入居率が高い(99%以上)不動産投資会社5選

入居率が高い(99.0%以上)のおすすめ不動産投資会社3選

不動産投資初心者が、投資を始める前に最も気になるのが空室リスクです。高い利回りであっても満室でなければ実現できない数値ですので、きちんと入居が見込めるかどうかというのは非常に気になるポイントです。

入居率の高さは、賃貸需要のあるエリアかどうか、物件のグレード、最新設備、賃料の設定、賃貸管理・建物管理のきめ細やかさなどによって大きく上下します。ただ、初心者の方にとって、これらすべてを適切に見極めることは至難の業と言えるでしょう。

そこで、この記事では入居率が高く、実績が豊富なマンション投資会社をピックアップしましたので、ぜひ会社選びの際のご参考になさってみて下さい。

入居率が高い(99%以上)不動産投資会社5選

入居率99.38%、バブル期~築浅まで月100件以上の物件を用意、都内の中古ワンルームで30年の豊富な実績「日本財託」

日本財託の中古マンション投資

日本財託は、東京23区の中古ワンルームマンション投資を手がける不動産投資会社です。1990年創業からバブル崩壊を乗り越えて今も堅実な成長を続けている大手企業で、マンション管理戸数23,853戸、入居率99.38%、販売物件入居率99.01%、マンションオーナー数は8,526名(※数値はいずれも2021年4月末時点)という、トップクラスの実績があります。30年以上にわたる実績が評価され、豊富な提携金融機関があり、比較的低い金利・少ない頭金でローンを組むことができます。

日本財託は管理会社として、賃貸管理に徹底したこだわりを持っていることも特徴の一つです。5,000社以上の賃貸仲介会社とのネットワークをはじめ、賃貸仲介会社へのインセンティブ制度などの空室を埋める取り組みの数々に加え、物件販売社員数の4倍以上のスタッフが専門分業制で賃貸管理業務を行っています。

さらに、日本財託は顧客との信頼関係を第一に考えており、強引な営業やしつこい電話セールスは一切しないというスタンスを貫いているため、実際に利用された方からは「不動産会社のイメージが変わった」という口コミも多数寄せられています。

日本財託が定期的に開催しているセミナーでは、バブル崩壊、リーマンショックを乗り越えて、賃貸管理会社として30年間培ってきた経験をもとに導いた「失敗しない不動産投資のノウハウ」を紹介しています。これまで延べ25,000人以上が参加した人気セミナーを自宅のパソコンやスマートフォンから気軽に学べるオンラインセミナーでも行っています。またセミナーアンケート回答や相談申込で、不動産投資の理解に役立つeBookや書籍をプレゼントしてもらえます。希望者は月100件以上の豊富な選択肢の中から初めての方にも取り組みやすい投資物件の紹介を受けることもできます。


築年数が経っても入居率99%(※)、初心者向けの無料ノウハウ資料あり「シノケンプロデュース」

シノケンプロデュースの評判・口コミ

シノケンプロデュースは、年間着工数ランキングNo.1(全国賃貸新聞調べ・2015-2019年度5年連続)を誇るジャスダック上場企業「シノケングループ」の企業です。日本で初めての100%融資でのアパート経営を可能にした、ローン融資に強い会社でもあります。業界初の頭金が少なくても始められるアパート経営や土地がなくても始められる不動産投資など、アパート経営のノウハウがよく分かるWEB限定スペシャルムービーとパンフレットを無料でもらえるので、不動産投資で安定した収益を得たいサラリーマンの方におすすめです。※入居率は2020年6月時点


厳選した資産性の高いワンルームで入居率99.33%、新築・中古どちらも投資可能な東証1部上場企業「プロパティエージェント」

プロパティエージェントの評判・口コミ

プロパティエージェントは、東京23区・横浜エリアに集中したマンション開発・販売により入居率99.33%(2021年4月時点)の実績を有する東証1部上場企業です。扱う物件は新築マンションと中古マンションのハイブリッドとなっています。

