Tポイントで株式投資「ネオモバ」と他ポイント投資サービスを徹底比較

最近、買い物や各種支払いに利用できる共通ポイントを使用した「ポイント投資サービス」が各社から提供されています。中でもメジャーな共通ポイントであるTポイントが使える株式投資サービスの「ネオモバ」は、少額から手軽に始められるため人気です。

そこで、この記事では、「ネオモバ」の特徴や他のポイント投資サービスとの違いを詳しくご紹介していきます。どのポイント投資サービスを選べばいいのかで悩んでいる方は、参考にしてみてください。

目次

  1. Tポイントで株式投資ができるネオモバとは
  2. その他のポイント投資サービス
    2-1.楽天証券の「投資信託ポイント投資サービス」
    2-2.NTTドコモのdポイント投資
    2-3.セゾン永久不滅ポイント投資
  3. ネオモバが向いているのはどういう人?
    3-1.少額で株式投資を始めたい人
    3-2.現金を使った投資が不安な人や投資初心者
    3-3.Tポイントを有効に活用したい人
    3-4.スマホで手軽に投資をしたい人
  4. まとめ

1 Tポイントで株式投資ができるネオモバとは

SBIネオモバイル証券・ネオモバ
サービス名 ネオモバ
URL https://www.sbineomobile.co.jp/
運営会社名 株式会社SBIネオモバイル証券
本社所在地 東京都港区六本木1-6-1
設立 2018年
代表取締役 代表取締役会長 髙村 正人
代表取締役社長 小川 裕之
資本金 /
資本準備金
35億円
主な株主 SBI証券、CCCマーケティング
上場有無 非上場
サービス開始年月 2019年4月
ポイントの換金率 1ポイント=1円
ポイント利用単位 1ポイント以上、1ポイント単位
運用手数料 【月間の株式取引約定代金合計額:サービス利用料(税別)】
0円~50万円以下:200円
50万円超~300万円以下:1,000円
300万円超~500万円以下:3,000円
500万円超~1,000万円以下:5,000円
以下100万円ごとに1,000円が加算(上限なし)(2019年4月時点)
最低投資金額 数百pt~
入金方法 銀行振込、即時入金手数料(住信SBIネット銀行のみ)、クレジットカード引き落とし
特定口座(源泉徴収あり) 選択可能(確定申告不要)
投資対象 株式、ETF、REIT
キャンペーン情報 2019年8月23日午前9時から2019年11月29日午後5時までの期間で、SBIネオモバイル証券(ネオモバ)口座保有者限定(本キャンペーン期間中の新規口座開設者も対象)で、SBIグループが運営する仮想通貨取引所「VCTRADE」にて新規口座開設を行い、キャンペーン専用画面からエントリーを行った方全員に1,000円相当のXRPをプレゼント

ネオモバは、日本全国の提携先で使えるTポイントを利用した株式投資サービスです。1ポイントが1円相当に換算され、数百円から有名企業の株式や国内ETF(国内上場投資信託)、REIT(国内不動産投資信託)を購入することができます。

通常の株式投資では、1単元(=100株)ごとに取引することになるため、大きな資金が必要になることもありますが、ネオモバでは1株から取引可能で、中には1株500円未満で購入できるものもあります。ハードルの高かった株式投資をスマートフォンで手軽に始められるのがネオモバの特徴となります。

なおネオモバのサービス利用料金は、月間の株式約定代金の合計額が50万円以下の場合、サービス利用料が月額220円(税込)となります。ただし「期間固定Tポイント」が毎月200ポイント貰えるため、差し引き毎月20円でサービスを受けることができます。

・月間のサービス利用料金
ネオモバ料金体系

また、ネオモバは、ロボアドバイザーによる資産運用サービス「WealthNavi for ネオモバ」も提供しています。

ロボアドバイザーとは、利用者の投資方針やリスク許容度を分析してアドバイスしたり、各利用者に合う運用プランを構築して資産運用を自動(一部)で行ってくれたりする投資サービスです。

「WealthNavi for ネオモバ」は、WealthNavi(ウェルスナビ)で利用できるサービスをネオモバユーザー向けにカスタマイズしたサービスとなります。最低投資金額は1万円、自動積立は5,000円から可能です。※Tポイント投資には対応していません

2 その他のポイント投資サービス

次は、主要各社から提供されているポイント投資サービスをご紹介します。

2-1 楽天証券の「投資信託ポイント投資サービス」

ネット通販大手の楽天では、楽天スーパーポイントを使って投資が行える「投資信託ポイント投資サービス」を提供しています。楽天スーパーポイントは、楽天グループが提供するサービスポイントで、楽天トラベルを使った旅行や楽天市場・楽天ブックスでのショッピングなどでポイントが貯まっていきます。貯まったポイントは、楽天グループやその加盟店でのショッピングなどに利用することが可能です。

