SUUMO(スーモ)不動産売却査定の評判は?メリット・デメリットの比較も

SUUMO(スーモ)売却査定は、株式会社リクルートが運営する不動産一括査定サイトです。同社が運営する不動産総合ポータルサイトのSUUMO(スーモ)では、これまで賃貸物件や売買物件などの他にも幅広いコンテンツを展開していましたが、SUUMO不動産売却では、不動産売却の際に気軽に査定を依頼できるサービスとなっています。

今回は、SUUMO不動産売却の評判やメリット・デメリットについて詳しく紹介します。不動産の査定依頼を検討している方、不動産会社選びに悩んでいる方はご参考ください。

目次

  1. SUUMO売却査定の特徴
    1-1.掲載企業に関する特徴
    1-2.査定依頼の手軽さに関する特徴
  2. SUUMO売却査定を利用するメリットとデメリット
    2-1.SUUMO売却査定を利用するメリット
    2-2.SUUMO売却査定を利用するデメリット
  3. SUUMO売却査定の評判・口コミ
    3-1.SUUMO売却査定に関する良い評判
    3-2.SUUMO売却査定に関する悪い評判
  4. SUUMO売却査定で査定を申し込む手順
  5. まとめ

1 SUUMO売却査定の特徴

SUUMO不動産売却SUUMO不動産売却は複数の不動産会社へ査定依頼ができる、株式会社リクルートが運営する不動産一括査定サイトです。不動産会社での査定は全て無料で受けることができ、売却するかどうかは査定依頼の後で決めることが可能となっています。

不動産の売却査定とは、不動産がいくらで売れそうか、どれくらいの売却期間が必要となるのか、おおよその目安を不動産会社に査定してもらうことです。不動産査定を依頼する際は1社だけでなく複数の不動産会社に依頼し、それぞれの査定結果を比較することがポイントになります。

複数の不動産会社に査定を依頼するのは、時間と労力がかかりますが、SUUMO売却査定のような不動産査定一括サイトを利用することで、効率よく査定結果を比較することが可能です。

不動産一括査定サイトは、様々な種類がありますが、その中でもSUUMO売却査定ならではの特徴はどのような点なのか、詳しくみて行きましょう。

1-1 掲載企業に関する特徴

不動産の売却価格は、最寄り駅からの距離や築年数だけではなく、不動産会社の販売力や抱えている顧客層、担当者の営業力なども影響し、価格が決まっていきます。

また、不動産会社の中には相場よりも安い価格で不動産を買い取ろうとしたり、あえて相場よりも高い査定価格を提示して売却を促してくるような業者も存在します。信頼できる不動産会社を見極め、良いサービスを提供している不動産会社へ売却依頼ができるよう、注意する必要があるのです。

つまり、不動産一括査定サイトを利用する際は「どのような不動産会社が提携しているのか?」という点が大切なポイントとなってきます。そこでSUUMO売却査定にはどのような企業が掲載されているか、見ていきましょう。

大手から中小企業まで約2,000の店舗と提携

SUUMO売却査定で査定を依頼できる業者は、全国の約2,000店舗です。特に注目したいのが、「大京穴吹不動産」「長谷工の仲介」「三菱UFJ不動産販売」などの大手企業や、中堅および地場の小規模事業者など規模に関わらず幅広い不動産会社を網羅している点です。つまり、全国組織の大手企業や、地域に強い中小企業のどちらにも査定してもらえるため、異なった角度からの意見を聞けるメリットがあります。

  • 大手不動産会社:全国に支店や支社を持ち、ネームバリューがある。大々的に広告を打ってくれる可能性がある
  • 中小企業・小規模事業者:地域の特性を熟知しており、地元に密着した営業活動をしてくれる

SUUMO独自の審査基準を通過した企業だけ掲載

SUUMOを運営しているのは「リクナビ」や「タウンワーク」「ゼクシィ」「カーセンサー」などを展開する株式会社リクルートです。数多くの企業と取引実績がある同社では、独自の審査基準を設けて取引企業を審査しています。

