FXの自動売買(システムトレード)のメリット・デメリットは?自動売買の始め方も

FXの経験をお持ちの方の中には「自動売買のメリットやデメリットは?」「自動売買ってどうやって始めるの?」と気になっている方も少なくないでしょう。

自動売買ではシステムが取引を行ってくれるため、通常の裁量取引と比べると時間を拘束されずに取引を行えるといったメリットがあります。しかし、自動売買には様々な種類やリスクが存在するため、適当に始めてしまうと失敗する可能性があります。そこで本記事では、下記の流れで自動売買の始め方やメリット・デメリットなどを詳しく紹介します。

  • 自動売買とは何か
  • 自動売買の種類
  • 自動売買のメリット・デメリット
  • 自動売買の正しいやり方や始め方

自動売買に興味がある方や裁量取引でうまくいかない方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

目次

  1. FXの自動売買とは
  2. FXの自動売買は2種類ある
    2-1.リピート系注文
    2-2.選択型自動売買
  3. FXの自動売買のメリット3つ
    3-1.拘束時間が少なく余裕を持てる
    3-2.感情がないから一定のルールで取引を行える
    3-3.有名トレーダーの自動売買アルゴリズムを利用できる
  4. FXの自動売買のデメリット3つ
    4-1.実質手数料が高い
    4-2.相場の変化を見極めなければならない
    4-3.自動売買アルゴリズムなどにより運用成績が大きく左右される
  5. FX自動売買の初心者に向いたやり方2つ
    5-1.少額から行う
    5-2.余剰資金で投資を行う
  6. 代表的なFXの自動売買サービス
    6-1.インヴァスト証券「トライオートFX」
    6-2.fxブロードネット「トラッキングトレード」
    6-3.アイネット証券「ループイフダン」
    6-4.マネースクエア「トラリピ」
  7. まとめ

1.FXの自動売買とは

自動売買とは、プログラムを用いて人の手を介さずシステムが自動で取引を行ってくれるサービスのことで、システムトレードという呼称も一般的です。システムが取引を行ってくれるため、人とは異なり感情を挟まずにルール通りの取引を行ってくれます。

例えば、裁量取引の場合、損切りしなければいけない場面でも躊躇して損切りを行えず、大きな損失を出した経験のある方も多いのではないでしょうか。FXで継続的に利益を得ていくためには、ルール通りに取引を行うことが大切です。ルールを決められなかったり、なかなか守れずに資金が増えなかったりする方は、自動売買の導入も検討してみましょう。

2.FXの自動売買は2種類ある

自動売買には、リピート系注文と選択型自動売買の2種類があります。以下で詳しく紹介します。

2-1.リピート系注文

リピート系注文は、一定のルール通りに注文を繰り返していく注文方式です。例えば、「50銭ごとに買いを入れて50銭上昇したら売り注文」と注文を出していきます。こまめに注文と決済を繰り返し行う形となります。

FXで一定の値幅間を行き来することを「レンジ相場」と呼びますが、リピート系注文であれば、レンジ相場の細かな値動きの中でも小刻みに利益を狙いに行けるため、人手で売買するよりも利益を得るチャンスを多くできる期待があります。

2-2.選択型自動売買

選択型自動売買は、システムを提供するFX会社などが用意したストラテジーを選び、そのアルゴリズムに従って自動売買を行うというものです。

リピート系注文との違いは、用意されたアルゴリズムを使うか、自分で設定した取引ルールを使うかです。FX会社によっては、有名トレーダーが作成したストラテジーを使用することもできます。つまり、選択型自動売買では選び方次第で、初心者の方でもプロと同じレベルの取引ができるともいえます。

3.FXの自動売買のメリット3つ

ここでは、自動売買のメリットを紹介します。

3-1.拘束時間が少なく余裕を持てる

自動売買は、システムが24時間自動で取引を行ってくれるため、拘束時間が少なく余裕を持った取引を行うことができます。裁量取引だと、取引スタイルにもよりますが、エントリーから決済までチャートを見続けなければいけないときもあります。ポジションを保有している間は、少なくとも精神的な負担もあるものです。