楽天のポイント投資サービスには、主に次の2種類があります。

ポイントを現金に換えて投資信託を購入するサービス

楽天スーパーポイントを使って投資信託を購入するサービスです。1ポイント=1円相当に換算され、購入代金の一部または全部をポイントで支払うことができます。月々100円から積立投資を始められるのが特徴です。NISAや積立NISAなど税制上の優遇措置を受けることも可能です。

なお、投資信託ポイント投資サービスでは、手数料として投資信託販売手数料や信託報酬が発生するほか、運用利益に対して20.315%の所得税・住民税・復興特別所得税が課税※されます。

(※同じポイント投資でも、ポイントのまま運用し、増えたポイントがポイントとして戻ってくるサービスの場合、利益分は50万円までの特別控除額がある「一時所得」として扱われるため、50万円を超える利益がなければ課税されません。しかし、このサービスではポイントを現金に換えて投資信託を購入した後、売却益も現金で戻ってくるため、通常の投資信託と同じように課税されることになります。)

ポイント運用by楽天PointClub

楽天スーパーポイントをポイントのまま運用するサービスです。投資対象は投資信託で、100ポイント(100円)から投資することができます。具体的には、以下の2コースに分かれています。

  • アクティブコース:投資対象として株式に比重を置き、積極的な運用を目指すコース
  • バランスコース:投資対象として債券に比重を置き、安全な運用を目指すコース

運用ポイントの評価額は、楽天証券で購入できる投資信託の基準価額に連動して増減し、運用で増えたポイントは、好きな時に1ポイント単位で引き出せます。このサービスでは、ポイントをポイントのまま運用し、増えた分はポイントで戻ってくることになるので、課税上は一時所得の扱いとなります。

なお、現金に換えずにポイントのまま運用するので、NISAやつみたてNISAなど税制上の優遇措置は受けることができない点に留意してください。

2-2 NTTドコモのdポイント投資

dポイント投資は、「dポイント」を使って投資ができるサービスです。dポイントはNTTドコモが提供するサービスポイントで、ドコモのスマホ利用やクレジットdカードの使用、dポイント加盟店でのショッピングなどで貯めることができます。

dポイント投資には、おもに運用方針で選べる「おまかせ運用」、投資対象をテーマごとに選べる「テーマで運用」のほか、ロボアドバイザーのTHEOを提供している株式会社お金のデザインと提携した「THEO+(テオプラス)ドコモ」の3種類があります。

dポイント投資では、100ポイント以上100ポイント単位で投資を行うことができます。ポイントは、1ポイント=1円相当に換算され、運用ポイントは好きな時に1ポイント単位でdポイントに戻すことができます。また、「THEO+ docomo」ではTHEOが運用する投資信託の運用状況により、運用ポイントの評価額が変動します。

なお、dポイント投資では手数料などのコストはかかりません。税金面では、ポイントをポイントのまま運用し、増えた分はポイントで戻ってくるため、一時所得の扱いとなり、NISAやつみたてNISAなど税制上の優遇措置は受けることができません。

2-3 セゾン永久不滅ポイント投資

セゾン永久不滅ポイント投資は、セゾン永久不滅ポイントを使って投資ができるサービスです。セゾン永久不滅ポイントはセゾン系のカードを利用することで貯まるポイントになります。このサービスでは、ポイントを100ポイント単位で運用口座にチャージし、1ポイントから運用することができます。

なお、セゾン永久不滅ポイントは、交換する商品によってポイント還元率が異なるため、1ポイントが何円と明確に決まっているわけではありませんが、概ね5円程度となります。

セゾンのポイント投資には、日本株コース、アメリカ株コース、アクティブコース、バランスコースの中から選ぶ「投資信託コース」、個別の株式を投資対象として投資を行う「株式コース」の2つがあります。

株式投資コースでは、永久不滅ポイントを「ストックポイント」に交換して投資を行います。ポイント交換比率は、永久不滅ポイント1P→ストックポイント4P、ストックポイント5.1P→永久不滅ポイント1Pとなります。

セゾン永久不滅ポイント投資では、ポイントをポイントのまま運用し、増えた分はポイントで戻ってくるため、課税上は一時所得の扱いとなります。また、NISAや積立NISAなど税制上の優遇措置は受けることができません。

3 ネオモバが向いているのはどういう人?

