頭金(自己資金)100万円以下の少ない金額から始められる不動産投資会社5選

自己資金100万円以下の少ない金額から始められる不動産投資会社3選

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンの投資で、銀行に預金するよりも利回りが良く、株式やFXよりも価格変動のリスクが小さいということで、人気のある投資の一つです。しかし、不動産投資は金額が低い物件であっても数千万円の金額帯となるため、興味はありつつも「自分でも始められるのだろうか?でも、貯金も少ないし…」とお考えの方も多いかと思います。

少ない頭金で始めたい方におすすめの不動産投資の手法は、新築ワンルームマンション投資です。購入金額で言えば中古マンション投資のほうが価格は低く、1000万円~2000万円程度からでも購入はできるのですが、担保評価が新築よりも低くなってしまうために満額の融資がつきづらく、物件価格の1割から3割程度の頭金(自己資金)が必要となってしまうことがあります。そのため、頭金をおさえて投資をしたいのであれば、融資がつきやすく価格も手頃な新築ワンルームマンションが有力な選択肢となります。

この記事では、自己資金100万円以下でも始めることができる新築ワンルームマンションの不動産投資会社をピックアップしてご紹介して行きたいと思います。

自己資金100万円以下の金額から始められる不動産投資会社5選

自己資金をおさえて都心の一等地のマンションに投資可能「プロパティエージェント」

プロパティエージェントの評判・口コミ

プロパティエージェントは、東京23区・横浜エリアに集中した物件開発により入居率99.6%(2018年8月時点)を誇る東証1部上場企業です。土地選定から建物の企画開発までをワンストップで手がけることで品質を担保したマンション供給を実現しており、上場企業ならではの安定した資本体制・コンプライアンスや充実のアフターフォローも魅力で、「2018年度投資向けマンションデベロッパーに対するオーナーの意識調査」(※2018年3月 アイ・エヌ・ジー・ドットコム 調べ)において「満足度の高いデベロッパー」として、3年連続で顧客満足度総合第1位を獲得しています。物件価格は他のマンション会社と比べて高めの水準となりますが、物件の利回りも平均よりやや高いため、担保評価がつきやすくフルローンでの投資実績もあります。資料請求後に新着物件やおすすめの非公開物件などを定期的に紹介してもらうことができますので、まずは情報収集も兼ねて資料を取り寄せてみると良いでしょう。

プロパティエージェントの提携金融機関(2018年6月時点)

  • イオン住宅ローンサービス
  • オリックス銀行
  • 関西アーバン銀行
  • クレディセゾン
  • ジャックス
  • ダイヤモンドアセットファイナンス
  • 東京スター銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • リコーリース

フルローン実績多数、入居率99.53%で紹介・リピート率84.44%の新築マンション会社「グローバル・リンク・マネジメント」

グローバル・リンク・マネジメントの評判・口コミ

グローバル・リンク・マネジメント(以下、GLM)は、不動産の開発から販売・管理までワンストップで行っている都内で有数の不動産投資会社です。東京23区・川崎駅から徒歩10分圏内でのみ開発を行っており、入居率は99.57%(2018年6月末時点)、国内で唯一7年更新のサブリース契約のため、長期間で賃料変動が少ないといった特長があり、空室リスクが気になる方や安定した賃貸収入を得たいサラリーマンの方におすすめです。また、金融機関との提携が10社以上と豊富なため、他社と比べてフルローンなど頭金が少なくても始めることができる可能性が高いでしょう。定期的に初心者向けのセミナーも開催しており、セミナー参加特典として「不動産投資入門ガイド」を無料でもらえるなど、0から不動産投資を学んでみたい方や不動産投資の初心者におすすめできる会社です。


オーナーの4割以上が頭金10万円以内、ケースによっては最長45年のローンを組むこともできる「リズム」

リズム株式会社は、東京23区の中古ワンルームマンション投資やリノベーション投資などを手がける不動産投資会社です。ビッグデータ分析に基づき厳選されたリズムの物件は、その約7割が2,000万円以下と割安な中古マンションとなっています。リズムの物件は継続的に所有し、のちにリノベーションを施し付加価値の高い空間を創り上げることで、購入後の値上がり益も期待できます。また、購入後の入居率は99%とトップクラスの水準となっており、空室リスクを心配せずに投資を進めることが可能です。