しかし自動売買なら、決められたプログラム通りに取引を行ってくれるため、その間も外出したり好きなことをしたりすることができます。

3-2.感情がないから一定のルールで取引を行える

システムが決められたルール通りに取引を行ってくれるため、感情を挟まずに一定ルールで取引を行うことができます。

裁量取引の場合は、取引技術だけではなく、メンタルコントロールも大切です。特にメンタルコントロールができていない初心者の方は、損切りができず大きな損失を出してしまうこともあります。

ルールを守りながら取引を行うということは、簡単なようで難しいものです。その点、自動売買であればメンタルコントロールが必要ないため、初心者の方でも継続的な利益を目指しやすいといえます。

3-3.有名トレーダーの自動売買アルゴリズムを利用できる

すでにFXで実績をあげている有名トレーダーが開発した自動売買アルゴリズムを選んで使うこともできるため、自動売買を使えば初心者の方でも簡単に取引をすることが可能です。

1万時間の法則という言葉があるように、FXで本格的に稼げるようになるまでには非常に長い時間がかかるといえます。10年間とはいかなくても、それくらいFXで稼ぐのは難しいことですし、最初から覚えなくてはいけないことも多くあります。

しかし自動売買であれば、初心者でもストラテジーを選ぶだけで上級者と同じ取引が行えるため、気軽に取引を始められるといえます。

4.FXの自動売買のデメリット3つ

自動売買を始める前に、注意しておけなければいけないことがあります。注意点やリスクを正しく知ったうえで、自動売買を使い始めましょう。

4-1.実質手数料が高い

ほとんどの自動売買では、スプレッドだけではなく売買手数料もかかるため、取引コストが高くなります。裁量取引の場合、スプレッドのみが実質の手数料ですが、自動売買ではスプレッドに手数料が上乗せされます。

FX会社によっては、自動売買にかかる手数料が無料なところもありますが、基本的に取引コストは裁量取引よりもかかるということを覚えておきましょう。

4-2.相場の変化を見極めなければならない

自動売買は完全放置とはいかず、相場の変化によって設定を変えたり自動売買を止めたりしなければなりません。例えば、リピート系注文は、レンジ相場に強さを発揮しますが、トレンド相場(明確な値上がり・値下がり基調にある相場)には弱いというデメリットがあります。

トレンド相場なのにレンジ相場用の設定にしてしまうと、大きな損失を出すリスクが高まります。相場環境や資金状況などは、こまめに確認しておきましょう。

4-3.自動売買アルゴリズムなどにより運用成績が大きく左右される

自動売買の種類はたくさんありますが、どのアルゴリズムを選んでも稼げるかといえばそうではありません。その時々によってアルゴリズムの向き不向きは変わりますし、中には詐欺のようなアルゴリズムが販売されていることもあります。自動売買での失敗リスクを減らすためにも、まずは大手FX会社が提供しているアルゴリズムを選んでみると良いでしょう。

5.FX自動売買の初心者に向いたやり方2つ

初心者の方が、自動売買を始めるにあたりおすすめのやり方を紹介します。

5-1.少額から行う

いきなり大きな資金で運用を行うのではなく、まずは少額から始めてみましょう。自動売買のことを詳しく知らないのに大きな資金で運用すると、大きな損失を出すリスクが高くなります。

まだFXのことをわからない初心者の方が大きな損失を出してしまうと、精神的な負担が特に大きくなってしまいます。FXが怖くなり、取引を続けられなくなってしまうかもしれません。長期的に自動売買を使って資産運用をお考えの方は、まず1万円など小額だけを投資するところから始めてみましょう。

5-2.余剰資金で投資を行う

投資の基本ですが、FXの自動売買は余剰資金で行いましょう。余剰資金とは、生活費や緊急時・非常時の備えとして必要なお金を除いたお金のことです。つまり、余っているお金のみで投資を行うということです。生活費から拠出することや、誰かからお金を借りて投資を行うことはやめておきましょう。

