倉岡 明広 「倉岡 明広」の記事

投資・マネーコラム

大田区のマンション売却・査定はいくらになる?間取り、築年数から売却相場を検証

東京都大田区は、東京23区のうち最も南部にあるエリアで、総面積は東京23区のうち最も広い61.86k㎡となっています。売却相場という観点で見た時、大田区内ではどのような中古マンションの傾向があるのか、今回のコラムでは「三井のリハウス」が公開している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

福岡のアパート経営に強い不動産投資会社は?始め方や流れも解説

全国的に人口減少が続く中、人口160万人超を数える福岡市は人口が増加している数少ない都市です。人口増加によって豊富な賃貸需要が見込めることもあり、福岡では多くの不動産会社があります。アパート経営を始める際、どのようなポイントで不動産会社を選べば良いのか、悩む方も多いのではないでしょうか。そこで今回のコラムでは、福岡のアパート経営に強い不動産投資会社2社の紹介に加えて、福岡市でのアパート経営における注意点や始め方についても解説します。

投資・マネーコラム

不動産売却で評判の良い不動産会社は?大手2社の実績やサービス内容を解説

不動産を売却する際は、信頼性の高い大手不動産会社に依頼したいという方も多いのではないでしょうか。基本的な情報をはじめ、大手不動産会社ならではの売却実績や、売却の特徴、売却向けサービスなども詳しく解説していくので、不動産売却の依頼先に悩む方はご参考ください。

投資・マネーコラム

不動産一括査定サイトの評判・口コミは?大手7社のメリット・デメリットも

不動産を売却する際に便利なサービスとして利用されているのが不動産一括査定サイトです。この不動産一括査定サイトを利用した人たちはどのように感じたのか、評判や口コミを集めてみました。また不動産一括査定サイトは、それぞれに特徴があり、メリットとデメリットもあります。今回のコラムでは大手7社についてそれぞれ紹介いたします。

マンション投資

ワンルームマンション投資の成功事例は?失敗につながる6つの原因も

ワンルームマンション投資は少額資金で始めやすい不動産投資の方法として人気が高く、好立地の物件でも選択肢に入りやすいことから、初心者の方でも始めやすいメリットがあります。しかし、ワンルームマンション投資は家賃収入に対して物件価格が高く、利回りが低くなりやすいデメリットがあり、注意しておきたいリスクもあります。このようなデメリットやリスクに注意を払わないと、想定していた収入を獲得することができずに失敗することがあります。そこで今回のコラムでは、ワンルームマンション投資における失敗原因を解説し、成功事例と比較してポイントを補足します。

マンション投資

管理費が安い不動産投資会社は?5社の管理体制や設備保証の内容を比較

不動産投資では、取得した物件の運営に管理費などの必要経費がかかります。収入に対して経費が大きくなると、経営を圧迫してしまったり、最終的に手元に残る資金が少なくなるなどのデメリットがあります。今回のコラムでは、不動産投資の必要経費の一つである管理費にフォーカスします。管理費の安い不動産投資会社5社を紹介し、管理体制や設備保証などについても解説していきます。

ESG投資コラム

不動産×脱炭素の「ZEHマンション」に投資するには?ZEHデベロッパーも

不動産業界では、脱炭素化などに向けた取り組みが急拡大しています。中でもZEH(ゼッチ)は不動産領域における脱炭素に向けた対策の一つとして注目度が高く、戸建だけではなく集合住宅も支援の対象になったことからZEHマンションの開発も始まっています。今回のコラムでは、不動産投資としてZEHマンションに投資する方法や、ZEHマンションを建築するデベロッパーについても紹介します。

投資・マネーコラム

目黒区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

東京都目黒区は、中目黒や自由が丘、学芸大学など、各種の住みたいまちランキングで上位に入るエリアを数多く抱える特別区です。地域ブランドも高く住みやすいエリアが多い目黒区内ではどのような中古マンションの傾向があるのか、今回のコラムでは「三井のリハウス」が発表している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

