bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミ・評判・口座開設

日・米・ヨーロッパの3地域でサービスを提供する「bitFlyer」

「bitFlyer」は株式会社bitFlyerが運営する仮想通貨取引所です。bitFlyerは、国内の主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けており、現在では仮想通貨交換業を行うにあたってライセンスが取得となる米国、ヨーロッパでもサービス展開をしています。仮想通貨取引においては、現物取引以外に証拠金取引や先物取引といったサービスを提供しており、ハッキング被害に対して最大500万円の補償を受けることができることも特徴です。また、bitFlyerでは自社のオリジナルブロックチェーン「miyabi」の提供も行っており、ブロックチェーン企業として知られている企業です。(※2019年3月5日時点、新規口座開設の受付を停止中)

bitFlyer(ビットフライヤー)の概要

取扱通貨 ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH / BCC)
ライトコイン(LTC)
Lisk(LSK)
イーサリアムクラシック(ETC)
モナコイン(MONA)
現物取引 取引所 bitFlyer Lightning:ビットコイン、イーサリアム
販売所 ○:ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、Lisk
レバレッジ取引 証拠金取引(仮想通貨FX) Lightning FX:レバレッジ15倍(ビットコイン)
信用取引
先物取引 Lightning Futures:レバレッジ15倍(ビットコイン)
その他サービス
各種手数料 法定通貨入出金手数料 ■法定通貨入金
・銀行振込(各金融機関所定額)
クイック入金手数料(住信SBIネット銀行から入金する場合)無料
クイック入金手数料(住信SBIネット銀行以外から入金する場合)324円
(「リアルタイム入出金」で入金の場合)324円
■法定通貨出金
・銀行振込
三井住友銀行宛:3万円未満216円(税込)、3万円以上432円(税込)
その他の銀行宛:3万円未満540円(税込)、3万円以上756円(税込)
・リアルタイム入出金
3万円未満216円(税込)、3万円以上432円(税込)
仮想通貨入出金(預入・送金)手数料 ■入金手数料
無料

■出金(送金)手数料
ビットコイン:0.0004BTC(※bitWireを除く)
イーサリアム: 0.005ETH
イーサリアム・クラシック:0.005ETC
ライトコイン:0.001LTC
ビットコインキャッシュ:0.0002BCH
モナコイン:無料
Lisk:0.1LSK

現物取引手数料 ■ビットコイン売買手数料
取引所:0.01%~0.15%
販売所:無料
Lightning 現物(BTC/JPY):0.01%~0.15%
Lightning FX / Lightning Futures:無料

■アルトコイン売買手数料
販売所:無料
Lightning 現物(ETH/BTC、BCH/BTC):0.20%

証拠金取引手数料 建玉金額の0.004%/日
信用取引手数料
先物取引手数料 建玉金額の0.004%/日
その他手数料 ■Lightning FX SFD
約定金額の0.25%〜0.2%(※)

※Lightning FX取引価格と Lightning 現物(BTC/JPY)取引価格が5%以上乖離している場合に発生
※価格乖離を拡大する方向の約定:新規注文SFD徴収、決済注文SFD徴収
※価格乖離を縮小する方向の約定:新規注文SFD付与、決済注文SFDなし

証拠金 ■Lightning FX(証拠金取引)
証拠金率6.67%(レバレッジ15倍の場合)〜100%(レバレッジ1倍の場合)

■Lightning Futures(先物取引)
証拠金率6.67%(レバレッジ15倍の場合)〜100%(レバレッジ1倍の場合)

追証基準 証拠金維持率80%未満
ロスカット基準 証拠金維持率50%未満
セキュリティ・安全性 SSLによる通信の暗号化
マルチシグネチャ採用
コールドウォレット管理
資産の分別管理
その他 アプリ iOS版Android版
API公開
不正ログインに対する損失補償 ・預かり資産の合計が円換算で100万円を超える二段階認証登録ユーザー:最大500万円
・上記以外の二段階認証登録ユーザー:10 万円
法人口座開設 ■必要書類
・登記事項証明書等(登記事項証明書・登記簿謄(抄)本の原本(登記官印が鮮明に写っているもの、発行日から6か月以内のもの)
・取引責任者が登記事項証明書に代表権を有する役員として記載されていない場合は、委任状の提出が必要

※2019年3月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトをご覧ください。(※2019年3月5日時点、新規口座開設の受付を停止中)

bitFlyerの最新情報

bitFlyerのおすすめポイント

  1. 主要メガバンクが出資する取引所だから安心
  2. 2種類の損害保険を国内大手損害保険会社と契約
  3. 世界初、日本・米国・ヨーロッパの3地域に進出しているbitFlyer
  4. 自社オリジナルのブロックチェーン「miyabi」を提供する
  5. メディアやEコマース決済サービスも運営する総合プラットフォーム

