上場している不動産投資会社7社の実績・評判まとめ

「どの不動産投資会社に相談するのが良いだろうか?」とお悩みの投資初心者の方は多いかと思います。数ある不動産投資会社の中で、全てを比較検討することは難しいですが、基本的には以下のようなポイントを満たす企業をお探しのケースがほとんどかと思います。

  1. 会社規模が大きく、つぶれにくい
  2. 物件の開発実績が豊富
  3. コンプライアンス(法令遵守姿勢)活動に取り組んでいる
  4. 営業の説明を丁寧にしてもらえる
  5. 連絡が取りやすい
  6. 土地・物件の需要が高い
  7. 融資の条件で有利になりやすい

上記の条件を満たしていることが多いのが上場している会社です。上場企業は上場審査という証券取引所の厳しい審査を経て上場されているので、非上場の企業と比べると会社の規模や体制などがしっかりとしています。この記事では、投資会社選びでお悩みの方に向けて、不動産投資の上場企業7社の情報をまとめましたので、ぜひご参考になさって下さい。

※本記事のデータは2020年11月調査時点のものとなります。最新情報は各社のサイトURLから直接ご確認下さい。

  1. プロパティエージェント
  2. グローバル・リンク・マネジメント
  3. GAテクノロジーズ
  4. FJネクスト
  5. オープンハウス
  6. シノケングループ
  7. マリオン

上場している不動産投資会社7社の特徴・実績・評判まとめ

資産性の高いワンルームで入居率99.47%、新築・中古どちらも投資可能、東証1部上場企業「プロパティエージェント」

プロパティエージェントの評判プロパティエージェントは、東京23区・横浜エリアに集中したマンション開発・販売により入居率99.47%(2020年10月時点)の実績を有する東証1部上場企業です。扱う物件は新築マンションと中古マンションのハイブリッドとなっています。

新築マンション投資では、土地選定から建物の企画開発までをワンストップで手がけることで品質を担保したマンション供給を実現しており、上場企業ならではの資本力や交渉力も魅力です。

一方、中古マンション投資では資産性・収益性・移動率の3軸から定量的に評価するスコアリングを用いて、将来にわたって高い資産性を維持できる物件を厳選し仕入れています。また、建物管理事業を備えているため、中古マンション投資のリスクの一つである購入後のコストについても、当該物件の将来にわたり物件の資産性を維持するための必要なコストを見通すことが可能です。

提携金融機関も10社以上と充実しており、物件の担保力の高さからフルローンでの融資実績が非常に豊富です。賃貸管理や確定申告サポートなどアフターフォローも充実しています。2018年に行われた投資用マンションオーナー3,000人に対して行われた調査では、3年連続で顧客満足度・第1位(アイ・エヌ・ジー・ドットコム 調べ)を獲得しています。

プロパティエージェントでは、初心者向けに「0から始める不動産投資セミナー」を定期開催しています。セミナーでは、「不動産投資の基礎知識」「不動産投資のリスクとは?」といった基本的な内容から「不動産投資のメリットとリスク」「投資用物件の見方・選び方」「購入前のチェックポイント」「売却時の戦略」など踏み込んだ内容まで、多岐にわたるトピックについて解説しています。また、セミナー限定物件の紹介や参加特典の書籍プレゼントなどもあります。

セミナー参加者からは、「短時間で最近の傾向・ポイントを知れて為になった」「リスクについても理解することができた」「購入前のチェックポイントを知ることができた」といった声が上がっており、セミナー参加後のアンケートでも満足度は95.8%(2018年10月同社調べ)となっています

不動産投資会社名 プロパティエージェント
本社所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー41F
設立年 2004年
上場年 2015年
資本金 5億9,610万円(2020年5月時点)
売上高 226億円(2020年3月期)
社員数 132人(2020年11月時点)
上場市場 東証1部上場
サービス理念など Nurture the Future

入居率99.47%、リピート・紹介率71.3%の新築マンション投資会社「グローバル・リンク・マネジメント」

グローバル・リンク・マネジメントの評判グローバル・リンク・マネジメントは東証1部上場企業で、不動産の開発から販売・管理までワンストップで行っている都内有数のマンション投資会社です。「アルテシモ」というデザイナーズマンションブランドを展開しており、入居率は6年連続で99%超、2020年6月22日時点で99.47%、オーナーのリピート・紹介率が71.3%(2019年度実績)など、入居者とオーナー双方からの顧客満足度がトップクラスとなっています。

