CATEGORY 投資信託コラム

投資信託コラム

コロナ終息後に注目の投資信託は?これまでの成績や成長産業も

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、社会は大きく変容を迫られました。コロナ禍によって、やがて来るべき社会に一足先に到達したようにも思えます。

一方で、変容を迫られた社会は、コロナウイルスが終息した後どのように変化するのでしょうか。本記事では、コロナ終息後に予想される社会の変化や、必要とされるであろう業種をもとに投資信託を紹介します。あらたな運用先を模索している人はご確認ください。

投資信託コラム

IFA「Fan」の評判は?資産運用相談のメリット・デメリットやセミナー情報も

個人投資家を中心とする投資ブームやFIRE(経済的自立と早期リタイア)を背景に、投資知識や経験のない人でも、専門家のアドバイスを受けながら資産運用を行えるIFAに注目している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

中でも日本各地に拠点を持つ株式会社Fanでは、知識や経験の豊富なエキスパートに相談できる上、定期的に実施されている無料セミナーを通じて、年齢や年収など個人の属性に応じた資産運用について詳しく学べるのが特徴です。

この記事では、Fanの資産運用サービスをご紹介します。資産運用相談のメリット・デメリットやセミナー情報に関心のある方は、参考にしてみてください。

投資信託コラム

NISA恒久化が実現した場合の良い投資方法は?商品の選び方も

NISAが2024年から新しい制度に変わることはすでに決まっていましたが、この度、新たに変更が加えられる公算が強くなりました。中でも注目ポイントは、非課税期間の恒久化です。

本記事では、自民党によってまとめられた与党税制改正大綱を元に、新しいNISAの変更点と、NISA制度の恒久化が実現した際の運用スタイルを紹介します。今後の資産形成にお役立てください。

投資信託コラム

金利とREIT(リート)の関係は?過去の金利引き上げによる基準価額への影響も

日本も利上げへの政策変更を強いられる状況になりつつありますが、市場金利が上昇した場合、REIT市場へどう影響するのか、気になる人もいるのではないでしょうか。

一般的に、市場金利が上がるとREITの運営に悪い影響を及ぼすと言われています。本記事では、実際の事例などを確認しつつ、利上げ状況下のREIT市場について解説します。REITと市場金利の関係性が気になる方はご確認ください。

ESG投資コラム

ESG投資のメリットや問題点は?国際動向や投資方法もわかりやすく解説

年金不足等による将来的な生活資金の確保が求められる中、資産運用に注目が集まっています。中でもESG投資は環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)を重視した経営を行う企業の株式や債券などを対象とした長期目線の投資方法です。この記事ではESG投資の特徴や、メリット・デメリット、始め方について詳しく紹介していきます。

投資信託コラム

不労所得が気になる方へ、代表的な5つの方法と注意点を解説

老後の年金不足対策として株式投資・不動産投資などの「不労所得」を得られる手段に注目が集まっています。近年は貯蓄や働けなくなった時の保険として副収入の確保に取り組む現役世代の方も増えています。この記事では、代表的な不労所得の種類や収入を得る仕組みをご紹介していきます。

投資信託コラム

リート(REIT)と不動産投資の違いは?メリットとデメリットを比較

REIT(不動産投資信託)とは、不動産を証券化して証券市場で売買する投資手法です。一方、実物不動産投資とは、実際に不動産を購入して自分で管理および運営を行う投資手法です。それぞれの投資手法には、メリットとデメリットがあります。それぞれのメリットとデメリットを見て、どちらの投資に向いているか確認してみましょう。

投資信託コラム

20代から投資を始めるには何が良い?投資の学び方と商品の選び方も

超低金利が続く日本では、預貯金だけではお金を増やせません。そのため20代など若いうちから投資や資産運用を検討する方も増えてきており、政府も金融教育の拡充を目指すなど、投資への機運は高まっています。

この記事では20代の方に適した投資や投資の勉強方法、商品の選び方について解説します。

投資信託コラム

初心者が投資を始める前に知っておきたいポイントは?注意点も

投資には株や債券、投資信託など様々な種類があり、それぞれ特徴やリスクが異なります。投資を行う際には、自分の資産や目的、リスクに対する認識、投資経験や知識などを考慮し、自分に合った投資対象を選択することが大切です。以下、詳細を解説していきます。

投資信託コラム

ハイリスク・ハイリターンの投資信託は?特徴と主なファンド

低リスクな投資信託で長期運用というスタイルは一般的に見られるものの、ハイリスク・ハイリターンな投資信託で収益を狙ってみたい、という考えを持つ人もいるのではないでしょうか。

分散投資と低リスク運用のイメージが強い投資信託ですが、中にはハイリスク・ハイリターンで収益を狙うファンドも存在します。

本記事では、ハイリスク・ハイリターンなファンドを紹介するとともに、ファンドの活用方法や、リスクとリターンの関係性についても説明します。投資信託で積極的に収益を狙ってみたいと考える人はご確認ください。