主要メガバンクが出資する取引所だから安心

SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルといった大手ベンチャーキャピタル・事業会社が多数出資している仮想通貨取引所で、顧客保護・セキュリティ・財務安定性等の体制整備に力を入れています。顧客への取引環境を整える(仮想通貨取引量・流通量の担保)という観点から、さらなる市場の成長を目的として海外展開にも意欲的に取り組んでいます。

2種類の損害保険を国内大手損害保険会社と契約

bitFlyerでは、二段階認証登録ユーザーがメールアドレス・パスワードなどのハッキングで損害を受けた場合、最大500万円の補償を受けることができます。また、三井住友海上火災保険株式会社と共同で、bitFlyerへのサイバー攻撃などによって発生したビットコインの盗難、消失に対するサイバー保険も開発・契約しており、万が一の際にも資産が守られるようになっています。

世界初、日本・米国・ヨーロッパの3地域に進出しているbitFlyer

bitFlyer社は、日本・米国・ヨーロッパにおいて仮想通貨交換業のライセンスを取得している仮想通貨交換業者です。それぞれの国では、仮想通貨交換業のライセンス制度が導入されており、セキュリティ基準や経営体制などの整備が審査条件となっています。仮想通貨に対する規制が厳密になる中、グローバル基準のサービスを受けることができる仮想通貨取引所のひとつです。

自社オリジナルのブロックチェーン「miyabi」を提供する

bitFlyer社は、仮想通貨取引所の運営だけでなく、自社オリジナルのブロックチェーン「miyabi」を提供しているブロックチェーン企業でもあります。仮想通貨はブロックチェーン技術と密接に関係しており、仮想通貨に技術的な事柄が発生したとき、取引所ユーザーはブロックチェーン技術に精通しているbitFlyerの提供するサービスを安心して取引できます。

メディアやEコマース決済サービスも運営する総合プラットフォーム

bitFlyerはクラウドファンディングや仮想通貨に関する情報メディア「BTC News」、1秒でビットコイン送付ができる「bitWire」や事業者向けEコマース決済サービスなどを運営するビットコインの総合プラットフォームという側面も持っています。こうしたプラットフォームの運営ノウハウを活用し、仮想通貨取引所においても万全のセキュリティによる安全な取引を実現しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)の運営会社

取引所名 bitFlyer(ビットフライヤー)
取引所URL https://bitflyer.jp/
運営会社名 株式会社bitFlyer
資本金 41億238万円(資本準備金含む)
資本構成 SMBCベンチャーキャピタル(三井住友銀行グループ)、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル、第一生命、三井住友海上キャピタル、リクルート、SBIインベストメント、電通デジタルホールディングス、QUICK(日本経済新聞社グループ)など大手ベンチャーキャピタル・事業会社が多数
設立年月日 2014年1月9日
代表者氏名 平子 惠生
代表者の略歴 1994年三和銀行(現 株式会社三菱UFJ銀行)に入社、2005年2月株式会社ライブドア執行役員に就任、2019年1月株式会社bitFlyer代表取締役就任。
本社所在地 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー8F
会員数 約100万人(2017年11月時点)
加盟団体 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)
一般社団法人 日本仮想通貨ビジネス協会(JCBA)
一般社団法人 日本ブロックチェーン協会(JBA)
仮想通貨交換業者登録 関東財務局長 第00003号
上場の有無

※2019年3月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトを御覧ください。

bitFlyerの口コミ・評判

bitFlyerの利用者1

初心者でも簡単に仮想通貨取引ができます



bitFlyer自体が、仮想通貨という言葉を聞いてはじめに知った取引所ですが、口座開設もとてもスムーズにできて、本人確認のハガキの届くのがとても早かったことが印象的でした。早速ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨を購入しましたが、アプリケーションも操作しやすくて分かりやすかったことが良かったです。チャートも青色が使われていて画面が見やすく、取引履歴もシンプルで分かりやすかったです。問い合わせにも丁寧なメールの返信をくれました。悪かった点といえば、やはり一言で言えば手数料が高いことです。これは国内の仮想通貨取引所なら似たり寄ったりかと思いますが、海外の取引所はかなり安いところがあるので比べてしまいます。仮想通貨の売買をするには取引所と販売所があるのですが、この違いが特に初心者には分かりにくいところがあります。コインを売った利益も変わってくるので、もっとサイトなどで説明をしてほしいです。
bitFlyerの利用者2

