TAG SUUMO

東京の仮想通貨セミナー

マイホーム購入は複数回の時代?都心で2回以上不動産購入は4割 

住宅を単に「住む場所」だけでなく、その「資産性」に着目する購入者が増えているようだ。株式会社リクルート住まいカンパニーが制作するの住宅情報誌「都心に住む by SUUMO」1月号(11月26日発売)は「半投半住 資産形成 売れる家・貸せる家」のタイトルで、将来の売却や賃貸を見越した住宅購入戦略を紹介している。

国内不動産投資

不動産投資の出口戦略に役立つ中古マンション価格判定サービス「スマピタ」、LINEで手軽に割高・割安を判定

不動産コンサルティングを行うスタイルアクト株式会社は10月19日、物件情報が掲載中されている中古マンションの想定成約価格を算出し「割高」か「割安」かの判定結果をLINEで返信するサービス「スマピタ」のサービスを開始した。

エリアの選び方とおすすめの物件条件について

エリアの選び方とおすすめの物件条件について

不動産投資において、物件選びが戦術(どう戦うか)とすると、エリア選びは戦略(どこで戦うか)にあたります。いくら良い物件でもエリアに成長性や需要がなければ良い評価はつきません。逆に物件条件が多少悪かったとしてもエリアが良ければ収益をカバーできることもあります。