HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム 「HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム」の記事

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

SBIネオモバイル証券「ネオモバ」の評判は?メリット・デメリットも解説

SBIネオモバイル証券が始めた株式投資サービス「ネオモバ」。ネオモバではTポイントを使って株式投資ができる上、1株単位からでもスマホだけで気軽に始めることができます。この記事ではネオモバのメリットやデメリット、実際の評判についてご紹介します。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

ウェルスナビの評判は?メリット・デメリットも徹底比較!

ウェルスナビは、働く世代から支持されて拡大を続けているロボアドバイザーサービスです。ほとんど自動で資産運用を行ってくれるため、投資や資産運用に詳しくない方や、仕事で忙しくて時間が取れない方でも気軽に始めることができます。この記事では、ウェルスナビのメリット・デメリット、評判などについて詳しくご紹介します。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

ドコモdポイント投資の仕組みと強みを解説!dポイントを賢く貯める方法も

最近注目を集めているdポイント投資は、NTTドコモ社が提供しているポイント運用サービスです。最近では、dポイントは店舗でのdカード利用だけでなく、ロボアドバイザー「THEO」が資産を運用する「THEO+docomo」の預かり資産に応じてdポイントをもうらことができるようになってきています。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

Tポイントやdポイントで株式投資やETFが購入できる!注目のポイント投資サービス

私たちの日常生活に深く浸透しているポイントサービスを使って気軽に投資を体験できる「ポイント投資」が今人気を呼んでいます。今回は、ポイント投資の詳しい内容とそのメリット、おすすめのポイント投資サービスなどをご紹介します。手元にあるポイントを利用して気軽に投資体験をしたい方は参考にしてみてください。

Fintech

NTTが株主にdポイント進呈、株式分割も実施。中長期保有の株主拡大を図る

NTTは11月5日、株式分割および株主へNTTドコモのポイントサービス「dポイント」を進呈すると発表した。株式分割により投資単位当たりの金額を引き下げ、投資家層の拡大を図る。今年12月31日を基準日として、同日付の株主の所有する同社普通株式を、1株につき2株の割合をもって分割する。

投資・マネーコラム

クラウドファンディングで投資できる注目の「AI」ベンチャー企業5選

ファンディーノは、ベンチャー企業の資金調達を支援するクラウドファンディングサービスです。ファンディーノでは斬新な発想とアイデアで次世代のビジネス創出を目指すベンチャー企業が集まり、事業を応援してくれる投資家を日々募集しています。この記事では、ファンディーノで取り扱うAI(人工知能)分野の有望企業の一部をご紹介します。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

ウェルスナビで確定申告が必要な人は?3種類の口座と確定申告方法を解説

資産運用・管理を支援してくれる投資一任型のロボアドバイザー「ウェルスナビ」では、発生した所得によって確定申告が必要な場合とそうでない場合があります。なお、確定申告が漏れていた場合は、ペナルティがあるため注意が必要です。この記事では、ウェルスナビで確定申告が必要な場合や具体的な申告方法について詳しくご紹介します。

Fintech

ジムに行かないフィットネス「Gentrich」、ファンディーノでミレ二アル向けサービス開発資金募集

フィットネス産業向けサービスを展開する株式会社Gentrich(ジェントリッチ)は株式会社日本クラウドキャピタルの株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」で11月10日午前10時から投資申し込みの受付を開始する。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

ウェルスナビとTHEOどっちが良い?利回りや手数料、実績を徹底比較

近年、ウェルスナビとTHEOは、投資一任型ロボアドバイザーの代表格として注目されており、業界を牽引する存在として競い合っています。しかし、どちらを選べば良いのか迷う方も多くいるでしょう。この記事ではウェルスナビとTHEOのについて、「利回り」「コスト」「最低投資額」などさまざまな視点から徹底的に比較します。

Fintech

スマホと本人確認書類で口座開設、LINEスマート投資「スマホで完結、本人確認」提供開始

「LINE」から身近なテーマへの投資や積立投資などの資産づくりを行える「LINEスマート投資」を運営するLINE Financial株式会社は11月5日、スマートフォンと本人確認書類で口座開設ができる「スマホで完結、本人確認」の提供を開始した。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

ウェルスナビの手数料はいくら?他ロボアドバイザーと手数料を比較

ロボアドバイザーの中にはアドバイス型のような手数料無料のサービスもありますが、投資一任型のサービスである『WealthNavi(ウェルスナビ)』には運用手数料が発生します。この記事では、ロボアドバイザーの概要からウェルスナビの特徴および手数料、他の投資サービスとの手数料比較をご紹介します。

Fintech

ポイント投資・運用に投資未経験の6割が興味、「いつの間にか貯まった」ポイント利活用が鍵か

ポイント投資・運用について、投資・運用に関心はあるが未経験の人の6割が利用したいという意思を持ち、利用できるポイントの上限は「1000ポイント以下」が約半数、情報源も証券会社などよりもネットの比較サイトやレビューを重視する。

Fintech

SMBC日興証券「dポイント」プレゼントキャンペーン開始、2020年1月まで

SMBC日興証券株式会社は、株式会社NTTドコモが提供する「dポイントクラブ会員」を対象にdポイントをプレゼントする2つのキャンペーンを11月1日から開始した。このうち「クイズに答えてdポイントをあてよう!キャンペーン Part2」は同社の口座がなくても申し込みできる。

Fintech

AI搭載ロボアドバイザー「THEO」預かり資産500億円突破、キャンペーンも実施中

独自のアルゴリズムに基づき一人ひとりに最適な資産運用サービス「THEO(テオ」を提供する株式会社お金のデザインの預かり資産が10月31日時点で500億円、口座数10万件を突破した。また、全体の預かり資産は約550億円となり、THEO以外の預かり資産も全体の約9%まで成長している。

Fintech

定期預金と10万円以上の入金で現金2000円、「THEO+SBJ銀行」キャンペーン実施中

お金のデザインが運営するAI(人工知能)搭載のロボアドバイザー「THEO(テオ)」のSBJ銀行向けのサービス「THEO+SBJ銀行」(以下同サービス)で、対象者にもれなく現金2千円をプレゼントするキャンペーンが12月30日まで実施されている。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

LINEスマート投資 ワンコイン投資とは?メリット、デメリットも解説

最近はスマホなどから簡単に申し込めて運用ができる新しい投資サービスが次々と登場しています。そこで、この記事では「LINEスマート投資 ワンコイン投資」の主な特徴メリット・デメリット、利用する際の注意点を詳しく解説します。手軽に投資や資産運用をしてみたい、リスクに不安があるから少額から始めたいといった方は、参考にしてみてください。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

ドコモdポイント投資のメリット・デメリットは?おすすめの使い方も解説

貯めたdポイントを運用することで誰でも投資を簡単に体験できる「dポイント投資」が注目されています。今回はdポイント投資の概要やメリット、デメリットを紹介するとともに、dポイント投資はどのような方に向いているのかを詳しく解説します。dポイントを貯めている方は、この記事を参考にdポイント投資を検討してみてください。

少額株式投資・ロボアドバイザーコラム

ベンチャー企業投資のメリットと注意点は?実際に投資する方法も解説

最近は未上場企業がクラウドファンディングで資金調達するケースが増えており、投資家の注目を集めています。未上場株は上場株と比べて換金性や流動性で劣るものの、上場等の達成で大きなリターンが見込めます。この記事では成長性・将来性の高い未上場ベンチャー企業の特徴や投資するメリット、具体的な投資方法や注意点を解説します。