auカブコム証券FXの評判は?メリット・デメリット、スプレッドやキャンペーン情報も

FXでの口座開設を検討している方の中には、どの会社にすればよいか迷っているという方も多いのではないでしょうか。

この記事ではauカブコム証券FXについて、メリット・デメリットなどを解説します。

目次

  1. auカブコム証券FXの概要は?
  2. auカブコム証券FXのメリットは?
    2-1.業界最低水準のスプレッド
    2-2.PC・スマホアプリに対応した取引ツール
    2-3.自動売買取引(システムトレード)ができる
    2-4.株式・投資信託をFXの証拠金として利用可能
    2-5.豊富なマーケット・投資情報
  3. auカブコム証券FXのデメリットは?
    3-1.取り扱い通貨ペアが少なめ
    3-2.コールセンターの営業時間が短い
    3-3.デモトレードの取り扱いがない
  4. auカブコム証券FXの評判・口コミは?
  5. auカブコム証券FXのキャンペーン情報
  6. まとめ

1.auカブコム証券FXの概要は?

/auカブコム証券FX

まずはauカブコム証券FXを提供しているauカブコム証券株式会社の概要を確認していきます。

設立 1999年(平成11年)11月19日
代表者 代表取締役社長 石月 貴史
資本金 71.96億円 (資本準備金 119.13億円)
提供サービス 現物株式・プレミアム積立(投信)・auカブコムFX・くりっく365
自己資本規制比率 354.5%(2021年3月末)
特記事項 口座開設数120万口座突破

(2021年6月1日現在)

auカブコム証券株式会社はMUFGグループのネット証券会社であり、株取引やauカブコムFXやくりっく365などのFXサービスを提供しています。「完全システム内製化」と「MUFGグループ各社との協働」を強みとし、様々な金融サービス展開を行っています。

auカブコム証券FXはauカブコム証券が提供するFX取引サービスです。株式・投信を担保にして取引可能であり、取引単位は1,000通貨から始められるため、少額からFXを始めたい方にとってメリットがあります。

2.auカブコム証券FXのメリット

auカブコム証券FXのメリットは以下の通りです。

  1. 業界最低水準のスプレッド
  2. PC・スマホアプリに対応した取引ツールを用意
  3. 自動売買取引(システムトレード)ができる
  4. 株式・投資信託をFXの証拠金として利用可能
  5. 豊富なマーケット・投資情報

それぞれ詳しく解説します。

2-1. 業界最低水準のスプレッド

全通貨ペアにおいて業界最低水準のスプレッドを提供しています。例えば、米ドル/円0.2銭、ユーロ/円0.5銭といった低コストで利用できます。スプレッドは取引にかかる手数料のようなものであり、狭ければ狭いほど取引コストを抑えることができます。

また、システムトレードが利用できるFX会社では裁量取引とシステムトレードの口座を分け、システムトレードのスプレッドは裁量取引よりも広い傾向がありますが、auカブコム証券FXは同一口座・同一レートで取引できるので手間と余計なコストがかかりません。

2-2. PC・スマホアプリに対応した取引ツールを用意

PC・スマホに対応した豊富な取引ツールが用意されているので、いつでも好きな時に取引が可能です。

PCでの取引ツールとしてカスタマイズ性に富んだ多機能トレーディングツール「シストレFXナビゲーター®」を、外出先ではスマホ専用アプリ「auカブコム FX for iPhone/Android」を使用することで、時間や場所を気にすることなく自由に取引することができます。

2-3.自動売買取引(システムトレード)ができる

システムトレードのauカブコム FX「全自動取引」を利用することで、自動売買が可能です。あらかじめ売買ルールを設定しておけば、あとはシステムがルールに従って自動で取引してくれます。投資スキルやプログラミング言語の知識を必要としないので誰でも利用できます。

自分で設定したルールをバックテストで検証してから導入したり、あらかじめ用意されているテクニカル指標から好きなシグナルを組み合わせて、オリジナルの売買ルールを設定することもできます。

2-4.株式・投資信託をFXの証拠金として利用可能

auカブコムFXでは「株式」「投資信託」の両方をFXの証拠金として使うことができます。

評価額の70%をFXの証拠金として利用できるので、新たに資金を準備することなく、既に保有している株式や投資信託を有効活用してFXを始めることができます。そのため、まずはあまり元手をかけずにFXを初めてみたいという方にとってメリットがあります。

