どこがおすすめ?初心者に人気の海外不動産投資セミナー4選

世界経済の好調を背景に海外不動産投資に興味を持つ方が増えていますが、ネットや書籍だけではリアルタイムの情報が得られないと悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は最新の海外物件の選び方や収益性が高い運用方法などを学べる海外不動産投資セミナーを4つご紹介します。

これから海外不動産投資を検討する方や、すでに海外物件を保有して方などにオススメのセミナーを厳選したのでぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. ビヨンドボーダーズ
    1. 東南アジアの物件が得意
    2. 初心者からセミプロまで手厚いサポート
    3. 購入から売却までワンストップ
  2. 3 フォーランドリアルティネットワークジャパン
    1. 収益を出す方法を詳細解説
    2. セミナー後には個別相談を実施
  3. ステイジアキャピタル
    1. 海外不動産投資のリスクを丁寧に説明
    2. 過去のセミナーレポートも公開
    3. 出口戦略まで丁寧に提案案
  4. ソロモンキャピタル
    1. 現地に支店を持つ
    2. アットホームな雰囲気が好評
  5. まとめ

1 ビヨンドボーダーズ

海外不動産ポータルSEKAI PROPERTY海外不動産投資を物件選びから賃貸管理、売却までワンストップで手掛けるビヨンドボーダーズが開催するセミナーです。無料セミナーは主に東京で行われ、個別物件の紹介を中心に投資に関するさまざまな情報を得ることができます。

1-1 東南アジアの情報がメイン

ビヨンドボーダーズのセミナーの特徴は、「主に東南アジアの不動産を対象としていること」「日系・現地の大手デベロッパーの開発物件のみを紹介していること」などが挙げられます。

たとえばプレビルドのコンドミニアムを購入する場合、手掛けているのが信頼できるデベロッパーかどうかを確認することが重要ですが、その点、ビヨンドボーダーズが紹介する物件は安心できるという理由から人気を集めています。

1-2 初心者からセミプロまで手厚いサポート

2番目の特徴としては、購入を検討している初心者から、すでに物件を保有して売却を考えている投資家まで、幅広くサポートする内容となっている点です。

海外不動産投資の基本に関するセミナーでは、初心者が抱く疑問に応える講習を実施しています。「どの国で投資をすれば最も高い収益を得られるのか」「物件購入後の工事に関するトラブルやリスクにはどのようなものがあるか」など丁寧に解説しています。リスクを回避し、収益性を高めるために必要な知識を得られる内容となっています。

たとえばマレーシア不動産におけるセミナーでは、総階数48階、総戸数288戸からなるリッツカールトンの有名ホテルレジデンスの紹介を中心に、投資初心者を対象として、定員15名、開催時間15:00〜17:00でセミナーが行われました。(2018年6月30日実施)。

またマレーシアで不動産を保有している投資家のために、過去1万件の売却データをもとに「できるだけ高く、早く売る」方法に関するセミナーが開催されています(2018年7月3日実施)。

1-3 購入から売却までワンストップ

さらにビヨンドボーダーズでは購入から売却までをワンストップでサポートしているため、物件購入後も安心して依頼することができます。手続きは全て日本人のアドバイザーが日本語で対応するため、これまで外国語習得で海外投資を断念していた方も安心して取り組むことができます。

東南アジアの不動産投資を検討している人は、気になるセミナーがあれば早めに予約を入れると良いでしょう。

2 フォーランドリアルティネットワークジャパン

フォーランドリアルティネットワークジャパンハワイや東南アジア(シンガポール・マレーシア・フィリピン・タイ・カンボジア)を中心に、不動産投資に関する無料のセミナーを開催しています。現地の最新情報をいち早く得られること、個別に物件情報を入手できることなどが特徴です。特に東南アジアでは不動産に関する法制度がよく変わるため、常に最新の情報を入手できるセミナーは人気があります。

2-1 収益を出す方法を詳細解説

セミナーではたとえば、ハワイの大規模タウンシップ開発プロジェクト「ワードビレッジ」など人気物件の詳細情報を入手することができます。このほかハワイでの不動産マーケットの概況から物件購入の具体的な方法まで丁寧に紹介しています。

また、「キャピタルゲインとインカムゲインによる資産形成のための具体的な方法」「物件開発が進む中で収益性の高い狙い目のエリア情報」「実際に投資をして収益を生み出している実例紹介」など、セミナーごとにテーマを設けて収益を出すために役立つ情報を提供しています。

