HEDGE GUIDE編集部おすすめ記事5選

  1. ReFiとは
  2. カーボンクレジットとは
  3. Web3とは
  4. NFTとは?NFTの仕組みは?
  5. DAOとは

ReFiに関する新着記事

高いスケーラビリティと環境に優しい特徴を持つイーサリアムキラーのL1チェーン「NEAR」とは?

NEARは、スケーラビリティとユーザーフレンドリーな設計を前面に押し出したL1ブロックチェーンです。シャーディング技術を採用しており、トランザクションの処理能力を大幅に向上させることができるのが最大の特徴として挙げられます。このシャーディングにより、ブロックチェーンの伸び悩む問題点であるスケーラビリティの課題を効果的に解決しようとしており、イーサリアムキラーとも呼ばれています。

衛星データによるリモートセンシングで再生農業をサポートする「Agreena」とは?

「Agreena」は再生農業のスタートからカーボンクレジットの生成及び販売までを一気通貫してサポートするプラットフォームです。2017年に設立されたデンマークコペンハーゲンを拠点とする企業です。2021年にシードラウンドで4.7Mドルを、2022年にシリーズAで22Mドルを、2023年にシリーズBで60Mドルを調達しています。

⇒ReFiニュースの一覧を見る[PR]

Web3・ブロックチェーンに関する新着ニュース

⇒Web3・ブロックチェーンニュースの一覧を見る[PR]

Web3・ブロックチェーンに関する新着コラム

Web3コラム

炭素税とは何か?導入している国々と目的とは

炭素税の歴史を振り返ると、1990年にフィンランドが先駆けて導入したことから、欧州諸国を中心に、スウェーデン、フランス、イギリス、ドイツなどで次々と採用されてきました。日本においても、2012年に導入されているものの、他国と比べて低い税率により再検討されています。この記事では、炭素税の概要や、採用している国々、そしてその目的について深掘りしていきたいと思います。
Web3コラム

ロッテのブロックチェーン活用事例、ガーナ産カカオ豆のトレーサビリティと児童労働リスクを管理

2023年2月、ロッテはガーナ産カカオ豆の供給チェーン情報と児童労働リスク情報をブロックチェーンシステムに統合する実証実験を始めることを発表しました。この記事では実験の詳細と、カカオ豆供給チェーンと児童労働問題へのブロックチェーンの応用について説明します。
Web3コラム

SNS業界の未来を変えるゲームチェンジャーになるためには Yay!を運営するナナメウエ代表 石濵嵩博氏【インタビュー】

今回は、2022年8月にbitFlyerの国内初IEO実施に向けて契約提携を発表している、バーチャルワールド「Yay!」を開発・運営するナナメウエの石濱嵩博氏に、日本発の「web3×SNS」の実現と、今後のコミュニケーションプラットフォームのあるべき姿を中心に、編集部がお話を伺ってきました。

⇒Web3・ブロックチェーンコラム一覧を見る[PR]

Web3・ブロックチェーンに関する新着セミナー

初心者の方に向けて、Web3・ブロックチェーンに関する情報収集や投資判断に役立つ全国の新着セミナーをご紹介しています。ブロックチェーン専門家による技術の詳細な分析やトレンドなど、Web3やブロックチェーンの最新情報を入手したいという方はぜひご覧ください。

⇒Web3・ブロックチェーンセミナー一覧を見る[PR]