レ・コネクションの評判・口コミ(京町家・ゲストハウス投資)

1. レ・コネクションの特徴・実績

レ・コネクションは、京文化の一つである京町家を後世に残していきたいという思いから、古くなった空家をリノベーションし、ニーズが高いゲストハウスとして再生している不動産投資会社です。投資エリアの分析から旅館業認可の取得、企画開発及び施工、その後の運営管理までをすべてサポートしてくれるため、投資家側は手間を掛けずに高利回りを狙うことができます。

レ・コネクションのゲストハウスは投資家自身の別荘としての利用や、法人の福利厚生施設として利用されるケースもあります。また、築年数の経っている物件をリノベーションしますので、購入後すぐに減価償却できる金額が区分投資などよりも大きく、特に京都市は流通相場価格より相続路線価がかなり低い傾向にあり、築後経年物件であれば建物評価額も低く設定されますので、さらに相続税対策として有効だと言えます。

運営会社名 株式会社レ・コネクション
運営サイトURL https://re-connection.co.jp/
本社所在地 京都市下京区室町通綾小路上る鶏鉾町500番地 鶏鉾ビル3F
設立 2016年
代表取締役 奥田 久雄
資本金 2,000万円(2019年3月時点)
社員数 21名(2019年5月時点)
上場有無 未上場
許認可 宅地建物取引業(京都府知事(1)第13702号)
(平成28年5月31日〜平成33年5月30日)
建設業(京都府知事 般-1 第41116号)
(平成28年12月26日〜平成33年12月25日)
投資対象 古民家投資・空き家再生・旅館投資・ゲストハウス投資・戸建て投資・ホテル投資など
主要エリア 京都市内
稼働率 74%(2019年4月平均)

※2019年7月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトを御覧ください。

2. レ・コネクションのおすすめポイント

  1. 歴史的文化価値の高い京町家をリノベーションしてゲストハウスに
  2. 期待利回り6%~12%、物件価格は5000万円から1億円
  3. 京町家の保存・活用、地域の魅力創出で社会貢献も
  4. 旅館業申請からゲスト対応、清掃業務まで一括サポート
  5. 別荘や法人の社員用福利厚生施設としても活用可能

2-1. 歴史的文化価値の高い京町家をリノベーションしてゲストハウスに

レ・コネクションは歴史的文化価値の高い町家をゲストハウスとしてリノベーションしている不動産会社投資会社です。

地元京都に精通した情報力による物件の仕入から、設計士によるプランニングや施工、各種申請書類の作成など宿泊施設の開業までのサポートをすべて行ってくれます。施工後のアフターフォローや宿泊施設の運営管理、清掃も委託することができるので安心して投資を行うことができます。

レ・コネクションの古民家リノベーション例

レ・コネクションの京町家リノベーション例

2-2. 期待利回り6%~12%、物件価格は5000万円から1億円

ゲストハウス投資は、ミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資商品の中でややハイリターン(期待利回り6~12%)を期待できる商品で、都心・築浅ワンルーム投資(期待利回り3~5%)などと比べても高いリターン水準となっています。

ゲストハウス投資のリスクと利回りのイメージ

ゲストハウス投資のリスク・リターンマップ

レ・コネクションの物件価格については5,000万円から1億円程度となっていますが、都心周辺での新築・築浅ワンルーム投資などと比べるとリスクが高めで融資額も上限まで下りにくいため、物件価格の2割~3割程度の頭金(自己資金)を用意する必要があります。

また、京都市全体の客室稼働率は86.4%(2018年時点)と引き続き高い水準を維持しており、インバウンドの増加などに伴い外国人利用割合も年々増加傾向にあります。

宿泊実人数・客室稼働率・外国人利用割合

項目 2018年 2017年 伸び率
日本人宿泊客数 2,062,716人 2,166,845人 ▲9.4%
外国人宿泊客数 1,229,030人 1,111,031人 5.3%
総宿泊客数 3,291,745人 3,277,876人 ▲4.4%

※伸び率については2017年と2018年の総営業部屋数の差異を補正反映している。

項目 2018年 2017年
総営業部屋数 3,460,668室 3,295,185室
総稼働部屋数 2,990,729室 2,903,572室
稼働率 86.4% 88.1%
外国人利用割合 43.9% 40.2%

