CATEGORY 投資・マネーコラム

ESG投資コラム

海外スタートアップが目指す「100%ゼロウェイスト」とは?消える印刷インクや美味しい食器も紹介 

サステナビリティ意識が高まっている近年、日本においても「循環型経済」「3R(Reduce・Reuse・Recycle)」「ゼロウェイスト(廃棄物ゼロ)」という言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか。いずれも資源の使用量や廃棄物を削減し、持続可能な目標(Sustainable Development Goals:SDGs)を達成するの重要キーワードです。このような中、「最初から廃棄物を出さない」をコンセプトに、より持続的な循環型社会を目指すイノベーションが活発化しています。本稿ではゼロウェイスト循環経済への注目が高まっている背景と、リサイクル・リユース(再利用)不要のゼロウェイスト製品を開発する海外の・スタートアップ事例をレポートします。

ESG投資コラム

エネルギーを選ぶことが、未来を変える デジタルグリッド株式会社 豊田代表にインタビュー

日本はものづくりの国と言われていますが、ものづくりには多くのエネルギーが必要です。一方で、昨今のエネルギー価格高騰が、企業を経済的に圧迫しつつあります。それにも関らず、再生可能エネルギーにより発電された電気が、使われずに余っているということを、ご存じでしょうか。発電したのに電気が使われていないという再エネの課題に挑戦するのが、デジタルグリッド株式会社です。豊田代表にお話を伺いました。

Good Investors

都会の真ん中に海の環境を「移送」して、海洋研究を効率化。環境改善のスピードアップに取り組む株式会社イノカ【インタビュー】

海の生物のうち約25%がサンゴ礁に住んでいると言われています。しかし、地球温暖化の影響でサンゴ礁は消失のリスクにさらされています。人間の活動が海やサンゴに与える影響を研究する企業が、株式会社イノカです。2022年2月、技術的に難しいと言われていたサンゴの人工産卵の実験に成功した同社に、話を伺いました。

投資・マネーコラム

シノケンのアパート経営の評判は?営業、融資、物件、入居率の評判・口コミ

シノケンは創業約30年の不動産投資会社で、販売実績5,000棟以上、2017年12月期の売上は1,000億円を超える大企業です。業歴の長さや開発棟数・販売数の多さからネット上にも色々な評判や情報が出回っており、どの情報を信じれば良いのか分からないという方も多いかと思います。

マンション投資

大阪で不動産投資を始めるメリット・デメリットは?東京との比較も

不動産投資を検討するにあたり、エリア選定で悩む人は少なくありません。この記事では、大阪で不動産投資をするメリットやデメリットについて解説するほか、物件価格と利回りについて東京と比較します。

この記事では、大阪で不動産投資をするメリットやデメリットについて解説するほか、物件価格と利回りについて東京と比較します。

アパート経営

【初心者向け】0から学べるアパート経営セミナーは?選び方や注意点も

アパート経営セミナーでは、不動産投資の基本からマンション経営との違い、アパート経営で失敗しないためのポイントや成功するポイントまで効率的に学ぶことができるため、毎月の副業収入や将来の資産形成に向けてアパート経営を考えている方におすすめです。

投資信託

中小型株に投資するメリット・デメリットは?投資のプロ厳選ファンドも5つ紹介

近年、日本の株式市場では日経平均株価が過去最高値を更新し、大型株に注目が集まっています。しかし、実は中小型株にも魅力的な投資機会が潜んでいるのをご存知でしょうか。本稿では投資のプロである筆者が、中小型株ファンドのメリット・デメリットや、中小型株ファンドを5つ厳選して解説します。

ESG投資コラム

廃棄物から環境的・社会的・経済的価値を創出する 海外の資源循環スタートアップを3社紹介

人口増加や経済成長に伴い、廃棄物が世界中で増え続けています。多廃棄物問題への取り組みが加速する一方で、既存の廃棄物管理システムは需要に追いついていない状況です。そのような中、廃棄物を貴重な資源として有効利用することにより、環境的・社会的・経済的価値を創出するという考えが急速に広がっています。本稿では、廃棄物の課題と資源循環型社会への移行を支える海外サーキュラー・エコノミー・スタートアップの事例をレポートします。

投資信託コラム

インド投資の今後10年の見通しは?投資のプロが解説

株式市場ではインド市場の存在感が高まっています。インド株式市場の代表的な指数であるセンセックス指数の、2023年度の騰落率は18.7%、Nifty50は20.0%と、好調でした。経済成長とともに中間所得層が伸び、消費は拡大しているものの、インフラ整備が遅れています。インドは2036年夏季五輪開催を目指すなか、インフラ整備を進めています。今後も経済成長が期待できるインドは、長期投資にメリットがある国です。本稿では、投資のプロである筆者が、インド投資の今後10年の見通しについて解説します。

