資産運用初心者も安心!ロボアドバイザーの始め方

ロボアドバイザーは、パソコンやスマホを通して、コンピュータが資産運用の助言や運用をしてくれるサービスです。近年、資産運用への社会的な関心の高まりやAI(人工知能)の発達により、ロボアドバイザー・サービスが注目されています。しかし実際に始める場合、どのロボアドを選び、何をすればいいのか迷うことも少なくありません。そこで今回は、ロボアドバイザーの種類や、サービスを始める手順をわかりやすく解説していきます。

目次

  1. 自動で資産運用してくれるロボアドバイザー
    1-1 ロボアドバイザーは、大きく分けて2種類
    1-2 アドバイス型と投資一任型の違い
    1-3 主要5社のサービス
  2. 初心者でもよくわかるロボアドバイザーの始め方
    2-1 新規登録の方法
    2-2 口座開設の方法
    2-3 入金の方法
  3. まとめ

1 自動で資産運用してくれるロボアドバイザー

ロボアドバイザー(通称ロボアド)は、資産を運用する場合に、資産配分のアドバイスや実際の運用を行ってくれるサービスです。
まずはロボアドバイザーの種類や、サービス内容から見ていきましょう。

1-1 ロボアドバイザーは、大きく分けて2種類

ロボアドバイザーは、その役割から大きく分けて、「アドバイス型」と「投資一任型」のサービスに分けることができます。

アドバイス型

アドバイス型のロボアドバイザーは、ユーザーのリスク許容度を診断し、資産運用の最適な配分をアドバイスしてくれます。資産運用を行う場合、利用者はロボアドバイザーのアドバイスを参考にして、自分で投資の発注や運用、資産の再配分や調整(=リバランス)を行います。

投資一任型

投資一任型は、アドバイス型と同じくユーザーのリスク許容度を診断し資産運用の最適なプランをアドバイスしてくれる他、発注や運用、資産配分を最適な状態に維持するリバランスのすべてを自動で行ってくれます。利用者は自分で資産運用を行う必要がなく、すべてロボアドバイザーに任せられることが特徴です。

1-2 アドバイス型と投資一任型の違い

アドバイス型のロボアドバイザーは、資産運用のプランを提案してくれますが、実際に投資の発注や運用、また、運用途中で資産配分を調整するのはユーザー自身です。アドバイス型では、ロボアドバイザーの助言内容を参考にしながら、ユーザー自身の考えや資産運用計画を反映させたポートフォリオを作っていくことが可能です。

そのため、アドバイス型は投資や資産運用の経験があるか、その分野にある程度知識がある方、あるいは、自分で直接資産を運用する実感や面白さを得たいと考えているユーザーに向いていると言えます。アドバイス型サービスのほとんどは、無料で利用できます。さらに、ユーザーは、提案された金融商品をNISA(少額投資非課税制度)口座を使って購入できるというメリットもあります。

一方、投資一任型では、ユーザーは自分自身の手を煩わせることなく、資産運用をロボアドバイザーに任せることができます。そのため、投資や資産運用の初心者、あるいは、仕事が忙しくて時間的な余裕がないユーザーに適していると言えます。資産運用は、その運用途中で経済状況などの背景が変化することも多く、ポートフォリオの組み替えなどが必要となってきますが、リバランス機能を持つ投資一任型のアフターフォローは心強い味方となります。

1-3 主要5社のサービス

実際にロボアドサービスを提供している主要5社を見てみましょう。

WealthNavi(ウェルスナビ)

ウェルスナビ
・種類:投資一任型
・最低投資金額(初期投資額):10万円
・申込件数23万口座以上、預かり資産1700億円超で国内トップの規模・実績がある。投資対象は、低コストの海外ETF(上場投資信託)。収益に対する節税のため、「自動税金最適化機能」がある

THEO(テオ)