2-2 セミナー後には個別相談を実施

セミナーを受講した後には個別相談を行う場合もあります。物件の条件や購入予算などのヒアリングを行い、投資家の要望に沿う最適の物件を紹介してもらうことができます。また、必要な諸手続きや現地視察の予約案内なども行っています。

セミナーは主に東京の帝国ホテルで金曜日と土曜日に開催されています。個別相談を受ける場合、予約できるのは1回のセミナーで最大2組までとなっているため、早めの予約が必要です。
このほか現地の物件視察ツアーも開催するなど、セミナーで知りたい情報を得たあとはすぐに物件探しに向かうことができるのもメリットです。

3 ステイジアキャピタル

アジアや米英の物件を扱うステイジアキャピタルステイジアキャピタルはアジアや米英の物件を中心に不動産投資コンサルティングサービスを展開しています。海外での不動産投資と開発のコンサルティング会社として設立からわずか5年で急成長した会社で、もともと中国での駐在員向け賃貸住宅の仲介業務を行っていましたが、現在では物件の開発まで手掛けています。この会社のセミナーは投資家からの評価も高く、蓄積されたノウハウを活かしたセミナーとして定評があります。

3-1 海外不動産投資のリスクを丁寧に説明

たとえば、「国内銀行のローンを利用したアメリカテキサス州における不動産投資」というテーマを絞ったセミナーでは、講師自身が過去に行った不動産投資の成功と失敗の事例をもとに、リスク回避はどのように行うかなどをわかりやすく解説する内容となっています(2018年7月7日実施)。

3-2 過去のセミナーレポートも公開

このほかハワイの最新物件と税制改正のポイントについて解説したセミナーではハワイのリアルなマーケット情報を得ることができるとともに、今年改正された税制について不動産投資に影響するポイントを効率良く把握できる内容になっています(2018年3月24日実施)。

このように刻々と変わる不動産投資事情の情報をいち早く入手できるのも、ステイジアキャピタル社の魅力です。過去に開催されたセミナーのレポートもホームページで公開されているため、気になる方は調べてみましょう。

3-3 出口戦略まで丁寧に提案

このほか物件選びから購入の手続きとローンの申し込み、さらには賃貸の仲介や売却手続きなども依頼することができます。運用益を最大化するための物件提案と売却に至るまでの出口戦略の立案などをセミナーに取り入れており、さらに税金対策や相続にも対応しています。

セミナーをきっかけに海外不動産投資の勉強から実際の運用までをワンストップで頼ることができるのも不動産投資のビギナーに人気がある理由です。

4 ソロモンエステート

ハワイやタイの物件を中心に取り扱うソロモンエステートハワイやタイの物件を中心に取り扱うソロモンエステート(JITホールディングス株式会社が運営)の不動産投資セミナーです。現地に支店を持つことで、鮮度の高い情報提供を実現しているのが最大の特徴です。特にネットから得られる情報が少ないバングラデシュの不動産投資情報は豊富で人気となっています。なお、セミナーは大阪を中心に開催されています。

4-1 現地に支店を持つ

海外不動産投資では購入後のサポートが最も大切とも言われます。たとえばタイの不動産投資を紹介するセミナーは、現在のタイの市況やタイにおける不動産投資の魅力を紹介するなど基本的な内容ですが、現地に支店があることから、物件を購入した後の運用や管理に関する心強いサポートを適宜受けることができます。

4-2 アットホームな雰囲気が好評

ハワイのホテルオーナーを検討している投資家に向けたセミナーでは、東京オフィスの応接室を使って、4名を対象に座談会形式でアットホームな雰囲気の中で開催されました。受け身で講習を受けるというよりも、常にコミュニケーションを図りながら主体的に参加できるセミナーとなっており、好評です。

5 まとめ

セミナーに参加して必要な情報を得たあとは、物件選びに移ることになります。これまで紹介したセミナーを主催する不動産会社は物件管理のサポートや売却に関する相談も受け付けているため、特に初心者の方にオススメです。

このほか将来的にハワイなどのリゾート地への移住を考えている方、当面は賃貸運用を行い将来は自分たちが住む目的で海外不動産購入を検討しているという方もぜひ一度不動産投資セミナーに足を運んでみてください。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」