ポイント投資・ポイント運用ができるサービス

使わずに貯まっているポイントを使って気軽に投資・運用ができるポイント投資サービスが増えてきています。

今回は、Tポイントやdポイントなどで投資ができるサービスをピックアップしてご紹介します。手元にあるポイントを利用して気軽に投資をしたいという方はぜひ参考にしてみてください。

ポイント投資・ポイント運用ができるサービス

Tポイントで1株数百円から株式投資ができる!SBIネオモバイル証券「ネオモバ」

SBIネオモバイル証券(Tポイント投資)

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、ネット証券 口座開設数 No.1(※1)の「SBI証券」と、共通ポイント貯まる・使える店数No.1(※2)のポイントサービス「Tポイント」とマーケティングを繋ぐ「CCCマーケティング」の共同出資で誕生した会社です。業界大手2社が展開するサービスだからこその安心感や使いやすさが大きな魅力です。

SBIネオモバイル証券では、Tポイントで株式投資ができるサービスで1株単位から株式が購入できるため、数百ptのTポイントから株式投資を開始することができます。また、積立投資も行うことができるため、少額から投資を始めて単元株を取得するといった投資方法も可能です。

利用料は月額200円から(取引額に応じて変動)となっていますが、期間固定Tポイントが毎月200ptもらえるため、非常に取り組みやすいサービスです。

※1 2019年3月現在の口座開設数。比較対象範囲は、主要ネット証券5社との比較となります。「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します。(2019年3月末現在、各社公表資料等より、SBI証券調べ)
※2 2019年3月末時点 Tポイント・ジャパン調べ


運用に応じてdポイントがもらえる!dカードによるおつり積立機能やドコモ口座との連携も「THEO+docomo」

THEOTHEO+[テオプラス] docomoは、ロボアドバイザー「THEO」の運営会社である株式会社お金のデザインと株式会社NTTドコモとの協業サービスで、dカードによるおつり積立機能と、ドコモ口座との連携が可能なことが特徴となっています。

運用はロボアドバイザーの「THEO(テオ)」(株式会社お金のデザインが運用)が担当しています。ロボアドバイザーは、AI(人工知能)を活用して資産運用を行ってくれるサービスで、中でもお金のデザインが運用するTHEOは「投資一任型」に該当し、資産運用全般を代わりに行ってくれます。

たまったdポイントは、NTTドコモ社が運営する「dポイント投資」のサイトで運用することもできます。こちらは「ポイントの運用」となるため、ポイント数は1日1回変動しますが、現金が増減するわけではありません。なお、dポイント投資の投資単位は100ポイント単位となります(1ポイント=1円相当)。

運用される間は「運用ポイント」に変換されていますが、好きな時にdポイントに戻すことができ、各種支払いや買い物に利用可能です(戻す際は、1ポイント単位で変換可能)。また、dポイント投資では、dアカウント(無料)を取得する必要がありますが、年会費や手数料などのコストはかかりません。

まとめ

ポイント投資は、余っているポイントや使う予定のないポイントを使って、無理なく投資ができる画期的なサービスです。ポイント投資を利用することで、投資をより身近に感じることができるようになったという方も多いので、投資の勉強をしてみたい方や投資体験をしてみたいという方もぜひこの記事を参考にトライしてみて下さい。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」