新築マンション投資では、土地選定から建物の企画開発までをワンストップで手がけることで品質を担保したマンション供給を実現しており、上場企業ならではの資本力や交渉力も魅力です。

一方、中古マンション投資では資産性・収益性・移動率の3軸から定量的に評価するスコアリングを用いて、将来にわたって高い資産性を維持できる物件を厳選し仕入れています。また、建物管理事業を備えているため、中古マンション投資のリスクの一つである購入後のコストについても、当該物件の将来にわたり物件の資産性を維持するための必要なコストを見通すことが可能です。

提携金融機関も10社以上と充実しており、物件の担保力の高さからフルローンでの融資実績が非常に豊富です。賃貸管理や確定申告サポートなどアフターフォローも充実しています。2018年に行われた投資用マンションオーナー3,000人に対して行われた調査では、3年連続で顧客満足度・第1位(アイ・エヌ・ジー・ドットコム 調べ)を獲得しています。

プロパティエージェントでは、初心者向けに「0から始める不動産投資セミナー」を定期開催しています。セミナーでは、「不動産投資の基礎知識」「不動産投資のリスクとは?」といった基本的な内容から「不動産投資のメリットとリスク」「投資用物件の見方・選び方」「購入前のチェックポイント」「売却時の戦略」など踏み込んだ内容まで、多岐にわたるトピックについて解説しています。また、セミナー限定物件の紹介や参加特典の書籍プレゼントなどもあります。

セミナー参加者からは、「短時間で最近の傾向・ポイントを知れて為になった」「リスクについても理解することができた」「購入前のチェックポイントを知ることができた」といった声が上がっており、セミナー参加後のアンケートでも満足度は95.8%(2018年10月同社調べ)となっています


23区の中古マンション投資で入居率99%、入居待ちも多く中長期で安定した賃料収入が期待できる「リズム」

中古ワンルームマンション投資のリズム株式会社

リズム株式会社は、東京23区の中古ワンルームマンション投資やリノベーション投資などを手がける不動産投資会社です。ビッグデータ分析に基づき厳選されたリズムの物件は、その9割以上が2,800万円以下と始めやすい価格帯の中古マンションとなっています。リズムの物件は継続的に所有し、のちにリノベーションを施し付加価値の高い空間を創り上げることで、購入後の値上がり益も期待できます。また、購入後の入居率は99.0%(2018年9月現在)とトップクラスの水準となっており、空室リスクを心配せずに投資を進めることが可能です。

リズムのリノベーション物件は、「持つ人」と「住む人」の価値を見極めて、空間のバリューアップを行っています。不動産における資産価値の向上を追求することで、「住む人」の個性と強いニーズに応える物件として、リズムのリノベーション物件は「待ってでも住みたい」というウェイティング者(入居待ちの方)が40人つくなど高い稼働率を誇っています。

リズムのリノベーション物件の例

リズムのリノベーション物件

また、インスペクションサービスも提供しており、購入前に建物を徹底的に調査してもらうことが可能です。建物の不具合による雨漏りや給排水管の漏水等の思わぬ出費などのトラブルを未然に防ぐ取り組みを積極的に行うことで、投資家と入居者をリスクから守る取り組みをしています。

そうしたインスペクションやリノベーションへの徹底したこだわりが評価され、業界初の優遇金利1.6%(頭金により1.4%)を実現することができています。また、オーナーの4割以上が頭金10万円以内で始めることができており、最長45年のローンを組むことができるなど、自己資金をできるだけ手元に残しておきたいという方や毎月の支出を抑えたいという方からも人気があります。

リズムでは、定期的に無料セミナーを開催しており、「オリンピックによる不動産市場への影響とは?」「統計データに基づいた不動産投資成功のファクターとは?」「物件選びのポイント」などについて深く学ぶことができ、セミナー参加者の満足度は99.3%(※リズム社調べ)と高くなっています。–>

The following two tabs change content below.
アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」