CATEGORY 海外不動産投資

投資・マネーコラム

海外不動産投資の利回りは?国別の特徴やリスクも比較して解説

2021年時点、日本人投資家が不動産投資をできる海外の国はたくさんあるため、どこの国であれば高い利回りを狙えるのか知りたいという人もいるのではないでしょうか。この記事では、国ごとの利回りについて比較するとともに、各国のリスクなどについても解説します。

投資・マネーコラム

マレーシア不動産投資で注意したい4つのリスクとは?それぞれ対策も

マレーシアは新興国の中でも経済発展や人口増加が長期継続しており、成長が著しい国です。マレーシアで不動産投資を行うことで、経済発展を背景としたさまざまなメリットを期待することができます。この記事では、マレーシア不動産投資で要注意のリスクを4つ紹介するとともに、対策についても解説します。

投資・マネーコラム

経営者が海外不動産投資を始めるメリット・デメリットは?注意点も

日本国内の不動産市場では人口減少などによって今後市場の縮小が予測される一方、成長著しい国も多いことから、海外不動産投資に注目する方も少なくありません。本記事では、経営者の方が海外不動産投資を始めるメリット・デメリットに加えて、要注意のリスクについても解説します。海外不動産投資を検討している方はご参考ください。

投資・マネーコラム

医師が海外不動産投資を始めるメリット・デメリットは?注意点も

高所得者の方の資産運用には様々な方法がありますが、長期的な資産運用を比較した時に、人口増加や経済成長が著しい海外の不動産に投資することも選択肢の一つとなります。この記事では、医師による海外不動産投資が持つメリット・デメリットや要注意のポイントについて解説します。

投資・マネーコラム

パタヤ不動産投資のメリット・デメリットは?リスクや注意点も

タイは日本人からの人気が高いエリアであり、海外不動産に投資するならタイの物件を購入したいという人もいます。タイの首都であるバンコクのほか、リゾートエリアのパタヤもタイ不動産投資における選択肢の1つです。この記事では、パタヤの不動産に投資するメリットと、注意すべきリスクなどについて解説します。

投資・マネーコラム

サラリーマンが海外不動産投資を始めるメリット・デメリットは?注意点も

日本国内の少子高齢化や経済成長の鈍化などから、海外不動産投資に注目する方もいます。しかし、海外不動産投資は日本国内の不動産投資と何が違うのか、最初に抑えるべきポイントは何なのかなど疑問に感じる人も多いのではないでしょうか。本記事ではサラリーマンの方向けに、海外不動産投資を行う際のメリット・デメリット、注意すべきリスクなどについて解説します。

投資・マネーコラム

セブ島で不動産投資、メリット・デメリットは?

フィリピンは経済発展の著しい国の一つです。フィリピンの中でもセブ島は有名なリゾートエリアであり、不動産投資先として検討する方も少なくありません。この記事ではセブ島の不動産に投資するメリットに加え、要注意のデメリットやリスクなどについて解説します。

投資・マネーコラム

ダナンで不動産投資、メリット・デメリットは?人口推移も検証

経済発展が進むベトナムの中でも、中部の観光都市であるダナンはその将来性が期待されているエリアです。高い人口増加率を背景に、ダナンでは不動産価格が上昇する可能性もあると言えます。そこで本記事では、ダナンの不動産に投資するメリット・デメリットに加えて、これまでの人口推移についても詳しく解説します。

投資・マネーコラム

海外不動産投資、リゾート地の物件が買えるおすすめの国は?3カ国を比較

海外不動産投資では、同じリゾートエリアであっても国やエリアによって特徴は異なります。それぞれの特徴を比較し、自身の投資目的に合った投資先を検討することが大切です。この記事では、アメリカ・フィリピン・タイのリゾートエリアについてメリットやリスクを比較解説します。

