CATEGORY 資産運用

投資信託コラム

不動産投資のサステナビリティ指標「GRESB」の評価基準は?参加企業やREIT(リート)の銘柄も

他のさまざまな領域と同様に不動産業界でもESGに対する取り組みが積極的に進められています。不動産投資における投資判断などに役立てる目的で、現在では不動産会社や物件、運用ファンドなどのESGに対する取り組みの高さを評価する指標が複数運営されています。今回紹介する「GRESB」はその一つで、2009年から運用が開始され、、2022年現在では日本を含め世界各国の多くの不動産会社やREITなどのファンドなどが参画している指標です。今回はGRESBの概要や評価尺度、そして企業およびREITの参加状況を紹介します。

投資・マネーコラム

アパートオーナーができる防犯対策は?費用対効果の高い6つの方法を解説

アパートの防犯対策は、住民がトラブルや犯罪に巻き込まれないために重要なポイントです。防犯対策をしっかりと行うことで入居率の改善や、資産価値の向上などの収益面でのメリットがあります。この記事では費用対効果の高い6つの防犯対策について紹介します。物件の防犯性を改善させたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

投資・マネーコラム

戸建て投資・賃貸経営の利回りの目安は?取得に必要な初期費用や収支シミュレーションも

戸建て投資・賃貸経営は、比較的に少額資金でも取り組みやすい不動産投資として人気を集めている投資方法の一つです。戸建て投資は少ない初期費用で高利益を狙えるのでしょうか。実際のところ、収支はどれぐらいになるのでしょうか。本記事では、戸建て投資・賃貸経営の利回りの目安と、取得に必要な初期費用を解説し、具体的な収支シミュレーションをおこなっていきます。

マンション投資

不動産投資の自己資金回収は何年かかる?区分マンション・アパートの目安を解説

不動産投資においては、月々の収支管理だけでなく、当初支払った資金を回収できるまでの期間を見ておくことも重要です。初期投資の資金が回収できれば、あとは当面黒字を維持しつつ、残債が残らないように売却できれば、その不動産投資の収支はプラスに終えることができます。今回は資金回収の考え方や、資金回収までにかかる目安を区分マンション・アパートごとに紹介します。また後半では、資金回収を達成したのちの不動産投資における注意点についてもみていきましょう。

マンション投資

年収1000万円のサラリーマンの不動産投資戦略は?検討できる物件価格の目安も

年収が1,000万円を超えるサラリーマンの資産運用として不動産投資は有効な投資方法の一つです。高所得者はローン審査で高い評価を得やすく、管理業務を外部に委託すれば仕事が忙しい人でも効率的な資産運用が可能になります。この記事では、年収1,000万円のサラリーマンが不動産投資をするメリット・デメリットに加えて検討しやすい物件の種類など、投資戦略についても解説します。

投資信託コラム

不労所得が気になる方へ、代表的な5つの方法と注意点を解説

老後の年金不足対策として株式投資・不動産投資などの「不労所得」を得られる手段に注目が集まっています。近年は貯蓄や働けなくなった時の保険として副収入の確保に取り組む現役世代の方も増えています。この記事では、代表的な不労所得の種類や収入を得る仕組みをご紹介していきます。

マンション投資

年収500万円のサラリーマンの不動産投資戦略は?検討できる物件価格の目安も

不動産投資は株式投資やFXなど他の資産運用と比較して値動きのリスクが低いという特徴を持っており、堅実な資産運用としてサラリーマンの方にも選ばれやすい投資方法の一つです。この記事では、年収500万円のサラリーマンの方が不動産投資を始めるための戦略や不動産投資ローンなどについて解説します。

株式投資コラム

クレディ・スイスの破綻リスクが不動産投資に与える影響は?リーマンショックと比較

10月に入って、スイスの大手金融機関「クレディ・スイス」の経営悪化が金融市場で注目されています。今回はリーマンショックにおける不動産投資の状況などとも比較しながら、クレディ・スイスのリスクが不動産投資に与える影響についてみていきましょう。

株式投資コラム

不動産投資のローンとFX・株の信用取引の違いは?レバレッジ効果の仕組みを解説

いくつかの資産運用の手法では、投資元本より大きな規模の資産に投資するのと同等の効果を得ることができます。これをレバレッジ効果と言います。レバレッジ効果をえながら投資をすると、少ない自己資金で効率的に資産運用ができますが、リスクも高くなる点には注意が必要です。不動産投資やFX、株の信用取引が個人投資家でも比較的チャレンジしやすい、レバレッジ効果を得られる投資方法といえます。レバレッジ効果の基本的な仕組みと、不動産投資、FX、株の信用取引のレバレッジ効果の違いをみていきましょう。

