CATEGORY 暗号資産・ブロックチェーン

DeFi

【重要ニュースまとめ(1/15~1/21)】イーサリアムの2022年ロードマップを説明、「The Merge」が業界最注目イベントに。コインハイブ事件が逆転無罪に

今週は、イーサリアムの2022年を含む今後の開発計画に関するトピックが話題となりました。The Mergeはそれだけ注目のマイルストーンであり、イーサリアムを持続可能なものにする重要なアップデートです。その他には、シンガポール規制当局の動きも話題となりました。同じタイミングで、スペインでも広告規制が発表されており、米国や日本で数年前に行われた規制と類似する動きが見られています。

brave暗号資産・ブロックチェーン

仮想通貨ベーシック・アテンション・トークンの動向をチェック【2022年版】【Braveブラウザー5000万MAU突破】

コインチェックやGMOコインなど多くの国内の仮想通貨取引所が取り扱うベーシックアテンショントークン(BAT)は、月間アクティブユーザー数が5000万を超えるBraveブラウザ上で利用できる仮想通貨として注目を集めています。今回は仮想通貨BATの概要や今後の動向や見通しについて解説します。

暗号資産・ブロックチェーン

異なるブロックチェーンを結びつけるポルカドットのパラチェーンとは?

GMOコインやビットフライヤーでも取り扱いのある仮想通貨ポルカドットについて、パラチェーンの展開がいよいよ本格的に進められています。今回は、ポルカドットに関する基本的な事項とパラチェーンの革新性、またポルカドットの将来性と購入方法について解説します。

NFT

【重要ニュースまとめ(1/8~1/14)】PolygonがPlonky2を公開、サイドチェーンのネットワーク性能を向上へ。イーサリアムのL2ソリューションArbitrumは一時ネットワークがダウン

今週は、米銀行によるステーブルコインの発行やDapper Labsのロビー活動登録などが注目を集めました。より技術的には、PolygonによるPlonky2やAribitrumのネットワークダウンが話題となっています。

NFT

世界的ゲームメーカーUbisoftとテゾスの連携が意味する事は?【ユービーアイソフトがNFTに参入】

Ubisoftはゲーム好きの方であれば一度は聞いた事があるゲーム会社ではないでしょうか?Ubisoftはテゾスと連携してゲームアイテムのNFT化に乗り出し、NFTマーケットプレイスをローンチしました。今回はUbisoftとテゾスの提携が意味するところについて解説します。

暗号資産・ブロックチェーン

2022年の業界予測、「イーサリアム」と「日本のWeb3.0」を考察

2022年の予測を「イーサリアム」と「日本のWeb3.0」に分けて考察してみました。まずはイーサリアムのセカンドレイヤーが成熟するにつれて、「マルチチェーン」vs「セカンドレイヤー」の構図が生まれると予想します。日本のWeb3.0に関しては、規制を逃れるために海外移転が進む一方で、事業を「DAO化」する動きも出てきそうです。現時点で日本におけるDAOを管理する規制は存在していないため、ここにもチャンスはあると思います。

暗号資産・ブロックチェーン

【重要ニュースまとめ(12/18~12/24)】ジャックドーシー氏が現状のWeb3.0の中心にいるVCを批判、UniswapがPolygonへの対応を完了

今週は、ジャックドーシー氏のツイートやKrakenによるStakedの買収などが話題になりました。ドーシー氏の指摘するように、現在の暗号資産・ブロックチェーン市場における投資熱は過熱気味であり、それを牽引しているのがVCです。VC側の主張としては、ベンチャー投資を行うことで新たな雇用が創出され経済に還元されているといった内容であり、投資が盛り上がること自体は決してネガティブなことではないと考えています。

暗号資産・ブロックチェーン

仮想通貨市場の『魔界』とは?投資家を魅了する『草コイン』について解説

草コインというのは玉石混合のアルトコイン群を指しており、中には数か月で10~100倍近く高騰したケースもあれば話題になることも増えてきます。しかし、こうしたアグレッシブな草コイン投資家を狙う詐欺的なプロジェクトも増加しており、一部の市場は『魔界』と化しています。今回は仮想通貨市場の魔界に巣食う、草コインについて解説します。

NFT

【重要ニュースまとめ(12/11~12/18)】ビットコイン全体の9割が発行完了、イーサリアムのサイドチェーンPolygonがZk-Rollup研究のMirを買収

今週はビットコインの発行量が9割を突破したことや、PolygonによるMirの買収などが話題になりました。特に、ビットコインの9割が発行済みであることは意外と知られていない事実であり、残りの1割を100年以上かけて発行することに驚いたことも少なくないでしょう。

DeFi

【重要ニュースまとめ(12/4~12/10)】日本ではステーブルコイン発行体は銀行・資金移動業者に限定か、米国でも暗号資産取引やステーブルコイン管理に関する公聴会が開催

今週は金融庁のステーブルコイン規制や米下院の公聴会などが話題になりました。米国や日本を中心にステーブルコインに関する規制が日に日に現実味を帯びており、しばらくはこの話題が続きそうです。日本でもステーブルコインJPYCが流通額を伸ばしているため、特に今回の金融庁の規制報道は大きく話題となっています。利用者からは反対の意見が提出されるなどしており、今後の動向には要注目です。

NFT

【重要ニュースまとめ(11/27~12/3)】ジャック・ドーシー氏がTwitter CEOを退任し、Squareの社名をBlockに変更。イーサリアムのバーン量が100万ETHを突破

今週は、ジャック・ドーシー氏のTwitter CEO退任およびSquareの社名変更、イーサリアムのバーン量が100万ETHを超えたことなどが話題となりました。ジャック・ドーシー氏の退任だけでここまで大きく話題になったことからは、まだまだ業界が黎明期であることを感じます。

NFT

広がるNFTの用途、ENSについて

NFTをユーティリティとして扱う実例の1つであるENSドメインは、人間に理解できる文字列でトークンを扱えるようにすることでクリプトのユーザー体験を改善しようとするプロダクトです。既に利用が広まり始めており、企業の間でも関心が高まっていますが、現在の仕組みは将来に禍根を残す可能性があります。

NFT

【重要ニュースまとめ(11/20~11/26)】ConsenSysがWeb3レポートを公開、スクエアはビットコイン上にDEXを開発。DeFi市場の被害総額が1兆円に到達

今週は、DeFi市場における不正被害額や米IRSの押収額など、暗号資産のネガティブなニュースが話題となりました。実際、市場が拡大するにつれて、詐欺やハッキングといった事件の件数は増加しており、各国当局としては早急な対応に迫られています。