までの入出金総額の平均に応じて手数料が0.65%(税抜き)まで割引になる「THEO Color Palette(テオ カラーパレット)」という新手数料体系が2019年4月から導入されています。
(注2) 利回りは、ウェルスナビは2016年1月に100万円、その翌月から2019年6月まで毎月3万円ずつ積み立てながら投資した場合の運用実績を基に算出。THEOは2016年3月から2019年4月までの実績値を基に算出。楽ラップは2016年7月~2019年7月末までの運用実績を基に算出。・マネラップは2016年6月~2019年9月までの運用実績を基に算出。クロエについては、2017年7月1日~2018年6月30日の運用実績(ウェブサイトより)
(注3) ETFとは、上場投資信託で、東京証券取引所などで取引ができる金融商品のこと。投資信託と違って上場しているためリアルタイムで価格が変動し、いつでも売買できるのが特徴。

上記の利回りは、主に2017年度の運用実績についてまとめたものです。各社ともほぼプラスの結果が出ていることがわかります。ウェルスナビやTHEOなどは国際分散投資を掲げるロボアドバイザーですが、直近数年の世界経済全体のGDP成長率が3%~4%程度ですので、そのメリットを享受できていることがわかります。

2-2 リスク許容度が大きいと高利回りも

各社ともに利回りの数値には幅がありますが、おもにリスク許容度の違いが影響していると考えられます。

昨年以降、リスク許容度の小さい場合(ローリスク・ローリターン)に比べ、リスク許容度の大きい場合(ハイリスク・ハイリターン)の方が、運用実績で良い結果が出ています。リスク許容度の大きい場合では、リスクが増える分、それだけ大きなリターンを見込むことができます。

近年は景気が比較的順調に推移していたため、リスク許容度の大きい場合で運用した方が有利な結果になったと見ることができます。

なお、上記の利回り実績は、各社の運用スタート時期や開示している情報などが異なるため、あくまで参考値として見ておくことをおすすめします。その時々の景気動向の違いや、リスク許容度をどの程度に設定するかによっても利回りや実績は異なる結果となりますので、運用開始前に投資目的と合わせてじっくりと検討しましょう。

2-3 各社ロボアドバイザーの特徴

以下では、主要5社のロボアドバイザーの特徴を一つずつ見ていきたいと思います。

WealthNavi(ウェルスナビ)

ウェルスナビ
「ウェルスナビ」は申込件数23万口座以上、預かり資産1700億円を達成(2019年9月5日時点)している国内トップの規模・実績を持つロボアドバイザーです。
海外ETFを組み合わせた8コースの中から、最適なポートフォリオを提案してくれます。海外ETFは投資信託より信託報酬が低いため、費用を抑えることができます。
また、手数料を最大0.90%(年率)まで割引してくれる「長期割」サービスや、収益にかかる税を少なくするための「自動税金最適化機能」などを持っているのも特徴的です。

2019年10月4日までに当サイト(HEDGE GUIDE)経由でウェルスナビに20万円以上の入金をするなどの条件を満たした方に対して「1500円がプレゼント」される期間限定タイアップキャンペーンを実施中です。(※キャンペーンの適用条件の詳細は、タイアップ特設ページにてご確認下さい。)

【関連ページ】WealthNavi(ウェルスナビ)の評判・口コミ

THEO(テオ)

AI搭載・ロボアドバイザー・THEO
「THEO」は世界86の国・地域、1万1000以上の豊富な銘柄の中から、国際分散投資で長期資産の運用を行うロボアドバイザーです。
「値上がり重視」「配当利益重視」「インフレ対策重視」の3つの方向性をユーザーが操作できることから、ユーザーの意思を反映したポートフォリオを組むことができます。
また、診断結果にあわせた最適化パターンは200種類以上ときめ細かく、豊富な投資形態があるのが特徴です。さらに、運営主が独立系の企業であるため、証券会社の意向に影響されないなど中立性が保たれています。

THEOでは、預かり3,000万円までについて、運用開始から対象期間内の各月末までの入出金総額の平均に応じて手数料が0.65%(税抜き)まで割引になる「THEO Color Palette(テオ カラーパレット)」という新手数料体系が2019年4月から導入されています。そのため、将来的に大きな金額を運用していきたいという場合には、運用コスト上のメリットがあります。

また、NTTドコモとの協業サービスである「THEO+docomo」では、dポイントを利用して投資することができ、dカードによるおつり積立機能やドコモ口座との連携も可能です。まずは少額から検討してみたい、ポイント投資から始めてみたい、という方はこちらも検討されてみると良いでしょう。


【関連ページ】THEO(テオ)の評判・口コミ

楽ラップ

ロボアドバイザー運用の楽ラップ
「楽ラップ」は楽天証券が提供するサービスで、年率のトータル費用は固定報酬型で預け資産の0.702%(税込)と、低コストで運用できる点が特徴的です。
主な投資対象は国内の投資信託で、為替変動リスクを負わないという利点があります。株式市場の相場変動リスクが高くなった場合には、株式の投資割合を少なくする「下落ショック軽減機能」を持っています。
最適化されたポートフォリオ、および「下落ショック軽減機能」の適用の有無を選択して運用を一任することができます。

マネラップ

ロボアドバイザー・マネラップ
「マネラップ」は、マネックス証券が運営を行うロボアドバイザー・サービスです。
運用タイプは全8コースがあり、1000円から資産運用を行うことができます。投資対象を低コストのETFに絞ることにより、費用を抑えた長期的な資産運用を図っています。
また、海外ETFだけでなく国内ETFも対象にしており、投資対象を主に海外ETFとする「ウェルスナビ」や「テオ」と異なる投資方法を採用しています。

Chloe(クロエ)

ロボアドバイザー・クロエ(Chloe)
「クロエ」はエイト証券が提供するロボアドバイザー・サービスで、年率0.88%(税抜)という低コストを実現しています。
投資先は、東証に上場しているETFのみを使い、「世界50カ国・4,324銘柄・37業種」の分散投資を行います。円ベースでの運用が可能で、為替変動リスクを負わずに資産運用ができるのが特徴です。

3 まとめ

ロボアドバイザーに投資の運用を任せる際、利回りが高いほど資産が増える可能性が高く、効率的に資産形成できると考えられます。

ただ、利回りや運用実績だけをみて判断するのではなく、「投資対象」「投資の方法」「経費」のほか、「相場変動」「緊急時におけるリスク回避能力」など、各要素を総合的に判断することが投資では重要です。

過去の一定期間における運用実績は、その時々の景気動向や経済情勢に基づいた結果であるため、それがそのまま将来の運用成績になるものを保証するものではないからです。

ロボアドバイザーの利用では、その機能やサービス内容・リスクなどを総合的に把握し、十分に比較検討した上で資産運用を任せていくことで、将来に向けた資産形成の強い味方になりうるでしょう。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」