CATEGORY 税金・確定申告

マンション投資

不動産投資をしている会社員の年末調整・確定申告の方法は?手順とポイント解説

不動産投資によって一定以上の家賃収入を得た方については確定申告を行う必要があります。一方で、確定申告を行った方について、年末調整をおこなう必要があるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。本記事では、不動産投資をしている人の年末調整・確定申告手順と、注意したいポイントについて解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産相続のスケジュールは?相続税の申告期限や特例の適用条件も

不動産相続は、相続税の申告期限があり、限られた時間の中で被相続人が築いた不動産を受け継いでいく重要な手続きです。相続手続きを円滑に進め、相続不動産を効率的に継承するためには、相続のスケジュールや相続税の特例などについてあらかじめ確認しておくことが大切です。本記事では、不動産相続のスケジュール、相続税の申告期限や特例の適用条件について説明していきます。

マンション投資

投資用マンションに自分で住むことはできる?メリット・デメリットも

投資用マンションを運用しているものの、なかなか入居者が入らない・期待していたほど収益が上がっていないと感じている人の中には、投資用マンションに自分が住めないかと考える人もいるのではないでしょうか。オーナー自ら投資用マンションに住むことで発生するメリットや、自己利用によって発生し得る問題などについて解説します。

マンション投資

不動産投資で確定申告をしないとどうなる?対象者の条件やペナルティについて解説

不動産投資で、確定申告をしないとどうなるのでしょうか。所得税制は確定申告を原則としており、確定申告をしないと重いペナルティがあります。しかし、例外的に確定申告をしなくてもよいケースもあります。自身の不動産所得の状況に合わせて、適切に税務を行っていくことが大切です。この記事では、不動産投資で確定申告をしなかった場合のペナルティと、不動産投資における確定申告の要不要の基準、について解説します。

マンション投資

不動産投資で法人化するメリット・デメリットは?株式会社と合同会社の比較も

不動産投資が一定の規模になって来て、法人化を検討している、という投資家の方もいらっしゃるでしょう。不動産投資を法人化しておこなうには、メリット・デメリットの両面があるので、慎重に検討したいといえます。法人の形態にも、株式会社と合同会社の選択肢が検討対象となります。本記事では、不動産投資を法人化するメリット・デメリット、株式会社と合同会社の比較について解説していきます。

投資・マネーコラム

空き家投資で注意したい出口戦略の立て方は?5つのポイントで解説

空き家投資は、物件価格の安さから融資を利用せずに物件を所有しやすいというメリットがあり、人気が高まっている不動産投資方法の一つです。しかし、融資を利用しないことから比較的多額の初期費用がかかり、また、購入ニーズの弱い立地である場合もありため、出口戦略には注意が必要です。この記事では、空き家投資で注意したい出口戦略の立て方について、5つのポイントで解説していきます。

マンション投資

投資用マンションがあるサラリーマンの確定申告手順は?簡単にできる5つのコツも

投資用マンションの家賃収入がある場合、原則として、翌年の2月16日から3月15日までに所得税の確定申告をおこなう必要があります。本記事では、投資用マンションがあるサラリーマンの確定申告手順と、簡単にできる5つのポイントについて解説していきます。

マンション投資

不動産投資をしている人のふるさと納税の上限額は?控除上限額の計算表も

ふるさと納税制度は、納税者が納税する都道府県や市区町村を選ぶことができ、その地方自治体から返礼品をもらうことができる制度です。この記事では、不動産投資をしている人のふるさと納税の上限額について、ふるさと納税制度の仕組みや計算方法から解説していきます。

マンション投資

マンションの固定資産税はいくらになる?新築・中古のシミュレーションも

マンションの固定資産税は、市区町村が毎年計算して賦課される税金です。家屋部分の税額は、経年によって変わりますが、その計算方法は決められているため、シミュレーションすることが可能です。本記事では、固定資産税の計算の仕組みを概説したうえで、マンションの固定資産税の計算方法を設例に基づくシミュレーションで解説します。

マンション投資

インボイス制度が不動産投資に与える3つの影響とは?対策も解説

令和5年10月1日から消費税の課税において、インボイス制度が導入されます。居住用不動産の賃貸経営では、現行の税制度において消費税が非課税であり、原則的にはインボイス制度導入の影響を受けません。本記事では、インボイス制度と消費税の仕組みを簡単に説明した上で、インボイス制度が不動産投資に与える影響とその対応策について解説していきます。

投資・マネーコラム

不動産相続で取得税はかかる?相続時に支払う税金と税控除を解説

不動産の相続では、相続しても必ずしもすぐに手元に現金が入って来るとは限らず、相続時に支払う税金の種類と金額について概算し、予め納税資金を準備しておきたいものです。本記事では、不動産の相続で不動産取得税がかかる場合とかからない場合について説明し、相続時に支払う税金と、相続税を軽減することができる制度についてもみていきます。

マンション投資

不動産収入で扶養控除が外れてしまう事例は?5つのパターンを解説

税金や社会保険の扶養に入っていた人が、家賃収入を得ることになったり、不動産を売却したりしたことで扶養から外れてしまうことがあります。扶養から外れてしまうと、翌年以降に納める所得税や住民税が上がったり、社会保険料が上がったりすることになります。扶養から外れてしまうケースに該当する場合には、その事前にその分の資金を確保しておきたいといえます。本記事では、不動産収入が生じたことによって扶養から外れてしまう5つのケースについて解説していきます。

マンション投資

不動産投資の減価償却費の仕組みは?アパート・マンションの特徴をそれぞれ比較

アパートとマンションでは、各種所得計算において減価償却費が果たす役割に異なる特徴があります。不動産投資では、アパート・マンションの減価償却費の仕組みを理解し、適切に税額を軽減してキャッシュを積み立てていくことが大切です。本記事では、不動産投資の減価償却費の仕組みと、アパートとマンションの減価償却費の特徴を比較して解説していきます。

投資・マネーコラム

投資用マンションの売却でかかる税金は?計算方法や課税額を抑える4つの対策も

投資用マンションの売却では収入額が大きくなり、多額の税金が発生する場合があります。ただし、譲渡所得に関連する税金の計算手続きでは、計算構造や税率の規定、特例などをうまく利用することで納める税金を抑えられる可能性があります。この記事では、不動産売却にかかる税金について網羅的に説明したうえで、特に、譲渡所得税の計算手順や、課税額を抑える対策について解説します。

投資・マネーコラム

税理士紹介エージェントの評判・口コミは?メリット・デメリットや利用手順も

税理士に仕事を依頼したいが、自分に適した税理士をどのように見付ければよいのか分からない、あるいは、現在契約している税理士を変更したいが気が引ける、と悩んでいる方もいらっしゃると思います。そのようなときに使い勝手が良いのが、きめ細やかな専任エージェントサービスに定評のある、インターネット税理士紹介サービスの税理士紹介エージェントです。この記事では、税理士紹介エージェントの口コミ・評判と、メリット・デメリット、利用手順について解説します。

マンション投資

不動産投資の赤字が損益通算できないケースは?会計の仕組みを解説

不動産投資で赤字が生じた場合、所得税制上、損益通算できる制度があります。不動産投資で損益通算できる赤字は、所得税の不動産所得の赤字であり、キャッシュフローが黒字であっても損益通算の対象になることもあります。この記事では、不動産投資のキャッシュフローの赤字と不動産所得の赤字の違いについて会計の仕組みを解説し、損益通算できないケース、減価償却費による赤字を損益通算する際の注意点についても解説していきます。