ウェルスナビ(WealthNavi)の評判・口コミ・実績

1. ウェルスナビ(WealthNavi)の特徴

ウェルスナビは、最低投資額10万円、運用報酬年1%、追加の手数料なし、自動積立1万円からと少額から取り組みやすいロボアドバイザーのサービスです。運営会社のウェルスナビ株式会社には、SMBCベンチャーキャピタル、SBIホールディングス株式会社、DBJキャピタル投資事業有限責任組合(日本政策投資銀行の100%子会社)など、大手金融機関・ベンチャーキャピタルが出資をしています。

運用面では、年齢や金融資産額などに基づき判定された5つのリスク許容度から、自動で適した運用ポートフォリオを構築してもらえるため、簡単に国際分散投資を始めることが可能です。また、資産運用によって受け取った分配金は、一定額以上になると、自動で再投資にまわしてもらうことができるため、分配金を引き出さずに再投資し続けることで「複利効果」による資産の成長が期待できます。特定口座なども選択可能ですので、確定申告などわずらわしい手続きもなく運用をすることができます。


サービス名 ウェルスナビ(WealthNavi)
URL https://www.wealthnavi.com/
運営会社名 ウェルスナビ株式会社
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル12F
設立 2015年
代表取締役 柴山 和久

【代表経歴】
東京大学法学部、ハーバード・ロースクール、INSEAD卒業。ニューヨーク州弁護士。日英の財務省で合計9年間、予算、税制、金融、国際交渉に参画する。その後、マッキンゼーでは、ウォール街に本拠を置く機関投資家を1年半サポートし、10兆円規模のリスク管理と資産運用に携わる。次世代の金融インフラを構築したいという想いから、2015年4月にウェルスナビを創業。

資本金 37億998万円(資本剰余金含む)※2019年5月24日現在
社員数 58人(2018年7月調査時点)
主な株主(個人以外) AT-I投資事業有限責任組合
Infinitye.venturesAsiaIII,L.P.
SBIホールディングス株式会社
FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合
株式会社SMBC信託銀行(特定運用金外信託口契約番号12100440)
DBJキャピタル投資事業有限責任組合
SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合
みずほ成長支援投資事業有限責任組合 など
上場有無 非上場
サービス開始年月 2016年7月
口座申込み件数 23万口座以上(2019年9月5日時点)
預かり資産額 1,700億円超(2019年9月5日時点)
ポートフォリオ診断 0円(無料)
運用手数料 3,000万円を超えるまで年率1.0%(税抜き)
3,000万円を超える部分は年率0.5%(税抜き)

【長期割(手数料が最大0.90%(年率)まで割引に)】
50万円~200万円未満:6か月毎に0.01%割引
200万円以上 :6か月毎に0.02%割引

最低投資金額 10万円
平均初回入金額 52.7万円(2017年11月1日~2018年2月28日に運用開始した「ウェルスナビ」のユーザーのデータから算出)
自動積立金額 1万円から
平均積立額 3.3万円(2017年11月1日~2018年2月28日に運用開始した「ウェルスナビ」のユーザーのデータから算出)
積立率 62.3%(2017年11月1日~2018年2月28日に運用開始した「ウェルスナビ」のユーザーのデータから算出)
入金方法 銀行振込、クイック入金
申込みから買付けまでの期間 最短翌日
出金までの期間 依頼日より最短3営業日後
特定口座(源泉徴収あり) 選択可能(特定口座の場合は、確定申告が不要)
プラン変更 平日の20時までにリスク許容度を変更すると、通常その日の深夜にポートフォリオを再構築
リスク許容度別リターン 【リスク許容度1】参考リターン +7.6%
【リスク許容度2】参考リターン +11.8%
【リスク許容度3】参考リターン +14.4%
【リスク許容度4】参考リターン +17.0%
【リスク許容度5】参考リターン +18.6%
※ウェルスナビがサービスを開始した2016年1月に100万円、その翌月から2019年6月まで毎月3万円ずつ積み立てながら投資した場合のもの。
投資対象 米国ETF
取扱銘柄数 6~7つの海外上場ETFを通じ 、世界約50カ国1万1000銘柄に分散投資
運用方針 リスク許容度に応じた最適ポートフォリオを提供、運用期間中も個別にポートフォリオをモニタリングし、適切なメンテナンス(リバランス等)を自動的に行う。運用手法は、インデックス運用(パッシブ運用)で、国際分散投資・米ドル建てでの運用
運用パターン リスク許容度別に5通り
リバランスの頻度 半年に一度
※リバランスとは、相場の価格変動に応じてETFの保有割合を再調整すること