投資信託コラム

SBI証券のつみたてNISA、おすすめファンドは?厳選3本をプロが徹底レビュー

将来のために「つみたてNISA」をはじめようという人が増えています。つみたてNISAは税制優遇措置を受けながら長期的な資産形成をするのに適した制度で、年金不安などを背景に注目度が高まってきているからです。

ただ、つみたてNISAの対象ファンドは200本近くあるので、どれを選べばいいのかわからないという人もいるのではないでしょうか。そこで、今回は大手ネット証券のSBI証券が取り扱っている、つみたてNISAで人気のある3つの主要ファンドについて詳しく解説します。

投資信託コラム

つみたてNISA、おすすめの銘柄は?手数料の比較や購入のポイントも

つみたてNISAは2018年1月にスタートした積立投資のための制度で、最長20年の非課税期間が設定されています。金融庁が厳選した銘柄の中から金融商品を選ぶことが可能ですが、数が多いのでどれを選べば良いかは迷ってしまうことでしょう。そこで、この記事ではつみたてNISAでのおすすめの銘柄を解説していきます。

投資信託コラム

東南アジアREIT(不動産投資信託)のメリット・デメリットは?日本やアメリカと比較

海外不動産投資が広がってきている近年では、東南アジアREITも1つの選択肢となっています。しかし、東南アジアREITは日米のREITと比較すると新しい投資対象であるため、特徴が分かりにくいと感じる方も多いでしょう。この記事では、東南アジアのREITが持つメリットやリスクなどについて、日米のREITと比較しながら解説します。

投資信託コラム

投資信託のリスクと分析方法は?損失が出た時に活用できる制度も

投資にはリスクがつきものですが、具体的なリスクや分析方法について考えたことがある人は少ないのではないでしょうか。

投資を始める時は、投資そのものについての勉強と同様に、リスクについてもしっかり学習し、理解しておく必要があります。本記事では投資信託のリスクについて、概要や分析方法を詳しく紹介します。これから投資を始めたいと考えている人は、リスクについての理解度を深めておきましょう。

投資信託コラム

インドに投資できる投資信託・ETFは?主なファンド5本を比較

新興国の中でも成長著しいインドは、新しい時代を見据えた投資には欠かせない存在の一つです。インドをテーマとしたファンドには、どのようなものがあるのでしょうか。

本記事ではインドの現状の説明と、インドをテーマとしたファンドの紹介を行います。インドを投資先として検討している人はご確認ください。

投資信託コラム

投資信託、為替ヘッジあり・なしはどちらが良い?主要ファンドの成績を比較

ファンドの概要にある「為替ヘッジ」は何を意味するんだろう、と疑問に感じたことはないでしょうか。為替ヘッジとは、為替差損益、つまり通貨価格の変動による成績のブレを抑える手法のことを言います。

為替ヘッジありのファンドは、ある手法を用いて為替変動リスクを抑えています。ありとなし、双方にメリットがあり、一概にどちらが良いとは言い切れません。

本記事では、為替ヘッジについて実際のファンドを参考にしつつ、全容を説明します。投資信託のリスクについて知りたい人はご確認ください。

投資信託コラム

脱炭素関連の投資信託、主なファンドの成績と企業の取り組みは

最近よく耳にする脱炭素やカーボンニュートラルなど、環境問題について、市場規模や投資妙味など、気になる人も増えているのではないでしょうか。

脱炭素は環境問題の中でも重要な項目として認知されており、今では先進国の責任、もしくは最低限のみだしなみのような位置づけがなされています。民間企業の環境問題への取り組みは投資家の注目ポイントです。

本記事では、脱炭素をとりまく世界の状況や取り組みなどを紹介し、関連する投資信託のファンドを紹介しています。あらたな投資先を探している方は参考にご確認ください。

投資信託コラム

つみたてNISAで低リスクな資産運用をする方法は?始め方や商品選びなど

これからつみたてNISAを始めるにあたり、できるだけ低リスクで安定した運用をしたいと希望する人は多いでしょう。つみたてNISAには、もともとリスクを抑える仕組みが備わっています。

この記事ではつみたてNISAの運用の仕組みからリスクを抑える方法、商品の選び方などを解説します。

投資信託コラム

変額保険と投資信託のメリット・デメリットを比較、使い分けのケースも

変額保険は投資と保障を兼ねた保険商品ですが、運用は投資信託によって行います。そのため、運用目的で変額保険を利用する場合、投資信託そのものと比較してメリット・デメリットをよく考えることが大切です。

この記事では変額保険と投資信託のそれぞれの特徴とメリット・デメリットを解説し、自分に合った運用の選択肢と使い分けを解説します。