倉岡 明広 「倉岡 明広」の記事

ESG投資コラム

個人でESG不動産投資を始めるには?物件・サービス選びのポイントや始め方も

ESG投資とは、環境、社会、ガバナンスを重視した経営を行う企業の株式や債券などを対象とした投資のことを指しています。不動産投資は実物資産を保有したり、運用したりすることで収益を得る投資方法であり、株式などと比較してオーナー個人の意見を反映させやすい投資対象です。今回のコラムでは、個人でESG不動産投資を始める方法や、物件・サービスの選び方について解説していきます。

マンション投資

江東区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

「東京都の人口(推計)」によると、2022年9月1日時点の東京都江東区の人口は529,059人となっており、23区内で8番目に多くなっています。今回のコラムでは、江東区の中古マンションにはどのような傾向があるのか、「三井のリハウス」が提供している間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などデータをもとに検証していきます。

マンション投資

不動産投資の修繕リスク対策は?建物管理に強い・設備保証付きの不動産投資会社も

不動産投資の修繕リスクとは所有する賃貸物件の劣化・損傷に対して修繕を行う可能性があることです。修繕工事は費用が高額になることもあり、その度に経営を圧迫する懸念があります。そこで今回のコラムでは、修繕リスクを回避および軽減する方法を解説し、さらに建物管理に強い不動産投資会社の紹介も行います。

マンション投資

トーシンパートナーズの評判・口コミは?実績や入居率、注意点も

トーシンパートナーズは、東京都心・横浜・川崎エリアを中心に投資用不動産を手掛ける不動産投資会社です。グッドデザイン賞を9年連続受賞するなど知名度も高く、投資先として検討されている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、トーシンパートナーズのマンション投資における特徴や実績、さらに評判や口コミなども紹介していきます。

投資・マネーコラム

空き家売却の注意点は?初めてでも失敗しない売却の手順・相場の調べ方も

近隣トラブルや管理の手間、経済的負担増など、空き家を放置してしまうと様々なデメリットがあります。適切な管理の難しい不動産の売却を検討している方も多いのではないでしょうか。そこでスムーズな空き家の売却ができるように、今回のコラムでは空き家売却の注意点を解説しつつ、手順や相場価格の調べ方も紹介します。

投資・マネーコラム

墨田区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

東京23区の北東部に位置する墨田区は、東京スカイツリーがあることでも有名です。また河川に囲まれ、海抜が低いという地形上の特徴があります。このような特徴を持つ墨田区の中古マンションの特徴について、今回のコラムでは「三井のリハウス」が公開しているデータをもとに、間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などを紹介していきます。

投資・マネーコラム

台東区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

東京23区の北東部に位置する台東区は、浅草や上野恩賜公園などの観光スポットが有名で、23区の中で最も面積が小さいのが特徴です。このような特徴を持つ台東区では、どのような中古マンションが販売されているのでしょうか。今回のコラムでは、「三井のリハウス」が公開しているデータをもとに、台東区の中古マンションについて間取りや築年数、価格の傾向、購入検討者の数などを紹介していきます。

マンション投資

福岡市7区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

福岡市は160万人超の人口を抱える九州地方の中心都市で、日本では全国的に人口減少が続いているものの、福岡は人口が増加している数少ない都市の一つです。人口が増えていることは賃貸需要の増加、不動産価格の上昇にも関連があり、適切な売却タイミングに悩む方もいらっしゃるでしょう。そこで今回のコラムでは、「三井のリハウス」が公開しているデータをもとに、福岡市の中古マンションについて平均価格や購入検討者数などを分析していきます。

マンション投資

不動産投資で好立地の物件を見極めるコツは?エリア選び5つのポイントも

実物資産を運用する不動産投資において、立地条件は重要視しておきたい項目の一つです。利便性の高さが入居率に大きく影響することに加え、物件を購入してしまったあとは売却以外の方法で立地条件を変えることはできないからです。そこで今回のコラムでは、好立地の物件を見極めるコツ、さらにはエリア選びの5つのポイントも解説していきます。