リズムのリノベーション物件は、「持つ人」と「住む人」の価値を見極めて、空間のバリューアップを行っています。不動産における資産価値の向上を追求することで、「住む人」の個性と強いニーズに応える物件として、リズムのリノベーション物件は「待ってでも住みたい」というウェイティング者が20人つくなど高い稼働率を誇っています。

リズムのリノベーション物件の例

リズムのリノベーション物件

また、インスペクションサービスも提供しており、購入前に建物を徹底的に調査してもらうことが可能です。建物の不具合による雨漏りや給排水管の漏水等の思わぬ出費などのトラブルを未然に防ぐ取り組みを積極的に行うことで、投資家と入居者をリスクから守る取り組みをしています。

そうしたインスペクションやリノベーションへの徹底したこだわりが評価され、業界初の優遇金利1.6%(頭金により1.4%)を実現することができています。また、オーナーの4割以上が頭金10万円以内で始めることができており、最長45年のローンを組むことができるなど、自己資金をできるだけ手元に残しておきたいという方や毎月の支出を抑えたいという方からも人気があります。

リズムでは、定期的に無料セミナーを開催しており、「オリンピックによる不動産市場への影響とは?」「統計データに基づいた不動産投資成功のファクターとは?」「物件選びのポイント」などについて深く学ぶことができ、これまでに参加した5,363名の満足度は97%と高くなっています。セミナー参加特典として、不動産投資のことがよく分かる無料の小冊子「不動産投資ガイド」とQUOカード1,000円分をプレゼントされますので、東京での不動産投資や中古ワンルームマンション投資、リノベーション投資などに興味のある方はぜひ参加を検討されてみると良いでしょう。


フルローン実績豊富、仲介手数料0円で始められる中古マンション投資「GAテクノロジーズ」

GAテクノロジーズ(Renosy)は、都心の中古ワンルームマンション投資を手がける東証マザーズの上場企業です。物件情報の管理ツールやデータ解析などにAIを活用し、効率的に不動産投資の運用を行うことができます。エリアは賃貸需要が安定している「東京」で、物件は投資効率の良い「築10年以降」の中古ワンルームマンションを扱っており、GAテクノロジーズが売主となることで購入時の「仲介手数料0円」を実現しています。入居率は業界トップクラスの「98.9%」(2018年6月末時点)、賃貸管理は家賃に関わらず「月額1,080円」で入居者募集から家賃集金・解約精算までわずらわしい管理を全面的にサポートをしてくれます。また、金融機関とのアレンジによっては「フルローン(頭金0円)」で開始することも可能なので、自己資金が少ないという方にもおすすめです。

資料請求をすると「不動産投資のしくみ」「マンション経営にともなうリスク」「物件の選び方」「入居者募集や管理はどうすればいい?」など不動産投資の始め方がわかるノウハウ集「Investment Guidebook」と、不動産投資での成功を実現した4組のオーナーへのインタビューを収録した無料DVD「Renosy Owner’s Voice」をプレゼントしてもらえますので、興味のある方は資料を取り寄せて情報収集をしてみると良いでしょう。


提携金融機関14行、都心の担保価値が高いハイクラス物件でフルローンや金利優遇も「FJネクスト」

FJネクストの不動産投資

FJネクストは、都内を中心に展開する高品質なブランドマンション「ガーラ」シリーズを提供している東証一部上場企業です。物件の98.8%が駅徒歩10分以内の利便性にこだわった好立地戦略や入居者向けのコンシェルジュサービスなどを強みに入居率は99.1%(2018年5月末時点)を維持しています。グループ会社のFJコミュニティでは業界トップ水準となる18,000戸超の賃貸管理を行っており、管理ノウハウが充実しているほか、空室時の家賃保証もあるため、安定した利回りが実現可能です。創業から40年近くの業歴の長さと、東証一部上場企業としての信用性の高さから、提携の金融機関数や融資実績も豊富ですので、少ない自己資金でも始めやすくなっています。


まとめ

不動産投資は購入金額が大きいものの、必ずしも数百万円の自己資金が必要というわけではありません。むしろ、自己資金は少なくとも、早くから不動産投資を始めておくことで投資経験が身につくというメリットがあります。不動産投資が気になっているという方は、まずは一度不動産投資のプロに相談をしてみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」