また、サブリース契約は国内唯一の7年更新、一回の更新での賃料下落は5%までとなっており、安定した賃料収入を見込むことが可能です。定期的にセミナーも開催しており、不動産投資初心者におすすめできる会社です。セミナー参加特典として「不動産投資入門ガイド」を無料でもらうことができます。

不動産投資会社名 グローバル・リンク・マネジメント
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号渋谷マークシティウエスト21階
設立年 2005年
上場年 2017年
資本金 5億900万円(2020年6月末時点)
売上高 250億8,600万円(2019年12月期)
社員数 93名(2018年12月末時点)
上場市場 東証1部上場
サービス理念など 不動産を通じて、お客様の真の豊かさに貢献する。

都心の中古マンション投資で入居率99.3%、仲介手数料0円、フルローンも可能「GAテクノロジーズ」

GAテクノロジーズ「RENOSY」GAテクノロジーズ「RENOSY」GAテクノロジーズ(GA technologies:サービス名は「Renosy」)は、都心の中古ワンルームマンション投資を手がける東証マザーズ上場企業です。物件情報の管理ツールやデータ解析などにAIを活用し、効率的に不動産投資の運用を行うことができます。物件は主要都市の希少な中古マンションを扱っており、GAテクノロジーズが売主となることで購入時の「仲介手数料0円」を実現しています。入居率は業界トップクラスの99.3%(2020年4月時点)、賃貸管理は家賃に関わらず「月額1,000円(税抜)」で入居者募集から家賃集金・解約精算までわずらわしい管理を全面的にサポートをしてくれます。また、金融機関とのアレンジによっては「フルローン」で開始することも可能なので、自己資金が少ない方でも相談することができます。

資料請求をすると「不動産投資のしくみ」「マンション経営にともなうリスク」「物件の選び方」「入居者募集や管理はどうすればいい?」など不動産投資の始め方がわかるノウハウ集「Investment Guidebook」をプレゼントしてもらえますので、興味のある方は資料を取り寄せて情報収集をしてみると良いでしょう。

不動産投資会社名 株式会社GA technologies(GAテクノロジーズ)
本社所在地 東京都港区六本木3丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー40階
設立年 2013年
上場年 2018年
資本金 11億7225万5470円(2020年8月末日時点)
売上高 392億8,600万円(2019年10月期)
社員数 521人(2020年7月末時点、グループ会社を含む)
上場市場 東証マザーズ上場
サービス理念など テクノロジーズ×イノベーションで人々に感動を

入居率99.0%、都内の高品質なブランドマンションを提供する東証1部企業「FJネクスト」

FJネクストの評判FJネクストは、東京都・横浜市・川崎市のエリアに特化して「ガーラ」シリーズのワンルームマンションを販売している東証一部上場会社です。30代~50代の会社員・公務員をメイン顧客としており、首都圏投資用マンション供給ランキング(不動産経済研究所2020年8月調べ)では、第1位を獲得しています。グループ会社のFJコミュニティでは16,000戸超(2020年6月末時点)の賃貸管理を行っており、入居者向けのコンシェルジュサービスなどを強みに入居率は99.2%(2020年3月末時点)を実現しています。

不動産投資会社名 FJネクスト
本社所在地 東京都新宿区西新宿六丁目5番1号 新宿アイランドタワー11F
設立年 1980年
上場年 2004年
資本金 27億7,440万円
売上高 848億4000万円(2020年3月期)
社員数 521名(連結)、326名(単体) ※2020年3月末時点
上場市場 東証一部上場
サービス理念など Life with a dream

東証1部グループの力でアメリカ不動産への投資をワンストップサポート「オープンハウス」

アメリカ不動産投資会社「オープンハウス」オープンハウスは、アメリカ不動産の販売・管理・売却などで国内トップクラスの実績がある東証1部上場の不動産投資会社です。厳選された物件により、投資家は運用益・売却益・税効果の3つのメリットを狙うことが可能となっています。