※2019年7月時点の情報となります。最新情報に関してはウェルスナビのサイトからご確認ください。

2. ウェルスナビに関するニュース

3. ウェルスナビのおすすめポイント

  1. 10万円から国際分散投資をはじめることができる
  2. 資産運用の目的やリスク許容度に応じた5つの運用パターン
  3. 分配金の自動再投資で「複利効果」が期待できる
  4. 1%の運用報酬で、銘柄選びも売買もおまかせ
  5. 口座開設・口座維持管理・案件取引の手数料は全て無料

3-1. 10万円から国際分散投資をはじめることができる

ウェルスナビはこれまで機関投資家など特別な層だけが利用できた世界水準の金融アルゴリズムを、個人でも利用できるようにした小口の投資サービスです。スマホで、10万円からはじめることができ、月1万円からの積立で無理なく続けることができるため、投資が未経験の方や資産形成をしていきたい方に向いています。

ウェルスナビが自動化する投資プロセス

また、ウェルスナビでは投資対象を日本に限定せず世界に広げることで、世界中の様々な国の経済成長の恩恵をポートフォリオに取り込むとともに、値動きの異なる複数の銘柄を組み合わせる「分散投資」により、銘柄ごとの損益の一部を相殺することでリスクの低減を図っています。

ウェルスナビの国際分散投資

3-2. リスク許容度に応じた5つの運用パターン

ウェルスナビではリスク許容度などに基づいて、5つの運用パターンが用意されています。例えば 、リスクを取った投資をしてもよいと考えれば、リスク許容度が大きくなり、 株式などのリスクの高い資産への投資が相対的に多くなります。

ウェルスナビのリスク許容度とリターン width=※ウェルスナビのホワイトペーパーより

3-2-1 ウェルスナビの運用シミュレーション例

ウェルスナビの運用シミュレーション例

3-2-2 ウェルスナビの運用ポートフォリオ例

ウェルスナビの運用ポートフォリオ例

3-2-3 ポートフォリオ構築、見直し、リバランス

また、ポートフォリオ構築、売買、定期的な組み替えをすべて自動で行ってくれるため、悩まず、手間を掛けずに資産運用を始めることができます。

ウェルスナビのリバランス"

3-3. 分配金の自動再投資で「複利効果」が期待できる

ウェルスナビでは、資産運用によって受け取った分配金は、一定額以上になると、自動で再投資にまわしてくれます。分配金を引き出さずに再投資し続けることで、「複利効果」による資産の成長が期待できます。

ウェルスナビのAIアシスト

3-4. 1%の運用報酬で、銘柄選びも売買もおまかせ

ウェルスナビの運用報酬は投資一任報酬のみとなります。取引ごとの売買手数料や、委託手数料・為替手数料などは投資一任報酬の中からウェルスナビが負担するため、ユーザーには年率1%(税抜き)の投資一任報酬以外の負担がかかりません。このように、手数料を増やすための不必要な取引を行うというインセンティブは働かないという仕組み上の特長があります。

ウェルスナビの運用手数料

3-5. 口座開設・売買手数料・為替手数料・出金などの手数料が無料

ウェルスナビでは、口座開設・口座維持管理・案件取引時などの手数料は無料(0円)となっています。一方、ウェルスナビの投資口座への振込手数料は顧客負担となっています。

ネット銀行やメガバンクの手数料無料サービスなどを活用すれば、口座開設から実際に投資を始めるまですべて無料で取り組むことも可能です。まずは少額・短期から始めてみたいという方にもおすすめです。

口座開設 無料
運用手数料 預かり資産3000万円まで 年率1.0%(税別)
3000万円を超える部分 年率0.5%(税別)
入金 クイック入金 無料
自動積立 無料
金融機関振込 顧客負担
取引 売買手数料 無料
為替手数料 無料
為替スプレッド 無料
リバランス 無料
出金 出金手数料 無料

