TポイントでFXができる「ネオモバFX」メリット・デメリットは?スプレッドや始め方も

スマホ1つで簡単に投資ができるサービス「ネオモバ」は、初心者でも手軽に投資が始められると話題になっています。そして先日、TポイントでもFX投資ができる「ネオモバFX」というサービスの提供が新たに開始されました。

今回は、ネオモバFXのメリットやデメリット、スプレッドや始め方などについて解説していきます。

目次

  1. ネオモバFXとは
  2. ネオモバFXのメリット
    2-1.Tポイントを使ってFX取引ができる
    2-2.1通貨単位の少額から取引が可能
    2-3.500通貨まで米ドル/円のスプレッドが0円
    2-4.FX初心者と経験者それぞれに取引ツールが用意されている
  3. ネオモバFXのデメリット
    3-1.サービス利用料がかかる
    3-2.サービス利用料の支払いにクレジットカードが必要
  4. ネオモバFXの始め方
  5. まとめ

1.ネオモバFXとは

サービス名 ネオモバFX
URL https://www.sbineomobile.co.jp/
運営会社名 株式会社SBIネオモバイル証券
本社所在地 東京都港区六本木1-6-1
設立 2018年
代表取締役 代表取締役会長 髙村 正人
代表取締役社長 小川 裕之
資本金 /
資本準備金
35億円
主な株主 SBI証券、CCCマーケティング
上場有無 非上場
サービス開始年月 2020年4月
ポイントの換金率 1ポイント=1円
ポイント利用単位 1ポイント以上、1ポイント単位
運用手数料 【スプレッド】
0~5.1(取引通貨数・通貨ペアにより異なる)
【サービス利用料(税込)】
月間の株式取引約定代金合計額:サービス利用料(税込)
0 円~50 万円以下:220円
50 万円超~300万円以下:1,100円
300 万円超~500 万円以下:3,300円
500 万円超~1,000 万円以下:5,500円
以下、100万円ごとに1,100円が加算(上限なし)
最低投資金額 1通貨~
入金方法 クレジットカード引き落とし
通貨ペア USD/JPY、EUR/JPYなど26通貨ペア

「ネオモバFX」とは、SBIネオモバイル証券が2020年4月27日よりサービス提供を開始したFXトレードサービスのことです。

SBIネオモバイル証券は、SBI証券とCCCマーケティングの共同出資により誕生した証券会社で、投資初心者の方や少額投資向けの資産運用サービス「ネオモバ」の運営を手掛けています。

2.ネオモバFXのメリット

ネオモバFXには、以下に挙げる4つの特長があります。

  1. Tポイントを使ってFX取引ができる
  2. 1通貨単位の少額から取引が可能
  3. 500通貨まで米ドル/円のスプレッドが0円
  4. 取引ツールが充実している

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

2-1.Tポイントを使ってFX取引ができる

ネオモバFXのメリットの1つであり、最大の特徴となっているのが、Tポイントを使ってFX取引ができるということです。

Tポイントというのは、カルチュア・コンビニエンス・クラブが運営しているポイントサービスで、全国にあるTポイント提携先店舗やインターネットの提携先などで、利用した金額に応じて貯めたり、使ったりすることができる共通ポイントサービスとなっています。

ネオモバでは、国内株式取引でTポイントを使用できることが話題となっていましたが、今回新しく提供が開始されたネオモバFXでもTポイントを利用することが可能です。

Tポイントは現金に振り替えられることで、証拠金の一部もしくは全部として扱われることになります。多くの方にとって馴染みのあるTポイントでFX投資が始められるという手軽さが、ネオモバFXの売りの1つとなっています。

2-2.1通貨単位の少額から取引が可能

ネオモバFXでは、1通貨単位の少額から取引ができるというメリットがあります。

一般的なFX会社では、1万通貨もしくは1,000通貨が最低取引単位となっています。そのため、仮に米ドルと日本円の取引の場合、最低でも4,000円から4万円程度の証拠金を準備する必要があります。

しかし、ネオモバFXでは1通貨から取引することができ、その場合の必要な証拠金は「5円」(米ドル/円レートが110円の場合)となります。このように、証拠金を準備するためのハードルがかなり下げられているため、初めてFX投資をする方でも、取引がしやすくなっているといえます。

