ビットコインを買うのにおすすめの仮想通貨取引所3選

仮想通貨市場が大きく価格変動し、ビットコイン含む仮想通貨が一時、前日比15%から20%のマイナスと下落する日も珍しくありません。レバレッジをかけていた投資家たちの中にはロスカットを受けたという人もいたかもしれませんが、価格が下がっている今、ビットコインの購入を考えていた人にはチャンスとも言えるでしょう。

日本国内の仮想通貨取引所のほとんどでビットコインは取り扱われています。その中でもサイトやアプリの使いやすさや、手数料などを考えた場合、自分に合った取引所を選択するのがおすすめです。ここでは、ビットコインを取り扱っている仮想通貨取引所の中でもHEDGE GUIDE編集部がおすすめする仮想通貨取引所をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 取り扱い全仮想通貨をウォレットアプリでトレードから資産管理まで「GMOコイン」
  2. アプリで70を超えるチャート分析ができる「bitbank」
  3. 主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けている「bitFlyer」

ビットコインを買うのにおすすめの仮想通貨取引所3選

取り扱い全仮想通貨をウォレットアプリでトレードから資産管理まで「GMOコイン」

GMOコイン
GMOコイン株式会社は、東証一部上場のGMOインターネット株式会社のグループ会社の仮想通貨取引所です。親会社であるGMOインターネットはGMO証券などの金融サービスなどの金融業界で培った信頼と豊富な実績のある企業です。GMOコインではそのノウハウを活かした運営が行われ、取引所と販売所、証拠金取引において取り扱っている全仮想通貨に対応しています。

GMOコインの特徴

  • 取引所形式でも販売所形式でもビットコインが購入できる
  • 取引所と販売所の取り扱い通貨:ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュ、ライトコイン
  • ウォレットアプリから取引所、販売所を利用することができ、尚且つ、テクニカル分析ができる
  • 価格変動の厳しい仮想通貨取引に対応する「スピード注文」機能
  • 取引所手数料が–0.01%〜0.05%と安い
  • 金融サービスのノウハウを活かした強固なセキュリティー対策

画面の分かりやすさと同時に上級者向きの豊富なテクニカル指標で市場を分析することができる、豊富な機能が特徴です。また、スマホアプリからでも取引所と販売所を利用することができ、指値注文ならマイナス手数料である点も注目です。

アプリで70を超えるチャート分析ができる「bitbank」

bitbank
ビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所bitbankは、アプリでもパソコンでも70を超えるテクニカル分析ができる「Trading View」と、初心者にも使いやすいユーザーインターフェイスが特徴です。また、セキュリティ専門企業BitGoと提携し、セキュリティ対策にも力を入れています。

bitbankの特徴

  • 取引所形式のみ対応
  • 取扱通貨:ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアム、XRP、モナコイン
  • 取引量国内No.1の取引量であり、高い流動性が期待できる(2019年5月15日CoinGecko調べ)
  • テクニカル分析ができる豊富な機能を持ったアプリ
  • 初心者にも分かりやすくデザインされた取引画面
  • 24時間リアルタイム入金が可能なため、即取引が可能
  • 取引手数料が−0.02%〜0.12%
  • 取り扱い全仮想通貨での「貸して増やす」貸借取引が可能

bitbankは取引所だけに対応していますが、その分、販売所と混同しにくく初心者にも分かりやすいのがポイントです。成行注文ならマイナス手数料を採用している点も特徴のひとつです。「貸して増やす」ことで金利を得ることもできるので、ビットコインを頻繁に売買しないという人におすすめです。

主要メガバンクやベンチャーキャピタルから出資を受けている「bitFlyer」

bitFlyer
bitFlyerは株式会社bitFlyerが運営している仮想通貨取引所で、国内の主要メガバンクのMizuho、三菱UFJ、三井住友、インターネット業界ではSBI、GMOなどから出資を受けています。またbitFlyerは取引所としてのサービスだけでなく、法人向けサービス展開や高機能トレードツール、自社オリジナルブロックチェーン「miyabi」の提供なども行なっているブロックチェーン企業です。

bitFlyerの特徴

  • bitFlyerの現物取引には、取引所形式「bitFlyer Lightning」と販売所形式がある
  • 取引所「bitFlyer Lightning」:ビットコイン、イーサリアム
  • 販売所:ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスク
  • スマホ対応アプリがあり、販売所だけでなく、ビットコインのみに対応している取引所がある
  • パソコンとアプリの売買画面は初心者にも分かりやすいデザインになっている
  • 取引所手数料が0.01%〜0.15%と安い
  • bitFlyer経由で楽天などのサービスを利用することで、ビットコインをもらえる
  • ビットコイン決済機能がアプリに搭載されており、加盟店ならビットコイン決済が可能

bitFlyerは初心者からも使いやすさが最大のメリットであり、取引所にも対応しているアプリからビットコインを購入できるので、外出先でも直ぐに取引できる魅力があります。もちろん販売所を利用する手もありますが、手数料を考えると取引所を利用するのがおすすめです。

まとめ

ビットコインの購入は資産としての投資だけでなく、決済に使用したり、あるいは貸し付けることで複利を得ることも可能です。まだ投機として購入されるビットコインですが、少額からでも購入可能なので、価格が下がっている今検討してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】ビットコインとは?特徴・仕組み・購入方法

The following two tabs change content below.
立花 佑

立花 佑

自身も仮想通貨を保有しているWebライターです。HEDGE GUIDEでは、仮想通貨やブロックチェーン関連の記事を担当。私自身も仮想通貨について勉強しながら記事を書いています。正しい情報を分かりやすく読者の皆様に伝えることを心がけています。