マンション投資

アパート経営で重要な管理会社の選び方は?7つのポイント解説

購入するアパート物件のめどが立ったら、次いで重要なのが管理会社選びです。入居者募集や賃料の回収、物件の維持管理などを円滑におこなってくれる管理会社に任せれば、不動産投資の収支改善や物件の資産価値の維持につながります。今回の記事では、管理会社の基本的な役割や質の高い管理会社を見つけ出すメリットを紹介したうえで、管理会社の選び方の7つのポイントを紹介します。はじめての管理会社選びに戸惑っている方はぜひ参考にしてください。

投資信託コラム

不動産ファンドに投資する方法は?REIT・クラウドファンディングを比較

不動産投資にチャレンジしてみたいと考えていても、個人でいきなり現物の不動産を所有するのはハードルが高いと考える人もいるでしょう。そこで手軽に不動産投資をする方法として、不動産ファンドに投資する手法を検討する人も増えています。REITやクラウドファンディングを利用すれば、現物保有と比較して少額から不動産投資が可能です。今回はREITとクラウドファンディングの両者の特性を比較していきます。自分が投資するファンド選びの参考にしてください。

投資・マネーコラム

物件を買わずに少額から始められる、新しい不動産投資サービスまとめ

不動産投資にはまとまったお金が必要になる上、購入後の賃貸経営が難しいなど、多くの方にとってはハードルの高いものと考えられていました。しかし、最近は不動産投資の種類も豊富になり、物件を買わずに少額から手軽に参加できるサービスが続々登場しています。そこでこの記事では、新しい不動産投資の特徴や人気のサービスをご紹介します。

マンション投資

将来の資産形成に役立つ「資産三分法」の配分比率は?株・不動産の選び方も

効率性とリスクのバランスが取れた資産形成の方法として「資産三分法」があります。これは現金・株式・不動産に分散投資することで、長期で健全な資産形成をおこなう方法です。この記事では資産三分法の基本的な考え方や、資産配分の決め方、そして実践する場合の投資方法や銘柄の選び方について紹介します。

マンション投資

不動産投資と相性の良い資産形成の方法は?効率的な手法やリスク分散のコツも

資産形成では、一つの資産に集中させるよりも、さまざまな資産に分散させたほうが、リスクを抑制したり、効率的に資産形成を進められたりします。これは不動産投資においても例外ではありません。不動産だけに集中投資するのではなく、株式など他の資産との組み合わせを検討してみましょう。この記事では不動産投資と相性の良い資産について、投資家のスタンス別に紹介します。自分の投資スタンスと近い資産の組み合わせを参考にしてください。

ロボアドバイザーコラム

スマホで簡単に投資できるサービスは?資産運用初心者が注意すべき点も

最近、一般の個人投資家への情報提供が増え、投資は多くの人に身近な存在となりました。特に最近はスマートフォンで投資ができる便利なサービスが注目されており、株式投資などの資産運用を誰でも気軽に始められる状況になっています。この記事では初心者からプロの投資家にまで活用されているスマホアプリの投資サービスをご紹介します。

投資・マネーコラム

不動産ファンドとは?仕組みやメリット・デメリット、少額投資できるサービスも

不動産投資の方法には、実際に不動産を所有して運用する方法だけでなく、不動産ファンドに出資して間接的に運用する方法があります。そこで本記事では、不動産ファンドの仕組みや少額投資が可能なサービスについて解説します。不動産ファンドに興味のある方は、ご参考ください。

マンション投資

円安で金利が上がると不動産価格はどうなる?イールドギャップの仕組みを解説

2022年5月時点、為替相場は円安で推移していますが、日銀は金融緩和政策の継続姿勢を崩していません。この記事では、円安によって金融政策が転換し、金利が上がった場合、収益不動産の価格はどうなるのか、イールドギャップの仕組みの観点から考えていきます。

投資・マネーコラム

遺産分割協議をやり直す方法は?再協議・取消権・無効の条件について解説

一度遺産分割協議で決定した内容を変えたい場合、相続人全員が合意することで「再協議」が可能です。ただし、再協議は以前の遺産分割協議の「無効・取り消し・解除」を行う必要があり、これらの実行にはそれぞれ一定の要件を満たす必要があります。本記事では遺産分割協議のやり直しについて、無効・取り消し・解除の方法、再協議の注意点を解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産投資の建物部分を法人名義にするメリット・デメリットは?注意点も

法人名義で不動産投資をおこなうスキームには、複数の形態があります。その中でも、しばしば利用されるのが、建物部分を法人名義にする形態です。本記事では、建物部分を法人名義にして不動産投資をおこなう形態のメリット・デメリット、注意点について解説していきます。