手数料は高めなので長期保有する人向けです


最初に利用したのは、ウォレットクラスでビットコインをもらうというものです。 これはメールアドレスだけで利用でき、bitFlyer経由で楽天市場などのネットショッピングをすると購入金額からわずかなビットコインを貯めるというものでしたが、高額の買い物をしないとなかなか貯まりません。このペースで続けてもあまり意味がないし、ビットコインを使って実店舗で買い物できるところも近隣にはありません。ただ仮想通貨は人気の通貨は高いので、長期で少しずつ貯めていこうと思いDapps で有望なイーサリアムを購入することにしました。他の取引所と同じくらいで本人確認が終わり、すぐ取引開始できました。ただ取引手数料は高めなので、長期保有したい人向けだと思います。少額でちょこちょこやる人はBITPointの方が送金手数料がかからないし、少しずつ貯めたいのならZaifの積み立ての方がいいのかなと感じています。
bitFlyerの利用者3

アクセスが集中すると動作が重くなることも


口座開設がわかりやすく、3日程度で完了しました。また、サイト画面もわかりやすかったので、はじめての仮想通貨投資でも迷うこと無くすぐに目当ての通貨(モナコイン)を購入できました。ただし、他の取引所とは違って、アルトコインはすべて販売所形式(取引所が直接ユーザと売買する形式)なのでスプレッドが広く、実質的な手数料はZaifやコインチェックよりも高いというのが難点だと思います。当初は販売所形式や取引所形式の違いについてあまり理解していなかったので、かなり手数料の面で損をしてしまいました。また、ビットフライヤーはサーバ落ちやサーバが重くなる頻度が高いというのも難点だと思います。特に価格変動が大きいタイミングに、アクセスが集中するからだとは思いますがサーバが重くなり、サイトへのアクセスができなくなってしまうのは、かなりのリスクです。売りたいタイミングで売れずに、損失が広がってしまったこともあります。
bitFlyerの利用者4

取引所と販売所では取り扱い通貨や価格が違います


良かった点は、取引画面のわかりやすさです。私は株式投資経験者ですが、投資経験のない初心者でも問題なく仮想通貨の取引が可能と感じました。注意しなければならない点は、bitFlyerには取引所と販売所があり、同じコインでも取引所と販売所で価格が違う点です。取扱い通貨も少しずつ増え、以前は取り扱っていなかったモナコインやリスクも購入可能になっています。ただし時価総額上位通貨の中でリップルが取り扱われていない点が残念です。今年から金融庁の規制が厳しくなり、取引所の認可を受けることが困難になりました。bitFlyerは既に取引業者として登録されており、未登録業者とされてしまうリスクはありません。この点は安心材料ですが、今後SBIやコインチェックを買収したマネックス証券がプレーヤーとして参入を予定しており、シェアを奪われるリスクもあることは頭に入れて置いた方がいいと思います。
bitFlyerの利用者5

ビットフライヤーのFXで5万円プラスになりました


ビットフライヤーはホーム画面が見やすく、資産がプラスになったのか、マイナスになったのかが表記されるのでわかりやすかった。口座開設には本人確認などの書類確認があるので、開設までトータルで1週間弱はかかりましたが早いほうだと思います。手数料は開設した当時はそんなに高くなかったですが、改正があってから少し高くなったのが残念です。取り扱い通貨は6~7種類ですが、主流な仮想通貨を取り扱っているので初めて仮想通貨をやる人には良いのではないかと思いました。また仮想通貨のFXがあるので元手が少なくても、レバレッジをかけて大量取引を行えるのでハイリスク、ハイリターンが好きな人にはオススメかもしれません。自分は仮想通貨を始めて、このビットフライヤーのFXをやって5万円ほどプラスになりました。いろいろと騒動がありましたがまだまだ仮想通貨は伸びていくと思うので投資を続けたいと思います!投資は無理のない余裕資金で。
bitFlyerの利用者6

強固なセキュリティで安心です


一番良いところはセキュリティだと思います。動作が重いのはありますが、それもセキュリティを強固にするためと思えば我慢できるポイントだと思います。以前スマートフォンが急に壊れてGoogle Authenticatorのコードを紛失してしまったことがあり、二段階承認のリセットをするのに結構時間かかりましたが、逆を返せばリセットするのに時間をかける=セキュリティが強固と改めて確認ができました。ただ 実際に使ってみての率直な感想はとにかくすべての取引が手軽ということです。スマートフォン1台で取引が可能で、PC画面のチャートも見やすく分かりやすかったです。アプリにある損益のページもお勧めです。また、後々他の取引所を開設したのですが、そちらに通貨を送金する際も手数料や送り先などメールもきっちり入り安心して取引が出来ました。 色々な事情があるとは思いますが、出来ればもっと取り扱い通貨を増やして欲しいです。
bitFlyerの利用者7