2-3.500通貨まで米ドル/円のスプレッドが0円

米ドルと日本円のトレードを行う場合、500通貨取引まではスプレッドが0円に設定されているのもメリットといえます。

スプレッドというのは、FX取引を行う際に掛かる実質的な手数料のことです。具体的には、通貨の買値と売値の差のことで、この差が小さいほどFXトレードに掛かるコストを抑えることができます。

そのため、ネオモバFXで少額取引を行う場合、他のFXのサービスと比べると取引コストを最小限に抑えながらFX取引を行うことが可能です。

2-4.FX初心者と経験者それぞれに取引ツールが用意されている

ネオモバFXでは、取引ツールが充実しているというのもメリットです。ネオモバFXでは、「ネオモード」と「プロモード」の2つの取引ツールを用意しています。「ネオモード」はFX初心者向けに開発されており、操作や情報を必要最小限にしたシンプルな設計となっています。Tポイント取引はこのネオモードで可能です。

一方、「プロモード」は、FXトレードの経験が豊富な投資家向けのツールとなっており、さまざまな注文方法を選択できたり、充実した投資情報を閲覧したりすることが可能です。

3.ネオモバFXのデメリット

サービスが提供されて間もないネオモバFXですが、現状2つのデメリットがあると考えられます。

具体的には以下の2つです。

  1. サービス利用料が掛かる
  2. サービス利用料の支払いにクレジットカードが必要

それぞれ詳しく見ていきましょう。

3-1.サービス利用料が掛かる

ネオモバFXのデメリットの1つが、月々のサービス利用料が掛かるという点です。

ネオモバFXではトレードにおいて500通貨以下の取引であれば手数料はかからないシステムとなっています。ただし、取引の有無に関わらず月額220円~(税込)のサービス利用料を支払わなければなりません。

取引を頻繁に行う場合は気にならないかもしれませんが、気が向いた時だけFXトレードをやりたいというライトユーザーにとっては、ネックになる可能性があるでしょう。

3-2.サービス利用料の支払いにクレジットカードが必要

ネオモバFXでの月々のサービス利用料の支払い方法がクレジットカードのみというのもデメリットといえます。クレジットカードを持っていない方や作ることができない方は、基本的にサービスを利用することができません。

ちなみに、公式ホームページによれば「デビットカードやチャージ式プリペイドカードは会社により登録できない」 と記載されているため、登録できる可能性はゼロではありません。

ただし、登録できるカードについての案内は行っていないということなので、上記カードを使いたい場合は、実際に登録してエラーが出るかどうかで確かめてみる必要があります。

4.ネオモバFXの始め方

それでは、ネオモバFXを実際に始める手順を紹介します。

ネオモバFXを始める場合は、ネオモバ総合口座を開設し、そのあと別途ネオモバFX口座を開設する必要があります。

ネオモバ総合口座開設の基本的な流れは以下の通りです。

  1. ネオモバのウェブサイトから[口座開設はこちら]を選択
  2. 氏名などの基本情報を入力
  3. 本人確認書類のアップロード
  4. 審査完了後に取引パスワードを受取
  5. マイページにログインして完了

次に、ネオモバFX口座開設から取引開始までの流れは以下の通りです。

  1. マイページにログイン
  2. マイページからFX口座開設の申し込み
  3. 開設完了後、ネオモバFXアプリのダウンロード
  4. 総合口座からFX口座に資金の振替
  5. 取引開始

総合口座、FX口座ともに、開設申し込み時に審査があり、通過できなければ口座を開設することはできません。

また、登録するためにはマイナンバーカードやマイナンバーを確認できる書類が必要になるので、事前に準備しておきましょう。

5.まとめ

今回はネオモバFXのメリット・デメリット、始め方などを解説しました。

Tポイントの使用や少額投資など、ほかにはないサービスが魅力のネオモバFXなら、気軽にFXトレードを体感することができます。FXを始めてみたいという方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
山本 将弘

山本 将弘

フリーランスWebライター。マーケティング、金融、就職・転職、スポーツ、インテリア、ペットなど、幅広いジャンルの記事を執筆。それぞれテーマに対して、できるだけわかりやすく解説することをモットーとしている。将来に備えとリスクヘッジのために、株式・不動産など「投資」に関する知識と情報の収集に奮闘中。