投資信託コラム

海外REITとJ-REITの違いは?メリット・デメリット、リスクを比較

REIT(不動産投資信託)投資は、少ない資金で不動産投資を始められる、物件運営を自分で行なわなくて良いなどのメリットがあるため、比較的手軽に不動産投資を始められる手段となっています。そこで本記事では、J-REITと海外REIT、それぞれのメリットやデメリットリスクをお伝えしていきます。

投資・マネーコラム

海外不動産投資に必要な自己資金は?ローンを受けやすい国・手順も解説

不動産投資はローンを利用することで必要な自己資金を抑制できる資産運用です。しかし、海外不動産投資の場合は、日本国内の不動産投資ローンの融資条件と異なるポイントが複数あります。この記事では、海外不動産投資でローンを利用できるエリアに加え、必要な自己資金の目安についても解説します。

投資・マネーコラム

アメリカ不動産が検索できるポータルサイトは?3つを比較して解説

海外不動産投資のリスクを下げるためには、不動産会社から受け取った情報を投資家自ら検証することも重要なポイントになります。アメリカ不動産の情報を検索するにあたって活用できるポータルサイトを3つご紹介するとともに、それぞれのメリットやデメリットについて解説します。

投資・マネーコラム

ウランバートル不動産投資のメリット・デメリットは?手順と注意点も

モンゴルはアジアの中でも人口増加率が高く、国民年齢も若いことから海外不動産の投資先として注目する方も少なくないのではないでしょうか。ウランバートルの不動産に投資するメリット・デメリットに加え、物件を購入する手順などについて解説します。

投資・マネーコラム

米国不動産投資、メリット・デメリットは?物件購入の手順や注意点も

米国不動産はローンの利用可否や人口増加などのメリットがあることから、海外不動産投資の中でも検討しやすい投資先です。本記事では、米国不動産投資のメリット・デメリットに加えて物件購入の手順などを解説します。米国不動産投資を検討している方はご参考下さい。

投資・マネーコラム

アメリカ不動産投資とインフレ率の関連性とは?日本経済との比較も

不動産投資においては、物件価格の推移には様々な要素が影響してくる点に要注意です。物価推移に影響するインフレ率のほか、ローン金利に関連する長期金利も住宅需要を左右します。この記事では、アメリカのインフレ率と住宅価格指数推移との比較によって関連性を読み解くほか、アメリカと日本とでその状況を比較します。

投資・マネーコラム

プノンペンで不動産投資、メリット・デメリットは?人口推移も検証

カンボジアの首都であるプノンペンは、人口増加や経済成長などが著しいことから、海外不動産投資で人気の投資先の一つです。そこで本記事では、プノンペンで不動産投資をするメリットや注意すべきデメリットに加え、人口の推移について検証します。カンボジア不動産投資を検討している方はご参考下さい。

投資・マネーコラム

アメリカ不動産投資、緩和政策による価格の影響は?テーパリング後の予測も

不動産投資の物件運用においては、運用の状況や物件価格の推移が経済状況に左右される側面もあります。このため、長期的に物件を運用する上では経済の状況に要注意です。アメリカで導入されている量的緩和とテーパリングの内容に加え、テーパリングが始まるとアメリカ不動産市場ではどのような変化が起こるのか、予測について解説します。

投資・マネーコラム

海外不動産投資、タイ・カンボジア・ベトナムのメリット・デメリットを比較

海外不動産投資が可能な国は複数ありますが、欧米の先進国と比較して、東南アジアの新興国には新築物件の価格が安く利回りも高いなどのメリットがあります。この記事ではタイ・カンボジア・ベトナムについて各国のメリット・デメリットを比較します。

投資・マネーコラム

マレーシア不動産投資のメリット・デメリットは?他国とのリスク比較も

人口増加や経済成長などの観点から、マレーシア不動産投資にはキャピタルゲインを狙えるメリットがあります。しかし、外国人向けの規制や物件所有権の登記には要注意です。マレーシア不動産投資のメリット・デメリットに加え、リスクについて他の国の不動産投資と比較します。