※表はいずれも「平成30年外国人宿泊状況調査」(出典:(公社)京都市観光協会・(公財)京都文化交流コンベンションビューロー)より作成

2-3. 京町家の保存・活用、地域の魅力創出で社会貢献も

レ・コネクションでは、「人を結び 街を紡ぐ」をコンセプトに「紡 ~Machiya Inn~」というブランドを展開しています。宿泊施設を通じて、京都の文化や美しさを感じてもらいたいという思いがあります。

レ・コネクション紡

自社ブランド「紡 ~Machiya Inn~」は主に京町家をリノベーションした一日一組限定の一棟貸し宿泊施設で、古き良き京町家の趣を残しつつ、現代の快適性を併せ持った施設づくりを行っています。

レ・コネクションの物件に投資することで、収益機会を狙うことはもちろん、国内外から来られる様々なゲストへ京都らしさを感じる宿泊体験を提供することができます。また、京町家の保存・活用、地域の魅力創出、観光資源としての再生という社会貢献という側面も魅力の一つです。

レ・コネクション物件への投資による社会貢献

2-4. 旅館業申請からゲスト対応、清掃業務まで一括サポート

京町家の一棟貸しを中心に30棟以上の運営管理を行っているレ・コネクションは、物件の仕入や企画から旅館業の許認可取得、施設のセッティングやコーディネートなどの運営準備、そして実際の運営代行までも一括でサポートしています。投資家側が心配される購入後の煩雑な運営管理も任せることが可能です。

ゲストハウスの運営準備

  • 申請書作成・登記情報の取得
  • 保健所、消防署への事前相談
  • エリア価格帯に応じた各部屋のコーディネート
  • 家具家電、備品の発注・買い物代行、受荷・開梱、家具組立・設置
  • 物件情報の登録
  • 物件へのアクセスマップ作成、物件周辺のマップ作成
  • ハウスルール作成

ゲストハウスの運営代行

  • 予約、各種問い合わせ管理
  • 予約スケジュール管理、宿泊価格調整
  • チェックイン及びチェックアウト対応
  • 荷物の一時預かり
  • 宿泊中の問い合わせ対応
  • 宿泊中の集金代行
  • 宿泊者及び近隣の苦情処理の窓口
  • 宿泊予約サイトへの投稿レビュー管理
  • 宿泊施設の消耗品補充及び備品管理
  • 各ゲストのチェックアウト後の清掃業務の発注
  • 各種経費の管理・清掃業務

2-5. 別荘や法人の社員用福利厚生施設としても活用可能

レ・コネクションのゲストハウスは、セカンドハウスの性質も持ちますので、別荘や福利厚生施設としての活用も可能です。桜の季節や紅葉の時期などの繁忙期には宿泊施設の予約を取ることも困難な、観光地「京都」において物件を所有しているメリットを十分に感じることができます。

ゲストハウスとしての運用は、通常の別荘を購入されることとは異なり、①使用されない期間に貸し出すことで収益を上げられること、②定期的な清掃を行うことで物件を良好な状態で保つこと、③売却がしやすく出口戦略が立てやすいこと、といった特徴があります。

レ・コネクションの物件

3. レ・コネクションのメディア掲載実績・評判

  • 2019年7月 週刊ビル経営に京町家再生に関する事業展開と代表のインタビューが掲載
  • 2019年7月 全国賃貸新聞に閑散期における施設の活用方法に関する取り組みが掲載
  • 2019年7月 財経新聞に宿泊施設「紡」の展開の契機などが掲載
  • 2019年6月 京都新聞朝刊に「紡 伏見稲荷別邸」において開催された「子どもの非認知能力を育てる講座」の模様が掲載
  • 2019年5月 全国賃貸住宅新聞にクラウドファンディングを活用した「紡 石不動之町 京町家再生プロジェクト」の記事が掲載
  • 2019年4月 経営者向け雑誌『経済界』に新施設オープンの記事が掲載
  • 2019年2月 フジサンケイビジネスアイに代表のインタビューが掲載

4.レ・コネクションの購入可能な物件やシミュレーションを見る

レ・コネクションに問い合わせをすることで、無料で現在購入可能な物件の案内や購入後のシミュレーションの作成をしてもらうことが可能です。京町家、ゲストハウス運営、別荘・セカンドハウス、複数拠点での生活などに興味がある方は、ぜひ一度問い合わせされてみてはいかがでしょうか?

マンション投資会社の一覧

アパート経営の会社の一覧

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」