また、購入時にはグループ会社のアイビーネットの融資プランを活用することで、購入する不動産を担保として最大で70%まで融資を受けられ、利息のみを返済すればいいため毎月の返済額も抑えることができるという特徴があります。購入後も管理を丸ごと代行できるので、言葉の壁や時差、現地の慣習によるトラブルなどに悩まされる心配もありません。売却のタイミングや買い替えなどについてもアドバイスを受けることができるため、長く付き合えるパートナーとなってくれるでしょう。

不動産投資会社名 株式会社オープンハウス
サービスサイトURL https://wm.openhouse-group.com
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング12階(総合受付13階)
銀座サロン 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 11F(※アメリカ不動産事業の拠点)
設立年 1997年
上場年 2013年
資本金 41億5,866万円
売上高 5,759億円(2020年9月期)
社員数 2,263名(2018年9月末現在)
上場市場 東証1部上場

駅徒歩10分以内のデザイナーズアパートで入居率99%「シノケンプロデュース」

シノケンの評判シノケングループは、東京・福岡・大阪・名古屋・仙台の都市圏で投資用アパートの販売を中心に行っているジャスダック上場企業です。38,000戸を超える管理実績(2020年9月末現在)があり、入居率は98.8%(2019年年間平均)を実現しています。初回の入居が成約になるまで家賃を100%保証する「100%初回満室保証」や、入居者からの家賃の支払いが遅れた場合の家賃滞納保証などオーナーが安定した収益を生むための保証制度も充実しています。購入者の半数以上がリピーターとなっており、会社員・公務員からの評判が非常に良い会社です。また、民泊事業への参入や仮想通貨を発行するなど先進的な取り組みも多数行っています。

不動産投資会社名 シノケングループ
本社所在地 東京都港区浜松町二丁目3番1号 日本生命浜松町クレアタワー
設立年 1990年
上場年 2002年
資本金 10億9,185万円(平成30年3月末)
売上高 957億86百万円(2019年12月現在)
社員数 1038名(2019年12月末現在)
上場市場 東証ジャスダック上場
サービス理念など 土地がなくても、頭金が少なくてもアパート経営はできる

1万円から不動産投資ができるi-Bond(アイボンド)を提供「マリオン」

不動産投資型クラウドファンディング「i-Bond(アイボンド)」i-Bondは、東証JASDAQスタンダードに上場している不動産会社「株式会社マリオン」が2019年5月から提供している不動産投資型クラウドファンディングです。予定分配率は年1.5%(税引前)、1口1万円から投資ができるため、「まずは少額から始めてみたい」という方には、はじめやすくなっています。運用期間は無期限であるため、投資家の短期・中期・長期の運用方針に対応することができ、他の不動産クラウドファンディングで「ファンドに毎回応募するのが面倒」「再投資の手間を少なくしたい」と感じている方にもメリットがあります。

i-Bondで運用されている対象不動産は、首都圏を中心とした賃貸マンションとなっています。また、単一の不動産に対して投資をするのが主流な他の不動産投資型クラウドファンディングやソーシャルレンディングと異なり、i-BondはJ-REIT(Jリート)のように複数の不動産で構成されているため、分散効果があります。

また、買取請求を24時間365日WEB(オンライン)で受け付けている点も大きな特長の一つで、買取請求を行った場合、5営業日後に投資家の口座に振り込まれます。なお、手数料については、会員登録・申込・買取手数料は無料となっています。ただし、申込・買取時の金融機関の振込手数料は投資家負担となっています。

さらに、i-Bondでは「優先劣後方式」を採用しており、投資家からの出資(優先出資)は鑑定評価額の95%とし、残る5%を事業者である株式会社マリオンが負担する仕組み(劣後出資)となっています。対象不動産の鑑定評価額が下落した場合でも5%以内であれば、投資家側の出資元本への影響はありません。

不動産投資会社名 株式会社マリオン
本社所在地 東京都新宿区富久町9番11号
設立年 1986年
上場年 2018年
資本金 13億8764万2720円
売上高 27億3568万円(2019年9月期)
上場市場 東証JASDAQ上場スタンダード市場上場
サービス開始年月 2019年5月
参考利回り 1.50%(税引き前)*2020年8月時点
サービス理念など 「お金 第3の置き場」預貯金の不満と投資の不安を解消するための新しいお金の置き場です


【関連記事】投資初心者向け・0から学べる不動産投資セミナー7選

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」