LINE FXの評判は?メリット・デメリットや他社スプレッドとの比較も

コミュニケーションアプリとして人気を誇るLINEが、2020年3月よりFXサービスである「LINE FX」の提供を開始しました。LINE FXにはどんなサービスや機能があるのか、気になる方も多いと思います。そこで本記事では、LINE FXの概要やメリット・デメリット、評判・口コミなどを徹底解説していきます。

LINE FXに興味がある方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

目次

  1. LINE FXとは
  2. LINE FXのメリット5つ
    2-1.FXの重要な情報をLINEで通知してくれる
    2-2.取引単位は1000通貨、通貨ペア数23、スプレッドも狭い
    2-3.直観的に分かりやすい高機能チャートで取引ができる
    2-4.大手企業同士のタッグで経営基盤やセキュリティに強み
    2-5.最短3分間で口座申し込みができる
  3. LINE FX のデメリット
    3-1.デモトレードがない
  4. 3-2.業歴が浅く、機能面で課題も

  5. LINE FXの評判
  6. LINE FXに向いている投資家は?
  7. まとめ

1.LINE FXとは

LINE証券株式会社のFXサービスである「LINE FX」。LINE証券株式会社は、野村證券の親会社である野村ホールディングスとLINEの子会社であるLINE Financialが共同開発したFXサービスです。

以下では、LINE FXのメリット・デメリットや実際に利用している方の評判などを詳しく紹介します。

2.LINE FX のメリット5つ

まずは、LINE FXのメリットについて詳しく見ていきましょう。

2-1.FXの重要な情報をLINEで通知してくれる

為替レートの変動や経済指標などといったFXの取引に必要な情報を、タイムリーにLINEで通知してくれるため、情報を気軽に受け取ることができます。

通常であれば、FXの情報はサイトや専用アプリなどで確認する形になります。そのため、情報を取得する際には、サイトを開いたり必要な情報を探したりと手間がかかるのも事実です。しかし、LINEで通知が来れば、普段LINEをするような感覚で情報を取得できるため、日常的にLINEを使う方であればストレスなく欲しい情報をピンポイントで取得することができます。

さらに、LINEのメッセージ内のリンクから直接LINE FXアプリの取引画面に移行できるため、即座に取引することも可能です。LINE FXであればLINE上で最新の情報を即座に入手し、すぐに取引をすることができる点が便利だといえます。

2-2.取引単位は1000通貨、通貨ペア数23、スプレッドも狭い

「LINE FX」では、1000通貨の少額から、FX業界でも狭いスプレッドで取引を行うことができます。スプレッドは、FXにおける実質手数料であり、狭ければ狭いほど取引コストが少なく、リターンを得やすくなります。

以下で、代表的な国内FX会社のスプレッドと「LINE FX」のスプレッドを比較していきます。

FX会社名 米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円 ポンド/円
LINE FX(※1) 0.2銭 0.4pips 0.5銭 1.0銭
GMOクリック証券 0.2銭 0.4pips 0.5銭 1.0銭
DMM.com証券 0.2銭 0.4pips 0.5銭 1.0銭
外為どっとコム 0.2銭 0.4pips 0.5銭 1.0銭
外為オンライン 1銭 1pips 2銭 4銭

※1 スプレッドは原則固定(例外あり)
(2020年12月21日時点)
出典:
LINE FX(https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3125
GMOクリック証券(https://www.click-sec.com/corp/guide/fxneo/commission_list/
DMM.com証券(https://fx.dmm.com/fx/service/spread/
外為どっとコム(https://www.gaitame.com/renew/spread.html
外為オンライン(https://www.gaitameonline.com/dealings.jsp

上記の表を見る限り、国内の代表的なFX会社と比べても、同水準の安価なスプレッドを提供していることが分かります。

また、通貨ペア数は下記23となっています。2020年12月21日現在、GMOクリック証券が20通貨ペア外為どっとコムが30通貨ペアのため、FX会社の中でも比較的多い通貨ペア数と言えるでしょう。

LINE FXで取引可能な通貨ペアの一覧

  • USD/JPY(米ドル/円)
  • EUR/JPY(ユーロ/円)
  • GBP/JPY(ポンド/円)
  • AUD/JPY(豪ドル/円)
  • NZD/JPY(NZドル/円)
  • CAD/JPY(カナダドル/円)
  • CHF/JPY(スイスフラン/円)
  • ZAR/JPY(南アフリカランド/円)
  • MXN/JPY(メキシコペソ/円)
  • TRY/JPY(トルコリラ/円)
  • EUR/USD(ユーロ/米ドル)
  • GBP/USD(ポンド/米ドル)
  • AUD/USD(豪ドル/米ドル)
  • NZD/USD(NZドル/米ドル)
  • EUR/GBP(ユーロ/ポンド)
  • EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)
  • GBP/AUD(ポンド/豪ドル)
  • EUR/NZD(ユーロ/NZドル)
  • GBP/NZD(ポンド/NZドル)
  • AUD/NZD(豪ドル/NZドル)
  • USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
  • EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン)
  • GBP/CHF(ポンド/スイスフラン)

