CATEGORY ふるさと納税コラム

ふるさと納税コラム

ふるさと納税、5~10万円でもらえる豚肉の返礼品ランキング【2021年】

ふるさと納税では、5万円以上の豚肉を返礼品としてもらうことができます。
5万円から10万円の豚肉には、一般的な返礼品以外に、定期的にもらえる定期便が豊富にそろっています。定期便は一度申し込みをすれば定期的に送ってくれるので、使う回数が多い家庭にはとても便利な注文方法です

ふるさと納税コラム

ふるさと納税、3~5万円でもらえる豚肉の返礼品ランキング【2021年】

ふるさと納税では、3万円以上の豚肉を返礼品としてもらうことができます。
豚肉は生姜焼きや豚しゃぶ、餃子の具など、手軽に色々な料理が楽しめる食材です。牛肉と比べてコストがかからず、栄養価も高いので、育ち盛りの子どもがいる家庭では、食卓に並ぶ頻度も高いのではないでしょうか

ふるさと納税コラム

ふるさと納税、3~5万円でもらえる牛肉の返礼品ランキング【2021年】

ふるさと納税では、返礼品として色々な価格帯の牛肉をもらうことができます。
特に3万円を超えるものになると、ブランド牛などのように、普段スーパーでは目にしない牛肉も揃えてあります。
今回は、ふるさと納税の返礼品として3万円~5万円の牛肉をもらう際の注意点や、ふるさと納税でもらえる牛肉返礼品ランキングをご紹介したいと思います

ふるさと納税コラム

ふるさと納税、1万円でもらえる豚肉の返礼品ランキング【2021年】

ふるさと納税では、返礼品として、さまざまな料理に使える豚肉をお手頃な1万円でもらうことができます。ふるさと納税では直接生産地域に申し込みますので、スーパーでは手に入らないものをもらうこともできます。
ふるさと納税の返礼品としてもらえる1万円の豚肉は、どのようなものなのでしょうか

ふるさと納税コラム

ふるさと納税、5~10万円でもらえる牛肉の返礼品ランキング【2021年】

ふるさと納税では、数万円の高額の牛肉を返礼品としてもらうことができます。高額な牛肉は、味や品質が格別で、食べる人の舌をうならせることでしょう。
ブランド牛も、高級牛肉のひとつですね。日本各地で厳選されたブランド牛の特徴を知って、選んでみるのも、ふるさと納税の楽しみ方といえます

ふるさと納税コラム

ふるさと納税でステーキを食べよう!人気返礼品ランキング【2020年版】

ふるさと納税では返礼品として、日本全国からステーキ肉をもらうことができます。
ステーキは匂いだけでなく、ジュージュー焼ける音も食欲をそそりますよね。ふるさと納税の返礼品として好みのステーキ肉をもらって、会食やパーティで振る舞ってみませんか。

ふるさと納税コラム

コスパ抜群の切り落とし肉、ふるさと納税返礼品10選と料理【2020年版】

ふるさと納税では、返礼品として日本各地から切り落とし肉をもらうことができます。切り落とし肉には上質な肉の切れ端を使っているものもあり、コスパが抜群で、ちょっと贅沢な料理を楽しめます。
ふるさと納税では、返礼品を直接、生産地域からもらうことができますので、普段使っている切り落とし肉とはまた違った風味を味わえます

ふるさと納税コラム

ふるさと納税、1万円でもらえる豚肉の返礼品ランキング【2020年版】

たんぱく質やビタミンB1、鉄分といった、体に必要な栄養素が豊富な豚肉。
炒めものやしゃぶしゃぶ、鍋料理など、さまざまな調理法で楽しめる食材です。
実は、ふるさと納税でも返礼品として、1万円で豚肉をもらえます。
返礼品としてもらえる豚肉には、どんなものがあるのでしょうか?

ふるさと納税コラム

ふるさと納税で人気のホタテの返礼品は?産地やランキングを紹介【2020年版】

ふるさと納税では、返礼品としてホタテをもらうことができます。今は1年を通してスーパーなどで購入できますが、特に冬場は身が大きく引き締まっていて、おいしい季節ですね。
ふるさと納税ではどの地域から、どのようなホタテをもらえるのでしょうか

ふるさと納税コラム

ふるさと納税で人気のいくらの返礼品は?ランキングや高額返礼品も【2020年版】

ふるさと納税では、いくらを返礼品としてもらうことができます。
プチプチの食感と独特の風味を持ついくらは、お寿司のネタなどとして、大人から子供まで、年齢を問わず人気の食材です。
ふるさと納税では、どのようないくらがもらえるのでしょうか

紅茶ふるさと納税コラム

ふるさと納税、紅茶の人気返礼品ランキング【2020年版】

ふるさと納税では、返礼品として国内で紅茶の茶葉やドリンクをもらうことができます。紅茶といえばイギリスやインドを思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが、国内でも紅茶は開発・生産されています。
ふるさと納税で返礼品としてもらえる紅茶には、どのようなものがあるのでしょうか