LIGHT FXの評判は?メリット・デメリット、スプレッドやスワップポイントも

FXを始めてみたい方のなかには、どの会社で口座開設をするか迷われている方も多いのではないでしょうか。

今回はトレイダーズ証券が提供する「LIGHT FX」について、メリット、デメリットなどを解説します。

目次

  1. LIGHT FXの概要は?
  2. LIGHT FXのメリットは?
    2-1.業界最狭水準のスプレッド
    2-2.高水準のスワップポイント
    2-3.高機能の取引ツールを提供
    2-4.インターネットバンキングの利用で振込手数料無料
    2-5.口座開設キャンペーンで最大50,000円キャッシュバック
  3. LIGHT FXのデメリットは?
    3-1.裁量トレードのみ対応
    3-2.デモトレードができない
    3-3.メンテナンスが毎日ある
  4. LIGHT FXの評判・口コミは?
  5. まとめ

1.LIGHT FXの概要は?

LIGHT FX(ライトFX)とは、トレイダーズ証券が提供するFXのサービスです。最低取引単位は1,000通貨から、最低証拠金は米ドル/円であれば約4,400円(1米ドル=110円での計算)となり、まずは小さな金額からFXを始めてみたい方にとってメリットがあります。

なお、トレイダーズ証券はトレイダーズホールディングス株式会社の完全子会社です。個人投資家向けのオンラインFXのサービスを中核とした証券会社でLIGHT FXの他にも「みんなのFX」というサービスを提供しています。日本で初めてオンラインFXのサービスを提供した実績があります。

参照記事:みんなのFXの評判は?デモ取引の流れやツール・使い方も解説

2.LIGHT FXのメリット

続いて、LIGHT FXのメリットについて、詳しく見ていきます。

  1. 業界最狭水準のスプレッド
  2. 高水準のスワップポイント
  3. 高機能の取引ツールを提供
  4. インターネットバンキングの利用で振込手数料無料
  5. 口座開設キャンペーンで最大50,000円キャッシュバック

それぞれ詳しく解説します。

2-1.業界最狭水準のスプレッド

LIGHT FXは、業界最狭水準のスプレッドです。スプレッドとは「売り」と「買い」の価格差のことであり、投資家にとっては取引コストのようなものです。LIGHT FXでは米ドル/円のスプレッドが0.2銭(2021年5月現在)ほどであり、狭いことが特徴です。その他主要通貨ペアのスプレッドは以下の通りです。

ドル/円 0.2銭
ユーロ/円 0.4銭
ユーロ/円 0.9銭
豪ドル/円 0.6銭
NZドル/円 1.0銭

※スプレッド原則固定

短期間で何度も売買するケースでは、スプレッドが狭い会社を利用することで取引コストを抑えることができます。

2-2.高水準のスワップポイント

高金利通貨を買った場合に付与されるスワップポイントが高いこともメリットです。スワップポイントとは、通貨間の金利差分のことを指します。FXでは低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買って1日保有すると1日分の金利差分の金額を受け取ることができます。

LIGHT FXではメキシコペソ/円(MXN/JPY)、トルコリラ/円(TRY/JPY)、南アフリカランド/円(ZAR/JPY)など、高金利通貨のスワップポイント(※)を以下のとおり高水準で提供しています。

メキシコペソ/円 100,000通貨あたり71円
トルコリラ/円 10,000通貨あたり35円
南アフリカランド/円 100,000通貨あたり131円

(※)2021年4月23日時点

2-3.高機能の取引ツールを提供

PC・モバイル用にそれぞれ取引ツールを提供しています。PC向けは高解像度画面に対応した「アドバンスドトレーダー」、使いやすさを重視した「シンプルトレーダー」の2種類から選ぶことができます。

高機能を求めるのであればアドバンストレーダー、使いやすさを重視するのであればシンプルトレーダーとなります。

また、スマホアプリは見やすいレイアウトと、直感的に取引しやすい画面となっています。ワンタップで注文することができ、チャートを表示しながら注文することも可能です。

2-4.インターネットバンキングの利用で振込手数料無料

LIGHT FXでは提携金融機関のインターネットバンキングを利用してほぼリアルタイムで入金することができ、しかも振込手数料は無料です。

FXは価格変動に応じて、資金が必要になる場合がありますが、インターネットバンキングを利用することでスムーズな入金が可能です。取引したいタイミングで資金の補充ができます。

