TAG FX

FXコラム

先進国金融政策はどうなる?円安動向や各通貨の売買戦略も解説【2024年6月】

2024年6月現在、先進国各国の金融政策に乖離が生まれ始めています。2023年あたりまではコロナショック後の緩和による悪いインフレが進行したことによって、日本以外の先進国各国は利上げ方向に舵を切りました。しかしインフレ鈍化の兆しが生まれる中で、利下げを行うタイミングに違いが見え始めています。本稿では、プロトレーダーの筆者が、先進国各国の金融政策や、買う通貨と売る通貨について解説します。是非参考にしてみてください。

FXコラム

日銀政策決定会合でドル円はどうなる?株式市場やユーロ円も解説【2024年6月】

2024年6月現在、日銀政策決定会合が発表されました。先進国の中でも唯一タカ派に転じるのではないかと注目されていたものの、結果としてはハト派の印象を与え、円売りが加速しました。本稿では、プロトレーダーの筆者が、日銀政策決定会合やドル円相場について解説します。株式市場やユーロ円にもついても説明するので、是非参考にしてみてください。

FXコラム

GMOクリック証券「FXネオ」、デモ取引の特徴は?デモ取引のやり方や口座開設の流れも

GMOクリック証券が提供している「FXネオ」は、多くの方に利用されているFXサービスです。「FXネオ」での口座開設を検討している方もいるのではないでしょうか。今回はGMOクリック証券「FXネオ」の「口座開設前にデモ取引をしたい」という方に向け、GMOクリック証券のデモ取引について紹介します。また、口座開設の流れを解説します。

FXコラム

FXの自動売買(システムトレード)のメリット・デメリットは?自動売買の始め方も

自動売買ではシステムが取引を行ってくれるため、通常の取引と比べて時間を拘束されないのが利点です。しかし、自動売買には様々な種類やリスクが存在するため、適当に始めてしまうと失敗する可能性があります。そこで本記事では、自動売買の始め方やメリット・デメリットなどを詳しく紹介します。

FXコラム

松井証券のFX、向いているトレーダーは?メリット・デメリットも

FXを始めとする資産運用は、証券会社に資金を預託する必要があることから、企業としての信頼性も大変重要なポイントになってきます。今回解説する松井証券のFX(松井証券 MATSUI FX)は1918年に創業しており、長年の経験からサービスを提供しています。

本記事では、取引条件やスペックを詳しく掘り下げ「松井証券に向いている・向いていないトレーダー」という観点からどのようなユーザーににマッチしているかどうかを説明します。現在FX口座の開設を検討している方は参考にしてください。

FXコラム

OANDAのメリット・デメリットは?デモ口座についても

OANDAグループは、世界9ヵ国に拠点を構え、金融サービスを展開しています。同グループの日本法人であるOANDA証券株式会社は、人気取引ツールである「MT4」、「MT5」、「TradingView」を利用することができるほか、FXは1通貨単位で取引できる点が特徴です。本稿では、OANDA(OANDA証券株式会社)のメリット・デメリットを解説するほか、評判・口コミなどについても紹介していきます。

FXコラム

初心者が米国債金利に投資するメリットは?トレードしやすい証券会社も

投資をしている方は、「米国債金利」という言葉を耳にすることがあるのではないでしょうか。国債は各国で発行されていますが、アメリカの国債金利の高さから取引されることが多くあります。この記事では、米国債金利トレード未経験の方に向けて解説します。また、米国債金利トレードができる証券会社のひとつである、IG証券についても紹介します。

FXコラム

CPIとFOMCを受けてドル円はどうなる?利下げ見通しや注目通貨ペアも解説【2024年6月】

2024年6月現在、アメリカではCPIとFOMCが発表されました。重要指標と中央銀行の政策金利の発表が重なることは珍しく、市場では乱高下が予想されていました。本稿では、プロトレーダーの筆者が、CPIとFOMCを受けた市場の動向を分析し、今後のトレード戦略について解説します。金利やドルインデックス、株価指数の動きから、FRBのスタンスや市場参加者の利下げ予測に焦点を当てて説明するので、是非参考にしてみてください。