投資・マネーコラム

大阪市24区のマンション売却相場は?間取り・エリア別の売出価格ランキング

大阪市の中古マンション市場と言っても、地域ごとに特徴が異なるものです。そのため売却や購入を検討している地域の事情が把握しづらいと感じている方もいるでしょう。今回のコラムでは、「三井のリハウス」がウェブサイトで公開している大阪市24区別のデータ(2022年10月10日時点)をもとに、平均価格や間取り別などのランキングを紹介していきます。

マンション投資

マンション投資でサブリース契約をするメリット・デメリットは?会社選びのポイントも

マンション投資をする上で覚えておきたい知識の一つがサブリース契約です。サブリース契約は物件の不動産管理の一つの方法で、大きなメリットは空室リスクが低減できることです。そこで今回のコラムでは、サブリース契約のメリットとデメリット、そして会社選びのポイントについて解説していきます。

投資・マネーコラム

アパートがなかなか売却できない原因は?売れない時の5つの対策も

アパート経営における出口戦略の一つは売却ですが、アパートの状態によってはなかなか売れないこともあります。不動産売却は3カ月〜6カ月が目安で、それ以上時間がかかっていると何らかの原因があると推測できます。そこで今回のコラムでは、アパートがなかなか売却できない原因に焦点を当てて解説していきます。また売れないときの対策や戦略についても紹介します。

マンション投資

マンション投資で空き家になったら管理費はどうなる?購入前の6つの注意点も

空室はマンション投資におけるリスクの一つですが、空室になった場合の経営状況はどうなるのか不安に感じている投資初心者の方もいるでしょう。そこで今回のコラムでは、空室になった際の管理費に焦点を当てます。空室になっても管理費を支払う必要があるのか解説するとともに、購入前に確認したい管理業務における注意点についても紹介します。

マンション投資

不動産投資の空室リスクを避ける方法は?入居率98%以上の不動産投資会社7社の特徴も

不動産投資の空室リスクについて不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。そこで今回のコラムでは、空室リスクを避けるための5つの方法を解説していきます。また98%以上という高い入居率を維持する不動産投資会社7社の特徴についても紹介します。

マンション投資

不動産投資で独立洗面台の物件を選ぶメリット・デメリットは?チェックしたい項目も

不動産投資で賃貸用物件を選ぶ際にいくつか確認するポイントがありますが、独立洗面台の有無が入居者のターゲティングに大きな影響を与えることがあります。独立洗面台のある物件は暮らしの快適性を向上させ入居率に好影響をもたらす可能性がある反面、物件価格が高くなってしまう点に注意が必要です。そこで今回のコラムでは、独立洗面台のある賃貸用物件を選ぶメリットとデメリットを解説していきます。

マンション投資

中古マンション投資が検討できる築年数の目安は何年?築古物件のリスクも

投資用中古マンションの購入を検討している場合、築何年の物件まで投資用物件として活用できるのか、判断は難しいものです。そこで今回のコラムでは、中古マンション投資ができる築年数の目安を紹介するほか、購入する際の検討項目についても取り上げます。また中古マンション投資における築古物件のリスクについても解説していきます。

マンション投資

不動産投資の空室リスクを回避する物件の選び方は?5つのポイントを解説

不動産投資で注意しておきたいリスクの一つに空室リスクがあります。不動産投資では様々な要因で空室リスクが高まる可能性がありますが、特に注意しておきたいタイミングとしては不動産の購入時です。そこで今回のコラムでは、空室リスクを回避するための物件の選び方として5つのポイントを解説していきます。

マンション投資

マンション投資で1階の物件を購入するメリット・デメリットは?注意したいリスクも

マンション投資では所在階によって経営が影響されることもあり、購入時には検討材料になります。特に、1階住戸は防犯や災害時の不安などのデメリットがありますが、投資用マンションを検討するうえで1階ならではのメリットもあります。そこで今回のコラムでは、投資用物件として1階の住戸を購入するメリットとデメリットについて、解説していきます。

マンション投資

港区のマンション売却相場は?間取りや築年数、購入検討者数のデータから検証

不動産を売却する際は、相場価格などさまざまな情報を把握しておくことが大切です。しかし東京23区と言っても各区で特徴は異なり、より詳細な情報を把握するのは難しいものです。そこで今回のコラムでは、「三井のリハウス」が発表しているデータをもとに、港区の中古マンションについて間取りや築年数と価格の傾向などを紹介していきます。