CATEGORY 投資・マネーコラム

投資・マネーコラム

投資用マンション売却の注意点は?失敗しない売却の手順・相場の調べ方も

不動産投資を始める際には、出口戦略のひとつとして売却時の注意点もしっかりと心得ておきたいところです。長年、滞りなく経営しても、利益が確定する売却時に失敗をしてしまうと損をしてしまうこともあるためです。そこで今回のコラムでは、投資用マンションの売却にスポットを当てていきます。失敗しないための手順や相場価格を調べる方法も紹介します。

仮想通貨コラム

学生でも仮想通貨は始められる?最初に知っておくべき6つのポイント

仮想通貨(暗号資産)投資に興味を持っている学生の方も多いと思います。ですが、どうやって始めればいいのか、どれくらいの資金が必要なのかなど、最初はわからないことも多いものです。今回は学生の方が仮想通貨投資を始める方法や、必要な資金、仮想通貨投資のリスク、そして税金に関する注意点などを解説します。最後に学生の方が利用しやすい仮想通貨取引所も紹介しますので、仮想通貨投資に迷っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

仮想通貨コラム

暗号資産/ビットコイン取引のスプレッドを抑えよう、投資損益をシミュレーション【初心者向け】

読者の皆様は、ビットコインを売却してみると利益が思ったより少なかったり、損をしていたような経験はないでしょうか?もしかしたら、それは「スプレッド」のせいかもしれません。「スプレッド」は暗号資産投資において最終的な損益に影響を与えるにもかかわらず、初心者が気付きにくいコストです。この記事では暗号資産取引の「スプレッド」について解説します。

仮想通貨コラム

仮想通貨の実用性は?決済利用の動向について解説【ビットコインからNFTまで】

仮想通貨(暗号資産)は投機性が高く、まだまだ実用的には使えないと言う印象が強いと思います。実際に仮想通貨を決済手段として使用した事がある方はどれくらいいるでしょうか?仮想通貨が今後、市民権を得て現金の代替手段として実用化されるかどうかは、仮想通貨の将来性を占うファンダメンタルズの1つです。そこで今回は仮想通貨の決済利用の現状について解説します。

投資信託コラム

投資信託の信託報酬は安いほうがいいの?報酬が高いファンドとの違いや報酬が安いファンド上位10本も

投資信託の運用において、コストの意識はとても重要なものです。抑えたコストの分だけ収益に変換されることを考えると、おろそかに出来ないことがよくわかります。

投資信託の主なコストは、買付手数料や信託報酬、信託財産留保額です。買付手数料と信託財産留保額はゼロのファンドが多くなりましたが、信託報酬はほぼ全てのファンドで発生しますので、ファンドを選ぶ時には確認しておきたいポイントです。

この記事では、SBI証券から信託報酬が安いファンドのトップ10を紹介しつつ、信託報酬について解説します。信託報酬の低いファンドをお探しの方や、投資信託の銘柄選びにお悩みの方はご参考ください。

仮想通貨コラム

【最短即日】スマホでビットコイン投資をカンタンに始められる仮想通貨取引所5選

最近は多くの仮想通貨(暗号資産)取引所がオンライン本人確認「e-KYC」を導入しており、最短1日で取引を開始することができます。アカウント開設からトレーディングまでスマホを使って管理できるので、誰でもスピーディに仮想通貨相場に参加できる様になっています。ここでは、スマホ1台で仮想通貨投資を始めるのにおすすめの取引所をご紹介します。

投資・マネーコラム

農地を相続するメリット・デメリットは?売却や相続放棄との比較も

農地を所有している人や相続によって取得した人の中には、農地を耕作せず放置している人もいるのではないでしょうか?農地を放置することには、多くのデメリットを伴うため、活用・転用、売却のいずれかを行うことを検討してみましょう。この記事では、農地を放置すると起こる3つのデメリット、活用・転用方法、売却する際の手順を解説します。

投資・マネーコラム

不動産売却の確定申告、税理士に依頼する費用は?メリット・デメリットも

不動産の売却は収入額が大きいため、多額の譲渡所得税が発生する場合があります。譲渡所得税の確定申告では、特別控除などの特例を利用することで納める税金が大きく軽減されることもあります。この記事では、不動産売却の確定申告について、税理士に依頼する費用、税理士に依頼するメリット・デメリットについて解説します。

投資・マネーコラム

ウランバートル不動産投資のメリット・デメリットは?手順と注意点も

モンゴルはアジアの中でも人口増加率が高く、国民年齢も若いことから海外不動産の投資先として注目する方も少なくないのではないでしょうか。ウランバートルの不動産に投資するメリット・デメリットに加え、物件を購入する手順などについて解説します。

投資信託コラム

分散投資と集中投資どちらが良い?それぞれのメリットとデメリット

株式投資には、複数の銘柄に分けて投資する「分散投資」と、特定の少数の銘柄に集中して投資する「集中投資」の2種類があります。2つの手法にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、この記事では取引手法や資金量に応じ、分散投資と集中投資どちらを選択したら良いのかについて解説します。

株式投資コラム

米国株価指数先物に投資するメリット・デメリットは?取扱証券会社も

バブル崩壊以降の日本株式市場が低迷する一方で、米国株式市場は拡大し続けています。株価成長を予想するうえで重要な経済成長力をみても、日本は超高齢化が進んでいることもあり高経済成長は期待できませんが、米国はまだ成長余力があるため株価成長も期待できるといえます。

2021年7月21日時点での世界の株式時価総額は約115兆ドル(約1京2600兆円)です。このうち米国株式市場が49.5兆ドル(5,460兆円)で世界最大。これは日本株式市場の約6.67兆ドル(735兆円)の約7.4倍という大きさです。米国市場の時価総額は世界の約43%を占め、米国株式市場の動向は世界各国の株式市場に影響を与えるため常に注目されています。

1990年1月上旬の米国S&P500指数は約350pt、TOPIXは2,870ptでしたが、2021年7月21日時点ではS&P500指数が約4,360pt、TOPIXは約1,900ptとなっています。S&P500指数は12.45倍に上昇しましたが、TOPIXは以前の水準を回復していません。

米国株式に投資するには、現物株や投資信託、ETFなど様々な方法があります。今回は、米国株式指数先物にフォーカスをあて、メリット、デメリットや取引方法などについて解説します。

投資・マネーコラム

WARASHIBEの利回りやリスクは?募集ファンドの実績から検証

WARASHIBEは、株式会社SATASが運営する不動産投資型クラウドファンディングです。サービスサイトの運営を2019年に開始し、2020年後半から募集規模を大きく伸ばしています。そのWARASHIBEがどういった案件を取り扱っているのか、その利回りやリスクなどを、過去の募集実績から分析してみました。

投資信託コラム

SBI証券、2021年8月のお得なキャンペーン情報まとめ

SBI証券で2021年8月中に実施されているキャンペーンは全部で9つです。SBI証券のキャンペーンを利用すると、現金やTポイントを貰えたり、金利優遇を受けられたりするので、初心者の方でも手軽に投資を始めやすい環境が整っています。

ただし、キャンペーンには期間限定のタイプもあるので、実施期間や参加条件についてしっかりと確認しておくことが大切です。

この記事では、SBI証券が実施しているキャンペーン情報について詳しく解説していきます。具体的な特典内容や、対象となる条件について詳しく知りたい方は、ご参考ください。