THEO
・種類:投資一任型
・最低投資金額:1万円
・世界86の国・地域、11000以上の豊富な銘柄の中から、徹底した国際分散投資でリスクを低減、収益を安定化最適化のパターンがきめ細かく、200種類以上の投資形態がある。手数料は運用額に応じて最大で0.65%まで割引。

マネラップ(MSV LIFE)

マネラップ(MSV LIFE)
・種類:投資一任型
・最低投資金額:1万円
・投資対象は低コストの海外・国内のETFで、運用タイプは全8コース。費用を抑えた長期的な資産運用を行う

楽ラップ


・種類:投資一任型
・最低投資金額:10万円
・主な投資対象は国内の投資信託で、為替変動リスクを抑制。株式相場の変動リスク時に、株式の投資割合を少なくする「下落ショック軽減機能」を持つ

SMART FOLIO(スマートフォリオ)

・種類:アドバイス型
・最低投資金額:1万円
・投資ロジックは、みずほ第一フィナンシャルテクノロジーによる国際分散投資手法
インターネットバンキング「みずほダイレクト」の同時契約で、複数投資信託の購入・解約などが一括注文できるワンクリック・オーダー機能を持つ

2 初心者でもよくわかるロボアドバイザーの始め方

ロボアドバイザーのサービスを始める際、サイトで新規登録・口座開設の手続きを行う前に、以下の準備をしておくと良いでしょう。

①ロボアドバイザー・サービスに運用を任せる予定の資金額を決めておく
まずは運用金額を決めましょう。厳密に決める必要はないですが、「当初は大体○○万円ぐらいの金額で、毎月〇〇円ずつ増やしていこう」など大まかでも構いません。ロボアドは100円から始められるサービスもあり、他の金融商品と比べて初期投資が安く済むのも特徴です。ただし、資産運用とはいっても投資となるため、余裕資金で運用するのが望ましいでしょう。

②マイナンバー情報および本人確認書類などを用意する
ロボアドバイザー用の口座を開設する手続きでは、マイナンバー情報および本人確認書類の提示が求められます。申し込み手続きに入る前に、アップロードできるマイナンバーカード(または、通知など)や運転免許証など本人確認書類のデータを用意しておくと、手続きがスムーズに行えます。

2-1 新規登録の方法

では、実際にロボアドバイザーを始める手順について詳しく見ていきましょう。ロボアドバイザー・サービスに登録するまでの流れを説明します。ここでは例として、THEO(テオ)の新規登録や口座開設、そしてサービスの始め方を紹介します。

①THEO(テオ)の公式ホームページにアクセスする
THEO

②【無料でTHEOを体験】ボタンをクリックする
このコーナーでは、資産運用のための無料診断を受けることができます。質問項目は、年齢・年収・貯金額など5項目です。それに答えると、10年後の資産予想や同世代の貯蓄額予想などを示してくれます。


なお、この無料診断は回答せずにスキップすることができます。無料診断をスキップする場合は、【診断をスキップして新規登録】ボタンをクリックすると、「新規登録画面」に移ります。

③ユーザ登録をする
メールアドレス以下の項目を入力し、【メールアドレスで登録する】をクリックすると、入力したアドレスにTHEOから「確認メール」が届きます。

④パスワードを入力する
確認メール内に記載されている【メールアドレスを認証する】ボタンをクリックすると、「パスワード設定画面」が出てきます。8文字以上のパスワードを設定し、【次へ】ボタンをクリックします。

以上で、サービスの新規登録は完了です。

2-2 口座開設の方法

続いて、口座登録の流れを見ていきます。

①新規登録が完了すると、引き続き「お客さま情報入力画面」が出てくるため、氏名・生年月日・性別・職業・投資経験など13項目を入力し【次へ】をクリックします。

②次に、「THEO口座種別選択画面」が出てくるため、希望箇所にチェックを入れ、確認事項に同意(チェック)していきます。
ここで、「特定口座・源泉徴収あり」を選択すると、THEOの運営会社が確定申告を行ってくれますが、選択しなければ自分で申告する必要があります。