投資信託コラム

HSBC インド・インフラ株式オープンの保有銘柄TOP10は?現地のリアルな情報も解説

インドの経済発展は目覚ましく、世界中がインドの経済成長に期待しています。インド株式市場には世界中から資金が流入し、株価は上昇傾向にあります。2024年に入ってからはインフラ関連銘柄の上昇が目立っており、インフラ関連ファンドの多くはセンセックス指数やNifty50指数を大きくアウトパウォームしています。本稿では、投資のプロである筆者が、インフラ株式ファンドの中から、HSBCインド・インフラ株式オープンについて解説します。

投資・マネーコラム

福岡でアパート経営を始めるメリット・デメリットは?人口・地価推移のデータも検証

全国の政令指定都市で5番目に人口が多い福岡市は、九州圏の中心都市です。人口の増加や地価も上昇も傾向にあり、全国の不動産投資家からも注目されているエリアの一つと言えます。そこで今回のコラムでは、人口や地価の推移も検証し、福岡市でアパート経営を始めるメリットとデメリットを解説していきます。世帯数の割合や年齢別転出入数などのデータも紹介します。

FXコラム

GMO外貨のやり方は?スプレッドやデモ口座も解説

外貨ex byGMOで取引を検討している方の中には、取引手順やスプレッドについて事前に把握しておきたい方も多いでしょう。取引手順を把握しておけば、スムーズに取引を始めることができます。また、スプレッドはFX会社を選ぶ際に重要な要素です。今回は外貨ex byGMOのやり方やスプレッドを解説します。また、外貨ex byGMOを試してみたいという方向けにデモ口座についても紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

FXコラム

FX初心者が損切りするコツは?今すぐできる方法をプロトレーダーが解説

FX初心者が陥りやすいパターンとして、せっかく積み上げた利益を、一つ失敗で全てを失ってしまうことが挙げられます。損切りを徹底すれば対策できるものの、そもそもどうやったらいいのか分からない人は、意外に多いのではないでしょうか。本稿では、プロトレーダーの筆者が、損切りラインやエントリーポイントの見極め方を解説します。損切を忘れずに行える、ノックアウトオプションについても紹介するので、是非参考にしてみてください。

投資信託コラム

S&P500だけじゃもったいない!投資のプロが注目する米株インデックス3選 

S&P500に投資するインデックスファンドだけで、米国株投資に満足していませんか?実は、S&P500とは異なる特徴を持ち、一緒に組み合わせることで市場の動向を幅広くカバーできるファンドが存在します。自分に合ったインデックスファンドを選ぶことで、米国株投資の可能性が大きく広がるでしょう。今回は投資のプロである筆者が、各指数の詳細と投資メリット、対象ファンドやETFについて解説します。

ロボアドバイザーコラム

ドル指数が示す「ドル1強」時代 資産を守る方法を投資のプロが解説

2024年5月現在、ドル高の波が世界を揺るがし、私たちの生活にも影響が及んでいます。円安による物価高騰、新興国経済の不安定化、世界的な景気減速の悪化は、一体いつまで続くのでしょうか。また、不透明な経済状況下で、私たちはどのように資産を守ればよいのでしょうか。本記事では投資のプロである筆者が、ドル高の背景と影響を解説し、AIを活用した新しい資産運用の手段についてもご紹介します。是非参考にしてみてください。

投資信託コラム

投資のプロが初心者におすすめするつみたてNISAの銘柄は?年齢別に解説

つみたてNISAの対象商品は2024年2月末時点で、指定インデックス投資信託が227本、アクティブ運用投資信託が47本、上場投資信託(ETF)が8本の合計282本と銘柄が多く、銘柄選択に迷った経験がある方は多いのではないでしょうか。本稿では投資のプロである筆者が、銘柄を選ぶ際のポイントや、年代別におすすめの積立方法を解説します。

投資信託コラム

アメリカと新興国、株を買うならどっち?投資のプロが持っておきたい投資信託も解説

投資先として先進国と新興国のどちらに投資をすべきか迷ったことはありませんか。資産運用する際、大きなカギを握るのは経済成長率です。本稿ではインドに詳しい投資のプロである筆者が、アメリカと新興国株のどちらに投資すべきかを長期投資前提で解説します。

FXコラム

みんなのFXの評判は?メリット・デメリットを比較、スプレッドやスワップ金利も

FX会社にはそれぞれ特徴や色があり、ターゲットも異なるため、企業として力を入れているポイントが異なります。そのためFXをこれから始める場合は、FX会社が提供しているサービスを理解して、自分自身でどこの取引所を利用するのかを決めていくことが大切です。ここでは人気サービスの一つ「みんなのFX」について解説したいと思います。