CATEGORY FXコラム

FXコラム

4月の為替相場の傾向と今後の展開は?ファンドマネージャーによるアルケゴス問題の影響解説も

3月も2月に引き続き米金利上昇とUSD買いの展開となり、106円半ばで始まったドル円は、バイデン政権の1.9兆ドルの追加経済対策による景気回復期待とそれを受けた米長期金利の上昇によって日米金利差拡大とともに上昇し、110円を突破しました。米長期金利の上昇スピードが速かったため、FRBがけん制するかどうか市場は注目していましたが、パウエル議長は容認姿勢を取りました。

一方で、FOMCメンバーによる利上げパスを確認してみると、まだ大多数が2023年まで金利据え置きを予想しており、短期金利は低位安定となりました。FRBの緩和姿勢を確認できたことから、長期金利が上昇したにも関わらず、株は底堅く推移しました。4月も米金利上昇、米株高、ドル高の流れは続くのでしょうか。これらの流れを作り出した材料について、4月の為替相場の癖とともに解説します。

FXコラム

2021年3月の為替相場、変動の要因は?ファンドマネージャーがFRB議長講演や各国の動向を解説

2021年3月は、2月から引き続き世界的に金利が上昇しました。しかし、リスクオンのUSD売りにはならず、金利動向がメインドライバーとなり特に米金利の上昇につられる形でUSD買いが継続しました。ただし、2月と違い3月に入ると、実質金利の上昇は止まりました。この原因は、頭打ちとなっていた期待インフレが再度上昇をスタートしたからなのですが、3月に開催された、沢山の中央銀行の政策決定会合にて、世界中で2021年は一時的に高インフレになるというコンセンサスが作られた月となりました。今回は、この中央銀行の動向を時系列に並べて解説しながら金利を中心に3月の為替相場を振り返ってみたいと思います。

FXコラム

LINE FXとDMM FXどちらがおすすめ?特徴や取引ツール、スプレッド、手数料を比較

新しくFX口座を開設する場合にFX業者によって色々な特性があります。そのため口座開設にはFX会社の特徴を知って、自分に合ったFXサービスを選ぶ必要があります。この記事では「LINE FX」と「DMM FX」をピックアップしてその特徴と、それぞれのポイントを分かりやすく解説していきます。

FXコラム

コモディティの変動要因は?通貨との関係性や取引のリスク、注意点も

世の中にある代表的な資産は株、債券、不動産、商品(コモディティ)、通貨の5つです。この中で通貨だけは特徴が異なり、自国通貨や外国通貨を資産として保有するという目的以外に、他の4つの資産を取得する際に為替という形で関係してくることがあります。例えば、日本人が外国にある株・債券・不動産や、米ドル建てで取引される商品(コモディティ)を購入する場合、円からその国の通貨に交換(為替)をしなければなりません。今回は、コモディティと通貨の関連性に絞って、詳しく解説していきます。

投資信託コラム

ネット証券12社を徹底比較!手数料・取扱商品・ポイント・ツール等

自分に合ったネット証券を選ぼうとしても、比較すべきポイントが多すぎてよくわからなくなることもあるでしょう。そこで今回は、ネット証券12社の取引手数料、取扱商品、ポイントサービス、取引ツールについて徹底的に比較しました。ネット証券選びの参考にしてみてください。

FXコラム

外為オンラインのデモ取引の流れや使い方は?サービスの評判も

自動売買システム「iサイクル2取引」を利用できることや、情報発信の充実度から、外為オンラインが気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は外為オンラインのデモ取引の流れや使い方などを解説していきます。併せて、外為オンラインのリアルな評判も紹介しますので、参考にしてください。

FXコラム

GMOクリック証券「FXネオ」のデモ取引の流れと使い方は?ツールや評判も

デモ取引では損失を気にせずFXのルールや取引ツールの使い方を実践形式で学べます。GMOクリック証券が提供しているFXサービス「FXネオ」では、始めに簡単な登録作業さえすれば気軽にデモ取引を始められます。今回はGMOクリック証券でデモ取引を検討している方へ、GMOクリック証券の評判やデモ取引の流れなどを解説していきます。