投資・マネーコラム

不動産投資は現金一括とローンのどちらがおすすめ?メリット・デメリットを比較

賃貸用物件を購入するには多額の資金が必要になるため、資金を貯めて現金一括で購入する方法と、融資を受ける方法の2通りがあります。そこで今回のコラムでは、現金で支払うのとローンを活用する際のメリットとデメリットについて解説していきます。現金とローンのどちらがいいのか迷った際には、本記事を参考に比較検討してみてください。

マンション投資

品川区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

東京都品川区は、区内を発祥とする企業も多くビジネスの拠点として栄えた印象がありますが、「東京都の人口(推計)」によると2022年9月1日時点の人口は東京23区内で10番目に多い419,290人となっており、世帯数は9番目に多い237,284世帯を抱えています。このような特徴のある品川区の中古マンション事情について、「三井のリハウス」が提供しているデータをもとに、間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などを検証して紹介していきます。

ESG投資コラム

個人でESG不動産投資を始めるには?物件・サービス選びのポイントや始め方も

ESG投資とは、環境、社会、ガバナンスを重視した経営を行う企業の株式や債券などを対象とした投資のことを指しています。不動産投資は実物資産を保有したり、運用したりすることで収益を得る投資方法であり、株式などと比較してオーナー個人の意見を反映させやすい投資対象です。今回のコラムでは、個人でESG不動産投資を始める方法や、物件・サービスの選び方について解説していきます。

マンション投資

江東区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

「東京都の人口(推計)」によると、2022年9月1日時点の東京都江東区の人口は529,059人となっており、23区内で8番目に多くなっています。今回のコラムでは、江東区の中古マンションにはどのような傾向があるのか、「三井のリハウス」が提供している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

マンション投資

不動産投資の修繕リスク対策は?建物管理に強い・設備保証付きの不動産投資会社も

不動産投資の修繕リスクとは所有する賃貸物件の劣化・損傷に対して修繕を行う可能性があることです。修繕工事は費用が高額になることもあり、その度に経営を圧迫する懸念があります。そこで今回のコラムでは、修繕リスクを回避および軽減する方法を解説し、さらに建物管理に強い不動産投資会社の紹介も行います。

マンション投資

トーシンパートナーズの評判・口コミは?実績や入居率、注意点も

トーシンパートナーズは、東京都心・横浜・川崎エリアを中心に投資用不動産を手掛ける不動産投資会社です。グッドデザイン賞を9年連続受賞するなど知名度も高く、投資先として検討されている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、トーシンパートナーズのマンション投資における特徴や実績、さらに評判や口コミなども紹介していきます。

投資・マネーコラム

不動産売却の相見積もり(一括査定依頼)ができるサービスは?5社を比較

不動産を売却するときは、複数の不動産会社に査定をしてもらう(相見積もりする)ことで相場が把握しやすくなります。1社ずつ問い合わせるのは手間がかかりますが、そこで役立つのが不動産一括査定サイトです。一度の入力で複数の不動産会社に物件の情報が届き、それを元に簡易査定をしてもらうことができます。今回のコラムでは、不動産売却の相見積もりを取る時に便利に活用できる、不動産一括査定サイトについて5社を比較して紹介していきます。

投資・マネーコラム

空き家売却の注意点は?初めてでも失敗しない売却の手順・相場の調べ方も

近隣トラブルや管理の手間、経済的負担増など、空き家を放置してしまうと様々なデメリットがあります。適切な管理の難しい不動産の売却を検討している方も多いのではないでしょうか。そこでスムーズな空き家の売却ができるように、今回のコラムでは空き家売却の注意点を解説しつつ、手順や相場価格の調べ方も紹介します。

投資・マネーコラム

墨田区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

東京23区の北東部に位置する墨田区は、東京スカイツリーがあることでも有名です。また河川に囲まれ、海抜が低いという地形上の特徴があります。このような特徴を持つ墨田区の中古マンションの特徴について、今回のコラムでは「三井のリハウス」が公開しているデータをもとに、間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などを紹介していきます。