新築マンション投資に強い不動産投資会社5選

新築マンション投資には、以下のように様々なメリットがあります。

  • 入居需要が高く中古物件よりも空室リスクが少ない
  • 中古マンションと異なり仲介手数料がかからない
  • フルローンかつ35年で融資がつきやすい
  • 購入後しばらくは修繕費がほとんどかからない
  • 瑕疵担保責任の保証期間が10年間

しかし、一方で新築マンションの販売価格は年々上昇を続けており、これから新築マンション投資を手がけたい方にとっては大変悩ましい状況となってきています。

以下では、数ある新築マンション投資のなかでも物件の品質や入居率が高く、実績も豊富なおすすめの会社を5社ピックアップしましたので、ぜひ会社選びの際のご参考になさってみて下さい。

新築マンションに強い不動産投資会社

創業50年目、オーナー2万人超でトップクラスの実績「スカイコート」

スカイコートの新築マンション投資

スカイコートは、創業50周年を迎える新築ワンルームマンション中心の不動産投資会社です。今後も人口の転入超過が見込まれる東京圏の主要路線や人気エリアに物件を集中しており、かつ東京圏で約3割を占める単身世帯向けのワンルームマンションを中心に開発・販売をしています。また、グループ会社で建物管理や賃貸管理なども行っているため、購入後に面倒な手間等がなくマンション経営を進めることが可能です。マンション管理は24時間365日対応で、一人暮らしの不安を解消する安心のサポート体制となっています。

資料請求により2018年4月最新刊の、不動産投資の知識やメリットが10分で分かる小冊子「マンション経営はじめてGUIDE」を無料で受け取ることができます。また、メールマガジンに登録すれば、新着物件や非公開物件などを定期的に紹介してもらうことも可能です。マンション経営初心者を対象とした無料セミナーや個別面談も随時開催していますので、マンション経営についてきちんと学んでから始めてみたいという方にもおすすめです。


都心部の駅近の立地を厳選することで入居率98.8%、豊富な開発実績や管理実績も「シノケンハーモニー」

シノケンハーモニーの不動産投資

シノケンハーモニーは、ジャスダック上場企業「シノケングループ」の100%子会社で、2018年首都圏投資用マンション供給戸数No.1の実績があります。利便性の高い都心部の駅近の立地を厳選することで、築25年以上の物件も含めて入居率98.8%(2019年年間)の高水準を実現しています。グループ会社のシノケンファシリティーズでは36,000戸を超える管理実績があり、35年という長期の空室保証サービスも提供しています。また、購入者の50%以上が紹介・リピート経由となっており、購入者からの評判も高い企業です。


都心の新築マンションをワンストップ開発!入居率99.89%の東証1部上場企業「プロパティエージェント」

プロパティエージェントの評判・口コミ

プロパティエージェントは、東京23区・横浜エリアに集中した物件開発により入居率99.89%(2019年11月実績)を誇る東証1部上場企業です。土地選定から建物の企画開発までをワンストップで手がけることで品質を担保した新築マンションブランド「CRACIA(クレイシア)」の供給を実現しており、上場企業ならではの安定した資本体制・コンプライアンスや充実のアフターフォローも魅力で、「2018年度投資向けマンションデベロッパーに対するオーナーの意識調査」(※2018年3月 アイ・エヌ・ジー・ドットコム 調べ)において「満足度の高いデベロッパー」として、3年連続で顧客満足度総合第1位を獲得しています。資料請求後に新着物件やおすすめの非公開物件などを定期的に紹介してもらうこともできますので、まずは情報収集も兼ねて資料を取り寄せてみると良いでしょう。

また、プロパティエージェントでは、初心者向けに「0から始める不動産投資セミナー」を定期開催しています。セミナーでは、「不動産投資の基礎知識」「不動産投資のリスクとは?」といった基本的な内容から「不動産投資のメリットとリスク」「投資用物件の見方・選び方」「購入前のチェックポイント」「売却時の戦略」など踏み込んだ内容まで、多岐にわたるトピックについて解説しています。また、セミナー限定物件の紹介や参加特典の書籍プレゼントなどもあります。

セミナー参加者からは、「短時間で最近の傾向・ポイントを知れて為になった」「リスクについても理解することができた」「購入前のチェックポイントを知ることができた」といった声が上がっており、セミナー参加後のアンケートでも満足度は95.8%(2018年10月同社調べ)となっています。


リピート・紹介率8割以上の東証1部上場企業、資産性の高い立地とデザインにこだわった新築マンションを提供「グローバル・リンク・マネジメント」

グローバル・リンク・マネジメントの不動産投資

グローバル・リンク・マネジメント(以下、GLM)は、不動産の開発から販売・管理までワンストップで行っている都内で有数の新築マンション投資会社です。東京23区・川崎駅から徒歩10分圏内でのみ開発を行っており、入居者率は99.67%(2019年2月時点)、国内で唯一7年更新のサブリース契約のため、長期間で賃料変動が少ないといった特長があり、安定した利回りを実現することが可能です。

また、金融機関の提携先も19社と豊富で、少ない頭金・低金利でローンが組むことできるという魅力もあり、成約の約8割がリピート・紹介という業界トップクラスの顧客満足度を誇ります。定期的に開催される少人数制セミナーは、注目エリアや物件の選び方、不動産投資のリスクなど初心者向けの内容となっていますので、0から不動産投資を学びたいといった方におすすめです。
グローバル・リンク・マネジメントの立地戦略


新築マンション投資で国内トップクラスの実績!創業39年の東証1部上場企業「FJネクスト」

FJネクストの不動産投資

FJネクストは、都内を中心に展開する高品質なブランドマンション「ガーラ」シリーズを提供している東証1部上場企業です。2015年・2016年の投資用マンション・事業主ランキングでは2年連続で第1位を獲得しています(不動産経済研究所調べ)。物件の82.5%で駅徒歩7分以内(98.8%で駅徒歩10分以内)という利便性にこだわった好立地戦略や入居者向けのコンシェルジュサービスなどを強みに入居率は99.0%(2019年3月末時点)を維持しています。グループ会社のFJコミュニティでは業界トップ水準となる14,000戸超の賃貸管理を行っており、管理ノウハウが充実しているほか、空室時の家賃保証もあるため、安定した利回りが実現可能です。また、建物管理についても清掃・点検・修繕・植栽保守などをきめ細やかに行っており、中古マンションの築年数が経っても建物の資産価値が落ちにくいという特長があります。




The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」