GMOコインの口コミ・評判・口座開設

GMOインターネットのグループ会社が運営する「GMOコイン」

GMOコインはGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨販売所です。グループ会社にGMO証券をもつGMOコインは、金融機関のバックグラウンドをもった仮想通貨販売所として国内最高水準のレバレッジ倍率、FX特化アプリ、アルトコインのレバレッジ取引予定など、仮想通貨FXに注力したサービス展開をしていることが特徴です。

GMOコインの概要

取扱通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH / BCC)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
現物取引 取引所
販売所 ○:ビットコイン、イーサリアム、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ、ライトコイン
レバレッジ取引 証拠金取引(仮想通貨FX) レバレッジ5倍(ビットコイン、イーサリアム、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ、ライトコイン)、10倍(ビットコイン)
信用取引
先物取引
その他サービス ■レンディング(不定期実施)
各種手数料 法定通貨入出金手数料 ■法定通貨入金
・銀行振込
楽天銀行、住信SBIネット銀行:手数料無料(最低1,000円/回、最大1,000万円/回)
その他の金融機関:振込者負担

・ペイジー入金
手数料無料(最低1,000円/回、最大999,999円/回)

■法定通貨出金
手数料無料(最低金額1万円/回、最大1,000万円/回)

仮想通貨入出金(預入・送金)手数料 ■入金手数料
無料

■出金(送金)手数料
無料

■出金(送金)最大額
ビットコイン:10BTC/日
イーサリアム:20ETH/日
リップル(XRP):4,000XRP/日
ビットコインキャッシュ:10BCH/日
ライトコイン:60LTC/日

現物取引手数料 無料
証拠金取引手数料 建玉金額の0.04%/日
信用取引手数料
先物取引手数料
その他手数料
証拠金 建玉金額の20%に相当する日本円
追証基準 証拠金維持率75%未満
ロスカット基準 証拠金維持率100%未満
セキュリティ・安全性 SSLによる通信の暗号化
マルチシグネチャ採用
コールドウォレット管理
資産の分別管理
サーキットブレーカー制度
その他 アプリ
API公開
不正ログインに対する損失補償
法人口座開設

※2018年5月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトをご覧ください。

GMOコインの最新情報

GMOコインのおすすめポイント

  1. 東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社
  2. FX取引はレバレッジ25倍で取引可能
  3. 仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」でFX取引が可能
  4. アルトコインのレバレッジ取引を取扱予定

東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社

GMOコインは東証一部上場のGMOインターネットのグループ会社です。GMOコインでは、同じくグループ会社であるGMOクリック証券で培われた金融サービス提供のノウハウや堅牢なセキュリティ、管理体制のもとで安心して仮想通貨取引ができることが特徴です。チャットサポートも導入されており、初心者でも安心して利用できるおすすめの仮想通貨取引所です。

FX取引はレバレッジ25倍で取引可能

GMOコインでは国内でも最大のレバレッジ25倍でのFX取引が利用可能で、少額の資金でも大きなポジションをもてることが特徴です。現物取引では買いから入るしかないところを売りから入ることもできるこため、価格の下落相場であっても利益を狙うことが可能です。

仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」でFX取引が可能

「ビットレ君」はGMOコインが提供する仮想通貨FX専用のアプリで、FX取引に必要な情報取得に特化したアプリです。取引に必要な建玉を確認できるほか、全9種類のテクニカル指標を利用できるチャート、価格変動の激しい仮想通貨取引に対応する「スピード注文」といった機能が充実しています。FX取引を検討している方であればぜひ利用したいアプリです。

アルトコインのレバレッジ取引を取扱予定

GMOコインでは、国内で唯一のアルトコインのレバレッジ取引を取り扱い予定を発表している仮想通貨取引所です。仮想通貨の時価総額ランキングでも上位を締めるイーサリアムやリップル(XRP)、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムクラシックが取引可能になる予定で、投資家からも注目を集めています。

GMOコインの運営会社

取引所名 GMOコイン
取引所URL https://coin.z.com/jp/index.html
運営会社名 GMOコイン株式会社
資本金 17.58億円(準備金含む)
資本構成 GMOインターネット株式会社、GMOクリックホールディングス株式会社、GMOグローバルサイン株式会社、Fitech Source,Inc.、高島 秀行
設立年月日 2016年10月
代表者氏名 高島 秀行
代表者の略歴 1993年新日本証券株式会社(現みずほ証券株式会社) 入社。その後、アクセンチュア株式会社、株式会社ライブドアなどを経て2005年6月にGMOインターネット株式会社に入社。同年10月にGMOインターネット証券株式会社(現GMOクリック証券株式会社)代表取締役社長に就任。現GMOクリックホールディングス株式会社取締役兼代表執行役会長。
本社所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
会員数
加盟団体 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会
一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会(JCBA)
一般社団法人 日本ブロックチェーン協会(JBA)
日本資金決済業協会
仮想通貨交換業者登録 関東財務局長 第00006号
上場の有無 GMOインターネット(東証一部上場)のグループ会社

※2018年5月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトを御覧ください。

GMOコインの詳細を見る

GMOコインの詳細を知りたい方、口座開設を希望される方は下記よりどうぞ。

その他の仮想通貨取引所・販売所も見る

Sponsored Link

GMOあおぞらネット銀行は、銀行経営およびリスク管理に関するノウハウを有するあおぞら銀行グループと、インターネット技術および電子商取引(EC)市場向けサービス、ならびにインターネット証券に関するノウハウを有するGMOインターネットグループが共同出資する会社です。GMOあおぞらネット銀行ではブロックチェーン技術を活用した新決済方式の開発に取り組むことを予定しており、今後、仮想通貨事業を行うGMOコインとの連携も期待されているおすすめのネット銀行です。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」