オーナーズブック(OwnersBook)の評判・口コミ・口座開設

オーナーズブック

1. オーナーズブック(OwnersBook)の特徴

オーナーズブックは、東証マザーズ上場企業100%子会社のロードスターインベストメンツ株式会社が運営しています。親会社であるロードスターキャピタルは、代表がゴールドマン・サックスグループで勤務経験があり、ボードメンバーも金融業界出身多数ということで金融のプロが多数在籍している上場会社です。オーナーズブックでは貸付型の投資案件に、返済金額をカバーできる可能性が高い不動産を担保に設定することで、返済リスクを軽減する取り組みを行っています。

また、オーナーズブックに掲載されている全ての案件は、不動産鑑定士を含む不動産投資の専門家が精査したものとなっています。シニアローンとしての貸付やエクイティ投資等まで用意しており、個々の投資家のリスク許容度に応じて不動産の投資タイプを選択することができます。

会社名 ロードスターインベストメンツ株式会社
サイトURL https://www.ownersbook.jp
本社所在地 東京都中央区銀座1丁目10番6号 銀座ファーストビル2F
資本金 50百万円(資本準備金とあわせて80百万円)
売上高 169億7,900万円(※グループ全体、2020年12月期実績)
上場有無 親会社であるロードスターキャピタルが東証マザーズ上場
サービス開始年月 2014年9月
参考利回り 3.0%~5.0%
投資金額 1万円から
投資実行額・応募総額 240億円超(2021年9月時点の投資実行済案件総額)
運用期間の目安 3ヶ月~37ヶ月
投資家会員数 24,047名(2020年12月末時点)

※2021年10月時点の情報となります。最新情報に関しては上記サイトを御覧ください。

2. オーナーズブックに関するニュース

3. オーナーズブックのメリット

  1. 資本金20億円超、上場企業が運営、6期連続増収増益
  2. 利回り3.0%~5.0%、投資額1万円・最短1ヶ月から
  3. リスク許容度に応じた投資が可能、貸付型の全投資案件に担保不動産あり
  4. 出資金の運営、案件管理、貸し倒れリスク低減策を徹底
  5. 口座開設・口座維持管理・案件取引の手数料は全て無料

3-1. 資本金20億円超、上場企業が運営、6期連続増収増益

運営企業の親会社であるロードスターキャピタルは、2017年9月に東証マザーズに上場しています。資本金は準備金を合わせると20億円超と大きな資本規模であるという点や、会社全体の売上・利益も2021年時点で8期連続で増収増益を続けており、他のソーシャルレンディング会社と比べると倒産リスクやサービス停止のリスクは非常に少ないと言えるでしょう。

また、上場企業ということで取引面でもサービス拡大に期待できます。たとえば、松井証券(開設口座・111万口座)やオリックス銀行と業務提携をしており、オーナーズブックの会員数増加・資金移動の連携や債務者(ボロワー)紹介や案件数の増加などが見込まれています。

3-2. 利回り3.0%~5.0%、投資額1万円・最短1ヶ月から

オーナーズブックには不動産開発の融資案件が多数掲載されており、今まで法人しか参加できなかった規模の不動産の融資プロジェクトに、少額かつ短期間で投資できることが大きな特徴です。

オーナーズブックの利回り

実際の利用状況を見てみると、オーナーズブック利用者の約8割が会社員、投資金額は10万円以下が約4割(2017年7月1日時点)となっている一方で、1000万円超の大口投資家も存在しており、投資初心者から大口投資家まで幅広く利用されているサービスです。

また、オーナーズブック利用者の半数以上が株式・投資信託を併用して運用しており、分散投資先としての期待も大きいことが分かります。

3-3. リスク許容度に応じた投資が可能、貸付型の全投資案件に担保不動産あり

シニアローンとしての貸付やエクイティ投資等まで用意しており、個々の投資家のリスク許容度に応じて不動産の投資タイプを選択することができます。

以下のように、投資案件ごとに「担保物件のロケーション」「稼働率」「貸付先の信用力」の評価を表示しているため、投資案件のリスクが分かりやすくなっています。

オーナーズブックの投資案件リスク表示

また、オーナーズブックに掲載されている貸付型の投資案件では、返済金額をカバーできる可能性が高い不動産を担保に設定することで、返済リスクを軽減しています。

また、オーナーズブックに掲載されている全ての案件は、不動産鑑定士を含む不動産投資の専門家が精査したもので、流動性が高い東京エリアの物件となっています。(なお、担保回収時に不動産の資産価値が下落している場合には、元本割れとなるリスクはありますのでご注意下さい)

