TAG LINE

FXコラム

LINE FXの評判は?メリット・デメリットや他FX会社とのスプレッドの比較も

LINEが、2020年3月よりFXサービスである「LINE FX」の提供を開始しました。LINE FXには、どんなサービスや機能があるのか、気になる方も多いと思います。そこで本記事では、LINE FXの概要やメリット・デメリット、評判、どんな方におすすめなのか、といった点を徹底解説していきます。

ふるさと納税

LINEでふるさと納税が可能に。さとふる、新サービス「LINEでふるさと納税 Powered byさとふる」開始

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」を運営する株式会社さとふるはLINE株式会社とふるさと納税事業に関する協業について基本合意書を締結し、5月18日、無料通話アプリのLINEを通じてふるさと納税ができる「LINEでふるさと納税 Powered byさとふる」の提供を開始した。

FXコラム

LINE CFDの使い方は?メリット・デメリットを初心者目線で解説 

CFDの大きな特徴はレバレッジをかけて、日本株や米国株、株価指数などを買うことができることです。CFDではレバレッジをかけられるため、預けたお金よりも大きな金額で取引をすることができます。今回はCFDサービスを2022年1月に開始した、LINE証券株式の「LINE CFD」について、使い方やメリット・デメリットを初心者目線で解説していきます。CFDはメリットだけでなく、デメリット(リスク)もしっかり理解した上で始めるべきサービスであるため、ぜひ良い面も悪い面も学んでいきましょう。

ESG投資

「3.11」の検索で10円の復興支援ができる。ヤフーとLINE、共同企画「3.11 これからも、できること。」実施

ヤフー株式会社とLINE株式会社は2011年に発生した東日本大震災から11年目となる3月11日に向けて「3.11 これからも、できること。」を実施する。同日に「3.11」と「Yahoo!検索」で検索すると10円、「LINE Search(LINEのニュースタブ上部の検索窓)」で検索すると10円、合わせて一人につき20円を福島など東北支援のために寄付できる。

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨投資はポイント投資とキャンペーンでお得に始めよう!仮想通貨取引所5社の取り組みを紹介

今回ご紹介したいのは、ポイント投資やお得なキャンペーンを活用して相場に慣れていく方法です。口座開設と同時に取引所から現金やビットコインを付与しているところがあるので、心理的に気軽に投資を始められるでしょう。ここでは仮想通貨取引所で利用できるポイント投資やキャンペーンについてご紹介します。

暗号資産取引所の使い方

仮想通貨取引所の新規登録ユーザー対象のキャンペーンとは?【初心者さん必見!】

今回ご紹介したいのは、新規登録ユーザーを対象としたキャンペーンです。口座開設と同時に取引所から現金やビットコインを付与しているところがあるので、心理的に気軽に投資を始められるでしょう。ここでは2022年1月時点で、新規登録ユーザー対象としたキャンペーンを行っている仮想通貨取引所についてご紹介します。

NFT

【重要ニュースまとめ(12/11~12/18)】ビットコイン全体の9割が発行完了、イーサリアムのサイドチェーンPolygonがZk-Rollup研究のMirを買収

今週はビットコインの発行量が9割を突破したことや、PolygonによるMirの買収などが話題になりました。特に、ビットコインの9割が発行済みであることは意外と知られていない事実であり、残りの1割を100年以上かけて発行することに驚いたことも少なくないでしょう。

株式投資コラム

LINE証券の始め方、口座開設から株の買い方までをキャプチャ付きで解説

LINE証券はスマホだけで口座開設から購入・売却までできるスマホ証券のサービスです。アプリがシンプルで分かりやすく、初心者でも操作しやすいのが特徴です。

LINE証券で投資を始めてみたいと考えているビギナーの方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事ではLINE証券の口座開設方法や株の買付方法を、キャプチャ画像も使って解説します。

株式投資コラム

LINE(ライン)証券、2021年12月のキャンペーン情報まとめ

LINE証券は、LINEと野村證券が共同で運営する証券会社です。スマホやLINEを活用して証券サービスを展開するLINE証券では、新規口座開設やいちかぶ(単元未満株)、FXなどを対象としたキャンペーンを実施しています。

この記事では、12月に実施されるLINE証券のキャンペーンについてご紹介します。LINE証券での口座開設や、LINE証券のキャンペーンに興味をお持ちの方は参考にしてみてください。

仮想通貨コラム

仮想通貨取引所への入金が便利な4社【提携銀行・手数料・スピード・UXが優れている】

仮想通貨(暗号資産)を購入するには仮想通貨取引所の口座を開設し、日本円を振り込む必要があります。最近では即時入金に対応し、手数料も安価であったり、提携銀行を登録することで速やかにトレーディングを行える便利なサービスも出てきています。ここでは入金フローが便利な仮想通貨取引所についてご紹介します。

NFT

【重要ニュースまとめ(11/6~11/12)】国内市場の活性化へ向けスクエニとミクシィがNFT事業を本格化、米国ではインフラ法案が可決

今週は、国内でもスクエニやミクシィによるNFT市場への本格参入が話題となりました。これから年末に向けて一層のブロックチェーン市場の盛り上がりが期待できそうです。国外では引き続き規制強化の様相がみられています。米国のインフラ法案可決は大きなトピックであり、米国内では冬の時代が訪れるとの声が多くあがっています。

folio(フォリオ)の評判・口コミ

folioの「テーマ投資」は、最低投資額10万円、手数料0.5%で最低10社に手軽に株式投資ができるサービスです。あらかじめプロが選定した銘柄が80種類以上のテーマにカテゴリ分けされており、興味のあるテーマを選んでリスクを抑えた形で楽しく運用することができます。また、投資家の投資スタイルに合わせたリバランスの提案があり、取引手数料は業界最低水準であることも大きな魅力です。

仮想通貨コラム

メルカリが暗号資産事業に進出する理由とは?【新会社メルコイン設立の背景】

日本のフリーマーケットプラットホームの最大手である株式会社メルカリは、暗号資産やブロックチェーンに関するサービスの企画・開発を行うことを目的とした子会社「株式会社メルコイン」を立ち上げました。メルコインは2022年を目途に暗号資産事業を対外的にスタートする予定です。そこで今回は株式会社メルカリが暗号資産事業に進出する理由や今後の展開、既存のNFTマーケットプレイスへの影響などについて解説したいと思います。

仮想通貨コラム

仮想通貨(暗号資産)取引所アプリはどれが使いやすい?コインチェック、GMOコインとLINE BITMAXの3社徹底比較

仮想通貨取引アプリは、日本円の入出金や仮想通貨の入出庫を管理したり、レンディングや積立サービスなどの独自サービスを利用できたりと、ますます便利になっています。中でもコインチェックとGMOコイン、LINE BITMAXはスマホアプリ上で資初心者でも始めやすいように設計されています。ここでは3社のスマホアプリを詳しく比較解説していきます。これから仮想通貨投資を始めようと検討している方は参考にしてみてください。