SUUMO売却査定においても、独自の審査基準において悪質な不動産会社が排除されています。最終的な判断は売主自身が行う必要はありますが、多分野の業界で実績のあるリクルートの審査基準をクリアした業者のみ提携しているという点は、利用者にとってメリットと言えるでしょう。

1-2 査定依頼の手軽さに関する特徴

不動産査定一括サイトは、同じように見えて細かな仕様やシステムが異なります。効率よく査定を依頼するためにも、SUUMO売却査定の操作性の特徴も確認しましょう。

60秒で入力が終了し、無料査定がスタート

無料査定を依頼するには、物件の種類を選択し、さらに住所や専有面積などの情報を入力します。その後「お客様情報の入力」というページがあり、こちらで依頼主の情報を入力します。SUUMO売却査定ではこの入力は60秒で終了するとしており、簡単に無料査定を申し込むことができます。

また、この「お客様情報の入力」では、電話番号の入力が任意になっているのがポイントです。査定を依頼する不動産会社とメールだけでやりとりができるので、電話での対応をする必要はありません。

不動産会社の情報・実績を事前に確認することができる

「お客様情報の入力」まで入力したら、次に行うのが不動産会社の選択です。物件情報に合わせて査定を依頼できる業者の一覧が表示されるので、その中から依頼したい業者を選びます。

ここで各不動産会社の情報を確認できるのもポイントです。特に比較検討する際に便利なのが、地域での売却実績です。スタッフごとに売却実績が表示されている例もあり、不動産会社を絞り込みしやすい点が特徴的です。

地域内の不動産会社を選ぶ方法もある

SUUMO売却査定では、トップページにある「エリアから売る時に頼れる会社を探す」から、対象不動産のある場所に対応する不動産会社の一覧を表示させることができ、そこから査定してもらう不動産会社を選ぶことも可能です。

各不動産会社の情報も「店舗の特徴」「売却実績」「スタッフ紹介」「売却Q&A」という4つの項目が設けられ、詳しく記載されています。丁寧に情報を確認することで、ご自身の意向に合った不動産会社を見つけることができます。

2 SUUMO売却査定を利用するメリットとデメリット

SUUMO売却査定にはどのようなメリットとデメリットがあるのか、この項目で解説していきます。

2-1 SUUMO売却査定を利用するメリット

希望する不動産会社に査定を依頼できる

SUUMO売却査定は全国約2,000の店舗と提携しています。その中から物件情報に合わせて候補となる業者が一覧で表示され、そこから気になる業者を選ぶ流れになります。

また、SUUMO売却査定では上記の方法で一括に査定を依頼する方法だけではなく、地域から不動産会社を選んだり、実績を見て不動産会社を選ぶ方法もあります。この手順で行えば、候補として表示されなかった業者にも査定を依頼することができます。

不要な営業電話がかかってこない

不動産に限らず、査定を一括で依頼できるサイトを利用する際に困るのが不要な営業電話です。しつこく何度もかかってくることがあり、嫌な思いをされた方もいるのではないでしょうか。

しかし、SUUMO売却査定ではメールでのやりとりを基本としており、電話番号を入力するのは任意となっています。つまり「査定だけしてもらいたい」「電話で対応する時間がない」といった方も不安なく利用することが可能です。

2-2 SUUMO売却査定を利用するデメリット

一方、SUUMO売却査定のデメリットについても把握しておきましょう。各デメリットの対策についても解説していきます。

対応できる不動産の種類が少ない

SUUMO売却査定で査定を一括で依頼できる不動産の種類は、「マンション」「一戸建て」「土地」の3つです。そのため「賃貸アパート」「賃貸マンション」「店舗」「事務所」などで利用することはできません。

ただし、掲載している不動産会社の中には、これらの物件の査定を行っているケースもあります。不動産会社の情報を調べて、気になるところがあれば直接、電話などで確認することもできます。

依頼先を選択するのに手間がかかることがある

物件や依頼主の情報入力をひと通り終えて送信ボタンを押すと、査定依頼先候補の一覧が表示されます。このときに表示される不動産会社の数が10件程度であれば良いのですが、東京23区内などでは20件や30件になることもあります。この場合、表示された不動産会社を一つひとつ確認すると、時間と労力がかかってしまうためデメリットに感じてしまう方もいるでしょう。