3-4. 出資金の分別管理、案件管理、貸倒れリスク低減策を徹底

オーナーズブックでは、ソーシャルレンディングで問題になりやすい出資金の運営、案件管理、貸し倒れリスクの3点に関して、以下のような形で取り組んでいます。

オーナーズブックの各案件と出資金の運営について

オーナーズブックにおいて投資家の出資金は、金融商品取引法等に定められている通り、ロードスターファンディングにて自らの財産とは厳格に分別し、口座上と帳簿上の管理を徹底しています。

その上で、オーナーズブックの全ての金銭の移動については、ローン契約や匿名組合契約といった契約書または約款に基づく適法な契約関係に基づいて的確に実施されています。

オーナーズブックの案件管理について

オーナーズブックの貸付型案件に関する情報開示方針は、下記となっています。

情報開示内容
  • 貸付条件(貸付金額、金利、貸付予定日、貸付期間)
  • 回収可能性に影響を与える情報(担保不動産の大まかな所在地・評価額・物件概要)
  • 借入人の財務状況又は財務情報の概要
  • 借入人に債務超過、返済猶予を受けている等の事実があるか否か
借入人に開示を促す内容
  • 担保不動産の物件名、所在地
  • 法人名

また、ロードスターインベストメンツは第二種金融商品取引業の登録を受け、貸金業登録を受けたロードスターファンディングと密に連携を取りながら案件を管理・運営しています。

オーナーズブックの貸し倒れリスク低減の方策

万が一債務者が融資金額を返済できなくなった際には、設定担保権を実行することで担保不動産からの回収を図ります。

案件の担保の評価は、自社の不動産投資のプロによる評価に加えて、外部の専門家による査定に基づく二重のチェックを行い、[オーナーズブック評価額]を決定しています。

3-5. 口座開設・口座維持管理・案件取引の手数料は全て無料

オーナーズブックでは、会員登録・口座開設・口座維持管理・案件取引時の手数料はすべて無料(0円)となっています。一方、オーナーズブックの投資口座への振込手数料および指定口座への払戻手数料は300円+消費税の負担となっています。

手数料 金額
会員登録の手数料 無料(0円)
口座開設の手数料 無料(0円)
口座管理の手数料 無料(0円)
ファンド購入時の手数料 無料(0円)
投資口座への振込手数料
(お客様口座 → 投資口座)
お客様負担
払戻しの手数料
(投資口座 → お客様口座)
300円(+消費税・地方消費税)

4. 初心者向け、経験者向けでそれぞれ無料セミナーを実施

オーナーズブックの無料セミナー
オーナーズブックでは、ソーシャルレンディングの始め方から、具体的なプロジェクトやソーシャルレンディングの投資リスクなどについて説明を受けることができる無料セミナーを実施しています。ソーシャルレンディングやオーナーズブックのサービスに関して、疑問や不安がある場合は足を運んでみると良いでしょう。

クラウドファンディング初心者向けコース

こんな方におすすめです。

  • 株式や投資信託には投資経験があるが(又は興味があって勉強しているが)クラウドファンディング、ソーシャルレンディングのご経験がない方
  • 不動産の知識が全くない方
  • マンション投資やJ-REIT含め、不動産投資のご経験がない方
  • 案件詳細ページの見方をくわしく知りたい方
  • まずは少額投資してみたい方

第1部:オーナーズブックの概要説明

・なぜ不動産へ投資を行うのか
・その中でもなぜクラウドファンディングなのか
・クラウドファンディングにおけるOwnersBookの特徴について
・OwnersBookを運営会社の事業内容
・今後の展望について

第2部:座談会形式での質疑応答

・オーナーズブック運営会社の役職員を交えた座談会形式で、参加者の疑問を解消

クラウドファンディング経験者向けコース

こんな方におすすめです。

  • クラウドファンディング、ソーシャルレンディングのご経験があり、今後より積極的に投資していきたい方
  • 不動産の知識が少しでもある方
  • マンション投資やJ-REIT含め、不動産投資のご経験がある方
  • 案件詳細ページを基本的に理解していて、さらに深く内容を知りたい方
  • 投資額を増やそうと考えている方

