CATEGORY 新着記事

国内9.8兆円のギフト市場を舞台に“人と人の繋がり”が『地方、観光、ギフト市場の活性』を促し、『広告の概念』を変えるバーチャルギフトアプリ『OkuMo』国内不動産投資

バーチャルギフトアプリで地方・観光・ギフト市場を活性化。開発ベンチャーがFUNDINNOで資金調達へ

株式会社日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディング(CF)サービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で、12月3日から投資申し込みの受付を開始する「国内9.8兆円のギフト市場を舞台に“人と人の繋がり”が『地方、観光、ギフト市場の活性』を促し、『広告の概念』を変えるバーチャルギフトアプリ『OkuMo』」の情報が公開された。

国内不動産投資

渋谷区広尾の底地に投資で想定年利4.5%。不動産投資型CF「COZUCHI(コヅチ)」で新規案件公開

株式会社LAETORIは11月29日、不動産投資型クラウドファンディング(CF)サービス「COZUCHI(コヅチ)」で「渋谷区広尾 底地プロジェクト」の情報を公開した。東京メトロ日比谷線「広尾」駅から徒歩6分の距離にある約651㎡の底地の所有権を投資対象とする。

投資信託

PayPayアセットマネジメント、「ソフトバンクグループ&日本企業厳選債券ファンド2021-12」11月29日から募集開始

PayPayアセットマネジメント株式会社は11月29日、新ファンド「ソフトバンクグループ&日本企業厳選債券ファンド2021-12(愛称:SBGフォーカス2021-12)」の募集を開始した。ソフトバンクグループの劣後債を中心に、知名度の高い日本企業の円建て社債(劣後債を含む)に分散投資を行なう。信託金限度額は500億円。購入価格は、当初申込期間中は1万口あたり1万円。

ロボアドバイザーコラム

dポイントで投資できるサービスのメリット・デメリットは?2つ解説

NTTドコモのdポイントを使って投資ができるサービスが注目されています。ポイントを有効に活用したい人や、ポイントを効率的に貯めたい人にとって、dポイントはメリットのあるサービスです。

この記事では、dポイントで投資ができるサービスとそれぞれのメリットやデメリットなどを紹介します。

株式投資コラム

株式トレード初心者でも使いやすいテクニカル手法は?5つ解説 エントリーのタイミングも

この記事では、株式トレード初心者でも使いやすいテクニカル手法について解説します。株価の動きを予測する手法として、基本的なものを5つ挙げ、エントリーのタイミングや使用する際のポイントをまとめました。株式トレードの腕前を上げたいとお考えの方など、ご参考ください。

仮想通貨コラム

MetaMaskのウォレット作成方法、OpenSeaへの連携方法について解説【NFTマーケットプレイス導入準備】

最近ではNFT(非代替性トークン)が世界的に注目され始めており、興味を持った方も多いのではないでしょうか。NFTなどのサービスを利用する際には仮想通貨ウォレットが必要になります。そこで今回はイーサリアムウォレットの一つであるMetaMask(メタマスク)を実際に作成して、NFTの主要なプラットフォームOpenSeaと連携する方法について解説していきます。難しい点は特にないので興味がある方は参考にしてください。

国内不動産投資

「ちょこっと不動産」第7号ファンドは北区の借地権付新築分譲住宅。1月11日発売

株式会社良栄は、オンラインで1口1万円から始められる不動産クラウドファンディング(CF)「ちょこっと不動産」第7号ファンド(募集期間2022年1月11日~21日)の概要を公開した。「ちょこっと不動産7号 北区岸町」は第6号ファンドに続き、 借地権付新築分譲住宅を投資対象とし、旧法借地権を取得後、新築住宅を建築して売却する。

投資ニュース

株式投資型CF「FUNDINNO」、募集案件累積数が300件に。累計成約額は約71億円、登録ユーザ数は8万人超

株式投資型クラウドファンディング(CF)「FUNDINNO(ファンディーノ)」を運営する株式会社日本クラウドキャピタルは11月25日、ファンディーノの募集案件累積数が300件を超えたと発表した。同日までに累計成約額は約71億円、登録ユーザ数は約8.4万人になった。

投資信託

SMBC日興証券、eMAXIS Neoやインベスコ世界ブロックチェーン株式ファンドなど新たに15本の投資信託の取扱開始

SMBC日興証券株式会社は11月26日から「ダイレクトコース」のオンライントレード(日興イージートレード)で取引できる投資信託で、新たに15本の投資信託を申込手数料無料(ノーロード)で取り扱いを開始した。

仮想通貨コラム

【重要ニュースまとめ(11/20~11/26)】ConsenSysがWeb3レポートを公開、スクエアはビットコイン上にDEXを開発。DeFi市場の被害総額が1兆円に到達

今週は、DeFi市場における不正被害額や米IRSの押収額など、暗号資産のネガティブなニュースが話題となりました。実際、市場が拡大するにつれて、詐欺やハッキングといった事件の件数は増加しており、各国当局としては早急な対応に迫られています。

NFT

ビットバンク、NFT所有の目的やNFT売買に係る損益の実態を調査・公表へ

暗号資産取引所を運営するビットバンク株式会社は11月25日、「暗号資産投資・NFTに関するアンケート調査」の調査結果を発表している。同アンケートはインターネットユーザーに対してアンケート調査を行い、2,061人の回答を集計している。

仮想通貨コラム

チェーンリンク(LINK)とは?【bitFlyerやBITPointが取扱いを開始する注目の仮想通貨(暗号資産)】

仮想通貨取引所のbitFlyerやBITPointがまもなく取扱いを開始するチェーンリンク(LINK)は、時価総額1兆4680億円(市場20 位)に位置しており(11月24日現在)、投資家であれば知っておきたい重要な仮想通貨の一つです。そこで今回はチェーンリンク(LINK)の概要や特徴について解説したいと思います。

その他企業

日本円デジタル通貨のホワイトペーパーが公開、2022年度中に実用化へ

日本におけるデジタル通貨の実用性を検討する「デジタル通貨フォーラム」は11月24日、ブロックチェーンを基盤とした円建てデジタル通貨「DCJPY(仮称)」についてのホワイトペーパー(白書)及びプログレスレポートを公開した。プログレスレポートには概念実証(PoC)やユースケースを検討する活動がまとめられている。