トーシンパートナーズの評判・口コミは?実績や入居率、注意点も

トーシンパートナーズは、東京都心・横浜・川崎エリアを中心に投資用不動産を手掛ける不動産投資会社です。グッドデザイン賞を8年連続受賞するなど知名度も高く、投資先として検討されている方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、トーシンパートナーズのマンション投資における特徴や実績、さらに評判や口コミなども紹介していきます。

目次

  1. トーシンパートナーズの企業概要
  2. トーシンパートナーズのマンション投資
    2-1.ハイクオリティな自社マンションブランド
    2-2.データと経験を活かしたエリア選定
    2-3.ワンストップの管理業務で購入後の煩わしさを解消
  3. トーシンパートナーズのメリット
    3-1.ZOOMの高いブランド・入居率99.1%の実績(2016年~2020年までの5年間の平均値)
    3-2.資産価値にフォーカスしたアフターフォロー&サポート
    3-3.「トーシンオーナーズクラブ」などで経営をバックアップ
  4. トーシンパートナーズのデメリット
    4-1.投資物件が都市部に限定される
    4-2.定期的な不動産投資セミナーを実施していない
  5. トーシンパートナーズの評判・口コミ
    5-1.トーシンパートナーズの良い評判・口コミ
    5-2.トーシンパートナーズの悪い評判・口コミ
  6. まとめ

1 トーシンパートナーズの企業概要

トーシンパートナーズ
会社名 株式会社トーシンパートナーズ
本社所在地 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-5
設立 1989年2月18日
代表取締役社長 千代谷 直之
資本金 10億円
売上高 292億円(2021年10月期)
従業員数 グループ全体:381名(2022年4月1日現在)
上場市場 未上場
加盟団体 公益社団法人 全日本不動産協会 公益社団法人 不動産保証協会
首都圏中高層住宅協会 一般社団法人 全国不動産協会
公益財団法人 東日本不動産流通機構 一般社団法人 全国住宅産業協会
東京不動産信用保証(株)
公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会
公益社団法人 警視庁管内特殊暴力防止対策連合
免許 宅地建物取引業:国土交通大臣(1)第9540号
特定建設業:東京都知事許可(特- 1)第112727号
一級建築士事務所:東京都知事登録第54526号

トーシンパートナーズは、東京都心部・横浜・川崎エリアを中心に投資用不動産の企画・開発・販売を手掛ける不動産投資会社です。単身者用マンション「フェニックス」、2014年~2021年までの8年連続でグッドデザイン賞を受賞した「ZOOM」という2種類のブランドマンションの提供を行っています。

また、トーシンパートナーズのマンションは、建物のデザイン性だけでなく立地の良さを重視している点も特徴的です。最寄駅徒歩10分圏内を条件として、入念なマーケットリサーチを通してエリアのニーズを把握し、SAFETY(安全で、安心する)、SENSE(センスが刺激される)、PRACTICAL(実用的で使いやすい)の3つの価値の追求をコンセプトに開発が行われています。

未上場企業ながら資本金が10億円、従業員が381名となっており、不動産投資会社としては規模が大きく、2021年10月決算では売上高も2,925億円を計上しています。なお2021年は「ZOOM横浜桜木町」など7棟をリリース、2022年は7月までに「ZOOM王子神谷」など5棟をリリースしています。

トーシンパートナーズは2022年3月に持ち株会社に移行しており、現在は株式会社トーシンパートナーズホールディングスを持ち株会社とし、株式会社トーシンパートナーズはその子会社という位置づけとなっています。10月にはグループ会社も子会社化し、企業体制がさらに強化されることになります。

2 トーシンパートナーズのマンション投資

創業以来、トーシンパートナーズが2022年8月までに供給した物件は275棟13,700戸超に上ります。投資用不動産の企画・開発・販売を手掛けるほか、グループ会社にて管理業務を担う体制も築いています。

以下では、具体的な特徴について詳しく見ていきましょう。

2-1 ハイクオリティな自社マンションブランド

都心に出てくる単身者向けのマンションブランド「フェニックス」を創業当初に開発し、2013年までに218棟を供給しています。単身者向けでありながら、ファミリータイプと変わらない良質の建材や部材を採用し、「ステューディオマンション」という新しいスタイルを確立しました。

また2013年には、フェニックスシリーズで培った開発やマーケティングのノウハウにより、「SAFETY・SENSE・PRACTICAL」をコンセプトにした新ブランド「ZOOM」の供給を開始しています。住みやすさを追求し、最先端の設備を導入するなど、入居者のライフスタイルに寄り添った仕様が特徴です。

同社が物件をリリースする度に注目されるのがデザイン性です。同シリーズでは一時的な流行を追うのではなく「普遍的な美しさ」を目指し、1棟1棟を立地やターゲットに合わせてデザインしています。

