CATEGORY 投資・マネーコラム

ふるさと納税コラム

【2019年版】ふるさと納税、コスパの高い豚肉の返礼品ランキング

ふるさと納税サイトの肉・ハムカテゴリーで、牛肉に次いで返礼品数が多い「豚肉(「さとふるの場合)」。国内外のさまざまなブランド豚も提供されています。ここでは、ふるさと納税でもらえる豚肉の種類、コスパの良い豚肉、精肉と加工品別の豚肉ランキングを紹介します。

マンション投資

リノベーションで蘇る?新しい形の築古マンション投資スタイル

マンションが築古になると、賃貸が付きにくくなったり、希望価格で売却できなかったりする可能性が出てきます。そのような時に物件の価値を上げ、賃貸ニーズを高めたり、売却価格を上げたりできる方法の一つにリノベーションがあります。この記事では投資用マンションをリノベーションをするメリットとデメリットを紹介します。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングで大損しないために。失敗を回避する手法5選

ソーシャルレンディングも投資の一環である以上、常に元本を損失する恐れがあります。安定して投資を続けていくには、大きな損失を被る事態だけは避けなければいけません。そのため分散投資などの手法を前もって知っておく必要があります。ここでは、ソーシャルレンディングにおける多額の損失を避けるための基本的な方法をお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

【海外不動産投資をもっと身近に】インドネシア史上初、外資によるREITライセンスをシノケンが取得

経済成長の著しいASEANのなかでも、インドネシアは特に魅力的な国のひとつ。しかし、実際に投資をするには規制の障壁がある国です。そんな魅力的だけど手の届かない国への投資が、スマホから簡単にできるようになるかもしれません。

ロボアドバイザーコラム

SBIネオモバイル証券「ネオモバ」の評判は?メリット・デメリットも解説

SBIネオモバイル証券が始めた株式投資サービス「ネオモバ」。ネオモバではTポイントを使って株式投資ができる上、1株単位からでもスマホだけで気軽に始めることができます。この記事ではネオモバのメリットやデメリット、実際の評判についてご紹介します。

マンション投資

初心者がやるなら区分マンション投資とアパート経営どちらが良い?

不動産投資には区分マンション投資やアパート経営などいくつかの種類があります。これから不動産投資を始めようとする方の中には、どれが自分に向いているのか分からず迷っている方もいるでしょう。そこで今回は、不動産投資の中でもよくトピックに上がりやすい区分マンション投資とアパート経営とを比較して、それぞれどう取り組むのがが良いのかを考えてみたいと思います。

ロボアドバイザーコラム

ロボアドバイザーで含み損が発生!そんな時、どう対処すれば良い?

ロボアドバイザーは資産運用のいちジャンルとして注目されており、中でも投資一任型のロボアドバイザーは仕事や家事に忙しい方や投資初心者の人気を集めています。しかし、ロボアドバイザーによる資産運用でも含み損が生じる場合があります。資産の運用途中で評価額がマイナスになった場合、ユーザーはどのように対処すればいいのでしょうか。

投資・マネーコラム

人口増加著しい、アメリカ・ダラスの不動産市況と特徴、利回りを解説

海外不動産投資では、家賃収入と経済成長に伴う地価上昇による売却益を狙うパターンが有名です。しかし発展途上国はカントリーリスクを伴うため、世界経済の中心で、かつ経済成長が続くアメリカの不動産に投資する方もいます。今回は、アメリカで注目されている都市の1つであるダラスにおける不動産市況と特徴、利回りについて解説します。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングOwnersBookが抽選投資方式を採用。メリットは?

東証マザーズ上場企業のロードスターキャピタルが運営するソーシャルレンディングOwnersBookは、8月からソーシャルレンディング案件の入札に関して抽選方式を採用するとの連絡を行いました。なぜOwnersBookは抽選による投資を採用したのか、また抽選投資における投資家の注意点などについてまとめました。

マンション投資

投資用マンションの不動産会社、どう選べばいい?新築・中古それぞれで解説

マンション投資をする場合、物件を購入する不動産会社によって会社の体制や購入後のサポートに違いがあり、どの不動産会社を選ぶかによって運用スタイルも違ってきます。また、不動産会社によっては新築のみ取り扱っていたり、新築と中古両方を取り扱っていたりする会社もあります。この記事では新築・中古それぞれの不動産会社をご紹介します。

