CATEGORY 投資・マネーコラム

暗号資産取引所の使い方

CoincheckのIEO第二弾を目指す「FiNANCiE(フィナンシェ)」とは?【事業展開やトークンセールの見通しについて解説】

Coincheckは2021年7月にIEOプラットフォーム「Coincheck IEO」の提供を開始し、株式会社Hashpaletteと日本初となるIEOによる資金調達を実現しました。そしてCoincheck IEOの第二弾案件となるのが「FiNANCiE」です。今回は、FiNANCiEの概要やCoincheck IEOについての詳細を紹介していきます。

暗号資産取引所の使い方

BITPointの「貸して増やす」サービスを徹底解説!仮想通貨を貸し出すメリット・デメリットとは?

仮想通貨(暗号資産)の長期投資は基本的に仮想通貨を保有し続けることになります。長期投資は仮想通貨の価格が将来上がることを期待して取り組むことが前提になります。その間、ただ保有するのではなく仮想通貨取引所に貸し出すことで年率に応じた賃借料を受け取ることができます。ここでは仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)の「貸して増やす」サービスを徹底解説します。

投資信託コラム

投資信託初心者におすすめの証券会社は?選び方と主要7社比較

投資信託には様々なタイプがありますが、証券会社によって取り扱うファンド数やサービス内容は大きく異なります。この記事では、初めて投信信託へ投資する際の証券会社を選ぶためのポイントや、おすすめの証券会社をご紹介します。手数料の安い証券会社や、多少のコスト負担をしてもサービスの充実した証券会社を知りたい方はご参考ください。

株式投資コラム

オリックス、2021年度の株主優待内容や配当金は?投資の注意点も

株主優待とは、株主に対して企業が自社製品や金券、優待券などのプレゼントを贈呈する制度です。上場企業の約4割が株主優待を行っており、優待内容や配当の高さで人気のある大手企業の一つ、東証一部上場のオリックスもその1つです。

今回は、2021年度のオリックスの株主優待について、内容や配当、注意点などを紹介します。銘柄選びの参考にしてください。

投資信託コラム

資産運用のアドバイスを受ける方法とそれぞれのメリット・注意点は?

ネット証券で口座開設をする人が増えましたが、実際に運用を始めるまでに悩む人も少なくありません。自己判断で資産運用をするのが難しい場合、プロのアドバイスを受けるのも選択肢の一つです。

アドバイスを受ける方法はいくつかありますが、それぞれにメリットも注意点もあります。この記事では資産運用のアドバイスを受ける方法について解説します。自分に合った相談先を見つけるための参考にしてください。

投資信託コラム

1年間のトータルリターンが高い投資信託10本、手数料や指数など比較【2022年1月】

トータルリターンは、投資信託を評価する際に用いられる指標の1つで、その銘柄に投資することによって得られた総合的な収益を指します。トータルリターンを見れば、そのファンドの過去の成績を知ることができるため、投資先銘柄の判断や分析に役立ちます。

この記事では、過去1年間でトータルリターンの高い投資信託を10本ご紹介します。投資信託のトータルリターンについて知りたい方や、トータルリターンが高い投資信託を検討されたい方は参考にしてみてください。

投資信託コラム

NISA・つみたてNISAのよくある失敗と原因は?失敗しないための対策も

NISA(少額投資非課税制度)は投資の運用益が非課税になる制度です。非課税メリットがある反面、投資対象は元本保証ではないために損失を被る可能性もあります。この記事ではNISA・つみたてNISAの主な失敗例とその原因、非課税投資で失敗を避けるための対策を解説します。

マンション投資

中古マンション投資の管理費の目安はいくら?その他の月々ランニングコストも

中古マンション投資は新築マンションと比較して高利回りの物件も多く、収益性の高い投資を行いたい方に適している投資対象と言えます。しかしその一方、中古マンションは新築時よりも入居率が下がっていたり、修繕費などのコストが高くなっていたりなどで、実質利回りで比較してみると損失が大きいリスクもあります。中古マンション投資を検討するのであれば、管理費をはじめとする月々のランニングコストについても確認し、実質利回りをできるだけ把握しておくことが大切です。今回のコラムでは、中古マンション投資の管理費をはじめ月々にかかる費用の目安、さらに一年を通して必要な費用についても解説していきます。

株式投資コラム

SBIネオトレード証券の評判は?メリット・デメリットやおすすめの使い方も

SBIネオトレード証券は、手数料の安さで知られる人気の証券会社です。業界最安水準の手数料体系とネット証券の初心者でも使いやすいトレードツールが主な特徴で、顧客本位の商品及びサービスを提供しています。そこでこの記事では、SBIネオトレード証券の特徴や評判、おすすめの使い方などについて詳しくご紹介します。