地域の風景に馴染みながらも、印象的かつ独自性の高いフォルムのマンションシリーズとなっています。「ZOOM」シリーズは2014年から8年連続・11物件で「グッドデザイン賞」を受賞しており、そのデザイン性が高く評価されていることがわかります。

2-2 データと経験を活かしたエリア選定

マンション経営で賃貸ニーズを獲得できるかどうかは、立地条件が大部分を握っています。そのためトーシンパートナーズでは、中長期的にニーズの見込める土地を重点的に仕入れ、マンション開発を行っています。

マンション用地を厳選する際のポイントなっているのは、JR山手線・中央線や地下鉄など都心部へアクセスしやすい人気沿線エリアで、さらに駅まで徒歩10分以内を目安としています。

こうした立地条件に加えて、長期間にわたって需要が見込める物件にするため、長年培ってきた経験と周辺の地域状況を正確に捉えるリサーチ力を駆使し、デザインを構築しています。

2-3 ワンストップの管理業務で購入後の煩わしさを解消

物件を購入したあとの管理業務はグループ企業のトーシンコミュニティーが代行してくれるため、家賃の集金、入居者募集、契約締結および更新、建物のメンテナンス、クレーム処理などの煩わしい事柄をトーシンコミュニティーに任せることが可能です。

また、長期間の空室が不安なオーナーに向けて「借上システム」も用意されています。契約期間中は査定賃料の90%で借上げるため、空室となっても一定額の家賃収入が保証されます。退去時の原状回復費用もトーシンコミュニティーが負担することになっています。

3 トーシンパートナーズのメリット

トーシンパートナーズのマンション投資について把握したところで、実際にマンション投資を始めるとどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

3-1 ZOOMの高いブランド力・入居率99.1%の実績

トーシンパートナーズが現在展開しているマンションブランド「ZOOM」は、2021年度までに「グットデザイン賞」を8年連続で受賞しています。「ZOOM」シリーズの供給を開始したのは2013年のことで、初めての物件は渋谷を拠点とするクリエイティブワーカーを対象にした「ZOOM池尻大橋」です。

「ZOOM池尻大橋」はその後「2014年度グッドデザイン賞」を受賞し、以来2020年度の「ZOOM新宿夏目坂」、2021年度の「ZOOM横浜関内」など8年連続・11物件で「グッドデザイン賞」を受賞しています。

ZOOM池尻大橋 受賞対象の概要

環状6号線(山手通り)と池尻大橋駅に抜ける生活道路。この全く異なる2本の道が出会う角地に、「無機的」と「有機的」という2つのファサードを持つ集合住宅を設計した。正面に立体交差が迫る山手通り側はコンクリートのアウトフレームで各戸内のプライバシーを保護しつつ、バルコニーの一部に暖色の塗装を施して前を通る歩行者が下から見上げたときには無機的な壁面にも温かみが感じられるよう工夫した。また生活道路側は6色13層のタイルで有機的な地層を表現。遠景では薄く、近景ではタイルの影で色が濃く見え、こちらも目線の違いで景観が変化する。この切り替わる2つの壁で、2本の道の接点となる印象的な「街角」をデザインした。(2014年度グッドデザイン賞・マンション [ズーム池尻大橋]より引用)

このような高いブランド力を背景に、入居希望者や投資家などからの引き合いもあり、2016年~2020年までの5年間の平均値までで入居率99.1%の実績があります。

3-2 資産価値にフォーカスしたアフターフォロー&サポート

管理業務は、家賃集金から入居者募集といった通常の「管理代行システム」のほか、空室になっても計画的なマンション経営ができる「借上システム」を選ぶことができ、オーナーのニーズに応えられる体制が整っています。

設備に対する無償サービス「ZOOMメンテナンスプラス」が用意されているのもメリットで、給湯器とエアコンは10年間の保証がついています。さらに特徴的なのは、対象外の設備費用や内装費用が発生した際に利用できる「おうちポイント」の進呈も行っていることです。

建物に関しては、日常巡回点検を行い、特殊建築設備は定期的な検査を行っています。さらにマンションの寿命を60~80年と考え、30年サイクルの長期修繕計画に基づいて修繕やリフォームなどを定期的に実施しています。

3-3 「トーシンオーナーズクラブ」などで経営をバックアップ

トーシンパートナーズの物件を購入しオーナーとなると、「トーシンオーナーズクラブ」に加盟することができます。

トーシンオーナーズクラブの内容

  • 季刊情報誌「TOHSHIN SYNAPSE」の定期配布
  • 専用WEBサイト
  • 各種イベント・セミナー
  • 確定申告書作成サポート

「トーシンオーナーズクラブ」では、不動産投資に関する情報を掲載した季刊情報誌「TOHSHIN SYNAPSE」の進呈や、専用サイトによる各種情報の提供、イベントやセミナーへの招待、確定申告作成サポートなどの特典があります。

