頭金(自己資金)500万円以上で始めたい方におすすめの不動産投資会社3選

自己資金500万円以上で始めたい方におすすめの不動産投資会社4選

不動産投資で500万円以上の自己資金を投下できる場合、投資対象はワンルームマンションからアパート一棟にまで選択肢が広がります。

ワンルームマンションかアパート一棟かは、不動産投資を拡大させていきたいかどうかで、どちらを選んだほうが良いかが変わってきます。たとえば、ワンルームマンションに投資する場合は、一戸に500万円の資金を投下するのは投資効率が低くなるため、2戸×250万円といった形で自己資金を少額に抑えて投資する方法がおすすめです。ワンルームマンション投資にご興味がある場合は、「自己資金100万円以下で始めたい」「自己資金300万円以下で始めたい」のページをご覧ください。

ただ、ワンルームマンション投資には、入居や利回りが安定しやすい一方で担保評価がつきづらいという側面もあります。アパートは担保評価が高くなるため、その後も物件を買い進めやすくなるため、不動産投資を拡大させていきたいという方に人気の投資です。

以下では、自己資金500万円以上で不動産投資を始めてみたいという方向けに、アパートや海外不動産の投資会社をピックアップしてご紹介して行きたいと思います。

自己資金500万円以上で始めたい方におすすめの不動産投資会社

アイケンジャパン

アイケンジャパンの不動産投資

アイケンジャパンは、2008年に創業した比較的新しい新築アパート投資の会社です。対象エリアを主要駅15分以内、入居者のターゲットは物件選びの目線が厳しい社会人女性に絞ることで、防音性・防犯性・デザイン性・コストパフォーマンスなどを追求し、98%以上(8年以上経った物件でも96%)の入居率を実現しています。アパート経営のノウハウと成功の秘訣が分かるDVD・資料を無料で提供してもらえますので、アパート経営についてきちんと勉強をしてから臨みたいという方は、まずは資料請求をしてみると良いでしょう。


インベスターズクラウド

インベスターズクラウドの不動産投資

インベスターズクラウドは、スマホアプリなどITを活用したサービス設計を強みにしている新築アパート一棟投資会社です。東証一部にも上場しており、信頼性と成長性が非常に高い企業です。都内のターミナル駅に接続の良いエリアなど、入居率ニーズの高い土地を厳選して直接マッチングし、デザイン性・機能性に優れたアパートを建てることで入居率は98.5%を実現しています。土地と建物の価格も1億円前後のものが多いため、500万円~700万円程度の資金があれば投資を開始することができます。収益シミュレーションも入居率や賃料下落、税金などを考慮したものとなっており、非常に信頼性が高いアパート投資会社と言えるでしょう。

自己資金500万円以上で始めたい方におすすめの海外不動産投資会社

また、海外不動産の購入は国内よりもローンが下りにくいため、自己資金のある方が有利な投資の一つとなります。海外不動産に投資するメリットは、国内よりも利回りが高くなること、不動産の売却益(キャピタルゲイン)を狙えること、為替差益などが期待できることなどです。

アパート・海外不動産、それぞれの会社から話を聞いてみて特徴を比較検討した上で判断をするのも良いでしょう。

ビヨンドボーダーズ

ビヨンドボーダーズの海外不動産投資

ビヨンドボーダーズは、海外不動産投資を手がける日本の会社です。社内には英語・中国語のネイティブスピーカーも在籍しており、海外不動産の購入時には物件選びから賃貸付け・管理・売却までワンストップで依頼をすることが可能です。現在の主要な投資国は、タイ・ベトナム・マレーシア・カンボジアなどの東南アジアやアメリカなどのエリアが中心ですが、今後はさらに投資エリアを拡大する予定となっています。また、初心者向けに海外不動産セミナーや現地視察ツアーなども開催していますので、海外不動産に関して情報収集をしたい方や購入を検討している方は、ぜひ一度相談されてみると良いでしょう。

まとめ

本格的に不動産投資を拡大させていきたい方にとって、一棟投資は非常に有効な投資手法となります。ただ、投資金額が高くなる分、ワンルームマンション投資などに比べて投資リスクも上がりますので、しっかりと付き合うべき投資会社を見極めてから、スタートすることをおすすめします。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」