NFT

音楽の所有権をNFTとして分割するスタートアップ「Royal」とは?NFTがつなぐアーティストとファンの新たな関係性

RoyalというスタートアップはNFTの技術を利用して、アーティストがファンから直接収益を得られるようにすることを目指しています。どのように実現しようとしているのか、また音楽分野に挑むブロックチェーン企業の状況についても詳しく解説していきます。

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨初心者がコインチェックに適している理由3つ!【仮想通貨取引所選び】

これから仮想通貨投資を始める際に必要になるのは仮想通貨取引所の口座です。日本の仮想通貨取引所の中で、多くの投資家がファースト口座としてコインチェックを支持しています。今回は初心者がコインチェックを選ぶ理由について、詳しく解説します。

投資信託コラム

純資産総額が大きい投資信託10本、手数料や指数など比較【2022年1月】

純資産総額は、投資信託の規模を示す指標の一つです。純資産総額の大きいファンドほど運用できる資金も多くなるため、投資信託の持つ一部のリスクが小さくなります。

この記事では、純資産総額の大きい投資信託について手数料や指数などを詳しくご紹介します。投資信託を取引している方、これから取引を始めたいと考えている方はご参考ください。

投資信託コラム

ニッセイ投資信託の評判・実績は?人気ファンドのコストや他ファンド比較も

今回は、投資信託の商品紹介シリーズ第7回目です。ニッセイアセットマネジメントが運用するファンドを紹介します。同社は日本最大級の機関投資家のひとつである日本生命のグループ会社です。

運用商品のラインナップは、個人向けが株式型、債券型、バランス型、その他(REIT、ハイブリット債など)、法人向けが、国内株式、国内債券、バランス型、外国株式、外国債券、オルタナティブ(REIT、プライベート・エクイティ、マルチアセットなど)です。運用銘柄数は2022年1月5日時点で369銘柄が流通しています。

個人向け商品を中心に、人気ファンドを見ていきましょう。

投資信託コラム

SBI・V・全世界株式インデックスファンドの手数料・リスク・組入銘柄は?

SBI・Vシリーズの新ファンドとして、全世界株式インデックス・ファンドが2022年1月末にリリースされます。

2022年1月7日時点で販売されているSBI・Vシリーズは米国株式が中心ですが、新たに全世界株式インデックスが加わることで、世界中の株式に投資することができるようになります。この銘柄のリリースにより、SBI・Vシリーズのラインナップは4銘柄となります。

SBI・Vシリーズは、世界最大級の投資運用会社である米国バンガード社の運用するETFに投資するファンドで、信託報酬が低く設定され長期・分散・積立投資に適したファンドです。

今回は一足先に、SBI・V・全世界株式インデックス・ファンドを徹底分析します。

暗号資産取引所の使い方

アルトコイン投資のポイントや注意点、おすすめの仮想通貨取引所【仮想通貨投資の始め方】

アルトコインはビットコインよりもボラティリティが高いこともあり、仮想通貨投資家にとって人気のある投資先となっています。この記事ではアルトコイン投資のポイントとアルトコインを多く取り扱っている仮想通貨取引所についてご紹介します。

暗号資産トレード

25日移動平均線でビットコインのトレンドを捉えよう【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】

初心者にとってテクニカル分析で頭を悩ますのは、テクニカル指標で利用する数値の設定です。何日の移動平均線を使えばよいのか初心者では全く分からないでしょう。ゴールデンクロスやデットクロス等を勉強しても、基本的な移動平均線一つでも日数を指定しないといけないため悩んでしまうと思います。ここでは移動平均線の設定方法について解説して行きたいと思います。

マンション投資

中古マンション投資で失敗しないためには?10個のチェックポイント

中古マンションの売買市場は年々大きくなってきており、2016年にはついに中古マンションの供給数が新築マンションの供給数を上回りました。これからの不動産投資の主体は、新築マンションから中古マンションへと移っていくと考えられます。

投資・マネーコラム

アメリカ不動産投資の初心者は何から始めるべき?アメリカ不動産投資セミナーも

アメリカ不動産投資は、日本人が検討しやすい海外不動産投資の中でも比較的リスクが低い投資方法です。しかし、海外不動産投資となると何から始めればよいのか、どうやって情報を集めれば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、アメリカ不動産投資の初心者向けに最初の手順を解説するとともに、アメリカ不動産投資について詳しく解説してくれるセミナーについてもご紹介します