CATEGORY NFT

NFT

LINE NFTの使い方とセールスパートナー制度とは?

22年11月8日、LINEの暗号資産(仮想通貨)関連事業およびブロックチェーン関連事業を手がけるLINE Xenesis株式会社は、同社が運営を行うNFTマーケットプレイス「LINE NFT」において、新たに「セールスパートナー制度」をスタートしたことを明らかにしました。ここではLINE NFTの概要や具体的な使い方、また今回新たに発表されたセールスパートナー制度について、詳しく解説していきます。

NFT

ピースワンコ・ジャパンやCatRescueのような動物愛護NFTとは

投資を行う際、大きな利益を上げることよりも、できるだけ損失を被らないことを優先して行動するというトレーダーの方も多いのではないでしょうか。一般的に、投資におけるこのような意思決定の方法は「プロスペクト理論」という行動経済学に基づいていると言われてます。そこで今回は、仮想通貨トレードでも考えるべき投資理論「プロスペクト理論」について、詳しく解説していきます。

NFT

2023年はDAOの政治化に注目 要となるデリゲートとは?

2023年、我々はDAOの政治化が進むとみている。現実の政治と同じように派閥やグループ同士の駆け引きが投票の結果を大きく左右する時代が来るだろう。実際、DAO運営の老舗であるメーカーでは、派閥が勃興してきたという分析も出ている。本稿では、DAOの仕組みとDAO運営の要となるデリゲート、そしてメーカーにおける派閥分析を解説する。

NFT

DAO(自律分散型組織)で変化するNFT「ヘッジー」が秘めたポテンシャル

ハリネズミをモチーフにした「Hedgies(以下、ヘッジー)」は、DEX(分散型取引所)のdYdXが販売する独自のNFTだ。取引所が販売するNFTならではの特典を備えており、多くの優秀なトレーダーが所有している。しかし、ヘッジーのポテンシャルは、既存の特典に留まらない。本当に注目すべきなのは、dYdXのコミュニティではさまざまなユーティリティ付与が議論されている点だ。

NFT

データから見るトレーダー向けNFTマーケットプレイス

2021年頃にブームを引き起こしたNFTの取引を行うOpenSeaを筆頭としたマーケットプレイスは、2022年には多数の企業やプロジェクトが参入し、様々なNFTマーケットプレイスを提供しています。以前の記事でもNFTマーケットプレイスをまとめましたが、今回は以前扱わなかったものを取り上げ、さらにデータを用いて比較を行い、NFTマーケットプレイスについて概観します。

NFT

GameFi専門のNFTマーケットプレイス「Zaif INO」のNFTローンチパッドとは

22年10月11日、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所Zaif(ザイフ)の運営を手がける株式会社カイカフィナンシャルホールディングスと、ブロックチェーン関連の事業を展開しているT2WEB株式会社が、Web3.0事業に関する提携契約を締結しました。ここでは新たに発表されたZaif INO(Initial NFT Offering)について、その概要や特徴などを詳しく解説していきます。

NFT

NFT市場の現状、今後の可能性について解説

近年、「NFT」という単語が世界中で飛び交うようになりました。デジタルデータに唯一無二の価値を付与することに成功したNFTは、新たなビジネスモデルとしてさまざまな分野のコンテンツとコラボレーションしながら、その規模を拡大してきました。そこで今回は、NFT市場の現状に焦点を当て、市場規模の推移などについて詳しく解説していきます。