2-3.直観的に分かりやすい高機能チャートで取引ができる

LINE FXはスマホ取引専用ですが、パソコンと同等クラスの高機能チャートを使い取引を行うことができます。移動平均線やボリンジャーバンドなど、計11種類のテクニカル指標を利用することが可能です。パラメーター設定も変更できるため、自分好みの設定で取引を行えます。

また、リアルタイムのチャートを確認しながらワンタップで注文をすることができるため、スピーディーな取引も可能です。さらに、1画面で4チャート表示や描画ツールなども豊富にあるため、スマホからでも高いレベルで取引を行うことができます。

また、クイック注文メニューでは、チャートを表示しながら注文することが可能となっています。

LINE FXのクイック注文のイメージ

LINE FXのクイック注文

2-4.大手企業同士のタッグで経営基盤やセキュリティに強み

LINE FXは、証券業界でも有数の大手である野村ホールディングスが関わっているため、経営面やセキュリティ面においても強みがあります。

100%倒産しない会社はありませんが、少なくともGMOクリック証券や外為どっとコムなどの大手FX会社と比べても、体制面では見劣りしないと言えるでしょう。

2-5.最短3分間で口座申し込みができる

LINE FXでは、最短3分間で口座申し込みを行うことができます。申し込みを行う際には、以下の書類を用意する必要があります。

  • 運転免許証
  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバー個人番号カード

また、すでにLINE証券の口座をお持ちの方は、書類の提出は無しで口座開設申し込みをすることが可能です。口座開設と聞くと面倒なイメージをお持ちの方も多いと思いますが、LINE FXであれば最短3分という短さで口座申し込みを完了することができます。

3.LINE FXのデメリット

LINE FXの口座開設をする前に、デメリットも抑えておきましょう。

3-1.デモトレードがない

LINE FXでは、デモトレードのサービスを提供していないため、事前に注文や決済などを体験することができません。

FX会社が提供するデモトレードは、提供するFX会社の本番環境を使いバーチャル取引を行えるため、事前にシステムを体験することができます。事前に体験しておけば、注文ミスで無駄な損失を出すリスクを防ぐことが可能です。

LINE FXでは事前にシステムを体験することができないので、FX初心者の方は発注ミスや操作ミスなどには十分に注意して取引を進めると良いでしょう。

3-2.業歴が浅く、機能面で課題も

LINE FXは、まだリリースされてから日が浅いサービスです。2020年12月現在、LINE Payで入金⋅出金ができない(※LINE証券は可能)、LINE FX⇔LINE証券の口座間で資金振替ができない、トレール注文が利用できない、取引履歴がダウンロードできないなど、機能面で不足に感じる方もいるでしょう。

4.LINE FXの評判

では実際に、LINE FXを利用しているユーザーの評判を見ていきましょう。

  • 相場に関するLINE通知が便利、UIも使いやすい
  • LINE FXは口座開設までが早い。LINE Payも使える
  • 他社のスプレッドが開いたときもLINE FXは原則固定で0.2銭(※)だった

※例外あり。詳細や最新情報などについてはLINE FXのウェブサイトでご確認ください。

5.LINE FXに向いている投資家は?

LINE FXのメリットやデメリット、評判などを紹介してきました。これらを踏まえて、LINE FXは以下のような方に向いているといえます。

  • 低スプレッドで取引を行いたい方
  • スマホでFXの取引を行いたい方
  • 大手企業が運営するサービスを使いたい方
  • 口座開設などで面倒な手続きを避けたい方
  • 普段からLINEをよく利用している方

LINE証券は、スマホ投資サービスとも位置付けられているため、いつでもどこでも取引がしたいという方にはメリットのあるFXサービスです。仕事で忙しい働く世代の方でも、利用しやすいサービスといえます。

まとめ

LINE FXは、スマホからでも高いレベルで取引を行うことができます。スプレッドも業界最狭水準で、大手FX会社と比べても変わりはありません。普段からLINEを利用している多くの方には馴染みやすいため、FX未経験の方でも始めやすいサービスといえるでしょう。

LINE FXに興味のある方は、メリット・デメリットを踏まえた上で利用の検討を進めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 FXチーム

HEDGE GUIDE 編集部 FXチーム

HEDGE GUIDE 編集部 FXチームは、FXに関する知識が豊富なメンバーがFXの基礎知識から取引のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」