様々なポイント投資サービスの中から、ネオモバの利用が向いている方は次の通りです。

3-1 少額で株式投資を始めたい人

これまで上場企業の株式を株式市場で取引するにはまとまったお金が必要でしたが、ネオモバでは単元未満の株を購入できるため、投資初心者でも少額から手軽に始めることができます。株価は銘柄によって異なりますが、安いものでは1株10円未満から購入できるものもあります。

Tポイントをあまり貯めていない方や一度に多くのTポイントを使いたくない方も、ネオモバで株式投資をすることができます。

3-2 現金を使った投資が不安な人や投資初心者

投資をした経験がない方の中には、「できるだけ損をしたくない」「投資を始めたいが難しいことはよくわからない」という方もいらっしゃるでしょう。

ネオモバでは、実際の現金ではなくTポイントで投資することが可能です。また、既に説明したように、ワンコイン相当のTポイントで購入できる株の種類も豊富です。そのため現金による投資が不安な方は、手始めにTポイント投資で慣れてみても良いでしょう。

さらに現金での購入も可能なので、ポイント運用に慣れた方は、投資家としてさらなるステップアップを目指すこともできます。

3-3 Tポイントを有効に活用したい人

「貯まったTポイントを有効に使いたくても使う目的が特にない」という方は少なくありません。Tポイントの有効期限は、貯める・使う・交換するなどの利用を行った最後の日から1年間と限られます。そのため、何か有効に使う方法はないかと迷っているうちに、Tポイントが1年間変動しないまま失効することがあります。

ネオモバでは、使う目的が特に無かった方でも貯まったTポイントを使って株式を購入すれば、ポイントが無駄にならなくなりります。さらに、少額から始めた株式投資でも単元株数に到達した場合には、一般の株主と同じように株主総会への出席や株主優待を受けることができるようになります。

3-4 スマホで手軽に投資をしたい人

これまでは、投資を始めたくても証券会社に出向くのが億劫だったり、パソコンから申し込むには手続きが複雑だったりと、さまざまなハードルが障害となっていました。

一方、ネオモバではスマートフォンから簡単に手続きが済みます。口座開設の手順は、「基本情報の入力」→「本人確認書類のアップロード」→「取引パスワードの受取」の3ステップで完了するので手軽です。

運用を続ける場合でも、通勤・通学の途中や空き時間を利用して、スマートフォンから取引や運用状況の確認を行うことができます。日中は忙しいビジネスマンの方や家事・育児に追われる主婦の方でも無理なく続けていくことができます。

4 まとめ

主要各社から提供されているポイント投資サービスを見てきました。各サービスの特徴を一覧で比較すると次のようになります。

項目/サービス名 ネオモバ 投資信託ポイント投資 dポイント投資 セゾン永久不滅ポイント投資
提供元 SBIネオモバイル証券 楽天証券
楽天グループ
NTTドコモ クレディセゾン
対象ポイント Tポイント 楽天スーパーポイント dポイント セゾン永久不滅ポイント
投資対象 ①国内株式等の現物取引
②国内ETF(国内上場投資信託)
③REIT(国内不動産投資信託)
④ロボアドバイザーのウェルスナビによる資産運用(海外ETF・ただしTポイントは使用不可)
投資信託 海外ETF(海外上場投資信託)
ロボアドバイザーのTHEOが運用
①投資信託:日本株コース、アメリカ株コース、アクティブコース、バランスコースの4コース
②積立投資
③株式投資
最低投資ポイント数 1株分10ポイント程度から ①投資信託購入:100円から
②ポイント運用by楽天PointClub:100ポイントから
100ポイントから 1ポイントから
サービス利用料金 月間の株式約定代金合計額による
50万円以下の場合は月220円(税込)
①投資信託購入:投資信託の取引にかかる費用(購入手数料・信託報酬・信託財産留保額など)
②ポイント運用by楽天PointClub:サービス利用料金はなし
サービス利用料金はなし サービス利用料金はなし
ただし、ストックポイントの交換で手数料分が引かれる
課税上の扱い 一時所得(※ポイント運用の場合) ①投資信託購入:運用利益に対して20.315%の所得税・住民税・復興所得税が課税
②ポイント運用by楽天PointClub:一時所得
一時所得 一時所得
NISA/積立NISA 対象外(※ポイント運用の場合) ①投資信託購入:対象
②ポイント運用by楽天PointClub:対象外
対象外 対象外

ネオモバは、現金だけでなく共通ポイントで知られるTポイントを使用して手軽に株式投資を始められます。単元未満株取引ができるため、数百円という少額から有名企業の株式を購入できるのが特徴です。また、その他のポイント投資サービスでも各社のポイントを利用して株式投資や投資信託を少額から始められます。

ポイント投資を始める際は、日常的にご自身がよく利用するポイントを中心に、各サービスの特徴や手数料などを比較・検討して判断すると良いでしょう。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」