「HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム」の記事

国内不動産投資

不動産投資の湘建が大阪支店開設。西日本エリアの顧客フォローをより手厚く

不動産投資の株式会社湘建は12月1日、大阪支店を開設した。みなとみらい本社と名古屋支店で全国をカバーしていたが、西日本エリアのフォローを拡充する。所在地は、大阪府大阪市北区中之島2丁目3-18中之島フェスティバルタワー17階。

国内不動産投資

リノベーション賃貸ブランド「REISM」、人気キャンパー YURIEさん監修の新シリーズ「YURIE Produce REISM’s Series “Urban CABIN”」募集開始

リノベーション賃貸ブランド「REISM(リズム)」を運営するリズム株式会社は11月27日、人気キャンパー YURIEさん監修の新シリーズ「YURIE Produce REISM’s Series “Urban CABIN”」の募集を開始した。

マンション投資

「Rimple」運営のプロパティエージェント、2021年第2四半期の業績は?決算を分析

投資用マンションの販売や、不動産投資型クラウドファンディング「Rimple(リンプル)」を運営する東証一部上場企業、プロパティエージェント株式会社が、2021年3月期第2四半期決算を発表しました。今回はその内容を確認しながら、プロパティエージェント及びRimpleの現状と今後の見通しについて解説していきます。

マンション投資

【投資初心者向け】0から学べる不動産投資セミナー7選

不動産投資を検討する際、情報収集はとても重要です。しかし、不動産投資の初心者がネットや書籍だけで情報を集めるには限界があります。そこでオススメなのが不動産投資セミナーの受講です。セミナーでは不動産投資やマンション投資に関する基本的知識からプロの視点による物件の選び方までを効率的に学ぶことができます。

投資・マネーコラム

クラウドクレジットの貸し倒れや返済遅延は?投資リスクの対策も解説

クラウドクレジットは社会的な課題を解決し利益を得る社会的インパクト投資と、比較的高い利回りが特徴的なソーシャルレンディングサービスです。そこで今回は、クラウドクレジットの貸し倒れや返済遅延などの注意点と投資リスクについて解説します。クラウドクレジットでの投資を検討されている方はご参考下さい。

マンション投資

投資用の中古マンション、居住用との違いは?ローン・特徴を比較

投資用のマンションとは、不動産投資の収益物件にする目的で購入対象となる物件です。住むことを目的とした居住用マンションと比べて、購入する際のローンの種類や、価格の決まり方などが大きく異なります。そこでこの記事では、投資用マンションと居住用マンションの違い、投資用マンションの選び方について詳しくご紹介するので、マンション投資を検討中の方はご参考ください。

投資・マネーコラム

マンションの売り時はいつ?築年数やエリア、ローン、金利から傾向を考察

マンションの売却を考える際はタイミングが大切です。例えば、築年数によって需要は変わり、売却にかかる税金などは所有期間によって変わります。また、ローンを完済しているかどうかも、売り時を考えるタイミングに影響することがあります。そこでこの記事では、マンションの売り時について築年数やエリア、金利の視点から解説していきます。

国内不動産投資

シノケングループ「中長期ビジョン2020」を発表。不動産のサービス化推進で30年に売上高2000億円目指す

株式会社シノケングループは11月24日、「中長期ビジョン2020」を発表した。今年6月に創業30周年を迎えたことを契機、グループのビジョンを 「世界中のあらゆる世代のライフサポートカンパニー」、ミッションを「REaaSで人々や社会の課題を解決する」と掲げた。

投資信託コラム

現物資産と金融資産の違いは?不動産投資や金投資、証券投資の特徴を比較

投資の種類は株式投資や投資信託、金投資、不動産投資など様々です。しかし、投資先の資産を大別すると、金や不動産の「現物資産」と、株式や投資信託などの「金融資産」の2種類になります。そこでこの記事では、不動産投資、金投資、証券投資などを例にあげながら、現物資産と金融資産の違いについて詳しく解説していきます。

海外不動産投資

1~9月期世界の商業用不動産投資額は前年同期比33%減4790億ドル、第3四半期は44%減1490億ドル。JLL調査

総合不動産サービスのジョーンズ・ラング・ラサール株式会社(JLL)の投資分析によると、2020年1-9月期の世界の商業用不動産投資額は前年同期比33%減の4790億ドル、第3四半期投資額は同44%減1490億ドルとなった。第3四半期はEMEA(欧州、中東、アフリカ)とアジア太平洋地域では投資活動に若干の改善がみられた。

投資・マネーコラム

アメリカ不動産投資、不動産弁護士を雇うメリット・デメリットは?