FXコラム

IG証券でトレード、CFDや空売りのやり方は?レバレッジの設定方法も

豊富な商品ラインナップや提供サービスに魅力を感じ、IG証券で取引を検討している方も多いでしょう。一方、ほかの証券会社・FX会社と比べて馴染みが薄いと感じる方もいるかもしれません。そこで今回は実際に筆者がIG証券でトレードしてみました。実際のトレード画面でCFDや空売りのやり方を解説しています。レバレッジの設定方法も併せて説明しますので、ぜひ参考にしてください。

FXコラム

初心者におすすめのFX会社は?操作画面がシンプルな会社5選

FX初心者がハードルに感じるものの一つに「取引ツールの操作方法」があります。操作画面が複雑な場合、何を押せば良いのか分からなくなり、面食らってしまうことでしょう。そこで今回は初心者におすすめの、取引ツールの操作画面がシンプルなFX会社を5社紹介します。いずれも初心者であってもすぐに慣れることができる取引ツールを提供しています。是非参考にしてください。

FXコラム

外為どっとコムの評判は?キャンペーンやアプリについても

外為どっとコムはFXの初心者から中上級者まで多くの投資家が利用しているFX会社です。取引コストの安さや投資情報の豊富さなどが評判となっているため、検討している方もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では外為どっとコムの評判、メリット・デメリット、キャンペーン情報、利用できるアプリについて詳しくご紹介します。FXを始めたい方、外為どっとコムに関心のある方は参考にしてみてください。

FXコラム

外為オンライン自動売買はいくらから?やり方や必要資金をトレーダーが解説

FX取引を効率的に運用するために、知って起きたのが自動売買の活用です。市場に流通しているソフトは粗悪なプログラムが施されているケースもあり、ハードルが高く感じる初心者もいるでしょう。そこで本記事では、国内の主要FX会社である外為オンラインが提供する「iサイクル2」を解説します。

FXコラム

LINE FXの評判は?メリット・デメリットや他FX会社とのスプレッドの比較も

LINEが、2020年3月よりFXサービスである「LINE FX」の提供を開始しました。LINE FXには、どんなサービスや機能があるのか、気になる方も多いと思います。そこで本記事では、LINE FXの概要やメリット・デメリット、評判、どんな方におすすめなのか、といった点を徹底解説していきます。

FXコラム

FX自動売買でおすすめの取引会社は?大手5社を比較、取引ツールやスプレッドも

FXの自動売買取引に興味はあるけれど、どのFX会社で取引したら良いのか迷っている方もいるのではないでしょうか。FX会社によって特徴が異なるため、しっかり比較・検討することが大切です。そこで今回は、FXの自動売買取引ができる大手FX会社5社のメリット・デメリットを解説します。

FXコラム

トライオートFXの評判は?メリット・デメリットや最低金額も解説

トライオートFXは、インヴァスト証券株式会社が提供しているFXサービスです。自分自身で発注を行う裁量取引だけでなく、システムが自動で売買をしてくれる自動売買も行うことができます。今回はそんなトライオートFXの気になる評判やメリット・デメリット、取引ができる最低金額を解説します。

FXコラム

松井証券のFXの評判は?スプレッドやキャンペーンも解説

松井証券FX」は、2021年2月に、「初めての方でも少額から簡単に始められるあんしんFX」をブランドコンセプトにリニューアルしました。100円あればFXを始められるほか、レバレッジ率を選び、リスクを抑えてトレードをすることも可能です。今回はそんな松井証券FXの気になる評判について紹介します。スプレッドやキャンペーンも併せて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

FXコラム

楽天FXの評判は?メリット・デメリット、スプレッドやレバレッジについても

楽天FXは楽天グループの楽天証券株式会社(以下、楽天証券)が提供しているFXのサービスです。楽天市場や楽天カードなど、身近なサービスを展開している楽天グループのFXサービスということで、楽天FXに興味を持っている方も多いのではないでしょうか。今回は楽天FXのメリットやデメリット、実際に楽天FXを利用している投資家の評判など、口座開設前に知っておきたい情報をまとめてみました。

FXコラム

松井証券のFXの手数料は?レバレッジや取引ツールの使い方もトレーダーが解説

松井証券は創業1918年と戦前に創業された老舗の証券会社です。また、2001年からFXサービスが始まり、日本のFX会社の中でも歴史が長い会社です。2021年2月に、以前のサービスからリニューアルされ、トレーダーにとっても使い勝手の良いサービスを提供しています。今回は老舗の総合証券会社である松井証券が提供するFXサービス「MATSUI FX」をご紹介します。