第1部:オーナーズブックの概要説明

・クラウドファンディングにおけるオーナーズブックの特徴を深掘り
・オーナーズブックの運営会社の事業内容
・今後の展望について

第2部:座談会形式での質疑応答

・オーナーズブック運営会社の役職員を交えた座談会形式で、参加者の疑問を解消

5. オーナーズブックで投資を始めるまでの流れ

オーナーズブック投資実行までの4STEP
  1. STEP1 オンラインで投資家申請
  2. STEP2 スマホでクイック本人確認/本人確認ハガキの受け取り
  3. STEP3 入金
  4. STEP4 投資実行

STEP1 オンラインで投資家申請

無料会員登録ページから、メールアドレス、氏名、住所、銀行口座等の入力をして、本人確認書類を提出すれば申請は完了となります。作業時間は最短3分です。パソコン・スマートフォンどちらからでも申請可能です。

STEP2 スマホでクイック本人確認/本人確認ハガキの受け取り

「スマホでクイック本人確認」(本人確認書類+顔認証)を行った場合は、本人所在確認ハガキの受領手続き無しで、本人確認を完結することができ、3営業日で投資家会員になることが可能です。

ハガキ受け取りによる本人確認の場合は、申請情報をもとに投資家審査が行われ、審査通過後に登録住所へ本人所在確認のため、簡易書留にてハガキが郵送されます。ロードスターインベストメンツ社にて、ハガキ(簡易書留)受領の確認が取れ次第、投資家登録の手続きは完了となります。投資家会員になるまでの日数は5営業日となります。

STEP3 入金

専用の振込口座情報は郵送のハガキ、またはログイン後の「入金する」で確認可能です。指定口座に投資用資金の振込をしましょう。

STEP4 投資実行

振込金額はログイン後の「投資口座情報」で確認可能です。投資期間や、利回り・リスクなどから案件の比較検討をして、気に入った案件を選んで投資に応募して下さい。

6. オーナーズブックの口コミ・評判

オーナーズブックの投資家

1万円で投資を始めてみました


これまでにFXの投資経験がありますが、新しい投資を検討していたところでオーナーズブックのソーシャルレンディングサービスを知りました。どのようなリスクがあるかが分からなかったので、まずは1万円で1年間投資をしてみたところ、予定利回りの5%がしっかりと確保できました。今後は、投資額を拡大して分散投資先の一つとして活用していきたいと考えています。
オーナーズブックの投資家

不動産のプロが厳選した物件なので投資しています


オーナーズブックは、オフィスファンドがメインですが、不動産のプロが厳選している物件なので信用しています。利回りがそこまで高くはないですがリスクが他社より低いと思います。途中解約ができないので、私は無理のない予算で投資をする事を大切にしており、現在は投資額50万円を利回り4%~5%、運用期間3ヵ月前後で投資をしています。

オーナーズブックの口コミをもっと見る

7. オーナーズブックの担当者インタビュー

オーナーズブック担当者
オーナーズブック
担当者

ソーシャルレンディングは、現状ルールでは投資家のみなさまが担保物件を直接確認できず、商品設計の内容がどうしても「ブラックボックス」にならざるを得ません。この状況においては、

  • どの案件(貸付先・担保)はリスクが高くどの案件はリスクが低い、という見極めを十分に行うことができる
  • 借入人にとって無理が生じず、かつ投資家にとってある程度旨味のある予定利回りを設定することができる

という事業者を考慮されることをお勧めいたします。

また、ソーシャルレンディングでは運用終了までは途中解約をできないため、分散投資されることをお勧めいたします。OwnersBookにおいてはA社、B社など債務者のコードは同じ会社を意味します。つまり、OwnersBook内でも一定の分散投資が可能です。運営会社単位の分散投資と合わせてご検討いただければと存じます。

OwnersBookは1万円から投資が可能ですので、不安がある方はまず少額から始めていただければと思います。また、一般的に住宅はオフィスよりも賃料や売買価格の変動リスクが少ない傾向がありますので、この点も参考にしてみてください。

8. オーナーズブックの無料会員登録・口座開設

オーナーズブックに会員登録をすることで、投資口座の開設や募集を開始した案件の最新情報をメールで受け取ることができるようになります。

ソーシャルレンディング・クラウドファンディング会社

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチーム

HEDGE GUIDE 編集部 ソーシャルレンディングチームは、ソーシャルレンディングや金融知識が豊富なメンバーがソーシャルレンディングの基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」