Lightningなら少ない手数料で取引できる


良かった点は、ホームページから簡単に口座開設が行えた。入金もスムーズに行えた。メールアドレス変更を依頼したら電話で本人確認を行いしっかりしていると感じた。毎回ログインするたびにメールが届くので他人が使ったらわかるので安心して使える。現物取引とFXも出来るところが他と違う点でしょう。今のところLightningだと手数料も少なく他の取引所よりよい状況で取引できること。今度海外にも展開するらしくホームページアドレスが.comに変わると連絡があり、今後も頼もしい取引所になりそうであること。スマホアプリで空き時間に状況を見ながらどこでも取引できるところが良かった。PCからチャートが見やすかった。ただ、もう少しコインの数が多ければと思う。出金手数料とクイック入金手数料、安い方かも知れませんが送金手数料がかかるところです。
bitFlyerの利用者8

白地に青のグラフは慣れるととても見やすいです


サイトは全体的に複雑ではないと思います。口座開設の手間もあまりかからないですし、コインの売買も手軽です。手数料は高くもないですが安くもないと思います。使いやすさはすぐに慣れると思います。ビットコインが貰えるサービスの案内もあるのでそれも面白さの1つです。急激に高騰したりする場合もあるので週単位や月単位のチャートチェックも結構します。コインの売買もとてもシンプルです。初心者の方にも取り組みやすいと思います。使いやすさに関してもすぐに慣れるのではないかと思います。白地に青のグラフは慣れると、とても見やすいかと思います。チャートの表示がたまに遅れたり、表示されなかったりするのでそこは改善してもらいたいです。やはり醍醐味としては日足、週足をチェックして今後の予測をするのですが、全く読めない部分もあるのでそこは、仮想通貨ならではの魅力だと思います。取引ページ表示もあまり手間がかからないので良いです。
bitFlyerの利用者9

1時間、1か月、1年単位で複数の仮想通貨の動きがわかります


ビットフライヤーの良い点はいろいろあります。まずは、サイトのわかりやすさですね。価格の表示が大きく見やすいのはとてもいいですね。特に、サイトのチャートがとても見やすくて満足しています。1時間単位、1か月単位、1年単位の動きなど幅広い動きを同時にとらえることができるので、分析する際にいつも利用しています。このチャートは、ビットコインなどの様々な仮想通貨に対応しているので、複数の仮想通貨の動きを同時にとらえることができます。次の点としては、口座開設の際のスピーディー感。本人確認から口座の開設承認までの期間があっという間に完了します。早ければ1日以内で完了します。このスピード感は、他の取引所にはない魅力ですね。使いやすさもとても素晴らしいと思います。お金の動き特に入出金の際のお金の動きは、とてもナーバスになるのですが、ほぼリアルタイムで表示されるので反映するので、とてもスムーズな取引ができますね。
bitFlyerの利用者10

取引所の中でも、bitFlyerの手続きは簡単な方です


最初の手続きは、比較的簡単で普通にパソコンを扱える方であれば、誰でも出来るんじゃないかと思います。いくつか仮想通貨の口座を作った経験があるのですが、bitFlyerはその中でも簡単な方だったと思います。手数料に関しましては、良心的だと思います。ただ最初使いにくいというか分かりづらいなぁと思ったことがありまして、私自身、少し株式投資もやっていたのですが、株の場合成り行きで購入したり、指値で購入したり出来るので自分がこれ位の価格で買おうと思った希望の値段で買えるのですが、仮想通貨は、「販売所」で購入する場合と、ユーザー同士で取引をする「取引所」で購入する場所があり、「販売所」で購入した場合、高い手数料を支払ってビットコインを買うことになる事になるので、「取引所」で購入されることをお勧め致します。そこら辺の説明があまりなされてなかったところが、欠点じゃないかなと思いました。

bitFlyer(ビットフライヤー)の詳細を見る

bitFlyerの詳細を知りたい方、口座開設を希望される方は下記よりどうぞ。(※2019年3月5日時点、新規口座開設の受付を停止中)

その他の仮想通貨取引所・販売所も見る

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チーム

HEDGE GUIDE 編集部 仮想通貨チームは、仮想通貨投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーが、仮想通貨に関する最新ニュースやコラム、仮想通貨に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」