上場している大手の不動産投資会社3選

上場している会社には「会社規模が大きく、倒産しにくい」「コンプライアンス(法令遵守姿勢)がしっかりしている」「土地の取得や物件の開発に優れている」「会社としての信用力が高く、融資の条件で有利になりやすい」などの特長があるため、初心者の方にとっては心強いパートナー会社となってくれます。

この記事では、上場している大手の不動産投資会社を厳選してご紹介したいと思います。

上場している大手の不動産投資会社3選

シノケンプロデュース

シノケンプロデュースのデザイナーズアパート

シノケンプロデュースは、東京・福岡・大阪・名古屋・仙台の都市圏で投資用アパートの販売を中心に行っているジャスダック上場企業シノケングループの子会社です。35,000戸を超える管理実績があり、入居率99%(2019年3月末時点/自社企画開発物件。2018年年間で97.7%)を実現しています。首都圏ターミナル駅から電車で30分圏内・駅徒歩10分以内というアクセスの良い土地の取得にこだわっており、上場企業としてのネットワークや交渉力を活用して好立地の土地を確保しています。また、会社の信用力や物件の実績から融資にも強く、金利1%台・フルローンといった好条件での融資付け実績も多数あります。

企業情報 企業名 株式会社シノケンプロデュース
URL https://www.shinoken.com/
本社所在地 東京都港区浜松町二丁目3番1号 日本生命浜松町クレアタワー
サービス情報 アパートブランド ハーモニーテラス(Harmony Terrace)
主要エリア 東京・福岡・大阪・名古屋・仙台
開発棟数 アパート棟数 4,000棟以上
管理戸数 30,000戸以上
入居率 2017年年間平均 98%
2018年3月末現在 99%

都心の新築マンション投資で創業以来14期連続・増収増益の東証1部上場企業「プロパティエージェント」

プロパティエージェントの評判・口コミ

プロパティエージェントは、東京23区・横浜エリアに集中した物件開発により高い入居率を実現しているマンション投資会社です。土地選定から建物の企画開発までをワンストップで手がけることで品質を担保したマンション供給を実現しており、創業は2004年とまだ日が浅いですが、創業してから14期連続で増収増益を達成しているという事業の安定性やコンプライアンスに関する高い意識なども魅力です。

プロパティエージェントの入居率と滞納率の推移

融資面では、提携金融機関の多さと物件の担保力の高さが特徴で、購入後の借り換えについても柔軟に対応をしてもらうことができます。また、賃貸管理や確定申告サポートなどアフターフォローも充実しています。資料請求後に新着物件やおすすめの非公開物件などを定期的に紹介してもらうことができますので、まずは情報収集も兼ねて資料を取り寄せてみると良いでしょう。

また、プロパティエージェントでは、初心者向けに「0から始める不動産投資セミナー」を定期開催しています。セミナーでは、「不動産投資の基礎知識」「不動産投資のリスクとは?」といった基本的な内容から「不動産投資のメリットとリスク」「投資用物件の見方・選び方」「購入前のチェックポイント」「売却時の戦略」など踏み込んだ内容まで、多岐にわたるトピックについて解説しています。また、セミナー限定物件の紹介や参加特典の書籍プレゼントなどもあります。

セミナー参加者からは、「短時間で最近の傾向・ポイントを知れて為になった」「リスクについても理解することができた」「購入前のチェックポイントを知ることができた」といった声が上がっており、セミナー参加後のアンケートでも満足度は95.8%(2018年10月同社調べ)となっています。

23区・川崎の駅近マンションで入居率99.6%、東証1部上場企業「グローバル・リンク・マネジメント」

グローバル・リンク・マネジメントの評判・口コミ

グローバル・リンク・マネジメント(以下、GLM)は、不動産の開発から販売・管理までワンストップで行っている東証1部上場の不動産投資会社です。創業は2005年とまだ日が浅いですが、東京23区・川崎駅から徒歩10分圏内でのみ開発を行っていることに加え、マンション経営へのIT導入を積極的に進めており、入居率は99.67%(2019年2月時点)となっています。また、国内で唯一7年更新のサブリース契約のため、長期間で賃料変動が少ないといった特長があり、空室リスクが気になる方や安定した賃貸収入を得たい投資家の方におすすめです。また、定期的に初心者向けのセミナーも開催しており、セミナー参加特典として「不動産投資入門ガイド」を無料でもらえるなど、0から不動産投資を学んでみたい方や情報収集をしたい方、不動産投資の初心者にもおすすめできる会社です。

グローバル・リンク・マネジメントのサブリース

融資面では金融機関の提携先が豊富で低金利のローンが組むことできるという魅力があります。定期的に開催されるセミナーは、初心者向けの内容となっていますので、0から不動産投資を学んでから検討したいといった方におすすめです。

まとめ

上場企業は上場審査という証券取引所の厳しい審査を経て上場されているため、非上場の企業と比べるとコンプライアンスやフォローアップの体制なども充実しています。しつこい営業が面倒な方や、購入後にもアフターフォローを受けたいという方は、ここでご紹介した会社の資料請求やセミナー、個別相談などに申し込まれてみることをおすすめします。

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チーム

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」