新築マンション投資に強い不動産投資会社5選

新築マンション投資に強い不動産投資会社5選

新築マンション投資には、以下のように様々なメリットがあります。

  • 入居需要が高く中古物件よりも空室リスクが少ない
  • 中古マンションと異なり仲介手数料がかからない
  • フルローンかつ35年で融資がつきやすい
  • 購入後しばらくは修繕費がほとんどかからない
  • 瑕疵担保責任の保証期間が10年間

しかし、一方で新築マンションの販売価格は年々上昇を続けており、これから新築マンション投資を手がけたい方にとっては大変悩ましい状況となってきています。

以下では、数ある新築マンション投資のなかでも物件の品質や入居率が高く、実績も豊富なおすすめの会社を5社ピックアップしましたので、ぜひ会社選びの際のご参考になさってみて下さい。

新築マンションに強い不動産投資会社

創業50年目、オーナー2万人超でトップクラスの実績「スカイコート」

スカイコートの新築マンション投資

スカイコートは、創業50周年を迎える新築ワンルームマンション中心の不動産投資会社です。今後も人口の転入超過が見込まれる東京圏の主要路線や人気エリアに物件を集中しており、かつ東京圏で約3割を占める単身世帯向けのワンルームマンションを中心に開発・販売をしています。また、グループ会社で建物管理や賃貸管理なども行っているため、購入後に面倒な手間等がなくマンション経営を進めることが可能です。マンション管理は24時間365日対応で、一人暮らしの不安を解消する安心のサポート体制となっています。

資料請求により2018年4月最新刊の、不動産投資の知識やメリットが10分で分かる小冊子「マンション経営はじめてGUIDE」を無料で受け取ることができます。また、メールマガジンに登録すれば、新着物件や非公開物件などを定期的に紹介してもらうことも可能です。マンション経営初心者を対象とした無料セミナーや個別面談も随時開催していますので、マンション経営についてきちんと学んでから始めてみたいという方にもおすすめです。


東京23区と横浜地区に集中した新築マンションで入居率99.5%「プロパティエージェント」

プロパティエージェントの評判・口コミ

プロパティエージェントは、東京23区・横浜エリアに集中した物件開発により入居率99.8%(2018年5月時点)を誇る東証二部上場企業です。土地選定から建物の企画開発までをワンストップで手がけることで品質を担保した新築マンションブランド「CRACIA(クレイシア)」の供給を実現しており、上場企業ならではの安定した資本体制・コンプライアンスや充実のアフターフォローも魅力で、「2018年度投資向けマンションデベロッパーに対するオーナーの意識調査」(※2018年3月 アイ・エヌ・ジー・ドットコム 調べ)において「満足度の高いデベロッパー」として、3年連続で顧客満足度総合第1位を獲得しています。資料請求後に新着物件やおすすめの非公開物件などを定期的に紹介してもらうこともできますので、まずは情報収集も兼ねて資料を取り寄せてみると良いでしょう。


リピート・紹介率8割以上、立地とデザインにこだわった新築マンションを提供「グローバル・リンク・マネジメント」

グローバル・リンク・マネジメントの不動産投資

グローバル・リンク・マネジメント(以下、GLM)は、不動産の開発から販売・管理までワンストップで行っている都内で有数の不動産投資会社です。東京23区・川崎駅から徒歩10分圏内の立地にこだわって「アルテシモ」という新築デザイナーズマンションの開発を手がけており、入居率は99.53%(2018年2月6日時点)、オーナーのリピート・紹介率が8割以上など、入居者とオーナー双方からの顧客満足度がトップクラスとなっています。また、金融機関との提携・取引が20行と豊富なため、融資面でも頼りになる会社です。定期的に開催されるセミナーは、初心者向けの内容となっていますので、0から新築マンション投資を学びたいといった方におすすめです。


海外での新築マンション投資をワンストップでサポート「ビヨンドボーダーズ」

ビヨンドボーダーズの不動産投資

ビヨンドボーダーズは、海外不動産投資を手がける日本の会社です。社内には英語・中国語のネイティブスピーカーも在籍しており、海外不動産の購入時には物件選びから賃貸付け・管理・売却までワンストップで依頼をすることが可能です。現在の主要な投資国は、タイ・ベトナム・マレーシア・カンボジアなどの東南アジアやアメリカなどのエリアが中心ですが、今後はさらに投資エリアを拡大する予定となっています。また、初心者向けに海外不動産セミナーや現地視察ツアーなども開催していますので、海外不動産に関して情報収集をしたい方や購入を検討している方は、ぜひ一度相談されてみると良いでしょう。


センチュリー21グループの新築マンション投資会社「レイシャス」

レイシャスの不動産投資

レイシャスは、センチュリー21グループの企業で投資不動産の事業に特化している会社です。「ディアレイシャス」というマンションブランドの開発を手がけており、購入後の運用サポートまでワンストップで任せることができるため、不動産投資初心者におすすめの会社です。物件の入居率も98%を超えており、首都圏都市部の駅徒歩10分圏内という好立地に加え、センチュリー21の高い信頼力を活かした入居者の募集や洗練された賃貸管理ノウハウなどの強みがあります。また、FPや相続のプロも多数在籍しており、資産運用のパートナーとしても長く付き合っていくことができます。不動産投資初心者向けに無料セミナーを定期的に開催していますので、興味のある方はぜひ参加をしてみると良いでしょう。


The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」