HEDGE GUIDE Social Lending とは?

HEDGE GUIDE Social Lending は、ソーシャルレンディングに知見が深い編集部メンバーが、ソーシャルレンディングに関する国内外の最新ニュース、ソーシャルレンディング投資に必要な基礎知識、プロジェクト選定のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。

ソーシャルレンディングに関するニュースの一覧

ソーシャルレンディングに関する国内・海外の最新ニュースをまとめています。

ソーシャルレンディング

クラウドポート「2017年ソーシャルレンディング業界レポート」公表、市場規模1,300億円突破

ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」を運営する株式会社クラウドポートは2月2日、「2017年ソーシャルレンディング業界レポート」を公表し、その中で日本のソーシャルレンディング市場規模が1,300億円を突破したことを明らかにした。
どんな人が不動産投資をやっているの?ソーシャルレンディング

観光・ヘルスケアをはじめとする成長分野の不動産を対象としたソーシャルレンディングがファンド資金の募集を発表

プレリートファンド株式会社は12月1日、不動産特化型のクラウドファンディング「プレリートファンド」において12月18日から投資を募ることを発表した。同サービスは、maneo(マネオ)マーケット株式会社との協働で提供する

ソーシャルレンディングに関するコラムの一覧

ソーシャルレンディングに関するコラムをまとめています。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングを徹底比較!投資手法、会社・サービスを全比較

ソーシャルレンディングは現在投資家が急増しており、非常に注目が集まっている投資です。ただ、ソーシャルレンディングは新しい投資となりますので、現在ご検討中の方の中には「ソーシャルレンディングがどのような投資か分からない」「他の投資と比較して特徴やメリット・デメリットを知りたい」とお考えの方も多いのではないかと思います。
ソーシャルレンディング

始める前に知っておきたいソーシャルレンディングのリスクをわかりやすく図解!

ソーシャルレンディングは、ウェブ上などで簡単に投資ができるというメリットがある一方で、元本を毀損するリスクも少なくありません。この記事では、重要事項説明書に書いてあるソーシャルレンディングのリスクについて、全体図にまとめてみましたので、一つ一つ解説をしていきたいと思います。
ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングはなぜ人気?投資目的や向いている人は?

「ソーシャルレンディング」という言葉の最近の検索トレンドを見てみると、昨年同月比で3倍以上に伸びており、2017年に入ってから急激に注目度が高まってきていることが分かります。では、なぜソーシャルレンディングはこれほどまでに人気を博しているのでしょうか?この記事では、ソーシャルレンディングが人気の理由と投資家の投資目的、向いている人などについて解説していきたいと思います。
ソーシャルレンディングで重要な不動産ファイナンスの知識~シニア、メザニン、エクイティとはソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングで重要な不動産ファイナンスの知識~シニア、メザニン、エクイティとは

日本のソーシャルレンディング投資では、不動産事業へのファイナンスが大きな割合を占めます。そのため、ソーシャルレンディングを検討するにあたり、不動産に対するファイナンスがどのように行われているかを知ることが大切となります。この記事では、不動産開発における資金調達のイメージや、融資の仕組み、ソーシャルレンディングの融資がどのように行われているかなどをご紹介したいと思います。
1万円で始められる不動産投資、小口・短期・高利回りでサラリーマンに人気ソーシャルレンディング

1万円で始められる不動産投資、小口・短期・高利回りでサラリーマンに人気

不動産投資に興味はあるものの、投資は始めていないという方からよく聞く声が、「不動産投資は投資金額が大きくて怖い」「ローンを借りてまで投資はしたくないけど、預金は運用してみたい」というものです。この記事では、気軽に始めることができる新しい不動産投資の手法について、詳しくご説明をしていきたいと思います。
投資家急増中「ソーシャルレンディング」とは?~仕組みや市場規模から事業者の一覧などソーシャルレンディング

投資家急増中「ソーシャルレンディング」とは?~仕組みや市場規模から事業者の一覧など

ソーシャルレンディングは、「お金を借りたい人」(ボロワー)と「お金を貸したい人」(レンダー)をインターネット上でマッチングするサービスで、貸付型クラウドファンディングや投資型クラウドファンディングと呼ばれることもあります。投資対象は不動産などが多く、金融機関や機関投資家だけが行っていた大規模な融資事業に、一般投資家や個人が小口から参加できるようになったものとなります。