ロボアドバイザーコラム

ウェルスナビとTHEOどっちが良い?利回りや手数料、機能を徹底比較

近年、ウェルスナビとTHEOは、投資一任型ロボアドバイザーの代表格として注目されており、業界を牽引する存在として競い合っています。しかし、どちらを選べば良いのか迷う方も多くいるでしょう。この記事ではウェルスナビとTHEOのについて、「利回り」「コスト」「最低投資額」などさまざまな視点から徹底的に比較します。

投資・マネーコラム

【2019年8月最新】ソーシャルレンディング徹底比較!利回り・特徴・リスクなど

国内には複数のソーシャルレンディング・クラウドファンディング投資ができる会社が複数あります。この記事ではソーシャルレンディング会社やクラウドファンディング会社の中から、自分に合った投資対象を選べるようにするため、それぞれの特徴をまとめました。利回りや特徴などを参考にしながら、ぜひ今後の投資の参考にしてください。

投資・マネーコラム

新規ソーシャルレンディングサイト「COOL」の特徴やメリットを探る

2019年7月、新規ソーシャルレンディングサイトCOOLが運営を開始しました。同年のソーシャルレンディング事業への新規参入事業者は、1月スタートのFundsに続いて2社目になります。このCOOLはどのような特徴を持ったソーシャルレンディングサイトを運営していくのか、その内容を確認してみました。

マンション投資

投資用不動産を買う前に知っておきたい「物件の売り時」の見極め方

投資用不動産を買った場合、相続や自宅として活用しないのであればいずれ売ることになります。しかし「すぐに買い手が見つからない」「予想より低い価格で売買が成立した」というケースも多いため、将来損をしないように、あらかじめ売り時を考えながら不動産を買う必要があります。今回は、「物件の売り時」がいつなのかを解説します。

投資・マネーコラム

クラウドバンクへの投資は大丈夫?情報開示方針と案件ごとの開示内容を分析

2019年3月18日の金融庁通達を受け、ソーシャルレンディング各社は投資家に対して徐々に情報開示に取り組んでいます。累計募集金額において業界第3位の実績を誇るクラウドバンクも、一部ながらも情報の開示を始めています。そこで具体的な情報開示の内容と投資家としてどういった情報を重視すべきかを確認してみましょう。

ロボアドバイザーコラム

ロボアドバイザー「THEO」運用の仕組みを解説!他のサービスとどう違う?

資産運用の知識が無くても手軽に始められるサービスとしてロボアドバイザーが注目されています。その中でも世界86の国・地域、11,000以上の豊富な銘柄を投資対象とするTHEO(テオ)は、資産の運用方針から投資対象の選定方法、リスク軽減の対策において、他のロボアドバイザーとは異なる特徴を持ちます。

仮想通貨コラム

仮想通貨の売却で気になる税制。現在の税制をプロが徹底解説!

当然ながら、仮想通貨取引で利益を出すと税金が発生します。現在の税制は既存の投資商品である日本株や外国為替のFXのような税制とは異なります。今日は仮想通貨の取引所のトレーダーとして働いている傍、自身でも仮想通貨トレーディングを行なっている経験も踏まえて、税制について簡単に解説していきます。

投資・マネーコラム

ソーシャルレンディングのクラウドクレジットが決算を発表。その内容は?

海外の案件を専門に取り扱っているソーシャルレンディング会社、クラウドクレジット。他の同業サービスにはない特徴を持った会社として積極的に広報活動を展開しています。そのクラウドクレジットが6月4日に2018年12月期の決算を発表しました。その内容を確認してクラウドクレジットの現状などを読み取っていきたいと思います。

仮想通貨コラム

仮想通貨投資に慣れてきた人におすすめの仮想通貨指標とは?

ここでは、投資も仮想通貨の取引も初めてという方はもちろん、少し仮想通貨投資に慣れてきた方、投資自体の経験はあるが仮想通貨取引を初めて行おうと思っている方に向けて、仮想通貨特有のチェックするポイントを解説したいと思います。ここでご紹介するツールを自分で活用できるようになれば、今後トレードする際の有益なツールとなりますのでぜひ一読ください。