6.代表的なFXの自動売買サービス

FXの自動売買には様々なツールがありますが、以下では代表的なものを3つご紹介します。

6-1.インヴァスト証券「トライオートFX」

インヴァスト証券「トライオートFX」インヴァスト証券が提供する自動売買「トライオートFX」は、選択型自動売買を採用しています。独自ツールも豊富にあり、中でも「認定ビルダーサービス」は、自動売買の知見の深い有名トレーダーや、トライオートFXで実績のある投資家の方たちが作成したオリジナルのストラテジーを利用することもできます。有名なトレーダーが開発したアルゴリズムを使いたいという方は、トライオートFXを検討されてみるのも良いでしょう。

注意点としては、自動売買注文に手数料がかかることや、初期の設定が難しいとの声もありますので、少額投資で感覚をつかんでから本格的な利用を検討してみると良いでしょう。

6-2.fxブロードネット「トラッキングトレード」

fxブロードネットの自動売買ツール「トラッキングトレード」fxブロードネットが提供する自動売買「トラッキングトレード」は、リピート系注文を採用しており、レンジの中で売買を繰り返すことでこつこつと利益を狙うツールです。他サービスと比べて特徴的な点としては自動損切り機能があることと、トレンド相場でも価格追尾(トラッキング)を行って売買を繰り返していくという点です。

注文の仕組みや利益を出すロジックがわかりやすく、FX初心者からFX自動売買に精通した方まで利用者が増えているサービスです。なお、売買方向と反対トレンドになると含み損が増加することや、スプレッドに加えて取引手数料がかかる点には注意をしましょう。

6-3.アイネット証券「ループイフダン」

アイネット証券の自動売買ツール「ループイフダン」アイネット証券の「ループイフダン」は、「買いタイプ」「売りタイプ」、「損切りあり」「損切りなし」をそれぞれ組み合わせて選択することができ、レンジ相場・トレンド相場の両方で自動売買を繰り返すことができます。口座数は9万超(2020年1月時点)、平均預かり資産は約190万円(2020年1月時点)と多くのアクティブユーザーがいます。

1000通貨で始められる点や選ぶだけの簡単設定で始めることができる点、中長期投資になりがちな自動売買でスワップポイントが高いといった点はメリットですが、一方で含み損の発生は避けられない点や、ロスカットにならないように運用資金にあわせて値幅を選択することなどに注意をして検討をしましょう。

6-4.マネースクエア「トラリピ」

マネースクエアの自動売買ツール「トラリピ」マネースクエアが提供する自動売買「トラリピ」は、リピート系注文を採用したサービスです。トラリピには、「トラップリピートイフダン」という特許取得の取引注文方法があり、レンジ相場の特性に併せた取引を行ってくれます。また、「ハーフ&ハーフ」や「決済トレール」など、トラリピ独自のサービスも豊富です。

スマホ用のアプリも充実しており、いつでもどこでも取引を確認することもできます。無料セミナーも実施しているため、自動売買初心者の方は参加して学んでみるのも良いでしょう。

注意点として、自動売買手数料はかからないもののスプレッドが広めな点や、トレンド相場では利益を出しにくい(損失が出やすい)点などがあります。

7.まとめ

FXの自動売買は、一度設定を行えばそのルールに基づいてシステムが自動で取引を行ってくれる便利なツールです。うまく活用すれば、自身の取引のレベルに関わらず、上級者と同じような取引を行うこともできます。

自動売買のメリット

  • 拘束時間が少なく余裕を持てる
  • 感情を挟まず一定のルールで取引を行える
  • 初心者でも取引しやすくなる

自動売買のデメリット

  • 実質手数料が高い
  • 相場の変化を見極めなければならない
  • 自動売買アルゴリズムなどにより運用成績が大きく左右される

初心者の方は、自動売買のメリット・デメリットを押さえた上で利用を検討してみてください。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 FXチーム

HEDGE GUIDE 編集部 FXチーム

HEDGE GUIDE 編集部 FXチームは、FXに関する知識が豊富なメンバーがFXの基礎知識から取引のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」