このような場合は、業者選びの優先順位を決めているとより効率的に絞り込むことができます。特に参考としやすい項目としては、「売却実績」があります。各不動産会社の情報欄に記載されていますので、まずは実績に注目して検討してみると良いでしょう。

このほか、「ネームバリューのある企業から選ぶ」「自宅から近い企業から選ぶ」といったように絞り込む基準を自身で設定することで、多くの不動産会社の中から適した会社を選定しやすくなります。

3 SUUMO売却査定の評判・口コミ

SUUMO売却査定を利用したことがある人の評判・口コミを見てみましょう。

3-1 SUUMO売却査定に関する良い評判

SUUMO売却査定を利用して不動産査定を依頼した人の評判を集めました。ぜひ参考にしてください。

  • 掲載している不動産会社の情報が詳しくて選びやすかった。
  • 取引実績が載っていたので、とても参考になった。
  • 地元の小さな不動産会社にも査定を依頼できて良かった。
  • 使い方も分かりやすく、難しいという思いをすることなく査定結果をもらうことができた。
  • SUUMOはテレビでよく見ていたので、利用しやすかった

SUUMOやリクルートというネームバリューの大きさに安心感を抱いて利用している声も見受けられます。「賃貸物件を探すのによく使っていたので、サイトの画面にすぐになじめました」といった声もありました。

3-2 SUUMO売却査定に関する悪い評判

  • 査定先の候補が20社以上になってしまい、すべての不動産会社を調べるのは大変だった。
  • 査定候補先に同じ会社の別の支店が表示されるので、見分けづらかった。
  • 田舎の物件だったので査定候補先が少なかった

掲載企業が多いことで、反対に不動産会社を選ぶのに時間がかかったという声も見られました。依頼先が多くて迷ってしまったり、やり取りの手間がかかりすぎる場合には、「大手企業」や「地域の企業」などといったようにポイントを絞って探すと、依頼先を見つけやすくなります。

また、SUUMO売却査定は全国エリアに対応している不動産一括査定サイトですが、提携会社が少なかったり、エリア外となってしまう可能性があります。SUUMO売却査定は無料で利用できるため、他の不動産一括査定サイトを併用するなどの工夫をしてみましょう。

4 SUUMO売却査定で査定を申し込む手順

実際にどのような手順で査定を依頼することができるのかについても、以下にまとめました。

  1. トップページで「郵便番号」または「都道府県」「市区郡」などを入力する
  2. 物件情報入力ページで、より詳しい物件情報を入力する
  3. お客様情報ページで、依頼者の情報を入力する
  4. 表示された依頼先の候補業者の情報を確認する
  5. 希望する査定依頼先にチェックを入れる
  6. 「確認画面へ進む」ボタンを押す
  7. 申し込む内容を確認したら「査定依頼」ボタンを押す
  8. この後、通常、1週間程度で依頼先から査定結果が届く

郵便番号によって住所が自動入力されたり、査定依頼をする物件と依頼主の住所が同じであれば自動入力されます。このように手間を省いて入力できるような機能もあり、手軽に利用登録を行うことができます。

まとめ

不動産を売却する際に便利なサービスが不動産査定一括サイトです。不動産総合ポータルサイトとして知名度の高いSUUMOでは、不動産一括査定サービスとして「SUUMO売却査定」を提供しています。

今回のコラムでは、その特徴に加えて、評判、メリット・デメリットも紹介しました。不動産の売却は1社だけでなく複数社の査定価格や対応力をしっかり比較することが重要です。SUUMO売却査定は悪質な不動産会社を独自の審査で排除しており、複数社の実績を比較することも可能なため、利用を検討されてみるのも良いでしょう。

The following two tabs change content below.
倉岡 明広

倉岡 明広

経済学部経済学科卒業後、出版社や編集プロダクション勤務などを経てフリーライターとして独立。雑誌や新聞、インターネットを中心に記事を執筆しています。初心者が抱く不動産投資の疑問や質問を解決できるよう丁寧な記事を執筆していきます。