HEDGE GUIDE 不動産投資とは?

金融投資メディア「HEDGE GUIDE」では、将来の資産形成に向けて投資を始めたい方のために、不動産投資に関するニュースやデータ、最新の投資ノウハウや知識などをまとめています。金融や投資の知見が深い編集部メンバーが独自に取材を行い、マンション投資やアパート経営・土地活用・不動産売却などを行う上で注目すべき最新の情報や、最新の統計やデータに関する独自の分析結果などを記事としてまとめています。不動産投資セミナーの最新情報や、不動産投資会社・サービスなどの比較・評判・口コミなどについてもまとめています。

不動産投資に関する人気記事

  1. 上場している不動産投資会社7社の実績・評判を比較
  2. どこを選ぶ?初心者に人気の不動産投資セミナー7選
  3. 不動産投資、サラリーマンはいくらまで融資可能?属性を改善するコツも
  4. 不動産投資ローンの金利を低く借りるには?覚えておきたい融資の5つのポイント
  5. 中古マンション投資で失敗しないためには?10個のチェックポイント
  6. 不動産投資の初心者は何に気をつけるべき?始め方・物件購入の流れも
  7. 不動産投資型クラウドファンディングを選ぶポイントは?注目の8社を紹介
  8. 円安が不動産投資に与える影響は?バブル期との比較や、金利・インフレの視点で検証
  9. どこを選ぶ?初心者に人気の海外不動産投資セミナー4選
  10. アパート経営の始め方と必要な資金は?土地あり・土地なしのケースで解説

不動産投資をこれから始めたい方へ

不動産投資会社を選ぶ

不動産投資に関するニュースの一覧

マンション投資、アパート経営に関する空室率・利回りの推移、物件価格などの不動産市場の動向、主要な不動産投資会社の動向、不動産投資に関わる税制や融資に関するマクロ動向に関する国内・海外の最新ニュース、統計・データ、調査レポートなどをお伝えしています。

不動産投資

不動産投資CFのCREAL、Android版アプリをリリース

クリアル株式会社は2月20日、不動産投資型クラウドファンディング(CF)サービス「CREAL」のAndroid版アプリをリリースした。同社によると、クリアルの取引はスマートフォンユーザーが7割を占めており、アプリの需要は今後も高まると推測。Android版アプリは、2022年12月にリリースしたiOS版に続くもので、プッシュ通知でファンド募集開始のタイミングや配当金・レポートなどの情報をタイムリーに受け取ることができる。
不動産投資

Q4投資額は対前年同期比57%減、海外投資家の取引は78%減少。CBRE調査

シービーアールイー株式会社(CBRE)が2月6日発表した2023年第4四半期(Q4)の日本投資市場動向(Japan Investment MarketView)で、投資額は前年同期比57%減の6600億円となった。前年同期の大型取引(大手町プレイス、4400億円)の反動減が主要因だが、加えて、海外投資家が2023年半ばから慎重姿勢に転じており、投資額は同78%減と引き続き低調だった。
不動産投資

不動産CFの「TECROWD」57号ファンド2/13募集開始。モンゴルのレジデンス投資対象に想定年利8%

TECRA株式会社は不動産クラウドファンディング(CF)サービス「TECROWD(テクラウド)」で57号ファンド「Ambassador Residence」の募集を2月13日午後6時から開始する。モンゴルの首都ウランバートルの中心地に位置する高級レジデンス「Ambassador Residence」を投資対象とするファンドで、TECROWD25号ファンドで今年2月末まで運用中の物件で、3月から再度本ファンドに組み入れ、インカムゲイン型ファンドとして運用を行う。
不動産投資

不動産CFのちょこっと不動産、31号ファンド2/13募集開始。短期運用型で劣後出資割合40%

株式会社良栄は不動産クラウドファンディング(CF)サービス「ちょこっと不動産」で、新ファンド「ちょこっと不動産31号練馬区向山第1期」を2月13日午後零時30分から発売する。対象物件は東京都練馬区の戸建て住宅で、売買契約締結済みで出口(売却先・時期・価格など)が決まっているEXITファンド。
不動産投資

不動産CFのCOZUCHIで「北青山開発プロジェクトフェーズ2」2/1募集開始。想定運用期間14ケ月、利回り年利9%

LAETOLI株式会社が運営する不動産投資クラウドファンディング(CF)サービス「COZUCHI(コヅチ)」で、新ファンド「北青山開発プロジェクトフェーズ2」が2月1日午後7時募集を開始する。本ファンドは2月23日に運用を終了する「北青山開発プロジェクトフェーズ1」のフェーズ移行による継続ファンド。
不動産投資

不動産CFのRimple、新ファンド「Rimple's selection #74」1/26募集開始。予定分配率は年利2.7%

不動産投資型クラウドファンディング(CF)サービス「Rimple(リンプル)」で、運営元のプロパティエージェント株式会社は第56回ファンド「Rimple’s Selection #56」の情報が公開された。「クレイシア秋葉原」「クレイシア森下」「ハーモニーレジデンス菊川ステーションフロント」「ARTESSIMO SCELTO」の台東区、墨田区、江東区に所在する4棟の区分マンションの複合ファンドで募集期間は3月24日午後6時~27日午後6時。

⇒不動産投資ニュース一覧を見る

不動産投資に関するコラムの一覧

不動産投資で失敗しないために気をつけるべきポイントや具体的な投資ノウハウ、不動産投資会社や物件・エリアの選び方、アパート経営・マンション投資などの特徴の比較、融資や賃貸管理・売却に役立つ知識、不動産投資の失敗事例などに関するコラムをまとめています。

不動産投資コラム

アイケンジャパンのアパート経営、メリットやリスクは?オーナーの口コミ・評判を分析

不動産投資目的のアパート経営では、収益不動産の企画・販売や運営サポートに強い企業で物件を購入し、管理のサポートを受けることも大切なポイントの1つです。そこでこの記事では、アイケンジャパンのメリットやリスク、良い口コミ・悪い口コミについて詳しくご紹介します。
不動産投資コラム

不動産売却で「三井のリハウス」と「野村不動産」の違いは?評判・実績を比較

大手の不動産会社では不動産売却の実績が豊富であり、売却のノウハウや手厚いサポートなども期待できます。そこで今回のコラムでは、大手不動産会社の「三井のリハウス」と「野村不動産ソリューションズ」にスポットを当て、実績や特徴を比較していきます。
不動産投資コラム

不動産売却で「東急リバブル」と「住友不動産販売」の違いは?評判・実績を比較

全国で不動産売却を手掛ける大手不動産会社は実績が豊富で知名度も高いことから、不動産売却の依頼先として検討している方も多いのではないでしょうか。そこで今回のコラムでは、大手不動産会社の「東急リバブル」と「住友不動産販売」にスポットを当て、実績や特徴を比較していきます。

⇒不動産投資コラム一覧を見る

不動産投資セミナーの一覧

初心者の方に向けて、不動産投資に関する情報収集や投資判断に役立つ全国の新着セミナーをご紹介しています。経済評論家や不動産投資のプロによる市場動向の分析や、不動産投資オーナーのノウハウ、非公開物件の紹介、ライフプランニングや税金相談などをご検討の方はぜひご覧ください。

⇒不動産投資セミナー一覧を見る