特に、不動産投資を行う初心者の方にとっては、どのように確定申告をすれば良いのか悩む方も多いポイントとなります。トーシンパートナーズでは、年1回(1月)の無料確定申告相談会の開催、無料で不動産収支内訳書参考資料の提供、その他有料にて税理士による申告書作成サポートがあります。

また専用アプリ「LENZ」を提供しており、賃貸入出金管理や収支管理、書類の確認などマンション経営に関するあらゆる業務をサポートしています。チャット機能を活用して相談することも可能で、契約更新などの手続きも手元で簡単に行うことができます。

オーナー専用窓口を設けているのも特徴で、所有している物件だけでなく、マンション経営や資産運用に関する相談、ライフプランのアドバイスなども専任スタッフが無料で行っています。

4 トーシンパートナーズのデメリット・注意点

トーシンパートナーズで不動産投資を行うデメリットについても見ていきましょう。

4-1 投資物件が都市部に限定される

トーシンパートナーズでは、供給されるマンションの大部分が都市部を占めています。以前のマンションブランドである「フェニックス」シリーズは218棟がリリースされていますが、そのうちの84.4%である184棟が東京23区内です。

区別で多いのは「杉並区43棟」「新宿区27棟」「中央区20棟」などとなっており、都心以外で検討されている場合は、選択肢が少なくなる可能性があります。

なお、トーシンパートナーズではZOOMに続くセカンドブランドの展開も検討しており、若い世代のオーナーに向けて郊外型で低価格帯の投資用マンションに着手する計画が進んでいます。

4-2 不動産投資セミナーは開催されず、資料請求・個別面談のみ(2022年8月時点)

不動産投資を始める際に便利なのが不動産投資会社が開催するセミナーですが、トーシンパートナーズでは多人数向けの定期的なセミナーは開催していません。

ただし、マンション経営について情報収集を行っていきたい方には、マンション経営が分かる「スタートブック」が無料でプレゼントされます。

その他、セミナー形式ではなく、個別面談を受けることが可能となっています。個別面談では、不動産投資の基礎やメリット・デメリット、リスクについて詳しい話を聞くことができるので、実際に話を聞いてみたい方は、資料請求後に参加されてみると良いでしょう。

5 トーシンパートナーズの評判・口コミ

トーシンパートナーズで物件を購入したオーナーは、どのような感想を抱いたのでしょうか。実際に寄せられた評判・口コミを見ていきましょう。

5-1 トーシンパートナーズの良い評判・口コミ

  • 「すでに6年を経過していますが、投資向けマンションの懸念材料といわれる老朽化を感じることはありません。」
  • 「なんでも『見る』ことで判断をする私ですから、建築現場にも行きましたが、なかなかしっかりとした基礎工事をやっていた。」
  • 「情報誌の発行やホームページの充実など、購入後もフォローしてくださるので、助かっています。これからは、投資関連情報を今まで以上に積極的に収集して、トーシンパートナーズとも相談しながら、より効率のよいマンション経営を考えていきたいと思います。」

5-2 トーシンパートナーズのネガティブな評判・口コミ

  • 「電話の回数が多く、じっくり選びたい私には合いませんでした。」
  • 「営業の電話が何度かあったのは少し鬱陶しかったので、そこは控えてほしいと思いました。」

※上記はすべて個人の感想です。投資を検討される際は、ご自身でもよくお調べの上ご判断下さい。

マンションそのものの建物としての信頼性や、アフターサービスの充実ぶりを感じさせる評判・口コミが多く見られました。不動産投資は中長期的に運用を行って賃料収入を得る投資方法であるため、アフターサービスが充実しているという評判・口コミは、トーシンパートナーズで投資を検討する際に重視しておきたいポイントの一つと言えます。

一方、ネガティブな評判・口コミで多く見られたのが営業電話についてです。適切な電話の回数には個人差があり、必要なときに電話をもらえてよかったと感じる人もいるため、「じっくり選びたい」「聞きたいことがあればこちらからかける」といった希望があれば、担当の方へ意向を伝えてみると良いでしょう。

まとめ

トーシンパートナーズは、8年連続で「グッドデザイン賞」を受賞しているマンションブランド「ZOOM」シリーズを中心に、東京23区内などで数多くの物件を供給している不動産投資会社です。

管理業務システムなどアフターサービスが充実しているのも特徴で、マンション投資が初めてという方でもスタートできるサポート体制が整っています。良い評判としても、不動産会社としての信頼性の高さや、手厚いアフターサービスを評価する声が目立ちました。

注意点として、トーシンパートナーズは多人数向けの定期的なセミナーを行っていないため、まず情報収集を行っていきたい方は、無料で提供されている「スタートブック」を入手されることを検討されてみると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
倉岡 明広

倉岡 明広

経済学部経済学科卒業後、出版社や編集プロダクション勤務などを経てフリーライターとして独立。雑誌や新聞、インターネットを中心に記事を執筆しています。初心者が抱く不動産投資の疑問や質問を解決できるよう丁寧な記事を執筆していきます。