2-5.口座開設キャンペーンで最大50,000円キャッシュバック

LIGHT FXでは、口座開設のキャンペーンを随時行っています。たとえば、LIGHT FXは2021年4月1日~6月30日までの期間限定で50,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。キャンペーンの内容は以下の通りです。

FX口座開設期間 2021年4月1日(木)~2021年6月30日(水)
取引対象期間 FX口座開設月の翌月末まで
対象者 auカブコム FXにて新規口座開設し、下記条件を達成したユーザー
内容 FX口座開設期間中に「LIGHT FX」口座を新規開設し、取引対象期間に取引したユーザーへ最大50,000円キャッシュバック
キャンペーン適用条件 期間中に「LIGHT FX」に新規口座開設し、新規口座申込月の翌々月末の、最終営業日マーケットクローズまでに30Lot以上の取引完了

3.LIGHT FXのデメリット

つづいて、LIGHT FXのデメリットについても見ていきましょう。

  1. 裁量トレードのみ対応
  2. デモトレードができない
  3. メンテナンスが毎日ある

それぞれ詳しく解説します。

3-1.裁量トレードのみ対応

裁量トレードのみ対応であり、自動売買取引(システムトレード)はできません。そのため、自分で売買をせずにシステムトレードで自動売買をしたいという場合には、自動売買に対応している別のFX会社を使う必要があります。

3-2.デモトレードができない

LIGHT FXではデモトレードがありません。初めてFXをする場合、実際の資金を使わずに売買を体験できるデモトレードで練習することができますが、LIGHT FXでは最初からリアルトレードになるため、デモトレードを試したい方にとってデメリットになります。

しかし、LIGHT FXは1,000通貨から売買可能なため、まず少額から試すという方法を取ることもできます。

3-3.メンテナンスが毎日ある

LIGHT FXは毎日メンテナンスの時間があります。月曜の6:00~6:25、他の曜日は6:50~7:10(夏時間だと5:50~6:10)は取引不可であり、レートの配信もありません。

24時間取引できる会社もあるなか、LIGHT FXにはメンテナンス時間があるため、取引チャンスを逃してしまう可能性があります。

4.LIGHT FXの評判・口コミは?

ここから実際にLIGHT FXを利用しているユーザーの声を紹介します。

  • 取引画面がボード、チャート、注文など大きく表示されており初心者でも使いやすい
  • スワップポイントが高水準でスプレッドが狭い
  • 1,000通貨から取引可能なので、少ない資金で取引を始められる
  • スプレッドが狭いので一日の取引回数が多い人向き
  • 市場取引時間にメンテナンスがあり取引できない

※上記はすべて個人の感想です。ご自身でもよくお調べの上、ご利用をご判断下さい。

スワップポイント・スプレッドについてはおおむね好評であるものの、メンテナンス時間について改善を求める声がありました。

5.まとめ

今回は、LIGHT FXについてご紹介しました。LIGHT FXの主な特徴は以下の通りです。

  • 1,000通貨から取引が可能
  • 業界最狭水準のスプレッドのため、取引回数が多くても手数料を低く抑えられる
  • 高金利通貨のスワップポイントを高水準で提供

LIGHT FXは業界最強水準のスプレッドやスワップポイント、高機能な取引ツールの提供などユーザーの利便性が高い充実したサービスを提供しています。少額でFXを始めたい方や、売買の回数を増やしたい方、またスワップポイントを利用して金利を受け取りたい方にとってメリットがあります。

FXの口座開設をどの会社にするか迷っている方やLIGHT FXでの口座開設を検討されている方は、この記事を参考に利用の検討を進めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
ふぁふぁ
大手保険会社を経て、2020年からライターとして活動。FXで投資をスタートし、現在は仮想通貨・投資信託・米国株・つみたてNISA・idecoなどを幅広く運用中。自身の投資経験をふまえつつ、メリットとデメリットを分かりやすく公平に伝えることを意識し、解説していきます。 Blog : ふぁふぁぶろ / Twitter : @fafa0911 / Youtube : ふぁふぁ