CATEGORY 暗号資産・ブロックチェーン

DeFi

GMOグループが米ドルステーブルコインを発表「ZUSD」とは

22年11月10日、GMOインターネットグループの米国現地法人であるGMO-Z.com Trust Company(GMOトラスト)が、ステラ開発財団とパートナーシップを締結し、ステラネットワーク上において日本円ステーブルコイン「GYEN」及び米ドルステーブルコイン「ZUSD」の提供をスタートしたことを発表しました。ここではGMOグループが展開している米ドルステーブルコイン「ZUSD」について、その概要や特徴、今後の展開などを詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

福岡県田川市が「まちのコイン」導入!コミュニティ通貨「まちのコイン」と通貨「コール」とは?

株式会社カヤックは22年9月、コミュニティ通貨サービス「まちのコイン」を福岡県田川市に2022年10月4日から導入することを発表しました。田川市のまちのコインは「コール」と呼ばれ、コールの循環を通じて、地域の活性化を目指しています。ここでは「まちのコイン」と田川市のコイン「コール」の特徴や活用方法について詳しく解説します。

暗号資産・ブロックチェーン

バーチャルシティコンソーシアムとガイドラインver1.5の詳細について解説

22年11月8日、メタバースに関する業界団体バーチャルシティコンソーシアムが国内のメタバースおよび都市連動型メタバース業界のさらなる発展を目的とした「バーチャルシティガイドライン ver.1.5」を発表しました。今回はその概要や特徴などを詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

IHIと富士通がCO2排出量を可視化 ブロックチェーン導入の最新事例とは?

22年10月31日、総合重工業グループの株式会社IHIが、同社の技術および富士通株式会社が手がける基盤技術を組み合わせて開発した「アンモニアCO2トレーサビリティプラットフォーム」の実証実験をスタートしたことを発表しました。その概要や基盤技術を紹介します。

暗号資産・ブロックチェーン

OKCoinJapanに上場するZIL(ジリカ)とは?

22年11月10日、国内の暗号資産(仮想通貨)取引所「OKCoinJapan」は、販売所サービスで新たに「ジリカ(ZIL)」の取り扱いをスタートしました。ZILの国内における上場はこれが初の事例です。今回はOKCoinJapanで上場した仮想通貨ZILについての概要や特徴、今後の展開などを詳しく解説していきます。

NFT

GMOコインIEO第三弾ビットファクトリーの「QYSコイン」の概要

22年10月18日、国内の大手暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインの運営を手がけるGMOコイン株式会社が、株式会社ビットファクトリーとIEO(Initial Exchange Offering)の実施に関する覚書を締結したことを明らかにしました。今回は、GMOコインIEO第三弾となるビットファクトリーのQYSコインについて、その概要や特徴などを詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

GMOコインに上場しているネムとジムの近況やアップデート

「ジム(XYM)」は、2021年3月にNEMをアップデート(Catapultアップデート)して誕生したブロックチェーン「Symbol(シンボル)」のネイティブトークンです。ここではGMOコインに上場している「ネム(XEM)」と「ジム(XYM)」について、その概要や特徴、近況や現在のアップデート状況を詳しく解説していきます。

DAO

NTTドコモとAstar Networkの提携に見る今後の方向性は

22月10月31日、株式会社NTTドコモは日本発のパブリックブロックチェーンAstar Network(ASTR)の開発を手がけるStake Technologies株式会社(ステイクテクノロジーズ)と、Web3.0のさらなる普及のために協力して取り組むことを記した基本合意を締結したことを明らかにしました。今回は、NTTドコモとAstar Networkの提携について、その概要や今後の方向性などを詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

グリーとアバランチが提携する目的とは? 今後の動向について解説

22年10月28日、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の「GREE(グリー)」の運営でしられるグリー株式会社が、レイヤー1高速ブロックチェーン「アバランチ(Avalanche)」の開発を手がけるAva Labs(アバ・ラボ)との戦略的パートナーシップを発表しました。今回は、グリーとアバランチの戦略的パートナーシップ締結について、その概要や目的、今後の動向などを詳しく解説していきます。

暗号資産・ブロックチェーン

メタバースのデジタル不動産「LAND」への投資方法について解説【Decentraland 、The Sandbox】

ブロックチェーン・メタバース(Metaverse)として先行している「ディセントラランド(Decentraland)」や「サンドボックス(The Sandbox)」のデジタル不動産を表す「LAND」の売れ行きが2022年も引き続き好調です。2月にはイタリアの高級ブランドのグッチ(Gucci)が、The SandboxのLANDを購入したことがわかっています。著名人や大企業が投資し始めているなかで、LAND投資に関心を持ち始めている方も増えているのではないかと思います。そこで今回は、LANDに投資する際の方法や考え方について解説したいと思います。

暗号資産・ブロックチェーン

ドージコイン(DOGE)など「犬系」と呼ばれる暗号資産について解説

いまから約1年前に当たる21年10月頃、アメリカの有名実業家イーロン・マスク氏の発言等をきっかけとして暗号資産(仮想通貨)ドージコイン(DOGE)の価格が急騰するなど、いわゆる「犬系コイン」に一気に注目が集まりました。今回は、DOGEなど犬系コインについて、その現在の状況を詳しく解説していきます。