アメリカ不動産の購入を検討している人の中には、海外不動産を購入することに対して、知識や手続きの面で不安を感じる人もいるのではないでしょうか。この記事では、不動産弁護士の業務内容や、不動産弁護士を雇うメリット・デメリットについて解説します。

投資・マネーコラム

アメリカ不動産を売却する方法は?手順や費用、注意したいポイントも

2019年末の税制改正大綱発表以降、アメリカ不動産に投資してきた人の中には、物件の売却を検討している人もいるのではないでしょうか。また、アメリカにある物件の売却でどのような税金が発生するのか気になる人も多いでしょう。この記事では、アメリカ不動産売却の手順や諸費用のほか、税金の注意点などについて解説します。

マンション投資

中古マンション投資で失敗しないためには?10個のチェックポイント

中古マンションの売買市場は年々大きくなってきており、2016年にはついに中古マンションの供給数が新築マンションの供給数を上回りました。これからの不動産投資の主体は、新築マンションから中古マンションへと移っていくと考えられます。

マンション投資

節税を狙うマンション投資はなぜ失敗する?事例やリスクまとめ

税金対策や老後の備えのためにマンション投資を始める場合、安易に不労所得を狙うと大きな失敗につながることがあります。今回は会社員がマンション投資で陥りやすい失敗例をご紹介します。どのような理由でマンション投資を始め、そしてなぜ失敗してしまうのか、どうすれば失敗を避けられるのかをまとめていきたいと思います。

マンション投資

不動産投資の初心者は何に気をつけるべき?始め方・物件購入の流れも

不動産投資は株やFXなどの投資方法と違い、土地や建物などの「現物」が手に入る魅力的な投資方法です。しかしポイントを間違えてしまうと大きな損失を被る可能性もあります。そこでこの記事では、これから不動産投資を始める初心者向けに、気を付けるべき7つのポイントと、不動産投資で失敗してしまう初心者のよくある特徴をご紹介します。

投資・マネーコラム

リガイド(RE-Guide)の評判は?メリット・デメリットや売却実績も

不動産の一括査定サービスは複数の不動産会社に同時に物件の売却価格を査定してもらえるため便利ですが、どのサイトで申し込めば良いか悩むこともあるでしょう。そこでこの記事では不動産一括査定サイトの老舗である「RE-Guide(リガイド)」の特徴、メリット・デメリットのほか、評判や利用手順について詳しく説明していきます。

投資・マネーコラム

不動産一括査定サイトは使うべき?おすすめの査定サイト4社を比較

初めての不動産売却では「納得のいく価格で売れるか」という不安があるかと思います。そこで、売却の手助けとなるのが不動産一括査定サイトです。本記事は一括査定サイトを利用するメリット・デメリット、おすすめの一括査定サイトなどをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

投資・マネーコラム

上場している不動産投資会社7社の実績・評判まとめ

「どの不動産投資会社に相談するのが良いだろうか?」とお悩みの投資初心者の方は多いかと思います。数ある不動産投資会社の中で、全てを比較検討することは難しいですが、基本的には以下のようなポイントを満たす企業をお探しのケースがほとんどかと思います。

投資・マネーコラム

どこがおすすめ?初心者に人気の海外不動産投資セミナー4選

世界経済の好調を背景に海外不動産投資に興味を持つ方が増えていますが、ネットや書籍だけではリアルタイムの情報が得られないと悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回は最新の海外物件の選び方や収益性が高い運用方法などを学べる海外不動産投資セミナーを4つご紹介します。