2-5.豊富なマーケット・投資情報

auカブコムFXでは充実した投資に関する情報を無料で提供しています。たとえば「マーケット情報」では、東洋経済新報社が提供する会社四季報、みんかぶ社が提供するMINKABU PRESSや、auカブコム証券による独自コンテンツの中から選別した投資情報を発信しています。

さらに「カブコム投資情報室」ではauカブコム証券のユーザーへ向けて、取引時間中に随時オリジナル投資情報を無料で配信しており、これらの情報を取引に役立てることができます。

3. auカブコム証券FXのデメリット

続いて、auカブコム証券FXのデメリットについても見ていきましょう。

  1. 取り扱う通貨ペアの数が少なめ
  2. コールセンターの営業時間が短い
  3. デモトレードができない

それぞれ詳しく解説します。

3-1.取り扱う通貨ペアの数が少なめ

auカブコム証券FXで取引できる通貨ペアは9通貨12ペアです。20通貨ペア以上を利用できる会社もあるため、自分が取引したい通貨ペアが無い場合があります。

3-2.コールセンターの営業時間が短い

auカブコム証券FXの電話サポート時間は平日8時~16時のため、日中に時間の取れない方にとってデメリットとなります。FXは24時間取引可能であり、夜~早朝にかけて開場する海外市場もあります。取引が多い深夜帯にサポートにつながらないことで、不便が生じる可能性があります。

3-3.デモトレードができない

デモトレードができる証券会社もあり、その場合は自己資金を使って取引を始める前にデモトレードで売買の仕方や、値動きの大きさなどを体験しておくことができます。しかし、auカブコム証券FXではデモ口座の用意が無くデモトレードができないため、最初から本番環境で取引を行うことになるため、デモトレードを試したい方にとってデメリットとなります。

4.auカブコム証券FXの評判・口コミは?

ここから実際にauカブコム証券FXを利用しているユーザーの声を紹介します。

  • サイトが使いやすく、スムーズに取引できる
  • 取引ツールと発注ツールが充実している
  • 三菱UFJグループの大きな基盤で取引ができる
  • スプレッドが狭いので、短期取引メインの人には嬉しい
  • 自動売買取引ができるが、裁量取引と比べてスプレッドが広い

※上記はすべて個人の感想です。ご自身でもよくお調べの上、ご利用をご判断下さい。

6.auカブコム証券FXのキャンペーン情報は?

auカブコム証券FXでは、FX口座開設期間中(2021年4月28日~7月31日)に「auカブコム FX」口座を新規開設し、取引対象期間に取引したユーザーを対象に、先着2万名に現金5,000円をキャッシュバックするキャンペーンを行っています。詳細は以下の通りです。

FX口座開設期間 2021年4月28日(水)~2021年7月31日(土)
取引対象期間 FX口座開設月の翌月末まで
対象者 auカブコム FXにて新規口座開設し、下記条件を達成したユーザー
内容 FX口座開設期間中に「auカブコム FX」口座を新規開設し、取引対象期間に取引した先着2万名へ現金5,000円プレゼント
キャンペーン適用条件 ●条件1
auカブコム FX口座の新規開設
●条件2
取引対象期間中に新規1取引※
※ミニ取引(1,000通貨取引)の場合は合計で1万通貨以上の取引が対象となります。

6.まとめ

auカブコム証券FXの主な特徴は以下の通りです。

  • スマホアプリの取引ツールを提供しているため、外出先でもスムーズに取引ができる
  • 業界最狭水準のスプレッドのため、短期売買でのコストを抑えられる
  • 自動売買取引に対応している
  • 三菱UFJグループの基盤を活かし情報・レポートが豊富
  • 株式・投資信託を担保に取引可能
  • 他社と比較すると取り扱い通貨ペアが少なめ
  • コールセンターの対応時間が日中のみ

auカブコム証券FXは、業界最狭水準であることに加え、三菱UFJグループの基盤を活かした取引ツールや、情報・レポートを利用することができます。そのため、FXの経験を積んでいきたい方や、また他社と合わせて使いたい方にとってもメリットがあります。

FXの口座開設をどの会社にするか迷っている方や情報量を増やしたい方、またauカブコム証券での口座開設を検討されている方は、この記事を参考に利用の検討を進めてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
ふぁふぁ
大手保険会社を経て、2020年からライターとして活動。FXで投資をスタートし、現在は仮想通貨・投資信託・米国株・つみたてNISA・idecoなどを幅広く運用中。自身の投資経験をふまえつつ、メリットとデメリットを分かりやすく公平に伝えることを意識し、解説していきます。 Blog : ふぁふぁぶろ / Twitter : @fafa0911 / Youtube : ふぁふぁ