FXコラム

松井証券 MATSUI FXのメリット・デメリットは?他社との手数料・スプレッドの比較も

松井証券の新しいFXサービス「松井証券MATSUI FX」が2021年2月20日より開始しました。松井証券は大正7年創業の老舗企業でありながら、業界で始めてインターネット取引を開始しました。今回は松井証券でFXを検討している方へ向け、松井証券MATSUI FXの特徴やスプレッドなどを解説します。

FXコラム

みんなのFXの評判は?デモ取引の流れやツール・使い方も解説

みんなのFXのデモ取引は、登録不要かつワンクリックで始められ、本取引と同じ取引画面でFXの練習ができます。FX初心者はまずはデモ取引でFXを学んでから、実際のお金を使う本取引に臨んでも良いでしょう。そこで今回はみんなのFXのデモ取引の流れや使い方について解説していきます。また、口コミや評判も紹介します。

FXコラム

FXで少額投資、メリットや注意点は?少額取引ができるFX会社も

FXを始めるにはある程度の資金が必要になるため、初心者の方の中には少しハードルが高く感じる人もいるかと思います。ただ、最近は少額からでもFXを始めることができる会社が増えてきています。今回は、少額でFXを始めるメリットや始め方、FXを行う上での注意点や少額取引ができるFX会社について解説します。

FXコラム

FXで初めて口座開設、会社を選ぶポイントは?初心者向けFX会社も

FXをこれから始めようと思ったとき、どの会社で口座を開設すればいいか迷うのではないでしょうか。何を基準に会社を選んだらいいのかなど、たくさんある会社の中から一つに絞るのは難しいものです。ここではFX初心者がFX口座を開設する際にチェックすべきポイントをご紹介します。

FXコラム

トライオートFXの評判は?メリット・デメリットを比較、スプレッドや注意点も

トライオートFXはインヴァスト証券が提供しているFXのサービスです。トライオートFXでは投資家自身が価格や数量を決めて売買をする「マニュアル注文」と一定の設定さえすれば自動で取引をしてくれる「自動売買セレクト」の2種類から、自分に適した取引方法を選択することができます。

FXコラム

FX、デモ取引ができる会社のおすすめは?大手FX会社6社の特徴や機能も

「実際のお金を運用する前に、FXのデモ取引を利用したい」と考えている方もいるでのではないでしょうか。デモ取引は実際のお金を使わないため、損失が出ても実際のお金を失うことはありません。さらに取引ツールを実際に利用できることや、FXの取引の仕組みをを体験できることを始め、FXをこれからはじめたい方にとって大きなメリットがあります。今回はデモ取引ができる大手FX会社6社と、各社の特徴について解説します。

FXコラム

外為オンラインの評判は?メリット・デメリットを比較、スプレッドや自動売買も

FX会社は日本でも数十社あり、それぞれ特徴やポイントがあります。それぞれ強みを持ってユーザー獲得を図っており、FX会社の特性をそれぞれ理解して利用することで自分のトレードや取引方針に合致したFX会社が見つかることでしょう。今回はFX会社の中でも老舗の「外為オンライン」について、メリット、デメリットを解説します。

FXコラム

LINE FXの評判は?メリット・デメリットや他FX会社とのスプレッドの比較も

LINEが、2020年3月よりFXサービスである「LINE FX」の提供を開始しました。LINE FXには、どんなサービスや機能があるのか、気になる方も多いと思います。そこで本記事では、LINE FXの概要やメリット・デメリット、評判、どんな方におすすめなのか、といった点を徹底解説していきます。

FXコラム

FXの自動売買(システムトレード)のメリット・デメリットは?自動売買の始め方も

自動売買ではシステムが取引を行ってくれるため、通常の取引と比べて時間を拘束されないのが利点です。しかし、自動売買には様々な種類やリスクが存在するため、適当に始めてしまうと失敗する可能性があります。そこで本記事では、自動売買の始め方やメリット・デメリットなどを詳しく紹介します。

FXコラム

アイネット証券「ループイフダン」の評判は?メリット・デメリットや注意点も

ループイフダンはアイネット証券が提供しているFXの自動売買サービスです。今回は「ループイフダンの利用を検討している」「ループイフダンって聞いたことあるけど何?」という方に向け、ループイフダンを実際に利用した投資家の評判・口コミ、またメリットやデメリット・注意点を紹介します。