③入力が終わったら【次へ】をクリックすると、「反社会勢力でないこと」「日本国内に居住していること」の宣言、「個人情報保護に関する基本方針」の同意へと進み、「今まで入力した内容の確認画面」に移動するため、入力内容を再確認してから【この内容で登録する】ボタンをクリックします。

④次に、「マイナンバーの情報を提出する画面」が出てくるため、次の3種類から1つを選び、【提出する】をクリックします。

  • マイナンバーカード
  • 通知カード
  • マイナンバー記載住民票

すると、選んだ書類の提出画面が出てくるため、「ファイル選択」でマイナンバーが記載された書類データを選択してアップロードします。

⑤続いて、「本人確認用書類のデータ提出画面」に移るため、次のどちらかを選択し、マイナンバー情報と同様にアップロードします。

  • 運転免許証
  • その他の確認書類

⑥そして契約書・報告書について、「オンライン交付のお願い画面」が出てくるため、【承諾する】ボタンをクリックします。

⑦最後に、「対象書面を確認する画面」に移動するので、証券口座契約締結前交付書面など5種類の書類を確認し、【内容に同意して契約を申し込む】ボタンをクリックします。

口座開設の申し込み後、3日程度で簡易書留の通知が登録した住所に届きます。この通知が届けば、THEO(テオ)の口座開設の審査が終了したということで、入金ができる状態となります。以上で、口座開設の手続きは完了します。

 2-3 入金の方法

新規登録および口座開設が済んだら実際に口座に入金してみましょう。以下に、THEO(テオ)の例を用いて入金するまでの流れをご説明します。THEO(テオ)の入金方法は「クイック入金」「銀行振込」「THEO積立」の3つがあり、どれからでも入金できます。ただし、クイック入金で現在利用可能な金融機関は次の5つです。

  • 住信SBIネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • じぶん銀行

また、営業日の13時までにクイック入金すれば当日の着金扱いとなり、13時を過ぎると翌営業日分扱いとなります。なお、入金額は最低1万円からとなります。

2-3−1 「クイック入金」の方法

①THEO(テオ)のマイページにログインし、上部のメニューから【入金】を選択します。

②「クイック入金」の項目を選択し、利用する金融機関を選んだら、入金額を入力します。

③選択した金融機関の「インターネットバンキングのログイン画面」が表示されるので、本人名義でログインし、入金の操作を行います。

④入金が正常に完了するとマイページに戻り、入金額が反映されます。

2-3-2 積立の始め方

①THEO(テオ)のマイページにログインし、メニューから【積立】をクリックします。

②「引落し口座と積立額の設定画面」が出ます。そこで、「金融機関名」の欄に、引落し口座とする金融機関の口座を指定します。なお、一覧に表示されていない金融機関も検索して指定できます。

③金融機関名、支店名、預金種別、口座番号、名義人カナを入力し、【次へ】と進みます。

④金融機関側のページに移動するため、そこで案内に従い口座情報等必要な項目を入力します。

⑤引落し口座の登録が完了すると、「引落し口座を登録しました」との表示が出ます。

⑥積立額の設定は、スライドバーのボタンを左右に動かし1万円単位で設定できます。
なお、1,000円単位の設定は直接入力します。

⑦また、ボーナス月の積立設定では、【月を選択】でボーナス支給月を選びます。なお、ボーナスの引落し月は、選択された月の翌月となります。

3 まとめ

ロボアドバイザーは、資産運用で最適なプランの提案や実際の運用を行ってくれるサービスです。アドバイス型、投資一任型と種類が分かれており、また、同じ種類でも各社が提供するサービス内容にはそれぞれ特徴があります。ロボアドサービスを利用する場合、運用資産の規模や将来計画、そして運用経験などを考慮し、自分に合ったサービスを選ぶことが大切です。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」