手数料が安いロボアドバイザーサービス

ロボアドバイザーは1万円の少額から始めることができる投資ですが、だからこそ気になるのが「手数料」です。少額から投資を始めた場合、年間の利益が数百円となることもあります。この時、運用手数料が投資の利益を上回ってしまっては、せっかくの利益が無くなってしまいます。

そこでこの記事では、ロボアドバイザーを始めるにあたり、運用手数料が安いおすすめのロボアドバイザー会社をご紹介したいと思います。

手数料が安いロボアドバイザーサービス3選

運用額に応じて手数料が【年1% → 年0.65%】まで割引に!長期・積立投資に向いている「THEO」

THEO

THEOはAI搭載型のロボアドバイザーで、最低投資額1万円、変更・解約・出金の申込みは365日24時間いつでも可能と、少額から取り組みやすいサービスです。運営会社の株式会社お金のデザインには、UTEC(株式会社東京大学エッジキャピタル)、第一生命保険株式会社、株式会社NTTドコモ、株式会社電通デジタル・ホールディングス、伊藤忠商事株式会社と名だたる企業が出資をしており、経産省が支援する「J-Startup」にも選ばれています。

運用面では、最大約30銘柄もの世界のETFを組み合わせて、年齢や金融資産額に応じた231の運用ポートフォリオを構築し、少額から国際分散投資を行うことが可能です。また、搭載されたAIが、世界中の膨大な自然言語情報や市場データを収集・分析し、その情報をもとに銘柄や資産クラスが一定期間後に大幅に下落するかを判断。大きな下落リスクのある銘柄の比率を下げ、保守的なポートフォリオへと変更してくれます。これまで機関投資家しか利用できなかったハイクラスな資産運用を個人でも利用できるようにしたサービスです。

THEOの運用手数料は投資一任報酬のみとなります。取引ごとの売買手数料や、委託手数料・為替手数料などは投資一任報酬の中からTHEOが負担するため、ユーザーには年率1%(税抜き)の投資一任報酬以外の負担がかかりません。このように、手数料を増やすための不必要な取引を行うというインセンティブは働かないという仕組み上の特長があります。

THEOの運用手数料

また、2019年4月からは「テオ カラーパレット」という新しい手数料体系が導入されています。これまで預かり資産3,000万円までは一律1%だった手数料率を、投資家の利用状況に応じて【1% → 0.65%】に引き下げるという仕組みです。

テオの新しい手数料体系・カラーパレット

THEOは、積立をベースとした長期的な資産運用に、非常に適した手数料体系となっています。また、「急に資金が必要になり、出金してしまった」という場合でも、次の判定期間で同じ条件(※)をクリアすれば次の適用期間には元の手数料に戻ることができるという仕組みもあるため、安心して利用することができます。

※判定期間中、以前と同様のカラー判定基準(毎月積立実施、出金なし/カラー基準額達成)をクリアしている場合

また、会員登録・口座開設・口座維持管理・案件取引時の手数料はすべて無料(0円)となっています。一方、THEOの投資口座への振込手数料は顧客負担となっています。

ネット銀行やメガバンクの手数料無料サービスなどを活用すれば、口座開設から実際に投資を始めるまですべて無料で取り組むことも可能です。解約時の手数料や出金手数料などもかからないため、まずは少額・短期から始めてみたいという方にもおすすめです。

THEOの手数料 金額
会員登録の手数料 無料(0円)
口座開設の手数料 無料(0円)
口座管理の手数料 無料(0円)
ETF売買手数料 無料(0円)
為替手数料 無料(0円)
解約手数料 無料(0円)
投資口座への振込手数料
(お客様口座 → 投資口座)
投資家負担
出金手数料
(投資口座 → お客様口座)
無料(0円)

長期割で手数料は【年1% → 年0.9%】、長く続けることで割引が受けられる「ウェルスナビ」

ウェルスナビ(WealthNavi)

ウェルスナビは、最低投資額10万円、運用報酬年1%、追加の手数料なし、自動積立1万円からと少額から取り組みやすいロボアドバイザーのサービスです。運営会社のウェルスナビ株式会社には、SMBCベンチャーキャピタル、SBIホールディングス株式会社、DBJキャピタル投資事業有限責任組合(日本政策投資銀行の100%子会社)など、大手金融機関・ベンチャーキャピタルが出資をしています。

運用面では、年齢や金融資産額などに基づき判定された5つのリスク許容度から、自動で適した運用ポートフォリオを構築してもらえるため、簡単に国際分散投資を始めることが可能です。また、資産運用によって受け取った分配金は、一定額以上になると、自動で再投資にまわしてもらうことができるため、分配金を引き出さずに再投資し続けることで「複利効果」による資産の成長が期待できます。特定口座なども選択可能ですので、確定申告などわずらわしい手続きもなく運用をすることができます。

ウェルスナビの運用手数料は投資一任報酬のみとなります。取引ごとの売買手数料や、委託手数料・為替手数料などは投資一任報酬の中からウェルスナビが負担するため、ユーザーには年率1%(税抜き)の投資一任報酬以外の手数料がかかりません。

ウェルスナビの運用手数料

ウェルスナビの手数料面での強みは、「長期割」があることです。運用期間と運用金額に応じ、最大0.90%(現金部分を除く、年率・税別)の手数料まで割引を受けることができます。割引率は、運用金額50万円〜200万円未満の場合は6か月毎に0.01%割引、運用金額200万円以上の場合は6か月毎に0.02%割引となっています。

また、ウェルスナビでは口座開設・口座維持管理・案件取引時などの手数料は無料(0円)となっています。一方、ウェルスナビの投資口座への振込手数料は投資家負担となっています。

ネット銀行やメガバンクの手数料無料サービスなどを活用すれば、口座開設から実際に投資を始めるまですべて無料で取り組むことも可能です。まずは少額・短期から始めてみたいという方にもおすすめです。

ウェルスナビの手数料

口座開設 無料
運用手数料 預かり資産3000万円まで 年率1.0%(税別)
3000万円を超える部分 年率0.5%(税別)
入金 クイック入金 無料
自動積立 無料
金融機関振込 投資家負担
取引 売買手数料 無料
為替手数料 無料
為替スプレッド 無料
リバランス 無料
出金 出金手数料 無料

まとめ

ロボアドバイザーを少額・長期投資として利用する場合、運用手数料の安さは5年後・10年後には大きなパフォーマンスの違いとなってきます。今回ご紹介した大手のロボアドバイザーサービスを中心にぜひ検討してみてください。

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 ロボアドバイザー・少額株式投資チームは、ロボアドバイザーや少額株式投資に関する知識が豊富なメンバーがロボアドバイザーの基礎知識から少額投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」