CATEGORY 海外不動産投資

投資・マネーコラム

ウランバートル不動産投資のメリット・デメリットは?手順と注意点も

モンゴルはアジアの中でも人口増加率が高く、国民年齢も若いことから海外不動産の投資先として注目する方も少なくないのではないでしょうか。ウランバートルの不動産に投資するメリット・デメリットに加え、物件を購入する手順などについて解説します。

投資・マネーコラム

米国不動産投資、メリット・デメリットは?物件購入の手順や注意点も

米国不動産はローンの利用可否や人口増加などのメリットがあることから、海外不動産投資の中でも検討しやすい投資先です。本記事では、米国不動産投資のメリット・デメリットに加えて物件購入の手順などを解説します。米国不動産投資を検討している方はご参考下さい。

投資・マネーコラム

アメリカ不動産投資とインフレ率の関連性とは?日本経済との比較も

不動産投資においては、物件価格の推移には様々な要素が影響してくる点に要注意です。物価推移に影響するインフレ率のほか、ローン金利に関連する長期金利も住宅需要を左右します。この記事では、アメリカのインフレ率と住宅価格指数推移との比較によって関連性を読み解くほか、アメリカと日本とでその状況を比較します。

投資・マネーコラム

プノンペンで不動産投資、メリット・デメリットは?人口推移も検証

カンボジアの首都であるプノンペンは、人口増加や経済成長などが著しいことから、海外不動産投資で人気の投資先の一つです。そこで本記事では、プノンペンで不動産投資をするメリットや注意すべきデメリットに加え、人口の推移について検証します。カンボジア不動産投資を検討している方はご参考下さい。

投資・マネーコラム

アメリカ不動産投資、緩和政策による価格の影響は?テーパリング後の予測も

不動産投資の物件運用においては、運用の状況や物件価格の推移が経済状況に左右される側面もあります。このため、長期的に物件を運用する上では経済の状況に要注意です。アメリカで導入されている量的緩和とテーパリングの内容に加え、テーパリングが始まるとアメリカ不動産市場ではどのような変化が起こるのか、予測について解説します。

投資・マネーコラム

海外不動産投資、タイ・カンボジア・ベトナムのメリット・デメリットを比較

海外不動産投資が可能な国は複数ありますが、欧米の先進国と比較して、東南アジアの新興国には新築物件の価格が安く利回りも高いなどのメリットがあります。この記事ではタイ・カンボジア・ベトナムについて各国のメリット・デメリットを比較します。

投資・マネーコラム

マレーシア不動産投資のメリット・デメリットは?他国とのリスク比較も

人口増加や経済成長などの観点から、マレーシア不動産投資にはキャピタルゲインを狙えるメリットがあります。しかし、外国人向けの規制や物件所有権の登記には要注意です。マレーシア不動産投資のメリット・デメリットに加え、リスクについて他の国の不動産投資と比較します。

投資・マネーコラム

ハワイ不動産投資の利回りは低い?メリット・デメリットを比較

ハワイは旅行先として人気があり、良いイメージを持つ人も多いことから、海外不動産投資をするならハワイで物件を購入したいと思う人も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、東京やアメリカの都市と比較したハワイ不動産投資の利回りに加え、メリットやデメリットについて解説します。

投資・マネーコラム

モンゴル不動産投資の注意点は?外国人の所有権や売買条件について解説

モンゴルは不動産需要の拡大に伴うキャピタルゲインを期待できる投資先です。しかし、東南アジア諸国と比較すると、環境や制度などにモンゴル特有と言えるポイントが複数あることも事実です。この記事では、モンゴル不動産投資に関する注意点や規制などについて解説します。

投資・マネーコラム

海外不動産投資の始め方は?投資目的の設定から投資対象国の選び方まで解説

近年では日本人は様々な国で不動産投資をできます。海外不動産投資が浸透している一方で、海外不動産投資が自分に合った投資なのかわからない、どんな国に投資するのがいいのかわからないと感じる人も多いのではないでしょうか。本記事では海外不動産投資を始めるための手順や、投資目的の考え方などについて解説します。

投資・マネーコラム

海外不動産投資、低リスクな国やエリアは?人口、不動産価格から検証

長期的な投資方法である不動産投資では、空室リスクや物件価格の下落リスクなどを下げるために、過去の人口や不動産価格の推移を調査し、現時点での収益だけでなく将来の収益を予測することが重要です。この記事では、投資先として選択できる国ごとに、人口と不動産価格指数データの動向を解説します。

投資・マネーコラム

タイ不動産投資、おすすめの投資エリアは?バンコク・パタヤの特徴を比較

タイは東南アジアの中間に位置しています。ミャンマーやラオス、カンボジアやマレーシアなどと国境を接していてベトナムとも近く、513,100 km²の国土面積を持った国です。主な不動産投資先としては、首都のバンコクとリゾート都市であるパタヤが選択肢として挙げられます。バンコクとパタヤが持つ特徴について解説します。

投資・マネーコラム

海外不動産投資、コロナ禍での注意点やリスクは?初心者向けに解説

2021年5月現在、コロナウイルス感染症の拡大が長期化しており、2021年も先行き不透明な状況が続いています。ワクチン接種の進捗や感染者数の推移には、国によって大きな違いも見られています。国ごとのコロナの影響や、コロナ禍での海外不動産投資で要注意のポイントなどについて解説します。

投資・マネーコラム

海外不動産投資で英語(外国語)が必要な場面は?流れ・手順ごとに解説

海外不動産投資では、売買契約書など手続きの書類が英語など外国語で書かれています。手続きの流れを俯瞰した時に、どの場面で英語が必要になるのか知りたいと思う人もいるのではないでしょうか。海外不動産投資の手順を順番に解説するとともに、英語など外国語が必要になる場面をご紹介します。

投資・マネーコラム

ベトナム不動産投資、ホーチミンの人口推移や不動産価格推移は?

成長著しい東南アジアの中でも、近年ベトナムの存在感が増しています。数ある海外不動産投資の対象エリアの中でもベトナムは発展著しく、不動産投資を検討するのに適したエリアと言えます。 ホーチミンの人口や不動産価格の推移に加え、投資先としての特徴について解説します。

投資・マネーコラム

海外不動産投資、どの国がおすすめ?国別のメリット・デメリットを比較

近年では海外不動産投資を扱う不動産会社も増え、日本にいながら様々な国で不動産投資できるようになってきています。そこでこの記事では、投資先の国を選ぶうえでのポイントと各国の特徴について解説します。海外不動産投資における各国の特徴を知りたい方はご参考下さい。

投資・マネーコラム

海外不動産投資、投資物件の探し方は?4つの手順とみるべきポイントも

海外不動産投資は異なる通貨による資産分散の手段としても有効ですが、物件を探すには、何から始めたら良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、海外不動産投資で物件を探す手順と、国や物件を選ぶ上で比較すべきポイントなどについて解説します。