4. ウェルスナビで投資を始めるまでの流れ

  1. STEP1 運用プラン診断
  2. STEP2 最短3分、無料で口座開設
  3. STEP3 口座開設完了(最短2営業日)

STEP1 運用プラン診断

無料会員登録ページから、6つの質問に答えると運用プランを提案してもらうことができます。(最短1分)

STEP2 最短3分、口座開設オンライン申し込み

メールアドレスの登録、本人確認書類の登録、銀行口座等の入力で申請は完了。最短3分、すべてオンラインで完結します。

運転免許証 + 通知カード または マイナンバーカード(個人番号カード) を登録

※「運転免許証」の代わりに「パスポート」、「通知カード」の代わりに「マイナンバー(個人番号)が記載された住民票の写し」を利用することも可能です。

STEP3 口座開設完了(最短2営業日)

口座開設の審査後、ご登録住所に簡易書留を送られてきます。運用プランを設定し、指定の口座に10万円以上を入金すれば完了です。

5. ウェルスナビユーザーの声(口コミ・評判)

相場の変動に一喜一憂せず、ゆっくり安心して投資できます。
(30代・男性・会社員)

これまでどう投資しようか迷っていましたが、何も考えなくてよくなりました。
(30代・女性・会社員)

入金からETF(上場投資信託)購入までのリードタイムが短いのが嬉しいです。
(30代・男性・会社役員)

アプリから今の資産状況がすぐに確認できる点がよかったです。
(30代・男性・会社員)

資産運用について考える機会が増えました。コラムやメルマガも非常に勉強になっている。
(20代・男性・公務員)

ウェルスナビのユーザーの声をもっと見る

6. ウェルスナビのメディア掲載実績・評判

新しい産業として根付き始めた「働く世代」のロボアドサービス
(週刊金融財政事情 2018年3月26日号)

金融工学を駆使した国際分散投資のノウハウを少額からでも活用できる
(読売新聞 2017年9月23日朝刊)

資産運用の知識がなくても始められ、手間や時間も削減できる
(日経ビジネスアソシエ 2017年10月号)

顧客が不安に感じる「金融サービスのブラックボックスな部分」を払拭することを目指したサービス
(ASCII 2016年12月23日)

7. HEDGE GUIDE編集部から見たウェルスナビの魅力とは?

HEDGE GUIDE編集部

ウェルスナビは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズムに基づいて、利用者一人ひとりに合ったポートフォリオ(資産の組み合わせ)を自動で組み、リスクを抑えながらリターンの最大化を目指してくれるというロボアドバイザーです。

自動積立の機能もあるため、下落局面でも狼狽売り(相場の下落に慌てて売りを出すこと)などの心理的な罠にはまらず、運用を「続ける」ということをサポートする仕組みがあるという点が魅力的です。

また、サイト内で公開しているコラムでは「追加入金のタイミングと金額はどうしたらいい?」「資産運用はいくらから始めればいい?」「リスクを減らす『分散投資」ってどんなもの?」など、これから投資や経済のリテラシーを高めていきたいという方にもおすすめのサービスです。

8. ウェルスナビで無料診断を受ける

ウェルスナビの無料診断は、簡単な6つの質問(年齢・年収・金融資産・毎月の積立額・資産運用の目的・株価下落時の対応)を選ぶだけで、最短1分で結果を見ることができます。まずは自分のリスク許容度を調べて見たいという方は、ぜひ試してみて下さい。

なお、2019年10月4日までに当サイト経由でウェルスナビに20万円以上の入金をするなどの条件を満たした方に対して「1500円がプレゼント」される期間限定タイアップキャンペーンを実施中です。(※キャンペーンの適用条件の詳細は、タイアップ特設ページにてご確認下さい。)

ウェルスナビ・タイアップキャンペーン

ロボアドバイザー・少額株式投資のサービス

The following two tabs change content below.
HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチーム

HEDGE GUIDE 編集部 少額株式投資・ロボアドバイザーチームは、少額株式投資やロボアドバイザーに関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から少額投資やロボアドバイザーのポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」